あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
ロードバイクroad bike

ロードバイクホイールの選び方と初心者必見人気おすすめ6選

スポシル編集部

公開日 :2018/03/01

更新日 :2019/05/09

ホイールはロードバイク部品の中でも、特に交換後の性能や乗り心地の違いが分かりやすいと言われています。そのため、性能アップのためにホイールの交換を真っ先にする人も多いです。

ホイール交換の動機は速くまたは快適に、かっこいいデザインなどを希望は人それぞれでしょう。しかしホイールの知識や選び方を知ってこそ勝ちうる希望です。

そこで、ロードバイクホイールの選び方や初心者に人気のおすすめホイール6選を紹介していきます!ホイール選びの参考にしてください。

目次

スポンサードサーチ

ロードバイクホイールの選び方

まず、ご自身のロードバイクがキャリバーブレーキなのか、ディスクブレーキなのか確認しましょう。
最近のモデルではキャリバーブレーキのホイールはクイックリリースレバーで、ディスクブレーキのホイールはスルーアクスルで取り付けするので間違えて購入すると取り付けれないので注意が必要です。

重量

ホイールにおいて重量はとても大切です、軽ければ加速性がよくなるので街中を走る時や坂を登る時に楽になります。
ただ、軽いだけのホイールは剛性が低くなりますので重いギアで坂を登る方や体重の重い方には使いにくいホイールになってしまいます。

剛性

ホイールの剛性とは、ホイールの変形しにくさのことです。
剛性が高いとペダルを踏み込んだ時の力が地面に伝わりやすくなりますので加速性や巡行性がよくなります。

スポークの形状

スポークにはノーマルスポークとエアロスポークがあります。

ノーマルスポーク

ノーマルスポークは断面が円形の一般的なスポークでエントリーグレードのホイールによく使われています。

エアロスポーク

エアロスポークは空気抵抗を減らすために断面が板状に扁平しているスポークです。
エアロスポークの方が高速巡行を維持しやすくなります。
ミドルグレード以上のホイールに使われていて、ハイエンドクラスのホイールはほぼエアロスポークです。

リムの高さ

ホイールのリムの高さによってローハイトリム、ミドルハイトリム、ディープリムと分かれています。
それぞれ重視する性能が違ってきます。

ローハイトリムホイール

リムが一番低いタイプで、リムの高さは30mm以下くらいのホイールです。

ミドルハイトリムホイール

リムの高さが中間のホイールで、リムの高さは35〜45mmくらいのホイールです。

ディープリムホイール

リムの高さが50mm以上の非常にリムの高いホイールです。

ホイールグレード

エントリークラス、ミドルクラス、ハイエンドクラスについて解説します。

エントリークラス

エントリークラスのホイールは価格は1万円〜3万円くらいと手が出しやすいのが特徴です。
重量が重いので本格的なレースには向きませんが、重い分耐久性があります。
通勤、通学や日々のトレーニングに向いているホイールです。

ミドルクラス

エントリークラスよりも軽くて、剛性も高いモデルになります。
価格は3万円〜10万円くらいです。
軽くなった分、取り扱いには少し気を使う必要がでてきます。

ハイエンドクラス

プロのロードレースで使用されるホイールになります。
このクラスになると、カーボンホイールが大半を占めるようになります。
軽量な分、落車などの衝撃でリムやスポークが折れたり割れたりすることがありますので取り扱いには注意が必要です。

ロードバイクホイールの人気おすすめメーカーを紹介!

ロードバイク

シマノ

シマノは、日本の老舗自転車部品メーカーです。高い人気を博し、盤石の地位を築いてきた実績があります。

シマノの最大の魅力はコストパフォーマンスの高さです。シマノは長らく、コスパのよい高性能低価格なホイールを世に送り出してきました。

ホイールデザインは、海外ブランドのようなパッと目を引くものではなく、落ち着いたシンプルなホイールです。それゆえ、デザイン面では好みがわかれるところがあります。

シマノ対応自転車が多いので、交換部品も日本の自転車店で手に入りやすい利点もあります。

アレックスリム

アレックスリムは1991年創業のリムメーカーです。現在では老舗メーカーに匹敵するほどに、力をつけています。

アレックスリムは、高強度にして軽量な独自開発リム専用EXAアルミ合金、OEM供給によって培った技術力や経験値、という強みを持っています。また、ホイール性能に対して価格が安いことも魅力です。

さらに、同性能の他社のハイグレードホイールよりも安いことすらあります。高性能ホイールを比較的安価で購入したい、という人におすすめです。

イーストン

数ある自転車関連メーカーの中でも知名度の高いメーカーがイーストンです。自転車部品ではとりわけホイールで名を上げています。

イーストンホイールの特徴は、ハブの回転性能の高さと比較的安価で購入できることです。特に回転性能では、スムーズに回せると好評です。

また、イーストンは独自のアルミ合金を使用していることもあり、一般的に使用されているアルミとはホイールの特長も異なります。剛性や軽さ、乗り心地などの点でも高品質なホイールを生み出しています。

スポンサードサーチ

【激安】初心者に人気おすすめロードバイクホイール6選!メーカー別!

ここでは3万円以下で購入できるホイールを紹介します。是非参考にしてみて下さい。
何も注意書きがなければキャリバーブレーキ用のホイールです。
ディスクブレーキ用のモデルのみ(ディスクブレーキ専用)と書いてあります。

シマノ製ホイール

日本が誇る大手自転車関連パーツメーカー、シマノです。
流通量が多いのでほとんどのお店で修理ができます。





ホイール重量は前後セットで2022gと少し重めですが、リムハイトが30mmなので空気抵抗は少なくなり、剛性が上がります。
通勤、通学におすすめです。
平地を高速で走りたい方にもおすすめのホイールです。

WH-RX31(ディスクブレーキ専用)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ホイール重量は前後セットで2008gと軽くはありませんが
ディスクブレーキモデルはリムにブレーキ面がない分、リムを軽く作れますので外周が軽い分そこまで重くは感じないモデルになっています。
対応しているタイヤ幅が25C〜38Cとかなり太めのタイヤを装着できます。

Campagnolo(カンパニョーロ)製ホイール

イタリアの自転車パーツメーカー大手のカンパニョーロです。
シマノほどではありませんが、流通量が多いので修理には困りません。
ホイールでは特徴的なG3スポークが目を引きます。






FULCRUM(フルクラム)製ホイール

カンパニョーロの子会社のフルクラムです。
基本的に カンパニョーロとほとんど同じパーツを使用していますが、スポークパターンが違うので乗り味等が少し違う味付けになっています。

フルクラム レーシング7 LG CX

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


Token(トーケン)製ホイール

台湾の自転車パーツメーカー、トーケンです。
大手メーカーのOEMを通じて得た高い技術力でコストパフォーマンスに優れる製品を製造しています。




この記事で紹介している商品一覧

商品画像
商品名 WH-RS010-PCB WH-RS330 WH-RX31(ディスクブレーキ専用) KHAMSIN(カムシン) G3 WO フルクラム レーシング7 LG CX EC30A Resolute
購入先 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon Amazon

ロードバイクホイールの売れ筋ランキングもチェック!!

amazon売れ筋ランキング
楽天市場売れ筋ランキング

スポンサードサーチ

まとめ

ロードバイクのホイールは、構造や素材、メーカーなどさまざまな要素によって違った性能を発揮します。自分の走行スタイルに合ったホイールを選ぶことでロードバイクをより楽しめます。

そのためにも最低限、いままで紹介してきたホイールの選び方やメーカー、おすすめホイールを頭に入れておくと安心です。そうするなら、後悔のない買い物ができるようになるでしょう。

この記事が初心者の方にとってホイール選びの参考になれたなら幸いです。

合わせて読みたい!!

 

スポンサードサーチ

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

外回りや立ち仕事での疲労を激減!特許技術採用のコンディショニングインソール!

立方骨を支えることで運動性と安定性の両立を実現

AspoleZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

AspoleZEROの特徴を紹介!

  • 足の疲れ、痛みを軽減
  • しっかりした歩行、蹴り出しをサポート
  • 通気性が高く、ムレを防止
  • 関節痛、腰痛が改善したご愛用者も多数
  • 足底筋膜炎の痛みを軽減

【掲載メディア】

購入はこちら!

これはもうオーダーメイド。常識を蹴り飛ばしたサッカースパイク「蹴王」登場

BMZ_keiou

俊敏さに磨きがかかり、初速の勢いが爆発的に上がるサッカースパイク

蹴王の特徴は、以下の3点にあります。

  • 足指が自然に動く独自の構造設計で足が持つ本来の機能性を最大限に引き出す!
  • 足裏の運動をサポートし、足そのものを鍛え上げることで、運動中のトラブルを減らせる!
  • 五輪メダリストをはじめ、サッカー、野球、ゴルフなど多くのプロ選手愛用の国産メーカー!

日本有数のインソールメーカーだからこそできた、プレイヤーのことをとことん考え抜いた代物です。 ぜひその効果を自分の足で確かめてみよう!

詳しくはこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

【アイスホッケー】

【その他】

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike