あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
boxing

気になるボクサーのお金事情!ボクシングのファイトマネーについて徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2019/03/19

更新日 :2019/03/19

井上尚弥選手や村田諒太選手の活躍で、かつての勢いを取り戻しつつある日本ボクシング界ですが、さらなる人気スポーツにするためにファイトマネーの高額化は欠かせません。

ファイトマネーは選手によってバラバラで、一般的に日本のプロボクサーといえば、チャンピオンクラス以外はアルバイトなどで生計を立てている人がほとんどでけっして収入面がいい職業とは言えません。

一方で世界には一晩で約300億円を稼ぎ出すようなプロボクサーもいます。

そこで今回はそんなボクシングのファイトマネーについて徹底解説していきます。

目次

スポンサードサーチ

ファイトマネーとは?

ファイトマネーとはボクサーが試合を行う報酬として受け取ることができる試合給のことです

プロボクサーは一般の職業と違い、基本的に給料というものがありません。
なのでボクサーの収入は試合をしてファイトマネーをもらうのがボクサーにとっての給料となります。

世界を見渡せばマニー・パッキャオ選手やフロイド・メイウェザー選手などは一生遊んで暮らせるほどの破格のファイトマネーをもらっていますが、日本では日本チャンピオンクラスでも年間4~5試合戦って400万円から500万円と一般的なサラリーマンとほぼ同じの報酬となっています

ファイトマネーはどうやって決まるのか

ではファイトマネーはどうやって決まるのでしょうか?

その決め方ですが、プロボクシングの試合は必ず興行主というイベントを取り仕切ってる人がいます。
その人が日程や会場を決め、さらに選手のファイトマネーを決めることができます

なので必ずしも挑戦者よりチャンピオンの方が高額になるというわけではなく、挑戦者の方がチャンピオンよりファイトマネーが多いこともしばしばあります。

また、このファイトマネーはいわゆる出場給であり、試合の勝敗とは関係ないのが一般的です

スポンサードサーチ

ファイトマネーの相場は?

基本的にボクシング選手はそのファイトマネーだけで生活できる人は本当にごく僅かで、その他のほとんどの選手はボクシングの他にアルバイトや正社員で仕事をしながら選手として活動しています

ボクシングの一般的なファイトマネーの相場ですが、新人の C 級ボクサーで3~4万円程度、 C 級ボクサーで5~10万円程度、そのうえの B 級ボクサーでは10~30万円程度、さらにその上の A 級ボクサーが15から50万円程度、そして日本ランカークラスで30~100万円程度となります。

世界チャンピオンクラスになればファイトマネーも1000万円から5000万円と桁違いに跳ね上がります。

そもそもファイトマネーはどこから出ているのか?

それではそんな高額のファイトマネーは一体どこから出ているのでしょう?

これは日本とアメリカで仕組みが異なります。
日本では興業のスポンサーからファイトマネーとして選手に支払われます

しかしアメリカでは、スポンサーに加えPPV(ペイパービュー)と言う放映権を買う仕組みが定着しており、 この報酬もファイトマネーとして選手に支払われます。

人気のあるボクサーは試合で数十億のファイトマネーを手にすることも可能です。

スポンサードサーチ

ファイトマネーの日本人最高額は?

ボクシングのファイトマネーの日本人最高額はいくらでしょうか?

2019年の時点では、浪速のジョーこと辰吉丈一郎選手だと言われています。

1994年におこなわれた日本人初の王座統一戦「辰吉丈一郎対薬師寺保栄」戦は日本中で大きな話題となり、そのファイトマネーは3億円以上になったとも言われています

この3億円を二人で折半か辰吉選手の方がやや多いのではないかと言われているため、1億5千万円以上は間違いないでしょう。

世界ファイトマネーランキング!

日本のボクサーの最高額は推定1億5000万円と言われていますが、世界のボクサーに目を向けると、特に上位一握りの選手はPPV(ペイパービュー)の力もあり、ボクシングだけでとてつもない金額を稼いでいます。

今回はその中でも世界ランキング上位3名のフロイド・メイウェザー選手、サウル・アルバレス選手、アンソニー・ジョシュア選手のファイトマネーについて解説します。

1位:フロイド・メイウェザー

第1位は世界で一番ファイトマネーの高い選手といわれるこの男、フロイド・メイウェザー選手で、316億円と言われています

2018年の大晦日に行われたRIZINでも、日本の神童と言われた那須川天心選手相手に圧倒的な実力差を見せつけて勝利し、多額のファイトマネーを得ています。

ボクシング選手としては一度引退し一線から退いていますが、総合格闘家のコナー・マクレガー選手とのエキシビションマッチでは2億7500万ドル、日本円にして約300億円を稼ぎ出しました。

2位:サウル・アルバレス

フロイド・メイウェザー選手に次ぐファイトマネーを誇るのが、第2位で約49億円と言われるサウル・アルバレス選手です。

これまで数々のタイトルを獲得してきた世界トップクラスのプロボクサーです。

2018年に行われたゲンナジー・ゴロフキン選手との一戦で、 推定500万ドル、日本円で約5.5億円にくわえてPPV(ペイパービュー)の売上が加算されるので、 実際はそれをはるかに上回る金額をファイトマネーとして稼ぎ出したことになります。

3位:アンソニー・ジョシュア

フロイド・メイウェザー選手とサウル・アルバレス選手に次いで世界第3位で、約43億円のファイトマネーと言われるのがアンソニー・ジョシュア選手です

アンソニー・ジョシュア選手は、圧倒的な身体能力と右ストレートを武器に、プロデビューから20戦連続KO勝利で現在ヘビー級最強と謳われる選手です。

2017年に行われたウラディミール・ウリチコ選手との一戦で1850万ドルをファイトマネーとして受け取ったとも言われています。

スポンサードサーチ

まとめ

ボクシングのファイトマネーについて徹底解説しましたがいかがだったでしょうか。

ボクシングでは、やはり日本より世界で活躍する選手の方が圧倒的にファイトマネーが多く、夢があるプロスポーツといえます。

強さ=金額ではありませんが、選手の人気を図る上で非常にわかりやすいものさしとなってことは間違いないでしょう。

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

【アイスホッケー】

特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手 小池龍太選手 監修】柏レイソルの不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールの投げ方の種類やコツを徹底解説!肘の使い方が重要!?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike