あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
baseball

野球トレーニングシューズの人気おすすめ10選 

スポシル編集部

公開日 :2018/03/03

更新日 :2019/09/11

野球トレーニングシューズは野球の練習を行う際には必要となる野球用品です。

しかし、野球トレーニングシューズをどのような観点から選べば良いのか迷ってしまう方も多いと思います。

そこで、野球トレーニングシューズの選び方と野球トレーニングシューズの人気おすすめ10選紹介します。

目次

スポンサードサーチ

野球トレーニングシューズの選び方のポイント

サイズ選びは慎重に!!

トレーニングシューズを選ぶ際、サイズは大切な要素です。小さすぎれば足が圧迫され、血流が滞ることで健康にも悪影響を及ぼします。
大きすぎればフィット感を得られず、自身本来のパフォーマンスを発揮できません。
適切なサイズの目安ですが、シューズに足を入れ、まず踵を合わせてつま先のあまり具合を見ます。
この時つま先が1cmほど余るのがベストサイズになります。

足幅も考慮しよう!!

足幅は数値として表記されていないことも多いので、履いた時の「きつい」、「ゆるい」という感覚が大切になります。一般的に日本人の足幅は、外国人よりも広いと言われています。そのため、海外のメーカー(ナイキ、アディダス等)は日本人にとって「きつい」場合が多いです。日本のメーカー(ミズノ、アシックス、ゼット等)は日本人向けに足幅の広いモデルも多いので、足幅がスリムな方以外は、日本のメーカーから選ぶのがおすすめです。

自分にあったデザインを選ぼう!!

トレーニングシューズを選ぶポイントは、先述したサイズ、足幅以外にもあります。デザインです。
自身のカッコいいと思うトレーニングシューズを履くことは、モチベーションの向上にも繋がるので重要です。

【メーカー別】野球トレーニングシューズの特徴

アディダス

アディダスのトレーニングシューズは、踵のホールド感とクッション性を重視した設計になっています。アディダスのランニングシューズでもみられるフィット感の高さが特徴です。アディダスといえばサッカーのイメージが強いかもしれませんが、ヤクルトスワローズの山田哲人選手など、トッププロでも使用する選手が増加しており、近年勢いがあります。

ミズノ

ミズノのトレーニングシューズは幅の広い設計が多いため、日本人の足に適しやすく、長時間履いても疲れにくいです。そしてミズノのトレーニングシューズに採用されているアウトソールは野球特有の横の動きに対する安定感が抜群のため、プレーするうえでの快適さが特徴です。

アシックス

アシックスのトレーニングシューズもミズノと同じく幅の広いものが多く、日本人向けです。そしてアシックスと言えばランニングシューズを思い浮かべる人も多いかと思いますが、まさにランニングシューズの機能を搭載したトレーニングシューズが特徴的なメーカーです。着地時の衝撃吸収、抜群の安定感を誇ります。

アンダーアーマー

アンダーアーマーのトレーニングシューズは、チャージドクッショニングという異なる衝撃に対して適切な反発をもたらす独自の衝撃吸収システムを搭載しているのが特徴です。アメリカのメーカーですので日本人向けではないイメージがあるかもしれませんが、日本で販売されているモデルは、日本人の足型に合わせたものも多数あります。

ナイキ

ナイキのトレーニングシューズは、ランニングシューズのような軽量性とトレーニングシューズに必要なグリップ力を併せ持った、ランニングシューズとトレーニングシューズのハイブリッドシューズともいえるシューズです。

スポンサードサーチ

トレーニングシューズの人気おすすめ10選

アシックス ブライトラインSFT255

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

RTソール(ランニング&トレーニング)を搭載しており、ランニングシューズトレーニングシューズの良いところ取りのようなトレーニングシューズです。ランニングに必要なクッション性、トレーニングに耐えうる耐久性を兼ね備えています。

ミズノ ミズノプロトレーナー 11GT160101 01

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

新ミッドソール素材「U4ic」を搭載し、従来より30%の軽量化を実現した軽量モデルのトレーニングシューズです。さらに「MIZUNO WAVE」という波形のプレートを使用することにより、クッション性と安定性を両立した造りになっています。

アディダス アディピュア BB RUN TR CG5102

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

アッパー部分に合成皮革とメッシュを混合することで、軽さと通気性を確保しています。さらにadiPRENE+というミッドソールが地面からの反発を走力へと転換し、ランニングをサポートします。快適なフットワークを実現します。

アンダーアーマー ヤードトレーナー3020204

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

前足部がシームレスになっているため、足当たりが非常によく、快適な履き心地です。アンダーアーマーは海外メーカー(アメリカ)のため、日本人には不向きなスリムな構造のシューズが多いですが、ヤードトレーナー3020204は日本人の足型に合うよう設計されています。

芝生、土、ともに確実にグリップできる安定性のあるアウトソールを搭載しています。アッパーがメッシュになっているため、軽量で通気性が抜群です。そして「PRO BANK」というシステムにより、踏み込み時のブレを抑制し、足とシューズの一体感を味わえるトレーニングシューズです。

ソールはクッション性の高いものを搭載し、つま先部分が広い設計になっています。またプレスターSSF5002は、豊富なカラーバリエーションから選ぶことができるのも魅力です。

ザナックス ザナパワーBS-524TL

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

人工皮革(エナメル仕様)のシンプルなトレーニングシューズです。シンプルながら、軽量でフィット感の高い仕様になっています。カラーは白1色の展開になっているので、少年野球から草野球までシーンを選びません。

人口皮革を使用したシンプルなモデルですが、ソフトエナメルという柔らかい素材を使用しているため疲れにくく、トレーニング中だけでなく移動中の歩行も快適に行えます。

クロスブリッジスタビライザーという特徴的なアウトソールを搭載しています。奇抜なデザインが特徴で、見た目のインパクトだけでなく、安定感のあるトレーニングシューズになっています。

抜群の衝撃吸収性を誇るトレーニングシューズです。特徴的なのはカラーリングで、シンプルなホワイトのボディにステッチが入っており、ホワイト、ネイビー、ピンクの3色から選ぶことができます。

野球トレーニングシューズの売れ筋ランキングもチェック!!

amazon売れ筋ランキング
楽天市場売れ筋ランキング

スポンサードサーチ

野球を楽しもう!!

野球トレーニングシューズの選び方と人気おすすめ10選紹介しました。
あなたにピッタリと合った野球トレーニングシューズを見つけて野球を楽しみましょう!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定