あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
rugby

【タグラグビー】ボールのおすすめ紹介|タグラグビーと普通のラグビーの違いは?

スポシル編集部

公開日 :2019/02/28

更新日 :2020/05/11

タグラグビーとは、ラグビーの楽しさを広めていくために考案されたスポーツです。

普通のラグビーとは何が違うのか?そもそもタグラグビーとは何か?など疑問に思うことは多くあると思います。

そこで本記事では、タグラグビーの基本的なルールを紹介し、後半でおすすめのボールなどについて解説していきます!

タグラグビーのルールを知りたい方や、ボールを購入しようと考えている方には、参考にしていただきたいです!

目次

スポンサードサーチ

タグラグビーとは

タグラグビーとは、主に小学生などがラグビーを楽しめるようにに考案されたスポーツです。
ラグビーは激しいタックルなどをするため、子供がしてしまうと怪我をしてしまう可能性があります。

しかし、タグラグビーは怪我のリスクを大幅に下げることができるラグビーです。

腰に取り付けたタグが一般的なラグビーとは最も異なることで、そのほかのルールは同じ部分が多いです。
守備側のチームがボールを持っている相手チームのタグをとることで進行することを止めることができます。ラグビーで行われるタックルと同じ意味合いです。

タグを取られた選手は3秒以内にパスを行わなければならず、いかにタグを取られないように走りきることが重要になってきます。

タグラグビーの基本的なルール

タグラグビーを行う場合は基本的なルールを身につけておく必要があります。

すでにラグビーのルールを把握していれば特に問題なくルールを把握することができます。

また、タグラグビーのルールを小学生から知っておくことでラグビーのルールも同時に理解することが可能です。

基本的なポイントは以下の3つのポイントから解説していきます!

・必要な用具
・コートサイズ
・人数と試合時間

タグラグビーを行う場合はさまざまな用具を用意する必要があります。

上記でも紹介したように小学生などの子供が行うスポーツであるため、ラグビーの用品ではタグラグビーを行うことができません。

次に、タグラグビーに必要な用具を紹介します。

ボール

タグラグビーで使用するボールは普通のラグビーで使用するボールと同じように楕円形のボールを使用します。
しかし、一般のラグビーで使用するボールは5号球であるため、子供が使用するには大きすぎます。

そのため、タグラグビーで使用する場合は3号球か4号球を用意しましょう。

また、初めてタグラグビーを行う場合はボール内の空気を少し抜いておくことをおすすめします。

空気を抜くことで硬さを和らげるだけではなく、取り扱いやすくなるメリットがあります。

タグべルト

タグラグビーの競技名にもなっているタグをとりつけるためにはタグベルトを用意する必要があります。
専用のタグベルトはスポーツ用品店やネット販売で購入することもできますが、気軽に行いたい場合は普通のベルトにハンカチなどで代用することもできます。

しかし、しっかりベルトとタグを固定していないと走っている際に外れてしまうこともあります。

市販されているタグベルトはタグをマジックテープなどで固定できるようになっています。
基本的に両腰にそれぞれにタグを取りつけます。

タグラグビーのコートのサイズは一般的に24m×12mです
サッカーのコートとほぼ同じ広さであるため、サッカーのコートを活用することもできます。

また、室内で行う場合はバスケットボールのコートをそのまま活用することができます。

しかし、バスケットボールのコートは少し狭いため、インゴールの範囲を狭めるようにしましょう。

レジャー感覚でタグラグビーを行う場合は特にコートのサイズは決める必要がなく、大体のサイズで行うことが多いです。

タグラグビーは4人から5人でおこなうことが多いです。
6人に増やしてしまうと運動神経の悪い人に中々ボールが回らない状況に陥りやすいため、5人以下で行うことをおすすめします。

競技時間は5~7分ハーフで行うようにしましょう
タグラグビーはラグビーとはルールに違う部分もありますが、基本的にラグビーであるため、激しいスポーツになります。

そのため、競技者の体調や天候を考慮して決めるようにしましょう。

特に夏場は熱中症になることも注意する必要があります。

スポンサードサーチ

試合進行に関するルール

タグラグビーを行う際にはルールもしっかり学んでおくことで楽しく行うことができるようになります。

すでにラグビーのルールを把握している場合は簡単にルールを覚えることができます。

基本的なルールさえ覚えることができれば試合を行うことが可能です。

ルールに関して以下の3つのポイントから解説していきます!

・得点の方法
・パス
・接触プレー

ラグビーの得点方法は複数あり、得点できる点数も違います。
しかし、タグラグビーの場合はインゴールにトライをする方法でしか点数を獲得することができません。

獲得点数も1点であり、普通のラグビーと比べるとルールが簡略化されています。

ルールの簡略化が行われたことで子供でもルールを把握しやすくなり、楽しむことができます。

ちなみにトライする前にタグを取られてしまった場合はトライ不成立になり、ゴールライン5mから試合が再開されます。

パスに関するルールはラグビーの場合とほとんど同じです。
タグラグビーでも前にパスをすることは反則であるため、パスをする場合は後方に投げる必要があります。

バスケットボールでは前方後方どちらでもパスを出すことができるため、注意していないと前にパスを出してしまいやすいです。

特に、タグラグビー初心者の方に多い反則であるため、慣れるまで試合が中断されることが多いです。

パスを後方にしか出せないので、パスをもらいたい場合はボール所持者後方に位置付けるようにしましょう。

ラグビーでは、相手のユニフォームをつかんだり、タックルすることがルール上で許されていますが、タグラグビーの場合はそれらすべての行動が反則になります

そのため、タグ以外に相手選手に接触することが禁止されているといっても過言ではありません。

また、両手を広げで相手選手の走行を妨げることも反則になります。

タグラグビーで相手の動きを止めるためには、タグを取るしかないため、ディフェンス側は積極的にタグを奪いに行きましょう。

ボールの投げ方のポイント

ボールの投げ方を把握することで試合展開をスムーズにすることができ、勝敗にも大きな影響が出てしまいます。
ラグビーのボールは特殊な形状をしているため、投げ慣れていないと正確な場所に投げることが難しく、練習しておくことをおすすめします。

ラグビーボールの投げ方は2種類に分けることができ、ストレートパスとスクリューパスです。
ストレートパスは近くにいる味方に出すパスであり、回転をかけない特徴があります。

また、両手で投げることが一般的であり、ボールを縦にしてパスを行うことが多いです。

一方、スクリューパスは回転をかけるパスであり、遠くの選手にパスをする際に使用されます。
回転をかけることで空気抵抗を減らすことができ、より多くまで飛ばすことが可能です。

パスを出す際には相手が受け取りやすい場所に投げることが基本であり、もっとも重要なことでもあります。

スポンサードサーチ

ボール

トーエイライト(TOEI LIGHT) ラグビーボール21 B-6219

トーエイライト(TOEI LIGHT) ラグビーボール21 B-6219

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

空気注入式で、空気の入れ具合によってボールの硬さや反発力を調整することができます。

お値段もリーズナブルですので授業でたくさん使いたいという方にもおすすめです。

SCEPTRE(セプター) タグラグビー ボール SP814

SCEPTRE(セプター) タグラグビー ボール SP814

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

特殊ラバーで作られており、持った感じが本格的なものに近くなっています。

また、 日本ラグビーフットボール協会認定球でもあります。

タグベルト

ミカサ(MIKASA) タグラグビー用タグベルト90cm

ミカサ(MIKASA) タグラグビー用タグベルト90cm

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

ウエストのベルトは90cmまで対応しているので体格の良い方や大きい子でもつけることができます。

カラーは4色ありますが、人気の高い赤や黄色は取り扱っていません。

カネヤ タグベルト90/20組セット K-687

カネヤ タグベルト90/20組セット K-687

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

赤、青、黄、緑の4色がそれぞれ5組ずつ入っており、授業などでチームに分かれて楽しむのに便利です。

また収納袋もついており、バラバラになってしまう心配もいりません。

スポンサードサーチ

その他おすすめアイテム

だれでもできるタグラグビー (公式BOOK)

だれでもできるタグラグビー (公式BOOK)

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

小学生が安全に楽しむためにタグラグビーについて分かりやすく解説しています。

また日本ラグビー協会公認の解説書でもあります。

まとめ

タグラグビーは子どもや初心者でも安全で簡単に楽しめるスポーツです。

ルールが単純でタグを取った取られたという判断がつきやすいので子どもだけでも楽しむことができ、少人数でもプレーすることができます。また、ぶつかり合いがないので大人と子どもが混ざったり、学年が違っても安全にプレーできます。

グラウンドはもちろん体育館や公園などでも行えるので、場所がないと悩むこともありません。

ラグビーをやってみたいけどぶつかったりするのが怖い、ルールが分かりづらいと感じている方は一度タグラグビーに挑戦してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定