あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
other

耐久性に優れたカシオスポーツウォッチの失敗しない選び方とおすすめ5選

スポシル編集部
更新日 :2019/02/05

スポーツウォッチはカシオやナイキなど、様々なスポーツメーカーから発売されており、商品ごとにいろいろな特徴があります。

目次

スポンサードサーチ

スポーツウォッチとは

スマートウォッチ
スポーツウォッチとは、スポーツを行う際に着用する腕時計であり、さまざまな機能が付いている特徴があります。

現在の時間はもちろんですが、タイムウォッチやラップウォッチ機能が取り付けられている場合が多く、その他には心拍数を測定できたり、GPS機能があるスポーツウォッチもあります。

おもにスポーツを行った際にデータ収集するために使用することが多く、スポーツに支障がでないように軽量化されている特徴もあります。また、防水機能がある割合も高く、汗や雨に濡れても故障することがありません。

スポーツウォッチの選び方

スポーツウォッチ
スポーツウォッチといってもさまざまな種類が販売されているため、購入する際に悩んでしまう人も多くいるのではないでしょうか。
自身が行うスポーツに合ったスポーツウォッチを選ぶことが理想的です。

次に、スポーツウォッチを選ぶ際のポイントを紹介します。

スポーツウォッチの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • 機能性
  • コスパ
  • 快適性
  • メーカー

機能性

スポーツウォッチを選ぶ際にもっとも注目してほしいことが機能性です。行うスポーツに適した機能が取り付けられているスポーツウォッチを購入することで、より快適にスポーツを行うことが可能です。

スポーツウォッチに取り付けられている機能はさまざまなあり、ストップウォッチからGPS機能まで多岐に渡ります。
どのようなスポーツを行う場合でも軽量化と防水機能は外せない機能であるため、購入する際に確認しましょう。

激しいスポーツやトレーニングを行う場合は、心拍数を測定できるスポーツウォッチがおすすめです。スポーツを行っている最中に心拍数を測定することができ、異常に心拍数が上昇した際にはアラームが鳴る機能もあり、体に過度の負担をかけずにすみます。

コスパ

コスパが良いスポーツウォッチを購入することで、無駄な支出を無くすことができます。誰でも安いスポーツウォッチを購入したい気持ちがありますが、安いとそれだけ機能が備わっていなかったり、つけ心地が良くないことがあります。

スポーツを行う頻度が少ない場合や経験が浅い場合は高いスポーツウォッチを購入しても使いこなすことができない場合があるため、安めの最低限の機能があるスポーツウォッチを購入することをおすすめします。

一方、本格的にスポーツを行っている人は高い価格でもさまざまな機能が付いているスポーツウォッチを購入することをおすすめします。
自身がどのような気持ちでスポーツに対して付き合っているかをよく確認してスポーツウォッチを購入するように心がけましょう。

快適性

スポーツウォッチは常に腕につけておく必要があるため、快適性やつけ心地にも注目するようにしましょう。
いくら良いスポーツウォッチでもつけ心地が悪かったり、スポーツを行う際に支障が出てしまっては意味がありません。激しい運動をしてもしっかり腕にフィットさせることができ、つけ心地も良いスポーツウォッチを選ぶように心がけましょう。

ベルト部分がどのような素材で作られているか確認するとともに、実際に腕につけて試せる場合は積極的に試着するように心がけましょう。
また、ベルト部分が通気性が高い素材がつかわれていることで汗をかいてもベルト部分だけが蒸れてしまうことを予防でき、快適にスポーツを行うことができます。速乾性も備わっていればべたつくこともなくより快適に付けておくことができます。

メーカー

スポーツウォッチを販売しているメーカーはさまざまあり、メーカーごとに特徴に違いがあります。
特に、デザイン性はメーカーごとに大きく異なる場合が多いため、デザイン性でスポーツウォッチを購入する場合は、メーカーの特徴を把握しておくことをおすすめします。

また、メーカーによっても販売されている価格に差があらわれる場合もあり、有名なメーカーになるほど価格が高くなる傾向があります。しかし、それだけ性能に優れており、品質も信頼することができます。

スポーツメーカーがスポーツウォッチを販売している場合もあり、他の用具を同じメーカーと統一することでファッションをおしゃれに決めることもできます。
スポーツウォッチを販売しているメーカーはいくつもありますが、その中でもカシオは時計メーカーとしても有名であり、人気もあります。次に、カシオが販売しているスポーツウォッチの特徴を紹介します。

スポンサードサーチ

カシオのスポーツウォッチの特徴


カシオは時計メーカーで有名でさまざまな機能が備わってるスポーツウォッチも販売しています。
デザイン性に優れているため、スポーツを行う際はもちろんですが、私生活でも違和感なく使用することができます

次にカシオが販売しているスポーツウォッチの特徴をより詳しく紹介します。

カシオのスポーツウォッチの特徴は、以下の2つです。

  • 耐久性に優れている
  • 多数の機能が備わっている

耐久性に優れている

カシオのスポーツウォッチは全体的に耐久性に優れている特徴があります。カシオはGショックという耐久性に優れているブランドを発売しており、他の時計メーカーに比べても耐久性に優れている一面があります。
そのため、さまざまな衝撃にも耐えることができ、激しい運動をするスポーツでも故障や不具合が起きることもありません。

腕時計は精密機械でもあるため慎重に取り扱っている人もいますが、カシオのスポーツウォッチを付けた場合は、激しく腕を振ったりしても壊れる心配をせずにスポーツに集中することが可能です。

多少踏んでしまったり、高い場所から落としたとしても故障しにくい作りになっていることで長い間愛用することができ、コスパもよい一面もあります。

多数の機能が備わっている

カシオはさまざまな機能が備わっているため、スポーツを行う際に便利で多くの情報を入手することができます。
心拍数を測定する機能はありませんが、ストップウォッチやラップライムを測る機能は他のメーカーと比べて優れています

ラップタイムを100本以上のデータを記憶することができ、より正確なタイムを確認するとともに、分析することも可能です。また、ソーラー電池を採用しているスポーツウォッチも販売しており、電池交換をする必要がないため、最低限のメンテナンスをするだけですみます。

電波を受信する機能もあり、時刻を自身で設定しなおす必要がなく、定期的に正しい時刻に調整してくれます。そのため、より正確な時刻を把握することもでき、腕時計としても十分役割を果たしてくれます。

カシオのスポーツウォッチの人気おすすめ5選

カシオが販売しているスポーツウォッチを購入しようと考えていても、どのスポーツウォッチを購入すればよいのか悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。

悩んでしまう理由は、カシオは幅広いスポーツウォッチを販売しているからです。次に、カシオのおすすめのスポーツウォッチ5選を紹介します。

W-S200H-1AJF の詳細情報

カラー ブラック
重量 41 g
表示 デジタル
防水 あり

ランナー向けのスポーツウォッチ

W-S200H-1AJF はラップタイムを120本も記憶することが可能で、ランナー向けのスポーツウォッチです。
そのため、本格的にランニングやマラソンに挑戦している人におすすめです。ソーラー充電システムを搭載していることで電池交換をする必要なく、スポーツに集中することができます。

ランニングやマラソンは屋外でする割合が高いため、知らない間に太陽光から充電してくれるため、意識的に太陽光を浴びせる必要がありません。インターバル計算もしてくれる機能が備わっていることでトレーニングをする際に使用すると便利です。

フィズ タフソーラー STW-1000-1JF

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

フィズ タフソーラー STW-1000-1JFの詳細情報

カラー ブラック
重量 45 g
表示 デジタル
防水 あり

大画面で見やすい

フィズ タフソーラー STW-1000-1JFは大画面なため、瞬時に確認したい情報を見ることができます。
現在の時刻とラップタイムを同時に表示することができるため、ラップ測定をしつつ現在の時刻も確認することができます。

画面にはLEDライトが取り付けられているため、日中はもちろんですが、夜中でも見ることができます。ラップタイムを記録し最高のデータも登録されるため、陸上選手におすすめのスポーツウォッチです。
二つのタイマーが搭載されていることで、二人同時のラップタイムも測ることができ、ストップウォッチとしても使用することができます。

オシアナスの詳細情報

カラー ブルー
重量 91 g
表示 多針アナログ表示
防水 あり

おしゃれに見せたい人におすすめ

スポーツを行っているときでもかっこよい腕時計を付けたいと考えている人も多くいるのではないでしょうか。
そのような人にアシアナスがおすすめで、腕につけることでカッコよく決めることができます。

機能としては防水とストップウォッチ機能しかなく、さまざまな情報を入手することはできませんが、最低限の機能があればよい人におすすめです。デザイン性に優れているだけではなく、電池が少なくなると警告音がなる機能があり、電池切れで時刻がずれてしまうことを予防できます。

プロトレックスマートの詳細情報

カラー ブルー
重量 82 g
表示 デジタル
防水 なし

ここに商品の特徴が伝わるキャッチコピーを記入

プロトレックスマートは屋外のスポーツや登山におすすめのスポーツウォッチです。
GPS機能が取り付けられていることでいつでも自身の位置を確認することができます。

一回充電すれば24時間は使用し続けることができ、使用する時だけに使用すればより長く使用可能日数を伸ばすことができます。気温・気圧・方角を一括で確認することができます。二重構造で液晶画面に表示されるため、デザイン性だけではなく機能面でも優れている特徴があります。

スポーツギアの詳細情報

カラー ブラック
重量 36 g
表示 デジタル
防水 あり

長年使用し続けたい人におすすめ

スポーツギアは10年使用できる電池が使用されているため、長期間使用し続けることができます。
スポーツを行う際の便利性もあり、ストップウォッチやラップタイムも測ることができ、さまざまなトレーニングで使用することができます。

スポーティーなでデザインでもあり、トレーニングウェアとコーデしやすい特徴があります。かわいらしいデザインもあるため、女性でスポーツウォッチを探している人におすすめです。
また、比較的安い値段で購入することができ、低予算で購入したい人にもおすすめです。

この記事で紹介している商品一覧

商品画像
商品名 W-S200H-1AJF フィズ タフソーラー STW-1000-1JF オシアナス プロトレックスマート スポーツギア
購入先 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天

スポンサードサーチ

まとめ

カシオのスポーツウォッチの失敗しない選び方とおすすめ商品をご紹介してきましたが、いかかでしたか?

スポーツウォッチと一口に言っても、様々な種類や特徴を持ったものがあります。

自身のレベルや目的に合わせ、よりスポーツが楽しめるを探してスポーツウォッチみてください!

合わせて読みたい!

 

新しいスポーツ観戦スタイル!【ビデオオンデマンド】

「好きなスポーツを好きなときに、好きな場所で見たい」
スポーツ好きなあなたはそう思ったことありませんか?

ここでは、スポーツを長年愛してきたスポシル編集部がおすすめするビデオオンデマンドサービスを紹介いたします。

忙しくてなかなかスポーツ観戦に行けない方、ファンのチームの試合を見逃したくない方 、ぜひこの際にお試しを。

ダゾーン(DAZN)まだ使ってないの?

DAZNDAZN

年間6000以上のスポーツを楽しめる 。それが皆さんご存知ダゾーン(DAZN)です。

なんと9台のカメラを駆使し、最高のカメラアングルで配信しています。鬱陶しいCMも入らないため、快適にスポーツ観戦を楽しむことができます。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
です。

テレビのCMでは知ってはいたけど、まだ加入していないというそこのあなた。スポーツ好きはもう使っています。 無料トライアル

無料トライアルではじめる

スカパー

スカパースカパー

スカパーは約70チャンネルの中から好みのチャンネルを1チャンネルから選んでお楽しみいただけるサービスです。お手続きはカンタン!ご自宅のテレビやレコーダーに既にチューナーが内蔵されているので、お申込み後、約30分 でご視聴いただけます。

スカパーのおすすめポイントとして、

  • 加入月視聴料0円
  • 4K画質で楽しめる
  • 2週間お試し体験
が挙げられます。

スポーツのみならず、バラエティなどほかのジャンルの番組を見たい方におすすめです!

2週間お試し体験

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

サッカーサッカーおすすめ記事
【アルビレックス新潟 早川史哉選手 監修】サッカーにおけるインターセプトを成功させるためのコツとは?練習方法やパスカットとの違いについても徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス所属 金子翔太監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【V・ファーレン長崎 米田隼也選手 監修】現代サッカーに求められるミッドフィルダーとは?
特集記事おすすめ記事
【競技外編】ライブ配信をするハンドボール日本代表×現役中の兼業も考えるプロサッカー選手~another sports アナザースポーツ~
サッカーサッカーおすすめ記事
【アルビレックス新潟 早川史哉選手 監修】技術と賢さがあるからこそできる術。サッカーにおける本当のマリーシアとは?
【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【東京五輪サッカー日本代表候補の三笘薫選手監修】現代サッカーのドリブラーをタイプ別に徹底分析!あなたは何タイプのドリブラー?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike