あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
野球baseball

野球のインフィールドフライとは?故意落球はあり?!

スポシル編集部

公開日 :2019/02/15

更新日 :2019/03/14

インフィールドフライは攻撃しているチームを助けるルールになります。

目次

スポンサードサーチ

野球のインフィールドフライとは

野球

インフィールドフライとは、守備側が故意に打球を落として、ダブルプレーを成立させることを防ぐルールになります。

条件としては「ノーアウト又は1アウト」そして「ランナーが1塁2塁又は満塁」の時、内野のフェアゾーンに打球が上がり、審判が「インフィールドフライ」を宣告した時です。内野のフェアゾーンにフライが上がった時が対象となりますが、バントとライナー性の打球は対象外となります。

バントやライナー性の打球は一瞬で判断しなければならないものであり、故意に打球を落とすことは難しいために対象外となります。バントやライナー性の打球は守備側が故意に落とすか落とさないかの判断時間が少ないですが、ジャッジする審判も判断する時間が無いため、インフィールドフライの対象外になります。

野球のインフィールドフライの故意落球

インフィールドフライが審判より宣告されると、守備側の人がボールを直接捕球しても、ボールを地面に付けてから捕球してもバッターランナーはアウトになります。故意にボールを落球して、フォースプレーによるダブルプレーをとることは出来ません。

しかし、ランナーの動きを観察し、インフィールドフライという状況をランナーが理解できていないと判断すれば、故意にボールを落球させ、ランナーを慌てさせると言う作戦もあります。ボールが地面に付くと「進塁しなくては」と思い、慌てて塁を飛び出してしまうランナーもいます。

ボールを送球し塁間でランナーを挟み込みアウトにしても問題ありません。インフィールドフライはインプレーになります。ランナーに隙があるならボールを送球してランナーをアウトにしましょう。

スポンサードサーチ

野球のインフィールドフライの判断が難しい場合

野球

屋外球場で高く打球が上がった内野フライはインフィールドフライとなるかならないかの判断が難しくなります。屋外球場の場合は、風や雨、霧と言った自然現象による影響発生するためです。

高く上がった打球は、ボールが徐々に加速して落ちてくるため捕球が難しくなります。その状態で強い風でボールが流される、雨や霧で視界が悪くなると、本当にボールを落としてしまったのか故意にボールを落としたのか判断が難しくなります。しかし最近はアマチュア野球でもドーム球場で行われる試合が多くなり、天候による影響で判断が難しくなると言う機会は減ってきました。

草野球レベルの試合の場合、実力的に落としたのか故意なのか分からない場合が多いです。またアウトが執れずに試合が進まない場合もありますので、あえてインフィールドフライト宣告する場合もあります。

野球のインフィールドフライでのランナーの動き

いくらアウトカウントや塁上にいるランナーの条件、故意に落球してダブルプレーを狙えそうな打球であっても、 インフィールドフライを審判が宣言しなければ、インフィールドフライになりません。守備側の人がワンバウンドで打球を処理したなら、進塁の義務が発生するため、ボールを送球されるとフォースプレイでアウトになってしまいます。

守備側の人が直接打球を補給した場合は、しっかりと帰塁しなければなりません。ボールを送球されればアウトになってしまいます。インフィールドフライの場合は審判も直ぐにインフィールドフライの宣告を行うことになっていますが、審判も人間ですので遅れることもあります。

ランナーとしては、インフィールドフライが宣告された場合、されない場合も含めて次の自分のプレーをイメージしておく必要があります。

スポンサードサーチ

野球のインフィールドフライでのタッチアップ

野球

インフィールドフライが宣告された時点で、バッターランナーはアウトとなります。そのため、守備側の人が直接ボールを取っても、一度グランドにワンバウンドされて取ろうがバッターランナーはアウトです。

インフィールドフライが宣告された時点でバッターランナーがアウトとなることからプレイを止めてしまう人も多いですが、インプレー中です。守備側の人が直接ボールを取り、ランナーが離塁しているなら、一度帰塁してからタッチアップすることに問題は有りません。

しかし、内野フライでタッチアップはボールを直ぐに送球されてアウトになる可能性は高いです。守備側の人に隙があり、進塁できるとランナーが思ったなら、タッチアップで、進塁しても問題ありません。

まとめ

インフィールドフライはあまりテレビでは見かけないプレーですので、頭でルールを理解していても実際に宣言されると、ランナーも守備側も戸惑う人が多いです。

審判がインフィールドフライを宣告したかしなかったか、落ち着いて状況を確認してプレーするようにして下さい。

 

スポンサードサーチ

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手 小池龍太選手 監修】柏レイソルの不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールの投げ方の種類やコツを徹底解説!肘の使い方が重要!?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike