あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
rugby

【ラグビーのボジション】力自慢が集うプロップの動きと役割とは?

スポシル編集部

公開日 :2019/02/22

更新日 :2020/05/11

フォワードの両サイドを担うポジションの「プロップ」。

チーム1.2を争うパワーポジションであるプロップの特徴や試合中の役割。トレーニング方法などについて解説しています。

各ポジションの特徴を知っていると観戦もより楽しくなること間違いなしです!是非ご覧ください。

目次

スポンサードサーチ

プロップとは

プロップは「PR」と略して表されるフォワードポジションの一つです。

別名フロントローと呼ばれ、背番号で言うと1番と3番にあたります
1番を左プロップやルースヘッドプロップと呼び、3番は右プロップやタイトヘッドプロップと呼ばれます。

ラグビー選手と聞いて一般的に想像する体型や体格と言えば

  • 山のような筋肉

  • 大きな身体

  • 太ももと見間違うような首

  • このようなイメージでは無いでしょうか?

    プロップとは、ラグビーの数あるポジションの中でも1,2を争うパワーポジションです。

    プロップとは、まさにこのイメージ通りの体型・体格をした選手が多いポジションです。

    プロップに適した体格は?

    プロップを目指す場合、どのような体格を作り上げて行けばいいのでしょうか?

    例えば、プロのラグビー選手でフォワードポジションの場合、 体重は100kg前後で体脂肪率20%が目安の体格と言われています。

    プロップに求められる体格とは、パワーが求められるため「重さ」もまた武器になります。

    しかし、ただ身体を大きくすれば良いというわけではなく、いくら体重が増えても動けない程重くても、筋力が少なくてもダメなのです。

    体脂肪率20%や、体重100kg越えという目安はあくまでプロのお話。

    学生ラグビーの世界では80kg~90kg台のフォワードはザラにいますし、体脂肪率が少し高くとも「動ける」ならば問題はありません。
    自分が最大のパフォーマンスを発揮できるベスト体重と体脂肪率は個人差があります。

    あくまでも、目安として目指すべき体重や体脂肪率を参考にした上で自分にとってのベストを探す事が重要です。

    スポンサードサーチ

    試合中の役割

    前項で、パワーが求めれらるポジションとしてプロップを紹介しましたが、具体的に試合中はどのような役割をするポジションなのでしょうか?

    プロップは、 スクラムを組む時に大きな役割を果たします。
    スクラムは敵味方総勢16名で組み合って形成しますが、敵と直接組み合う最前列の両翼を担うポジションこそ、プロップです。

    相手と押し合う「力比べ」をするスクラムにおいて、相手との接点にあたるプロップに求められる能力は「敵の圧力に負けない強靭な身体」です。

    まさに、パワーポジションに位置するプロップはスクラムだけではなく、 ラインアウトやキックオフなど他のセットプレーでもその力を活かしたプレーも求められます

    ラインアウトで高身長のロックを持ち上げる、キックオフでボールキャッチのために飛んだ選手を支えるなど、パワーを活かした様々な役割を果たします。

    プロップ選手向けのスパイクは?

    ラグビーで着用するスパイクにはさまざまな種類が用意されており、ポジションごとに適したスパイクを履くことをおすすめします

    プロップとは、スクラムを組む際の最前列のポジションであるため、重量級の選手が役割を担うことが多いです。

    プロップにおすすめのスパイクは重量があり、ワイド仕様のスパイクです。

    重量があることでしっかり踏ん張ることができるようになり、ワイド仕様のおかげで小指まで地面に触れることができるようになります。

    ↓ラグビーのスパイクに関する記事はこちら
    ラグビースパイクの人気おすすめ9選【ナイキ・ミズノ・アシックス】

    スポンサードサーチ

    トレーニング

    プロップが優先的に行うべきトレーニングを紹介します。

    やはり、基本的な筋力を向上させるトレーニングが重要ですが、プロップの場合は特に鍛えておきたい部位があります。

    それは 「首」と 「背中」の筋肉です

    なぜ首と背中が重要か?
    それは、 プロップが担う一番大きな役割「スクラム」で相手を押し込む際に首と背中が重要だからです。

    押し負けて首を上に上げてしまう、横に逸らしてしまうとスクラムで押し勝つ事は出来ません。
    背中が丸まってしまう事も、力の伝達が正しく行われず、やはりスクラムで負けてしまいます。

    他部位の筋肉もしっかりと鍛えるべきですが、 プロップを目指す場合は特に首と背中の重要性を意識してトレーニングをしましょう。

    ↓詳しいトレーニング方法についてはこちら
    【ラグビー】筋トレのメリットとメニューについて徹底解説

    ラグビーW杯注目のプロップ最強選手は?

    ラグビーW杯で注目のプロップ選手を知ることで技術を盗んだり、履いているスパイクを確認して参考にすることができます。

    次に、ラグビーW杯で活躍しているプロップ最強の選手を紹介します。

    そのため、プロップ選手のことを知りたい人は参考にしてください。

    テンダイ・ムタワリラは身長180㎝以上、体重が120キロの巨漢の選手です。
    プロップ選手のことをビーストと呼ばれることが多いですが、テンダイ・ムタワリラにピッタリな言葉です。

    ラグビーの選手名鑑にもビーストと記されているほどの実力者でもあります。プロップは早く走ることができない選手が多い中、テンダイ・ムタワリラは走るスピードも速く、ランでも試合を盛り上げれる選手です。

    見た目は怖い印象であるため、近づきがたい感じがしますが、優しい性格をしています。100キロ以上ある選手を両腕だけで持ち上げ、支えることができるほどの剛腕の持ち主でもあります。

    ジョセフ・タウフェテは日本ラグビーW杯の公式サイトで注目選手として取り上げられています。
    そのため、日本国内でも注目度が高まりつつある選手です。

    ジョセフ・タウフェテは5歳のころからアメフトでプロを目指していた経歴があり、自慢の巨体で活躍をしていました

    ラグビーに転向してからさらに活躍することができるようになり、公式メンバーとして採用されるほどの実力を身につけました。

    日本とも対戦することが決まっているため、観戦する際にはジョセフ・タウフェテに注目しながら観戦してみてはいかがでしょうか。

    スポンサードサーチ

    まとめ

    プロップというポジションは、パワーが求められるフォワードの中でも特にパワーが重要となるポジションです。

    先天的な骨格や身長は個人差があり、どうする事も出来ない素質の一つです。

    しかし、筋力を鍛えて重量を増やす事は食事やトレーニングなど、練習でいくらでも作り上げていく事が出来る要素です。

    しかし、戦術が日々進化しているラグビーにおいて、プロップは筋力トレーニングをしてパワーと重量を重視すれば良いという時代ではなくなってきています。

    もちろん、パワーや重量を疎かには出来ませんが、現代ラグビーではプロップにも豊富な運動量を求める戦術や、パス・ランと言った基本技術の精度を全ポジションに高いレベルで求める傾向にあります。

    パワーを活かした動けるプロップを目指してトレーニングに励みましょう。

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    SPOSHIRUおすすめ情報!

    こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

    ストレスフリーの超快適マスク!

    すぐ乾くからムレにくい

    スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

    何度も洗えるから臭わない

    毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

    購入はこちら!

    整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

    崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

    TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

    立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

    また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

    足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

    購入はこちら!

    監修アスリート

    アスリートをもっと見る
    スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定