あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
baseball

野球の「セカンド」とは?守備についてもっと詳しくなろう!

スポシル編集部

公開日 :2019/06/11

更新日 :2019/06/11

野球初心者の方の中にはセカンドがどんな守備位置かわからない方も多いことでしょう。

そこでセカンドの守備について解説していきます。セカンドには様々ポイントが必要です。さらにいろいろなプレーをしなければなりません。

まずはセカンドの守備についてしっかりと理解しておきましょう。

必要なポイントを理解することでセカンドに関する理解も深まり、より野球を楽しめるようになることでしょう。

目次

スポンサードサーチ

セカンドとは?!


セカンドとは、野球の守備位置の一つです。セカンドベースとファーストベースの間で若干後ろに、配置します。

セカンドの守備範囲はとても広く、二塁ベースからファーストベースのファーストが入る手前からファースト後方、ピッチャーの後ろからセカンドベース後方と、かなり広いところをカバーする必要があります。

なのでセカンドに向いているのは俊敏性が良い選手です。打球の飛んでくる予測を立てるのもセカンドの大切な仕事です。

さらに、バント時の一塁ベースカバーも大切です。バントシフトを引いた場合にファーストが前に出るので、ベースカバーに入ることが大切です。

そして、セカンドベースのカバーも大切です。ランナーが一塁にいる場合にショートやサードに飛んだ場合はセカンドベースにカバーに入ります。

ちなみに、セカンドの背番号は一般的に4番をつけます。

以上がセカンドの特徴です。

セカンドに向いてる人はどんな人?

先ほどもあげましたが、セカンドに向いている人は俊敏性が高い人です。野球中継などを見ていてもなんとなく分かると思いますが、

様々なボールに追いつく必要があるので、守備範囲が広く打球への反応力判断力が求められます。体格は小さくても構いません。

肩の強さはショートや外野手三塁手に比べては重要視されません。しかし、中継プレイや内野手奥側からの送球もあるのであまり肩が弱くても務まりません。

また、ベースカバーに入った場合に送球の方向が逆になります。そのためバランスを崩さない体幹の強さも求められています。

応用力と基本的な体の強さ、そして俊敏性が求められるポジションです。

セカンドに向いている人をまとめると、俊敏性、肩が弱くない人、判断能力と反応力が高い人です。

スポンサードサーチ

セカンド守備のポイント


ここからはセカンドの守備のポイントについてみていきます。セカンド守備のポイントは守備範囲やゲッツー中継プレーなどの要素があります。

セカンドは様々な役割を担っています。しっかりと理解しておきましょう。

そうすることで実際のプレーにも役に立ちます。

セカンドの守備範囲は?


  • ゲッツー

  • 中継プレー

  • セカンド牽制

  • 盗塁への対応

セカンドの守備範囲は?


セカンドの守備範囲はかなり広いです。

セカンドベースからファーストベースのファーストが入る手前や、ファースト後方のライト前方、またはピッチャーの後ろからセンターの手前までと広範囲に渡ってカバーします。

さらにバントシフトをしている場合のファーストベースでのカバーリングも大切な仕事です。ファーストが前にチャージするので、セカンドの守備をしている人がファーストのカバーに入る必要があります。

ピッチャーもカバーに入りますがセカンドの方が捕球確率が高く基本的にセカンドが入るようにします。

このように幅広いエリアをカバーするのがセカンドです。

ゲッツー


ランナー、一塁やショートサードに打球が飛んだ場合にセカンドベースに入ります。ゲッツーに備えるためですね。

セカンドベースカバーを素早く入ることで、サードかショートからの送球を受けファーストに送球します。

ゲッツーをとるためにはこのセカンドのキャッチングとスローイングがとても大切です。

ゲッツーはチームを盛り上げるとても大切なプレイです。しっかりと練習をしダブルプレーを取れるようにしておきましょう。

中継プレー(カットプレー)


セカンドの役割として大切なのが中継プレーです。

外野からの送球を引き継ぎ状況に応じて別に投げます。

特に、外野手からのバックホームの場合に、投球スピードが増加しコントロールもますのでバックホームの確率が高くなります。こういったこともメリットです。

しかし、とらないほうが早くホームについてアウトになる場合や、送球が良い場合はあえて取らずそのまま流すことも大切です。

しっかりとした判断が求められます。

セカンド牽制


セカンドにランナーがいる場合、ショートと連携し牽制時にベースに入り牽制球に対応する必要があります。

牽制を取り損ねると外野にボールが抜けランナーが進塁してしまうので、しっかりとキャッチングするようにしましょう。

ある程度のレベルになるとキャッチャーもしくはセカンド、ショートからのプレーで牽制するかを決めます。

サインをしっかりと理解しておきましょう。

セカンドの牽制は比較的よく行われています。しっかりとカバーリングできるようにして置く必要があります。

盗塁への対応


セカンドの役割は盗塁への対応もあります。

ファーストにランナーがいる場合、盗塁をしてきたらセカンドベースに入りキャッチャーからの送球に対応します。

原則的には、左バッターの時はショートがセカンドベースに入るのです。右バッターの場合はセカンドがセカンドベースに入ります。これには理由がありますよ。

左バッターの時はセカンド側に打球が飛びやすく、右バッターの場合はショート側にボールが度は飛びやすいとされているためです。

ただし、打者によって打球を飛ばす方向の確率や、状況によっても変化します。ショートと連携し決める必要があります。

盗塁への対応もセカンドの大切な役割です。盗塁でアウトにできれば試合の流れを引き寄せることができます。しっかりと練習しましょう。

日本のセカンドの守備は世界トップクラス!?

日本のセカンドのレベルは世界にも通用します。こちらの動画は広島の菊池涼介投手の動画です。

難しい打球に飛び込み、スローイングもスムーズでアウトにしていることが分かります。

さらに守備範囲の広さもおわかりいただけることでしょう。

センターへ抜けようかというあたりにも追いつき、アウトにしていることがわかりますね。このように日本のプロ野球のレベルも捨てたものではないことが分かるでしょう。

菊池選手の守備は世界でも注目されています。さらに野球をしている方の中でも役に立つ参考になります。

何回も見直して研究すれば動きの勉強にもなります。

スポンサードサーチ

まとめ


いかがでしたでしょうか。野球のセカンドはいろんな役割を担う重要なポジションです。

またうまく守備が決まれば拍手を浴びれるような花形ポジションとも言えます。

少年野球などではあまり期待されてない選手がセカンドに入ることがあります。

しかしそこで守備力を上げていけば相手をびっくりさせられるポジションでもあります。

ぜひセカンドについて理解して野球に対しての理解を深めてください。

合わせて読みたい!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定