鎧武者(ヨロイムシャ) ニーパッド(ペア) PORON XRD搭載 YM-1708 BK:YE フリーサイズ
2018年3月6日

スノーボード、スキー用プロテクターの種類と人気おすすめ8選 

スノーボード、スキー用プロテクターの種類と人気おすすめプロテクターを種類別に2選ずつご紹介します。

スポンサードサーチ

スノーボード、スキー用プロテクターの役割

スノーボードやスキーを上達するためには
体を守ってくれる「プロテクター」は非常に重要な存在です。
初心者の方は「転ぶ」ことを恐れては上達の道は開けません。
また、中級者、上級者の方も、より高度な滑り、テクニックに挑戦するためには、
ケガを防ぐアイテムは必須になります。
スキーやスノーボードライフをエンジョイするために大切なのが「プロテクター」です。
その種類と人気おすすめのアイテムを今回はご紹介します。

怪我から体を守る

プロテクターが主に守ってくれるのは、「頭」「上半身・背中」「おしり」の3つです。
これらを身に着けることで大幅に怪我のリスクを防いでくれます。
雪上では「転倒」や人や木々、またはスキーやボードなどに「衝突」するリスクは
常に存在しているので、これらの危険から体を守ってくれます。

防寒対策

山の天気は変わりやすいです。
午前中や昼間は晴れていても、午後や夕方になると急激に温度が下がります。
そんな時、プロテクターはウェアと体との間に新たな空気の層をつくってくれるので、
急激な体温の低下を防いでくれます。

安心感

プロテクターは転ぶ前のスキーヤー、ボーダーのメンタルも守ります。
転倒を恐れていては、次のレベルにステップアップすることはできません。
思い切った滑りへの恐怖心を取り除く「安心感」もプロテクターは提供してくれます。

スキー、スノーボード用プロテクターの種類

プロテクターの種類は頭を守ってくれる「ヘルメット」、
上半身・背中を保護する「上半身用プロテクター」、
転倒時のお尻の痛みを軽減する「下半身プロテクター」
の3つがあります。
これらのスキー、スノーボード用プロテクターの選び方のポイントをご紹介します。

動きやすさ

まずは大切なのは「動きやすさ」です。
どんなに強固に体を守ってくれていても、
実際の滑りの際に動きにくかったり、スムーズさを妨げてしまうプロテクターはNGです。
購入の際には見た目だけではなく、ネットの口コミポイントもしっかりチェックしましょう。

体の部位で選ぶ

スキーヤーやボーダーにとって「守らなくてよい」体の部位はありません。
それぞれの部位のスノーボード、スキー用プロテクターについて解説していきます。

頭用プロテクター(ヘルメット)

出典:amazon.co.jp
頭用プロテクター(ヘルメット)は、転倒時の後頭部の保護だけでなく、ほかのスノーボーダーやスキーヤーとの接触の時にも、頭を守ってくれます。
特にスキーの板やスノーボードは鋭利で頭を切りやすいので、ヘルメットで頭部を守ることはとても大切です。

上半身用プロテクター

出典:amazon.co.jp
上半身用のプロテクターは前に倒れた時に肋骨や内臓を守ってくれます。
また、後ろに倒れた時には、背中にある「脊髄」を保護してくれるので、ヘルメット同様、とても大切なプロテクターです。

下半身用プロテクター

出典:amazon.co.jp
スキーヤーやスノーボーダーにとって避けたいのは転倒時のお尻の痛みです。
下半身用のプロテクターはこの痛みを軽減してくれる大切なアイテムです。
さらなる上達のための思い切った滑り、雪山をエンジョイするための必須プロテクターです。

膝、肘用プロテクター

出典:amazon.co.jp
肘や膝のプロテクターは人間の体の大切な関節の骨折や打撲のリスクを大きく軽減してくれます。特にスピードが出ていたり、大きな転倒の際には膝や肘を強く打ってしまったときには、体の故障のリスクを軽減してくれます。

試着をしよう

これらのプロテクターが自分の体に合うかどうかは身体を守るために非常に大切です。
自分の体に合わないプロテクターはその保護機能を十分に活かしきれません。

スポンサードサーチ

スノボ、スキー用プロテクターの人気おすすめ8選

上半身用プロテクター

鎧武者(ヨロイムシャ) 鎧武者 ボディプロテクター PORON XRD搭載 YM-1703 BK/YE

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

背中のみではなく、肩と肘、そして鎖骨まで保護してくれるので、快適な雪山での滑りをサポートしてくれます。保温性が高く暖かさを提供してくれるのも特徴でおすすめです。

ピーオーシー トップス Tシャツ POC Sports Men's Spine VPD Air Tee Uranium Bl 209

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

日本ではなじみのないブランドですが、海外ではプロの愛用者も多い有名なブランドです。
上半身を幅広くカバーしてくれて、クリーニングなどの手入れのしやすさもおすすめな点です。

下半身用プロテクター

VAXPOT(バックスポット) ヒッププロテクター ロングタイプ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

お尻だけではなく、膝までしっかりと保護してくれるので初心者から上級者まで満足のいく機能を提供してくれます。ロングタイプなので、足元の保温性も高いです。

17-18 eb's (エビス) プロテクター SLIM PROTECT-LONG スリムプロテクト・ロング

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

とにかくお尻の痛みから解放したいという方におすすめです。
装着感も非常に快適で、滑っている際のわずらわしさも少ないです。

膝用プロテクター

17-18 eb's (エビス) プロテクター SLIM PROTECT LONG-PORON XRD スリムプロテクト・ロング・ポロン XRD

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

フィット感がとにかく高く、細身のデザインなので、ウェアのデザインを大きく損ねることなく、しっかりと膝を守ってくれます。

鎧武者(ヨロイムシャ) ニーパッド(ペア) PORON XRD搭載

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

特殊な PORON XRD PADを採用しています。通常時は滑りを妨げることはありませんが、衝撃が加わると硬さが変化し、膝をしっかりとプロテクトしてくれる点がおすすめです。

肘用プロテクター

コンドル エルボーパッド EP1 タン

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

密度が高い、パッドがしっかりと衝撃を吸収してくれるので高い保護性があります。
ベルクロで装着感を調整できるので、わずらわしらも少ないです。

north peak(ノースピーク) スノーボード用エルボーパッド

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

シンプルなデザインですが、肘を幅広く覆う立体パッドと、
伸縮性に優れた快適な装着感が特徴的です。

売れ筋ランキングもチェック!!

amazon売れ筋ランキング
楽天市場売れ筋ランキング

スポンサードサーチ

自分にあったスノーボード、スキー用プロテクターを選ぼう!!

快適なスキー、スノーボード用プロテクターの種類や選び方、人気おすすめプロテクターを種類別に2選ずつご紹介しました。
今回ご紹介したプロテクタ-でしっかりと体を保護して、スノーボートやスキーを楽しみましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。