日焼け止め スポーツ
2019年2月5日

あなたの大切な肌を守る!スポーツ場面に最適な日焼け止め5選紹介

日焼け止めは様々なスポーツメーカーから発売されており、SPRやPAなど商品ごとにいろいろな特徴があります。

また、使用場面によっても選ぶべき日焼け止めに違いがあります。

そのため、初心者の方は特に、日焼け止めを選ぶ際にどのメーカーのを選べば日焼け止め良いのか、迷ってしまうことでしょう。

そこで今回は、Amazon・楽天などの売り上げ上位の商品をご紹介するとともに、「SPOSHIRU編集部が」おすすめするスポーツ場面にピッタリの日焼け止めをたっぷりとご紹介していきます。

本記事を参考にしていただき、自身に合った日焼け止めを見つけてみてください!

スポンサードサーチ

日焼け止めの効果

日焼け止め
日焼け止めを使用することで肌が焼けてしまうことを予防でき、白い肌でいることを維持することが可能です。特に屋外でスポーツを行う人は日焼け止めは必需品であり、女性の方がより使用されている割合が高いです。

日焼け止めを塗ることで肌を焼かずに済むだけではなく、紫外線の悪影響を受けずにすみます。紫外線を浴びることでシワやシミが発生しやすくなりますが、日焼け止めを塗ることでそのような影響を防ぐことができます。

綺麗な肌を維持したい人は屋外に出る際には日焼け止めを塗るように心がけましょう。日照りの強い夏場はもちろんですが、ニュースなどで紫外線の強さなどを確認することも大切です。
また、日焼けすることで皮が剥けてしまうこともありますが、日焼け止めを塗ることで回避することもできます。

紫外線による被害

日焼け止め 紫外線
紫外線による影響は人体にとってよい影響になることはなく、悪い影響しかありません。
そのため、日焼け止めを塗るとともにできるだけ紫外線を浴びないようにすることをおすすめします。

次に、紫外線による被害をより詳しく紹介します。そのため、屋外に出る機会が多い人は参考にしてください。

シミ・シワができる

紫外線を浴びることでシミやシワが発生しやすくなることを多くの人が知っているのではないでしょうか。そのため、特に女性の方が紫外線対策を念入りに行っている割合が高いです。

紫外線を浴びることで皮膚の表面だけではなく、深層まで入り込むため、シミやシワになりやすくなります
皮膚が紫外線を浴びることでメラニンが多く分布され、紫外線から肌を守る働きをします。

しかし、増えすぎたメラニンはシミやそばかすの原因になります。
また、紫外線はコラーゲンやヒアルロン酸などを作る組織を攻撃するため、弾力が失われシワやたるみを発生させてしまいます。

白内障になりやすい

紫外線は肌にもっとも影響が出ると考えられやすいですが、目にも悪影響を及ぼします。目は肌と違って日焼け止めを塗ることができないため、サングラスなどで紫外線を浴びないように工夫することが大切です

紫外線を直接見なくても海面や雪からの反射で目の中に紫外線が入ってしまうこともあります。紫外線が目の中に入ることで水晶体に吸収され、白目部分が白濁してしまいます。白内障と言われる病気で、視力が著しく低下させてしまいます。

免疫力が低下する

肌に紫外線を浴びてしまうと肌の表面にダメージを与えてしまいます。ダメージを与えるとともに病原菌が接近した際に危険を知らせる細胞にまでダメージを与えてしまいます。

そのため、人体に悪影響を与える可能性があるウイルスが近くにあっても事前に防御反応をすることができず、風邪などの症状を招きやすくなります

事前に防御反応をすることができないため、免疫力が知らない間に低下してしまい軽い症状でも悪化しやすくなるリスクも伴ってしまいます。

スポンサードサーチ

日焼け止めの正しい塗り方

日焼け止め スポーツ
日焼け止めを使用するためには正しい塗り方を行うことをおすすめします。

日焼け止めを使用している人は多くいますが、正しい塗り方ができていないケースが多いです。
正しい塗り方をすることで日焼け止め本来の効果を得ることができます。

次に、日焼け止めを塗る部位ごとに紹介します。

顔に日焼け止めを塗る場合は、目や口の中に侵入しないように塗ることをおすすめします。
しかし、目や口周りに塗り忘れがあると変な焼け方をしてしまうため、慎重に塗ることをおすすめします。

手の平で広げて使用する場合もありますが、使用量が減ってしまうため、顔の各所に日焼け止めをつけ、伸ばすように塗りましょう

手に日焼け止めを使用する場合は、体の各所に塗り終わってから塗ることをおすすめします
最初に掌に日焼け止めを使っても、他の部位で伸ばす際につけることになり、無駄遣いになりがちです。

掌を塗る場合は指の間までしっかり塗るように心がけ、腕に塗る場合直線状に日焼け止めを出し満遍なく伸ばすようにしましょう。

首に日焼け止めを塗る際には、無造作に塗るのではなく、下から上に伸ばす要領で塗るように心がけましょう
下から上に塗ることで下に垂れてしまうことを予防し、満遍なく日焼け止めを塗ることができます。

また、首の後ろは自身では確認することができないため、鏡を使用して塗り忘れがないようにしましょう。

露出が多い服装をする場合は、体にも日焼け止めを塗る必要があります。
特に、海のレジャーを楽しむ場合はより露出が多いため、綺麗に塗る必要があります。

体の前面は自身でも綺麗に塗ることができますが、背面は綺麗に塗ることができないため、他の人に頼むことをおすすめします。

スポーツ用日焼け止めの選び方

日焼け止め スポーツ
私生活で使用する日焼け止めとスポーツ用で使用する日焼け止めには違いがあります。

日焼け止めは効果がスポーツ用の方が強い傾向があり、さまざまなタイプの日焼け止めも販売されています。スポーツを行う際に私生活で使用する日焼け止めでは快適に塗ることができない場合もあります。

スポーツ用日焼け止めの選び方を以下の4つのポイントから解説します。

  • SPR
  • PA
  • ウォータープルーフ
  • タイプで選ぶ

SPF

SPFは紫外線の一種であり、短時間で肌を黒くしてしまう働きがあります。そのため、SPFの防止効果が高い日焼け止めを塗ることで肌が日焼けしてしまうことを予防できます。

SPFの数値は0から50+で表示されており、数値が高いほど紫外線を遮断する効果に優れている証拠です。日焼けで肌を黒く焼きたくない人にはSPFの数値が高い日焼け止めを使用することで日焼けをすることを軽減することができます。

屋外でスポーツをする人は注目する単語であるため、しっかり意味を把握しておきましょう。

PA

PAは紫外線を防止できる数値を表示されるアルファベットであり、SPFとセットで覚えておくことをおすすめします。PAは+の数で効果の具合が示されており、+の数が多いほどより紫外線を防止する効果があることを示しています。

PAを防止することで肌が黒くなることを予防できるだけではなく、弾力が失われてしまうことも軽減することが可能です。

そのため、将来たるみやシワなどの症状を予防できます。屋外のスポーツをする場合はPAの+の数が3つか4つ表示されている日焼け止めがおすすめです。

ウォータープルーフ

ウォータープルーフはさまざまな日焼け止めを販売しているメーカーであるため、用途別の日焼け止めを見つけることができます。スポーツを行うと自然と汗をかいてしまう割合が高く、日焼け止めを塗っても汗で流れてしまうこともあります。

しかし、ウォータープルーフは防水効果がある日焼け止めも販売しているため、スポーツを行う際におすすめの日焼け止めを購入することもできます。

汗で日焼け止めが流れてしまうだけではなく、水中に入っても効果を維持することができ、海のレジャーにもおすすめです。

タイプ別

日焼け止めには様々なタイプが販売されているため、それぞれにメリットとデメリットがあります。タイプ別の特徴を把握して用途に合ったタイプの日焼け止めを購入するようにしましょう。

もっとも使用されている割合が高いのがクリームタイプです。使いやすいことが特徴ですが、使用する前に肌をしっかり保湿させる必要があります。

ジェルタイプは保湿せずに使用することもでき、肌にストレスをかけずに塗ることができます。
スプレータイプは自身では塗ることが難しい背中にも吹きかけることができるメリットがありますが、すぐに使いきってしまう場合が多く、少量しか付着させることができないデメリットがあります。

スポンサードサーチ

スポーツ用日焼け止めのおすすめ5選

スポーツ用に適した日焼け止めを使用することで、日焼けを予防するだけではなく紫外線による影響も軽減させることができます。

行うスポーツの特徴に合った日焼け止めを購入することでより日焼け止めの効果を得ることができます。

次にスポーツ用のおすすめの日焼け止め5選を紹介します。

NULL メンズ ウォータープルーフ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

NULL メンズ ウォータープルーフ の詳細情報

SPF 50+
PA ++++
容量 40g
防水 あり

二つの紫外線を効果的に防げます

NULL メンズ ウォータープルーフは使用しても肌が白くならない特徴があります。
そのため、塗った後を気にすることなくスポーツに集中することができます。

また、防水効果もあるため、汗をかいても日焼け止めの効果を維持することができ、重ね塗りをする回数を減らすことができます。

NALC ナルク パーフェクト ウォータープルーフ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

NALC ナルク パーフェクト ウォータープルーフ の詳細情報

SPF 50+
PA ++++
容量 60g
防水 あり

塗りやすい日焼け止めクリーム

NALC ナルク パーフェクト ウォータープルーフは水や汗で流れることがなく、伸びやすい特徴があります。

そのため、日焼け止めを塗る際に簡単に塗ることができ、化粧の下地にも使用することができます。
6つの無添加物が使用して作られていることで肌に良い日焼け止めに仕上がっています。

ビオレ UV アスリズム スキンプロテクトエッセンス

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ビオレ UV アスリズム スキンプロテクトエッセンス の詳細情報

SPF 50+
PA ++++
容量 70g
防水 あり

使用後に簡単に落とせる日焼け止め

ビオレ UV アスリズム スキンプロテクトエッセンスは石鹸で簡単に落とすことができます
そのため、使用後にスッピンになることができ、肌を開放させることもできます。

日焼け止めを使用したことでニキビが発生しやすくなるデメリットもありますが、ビオレ UV アスリズム スキンプロテクトエッセンスはニキビができにくい処方がされています。

スポーツ ビューティ UVウェア

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

スポーツ ビューティ UVウェア の詳細情報

SPF 50+
PA ++++
容量 50mL
防水 なし

黄色入れ物が目印

黄色の入れ物が印象的な日焼け止めです。
クリームでもジェルでもスプレータイプでもない、液体タイプの日焼け止めです。

乳液を塗る感覚で日焼け止めを塗ることができ、手早く全身に塗ることが可能です。重ね塗りもしやすく、定期的に重ね塗りを手間無く行うことができます。

キュレル UVエッセンス SPF30 50g

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

キュレル UVエッセンス SPF30 50gの詳細情報

SPF 30
PA +++
容量 50g
防水 なし

肌荒れを気にする人におすすめ

キュレル UVエッセンス SPF30 50gは無添加物を使用している日焼け止めであるため、肌に優しい日焼け止めに仕上がっています。

赤ちゃんに使用しても大丈夫なほど肌にストレスを与えることがないため、肌荒れに悩んでいる人におすすめの日焼け止めです。

この記事で紹介している商品一覧

商品画像
商品名 NULL メンズ ウォータープルーフ NALC ナルク パーフェクト ウォータープルーフ ビオレ UV アスリズム スキンプロテクトエッセンス スポーツ ビューティ UVウェア キュレル UVエッセンス SPF30 50g
購入先 Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天

スポーツ場面に最適な日焼け止めの失敗しない選び方とおすすめ商品をご紹介してきましたが、いかかでしたか?

日焼け止めと一口に言っても、様々な種類や特徴を持ったものがあります。

自身のレベルや目的に合わせ、よりスポーツが楽しめる日焼け止めを探してみてください!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。