あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
rugby

【ラグビーポジション紹介】フルバックの役割と体格は?初心者向けに解説

スポシル編集部

公開日 :2019/02/26

更新日 :2020/07/23

全ポジションの最後尾に属する「フルバック」。

ラグビーのフルバックといえば、2015年のラグビーW杯で一躍有名人となった日本代表の五郎丸歩選手を思い浮かべる方も多いでしょう。

本記事では、ディフェンスの最後の砦となるフルバックの特徴や、体格。トレーニング方法について解説していきます。

初心者にもわかりやすく解説しておりますので、ぜひ参考にしてみてください!

目次

スポンサードサーチ

フルバックとは

出典:J SPORTS

ラグビーのフルバックとは、他の全プレイヤーの最後尾に位置しているポジションであり、その背番号は15番です。

フルバックというポジション名の由来としても、 一番後ろのポジションにいることから「フルバック」と名付けられており、非常に分かりやすい由来となっています。

フルバックはチームの一番後ろにいることから、ディフェンスラインの最後の砦という存在でもあります。

したがって、ミスの許されないポジションであり、その重圧に耐えて攻守に活躍できる精神力の強さが求められます。

自分が抜かれれば後ろには誰もいない、という強い責任感を持った人がフルバックに向いているといえるでしょう。

また、 ラグビーではフッカー、ナンバーエイト、ハーフバック、フルバックを結んだ線を「縦の線」と呼んでいます。

この縦の線は、チームの背骨のような存在として重要視されているのです。

試合中の役割

フルバックは全プレイヤーの一番後ろに位置しているということもあり、試合中に求められる役割が多くなっています。

まず、ディフェンス時においては、 相手チームからのキック処理がフルバックの重要な役割となります。
キック処理とは相手チームからのキックをキャッチし、その後の一連のプレーにつなげていくことを指します。フルバックは、味方のバックスラインより後ろの広大なスペースに蹴られてくるキックをほぼ全てカバーしなくてはいけません。

また、相手チームに味方のディフェンスラインが突破されてしまった場合、残っているのは最後尾に位置しているフルバックだけです。
そのため、フルバックは自ずと1対1のシチュエーションが多くなるので、 この1対1でのタックルの高い精度が求められます

次にオフェンス時において、フルバックには味方の陣地を確保するためのキック力が求められます。
キック力があればあるほど大きく陣地を回復できますし、ハイパントもより有効になります

また、フルバックはバックスラインの後ろからエキストラマンとして、相手チームの空いているスペースでの突破を狙う場面が多くあります。
そのため、フルバックには トライを取ることができる高いランニングスキルが求められます。

スポンサードサーチ

体格

フルバックの体格の平均値は、身長183cm、体重95kg程度とされています。
フルバックはフォワードの選手に比べると、それほど大きな体格ではないといえるでしょう。

実際、ラグビーのバックスのポジションは体格はあまり問題にならないといわれています。
ただ、フルバックの場合、キック処理を行う機会が他のポジションよりも多くなります。その際、身長が高い方がキックをキャッチする時などで有利になることは事実です。

また、フルバックの体脂肪率は10~11%が理想とされています。
フルバックは時にはウイング並みのスピードで相手のディフェンスラインを突破する場合もありますので、ただ体格が良いというだけではダメということですね。

フルバックにおすすめのスパイク

[アディダス] ラグビーシューズ クレイジークイック M AQ5005

[アディダス] ラグビーシューズ クレイジークイック

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る

キッカーにおすすめ

エッジの効いたアウトソールスタッドやエナメルコーティングアッパーが、クイックネスや鋭い出足を生み出します。

五郎丸選手はクレイジークイックは少し重くて、キッカーには良いバランスのスパイクだと語っています。

[ミズノ] メンズ サッカー スパイク モレリア ネオ2 MORELIA NEO2 スーパーホワイトパール×ブラック P1GA165009

柔軟・軽量・素足感覚に優れる

満を持してリニューアルされて発売されたモデルであり、柔軟・軽量・素足感覚がさらに研ぎ澄まされたモデルとなっています。

[アシックス] サッカースパイク DS LIGHT 3

[アシックス] サッカースパイク DS LIGHT 3

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

日本人特有の足の形に合う

日本のメーカーであるアシックスのスパイクで、日本人の標準的な足形を元にして設計されているので、日本人の足にぴったりフィットするスパイクとなっています。

また2層構造の「ディンプルソール」が軽量性と素足感覚を実現させており、フルバックのスピード溢れるプレーにも耐えられるスパイクとなっています。

スポンサードサーチ

おすすめ動画

オーストラリア代表のイズラエル・フォラウ選手のプレー動画

この動画は最強のフルバックといわれている、オーストラリア代表のイズラエル・フォラウ選手のトライシーンを中心とした動画です。

193cmという長身であることからハイボールに強く、それでいてしなやかなランニングスキルも併せ持っています。動画でも華麗な走りを見せてくれていますね。

スーパープレーをまとめた動画

この動画は、ニュージーランド代表のベン・スミス選手と先ほどのイズラエル・フォラウ選手の、トライシーンを中心としたスーパープレイを集めた動画です。

ベン・スミス選手も186cmと長身なため、ハイボールに強いのが特徴です。
しかし、ベン・スミス選手はさらにタックルも上手く、高いカウンター能力も併せ持っています。動画ではそんなプレーも存分に見せてくれています。

まとめ

フルバックは最後方に位置する最後の砦のような存在でありながら、攻撃ではエキストラマンとしてサインプレーでバックスラインに走り込んで行ったりもします。

サッカーで例えるならば、ゴールキーパーがしょっちゅうオーバーラップして攻撃に参加しているようなイメージになるでしょう。
そのため、フルバックは常に緊張感にあふれたポジションであることは間違いありません。

そんなフルバックですが、最後方に位置するポジションという特性から、試合の状況が良く見えるという特徴もあります。
そのため、上手いフルバックは相手のキックを先読みして、あらかじめスペースを埋めておくという動きをすることもあります。

ラグビー観戦時は、このような最後方のフルバックの動きにも注目してみると良いでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定