あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
baseball

野球の変化球の一つでもある「シュート」の投げ方と使い方を徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2019/06/11

更新日 :2019/06/11

野球初心者の方の中にはシュートとはどんな変化球かわからない方も多いことでしょう。

そこで変化球の1つであるシュートについて解説していきます。シュートを投げるには様々なポイントがあります。さらにそれを取得することが大切となるのです。

シュートは変化量が大きくなくても打者を打ち取ることが可能です。このようなシュートの使い方についてしっかりと理解しておきましょう。

必要な要素や使い方を理解することでシュートに関する理解も深まり、野球をより楽しめるようになるるはずです。

目次

スポンサードサーチ

シュートとは?

シュートとは打者の手元で投手の利き腕方向に曲がる変化球です。  

シュートには沈むシュートと沈まないで横にで切れるシュートの2種類があります。 

リリース直後の球筋が速く、直球に近い感覚を与えます。その後打者に近づくように変化します。

使い方としてはあえて変化量を落とすことでゴロを打たせることです。 

また、シュートを意識させることでスライダーで打ち取ることができます。ストライクゾーンの左右を広く使いバッターを詰まらせることもできます。

球界のシュートの使い手としては、西本投手(元ジャイアンツ)などがあげられます。変幻自在にシュートを操り、内野ゴロの山を築きました。

このように使いこなしている投手は大勢います。また、ゴロを打たせるため、球数が少なくて済むのもポイントです。

【初心者向け】シュートの投げ方!

初心者向けのシュートの投げ方の、解説動画を載せておきますので参考にしてください!

以下ではシュートの投げ方の主なポイントを3つ解説します。


  • ボールの握り方

  • 腕の振り方

  • 回転のコツ

ボールの握り方


シュートを成功させるポイント。1番は握りです。

フォーシームは縫い目を横にして指をかけます。対してシュートは縫い目を縦にしてそこに指をかけます。親指をかけるかかけないか自由です。

このとき、できるだけストレートの握りに近づけると腕の振りやフォームがストレートに近づくので、打者を翻弄しやすくなります。

理由としてはシュートの軌道が打者の手元で鋭く曲がることに意味があります。ストレートと同じような軌道、スピードで来るので打者をつまらせられるのです。

一瞬でバッターを翻弄しなければならないのでよりストレートに近づける必要があるのです。

このようにシュートを投げるにはボールの縫い目を縦にした状態にし、フォーシームの握りを実践することで自然とシュートするようになるのです。

腕の振り方


シュートを、投げる際には腕の振り方を気をつけないといけません。

なぜなら間違った腕の振り方をしてしまうと、変化が大きすぎるだけでなく肘を痛めてしまうからです。特に肘を壊してしまうと野球を続けられなくなってしまうので、正しい腕のふりを心がけましょう。

具体的には腕を捻らないことです。シュートはその変化球の軌道から腕を撚るイメージがあります。

しかし、正しくはシュートは腕を捻らないで投球します。人間の体の構造上、ストレートと同じ投げ方をしても自然に少しひねっています。それを利用して投げるのです。

そして、大切な事は変化量の調整のために指を使う事です。腕をつかって曲げるのではなく指の力加減で曲げる変化球なのです。

また、左肩を開かないのもポイントです。左肩を開いてしまうと内回転になりやすくシュートには向きません。

以上のことから指と身体の使い方をマスターすることで、しっかりとしたシュートが投げられるのです。

回転のコツ


シュートの回転で気をつけなければいけないことは縫い目です。

人差し指に力がはいることで若干回転が外にずれるのです。その僅かな回転の差を利用して曲げるのがシュートなのです。

そのため腕を捻って投げるとが変化が大きすぎて、ビーンボールになってしまいます。特に右ピッチャーの場合は右打者の内角、左ピッチャーの場合は左打者の内角を、えぐるときには絶対に捻らないようにしましょう。

また、回転数を上げるために腕をひねると肘を壊してしまいかねないのもデメリットです。相手打者に当て、かつ自分の肘まで壊してしまっては最悪です。

このようにストレートと同じようにして、若干人差し指に力を入れることが大切なのです。

その絶妙な感覚を覚えれば投げれるようになることでしょう。

スポンサードサーチ

ナチュラルシュートって何?!


ナチュラルシュートとは、投手が直球を投げる場合にリリースポイントがずれた場合にシュートと似た回転がボールに与えられることです。

直球を投げるつもりで投げるとデメリットになる場合が多いのが特徴です。

具体的には、右投手が右打者の外角に投げたいのにシュート回転して真ん中に入るのです。そのため打者にとっては好球になってしまうのです。

どんな場合でナチュラルシュートになるかというとフォームが安定していないときです。

しかし、利き腕が反対の打者と対する場合は武器にもなるわけです。外国に逃げていくため空振りを奪いやすいのが利点です。利き腕が同じバッターの場合は、内側に食い込ませることで打ち取ることもできます。

武器にもなるのでうまく使えばナチュラルシュートも悪いボールではないのです。

ナチュラルシュートの治し方!


ここからはナチュラルシュートの治し方を紹介します。

ストレートを投げるときに腕を縦に使おうとするとシュート回転しやすいのです。体の構造上内旋運動をするので、体が回転しないとシュート回転したストレートになるのです。  

そのため、体を振り切ることでシュート回転を治すことができます。しっかりと身体で投げることできれいなストレートが投げられます。しかし、コレには身体を撚る技術はもちろん、長いイニング投げられるスタミナも必要です。

また、投げる時に肩を下げると身体を使いやすくなるので球威もコントロールも増します。さらにシュート回転を直すのにも有効なので投球の際に一瞬腕を下げるのも良いでしょう。

このようにナチュラルシュートの治し方は1つではありません。動画を載せておくので参考にしながら自分の理想の投げ方を実現してみてくださいね。

スポンサードサーチ

まとめ


いかがでしたでしょうか。

シュート投げるポイントはツーシームと同じ握り方をすること、身体を開かないなどです。正しい投げ方をすれば打者を翻弄できるのです。

またナチュラルシュートする方もそれを活かした投球方法はあります。治す方法としては体を回転させること、投げる時に肩を下げることです。

以上のようなところに注意して皆さんもシュートを投げてみてください。

合わせて読みたい!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定