あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
other

あなたの大切な肌を守る!スポーツ場面に最適な日焼け止め5選紹介!

スポシル編集部

公開日 :2019/02/05

更新日 :2019/06/24

日焼け止めは様々なスポーツメーカーから発売されており、SPRやPAなど商品ごとにいろいろな特徴があります。

目次

スポンサードサーチ

日焼け止めの効果

日焼け止め

日焼け止めを使用することで肌が焼けてしまうことを予防でき、白い肌でいることを維持することが可能です。特に屋外でスポーツを行う人は日焼け止めは必需品であり、女性の方がより使用されている割合が高いです。

日焼け止めを塗ることで肌を焼かずに済むだけではなく、紫外線の悪影響を受けずにすみます。紫外線を浴びることでシワやシミが発生しやすくなりますが、日焼け止めを塗ることでそのような影響を防ぐことができます。

綺麗な肌を維持したい人は屋外に出る際には日焼け止めを塗るように心がけましょう。日照りの強い夏場はもちろんですが、ニュースなどで紫外線の強さなどを確認することも大切です。
また、日焼けすることで皮が剥けてしまうこともありますが、日焼け止めを塗ることで回避することもできます。

紫外線による被害

日焼け止め 紫外線

紫外線による影響は人体にとってよい影響になることはなく、悪い影響しかありません。
そのため、日焼け止めを塗るとともにできるだけ紫外線を浴びないようにすることをおすすめします。

次に、紫外線による被害をより詳しく紹介します。そのため、屋外に出る機会が多い人は参考にしてください。

シミ・シワができる

紫外線を浴びることでシミやシワが発生しやすくなることを多くの人が知っているのではないでしょうか。そのため、特に女性の方が紫外線対策を念入りに行っている割合が高いです。

紫外線を浴びることで皮膚の表面だけではなく、深層まで入り込むため、シミやシワになりやすくなります。
皮膚が紫外線を浴びることでメラニンが多く分布され、紫外線から肌を守る働きをします。

しかし、増えすぎたメラニンはシミやそばかすの原因になります。
また、紫外線はコラーゲンやヒアルロン酸などを作る組織を攻撃するため、弾力が失われシワやたるみを発生させてしまいます。

白内障になりやすい

紫外線は肌にもっとも影響が出ると考えられやすいですが、目にも悪影響を及ぼします。目は肌と違って日焼け止めを塗ることができないため、サングラスなどで紫外線を浴びないように工夫することが大切です。

紫外線を直接見なくても海面や雪からの反射で目の中に紫外線が入ってしまうこともあります。紫外線が目の中に入ることで水晶体に吸収され、白目部分が白濁してしまいます。白内障と言われる病気で、視力が著しく低下させてしまいます。

免疫力が低下する

肌に紫外線を浴びてしまうと肌の表面にダメージを与えてしまいます。ダメージを与えるとともに病原菌が接近した際に危険を知らせる細胞にまでダメージを与えてしまいます。

そのため、人体に悪影響を与える可能性があるウイルスが近くにあっても事前に防御反応をすることができず、風邪などの症状を招きやすくなります。

事前に防御反応をすることができないため、免疫力が知らない間に低下してしまい軽い症状でも悪化しやすくなるリスクも伴ってしまいます。

スポンサードサーチ

日焼け止めの正しい塗り方

日焼け止め スポーツ

日焼け止めを使用するためには正しい塗り方を行うことをおすすめします。

日焼け止めを使用している人は多くいますが、正しい塗り方ができていないケースが多いです。
正しい塗り方をすることで日焼け止め本来の効果を得ることができます。

次に、日焼け止めを塗る部位ごとに紹介します。

顔に日焼け止めを塗る場合は、目や口の中に侵入しないように塗ることをおすすめします。
しかし、目や口周りに塗り忘れがあると変な焼け方をしてしまうため、慎重に塗ることをおすすめします。

手の平で広げて使用する場合もありますが、使用量が減ってしまうため、顔の各所に日焼け止めをつけ、伸ばすように塗りましょう。

手に日焼け止めを使用する場合は、体の各所に塗り終わってから塗ることをおすすめします。
最初に掌に日焼け止めを使っても、他の部位で伸ばす際につけることになり、無駄遣いになりがちです。

掌を塗る場合は指の間までしっかり塗るように心がけ、腕に塗る場合直線状に日焼け止めを出し満遍なく伸ばすようにしましょう。

首に日焼け止めを塗る際には、無造作に塗るのではなく、下から上に伸ばす要領で塗るように心がけましょう。
下から上に塗ることで下に垂れてしまうことを予防し、満遍なく日焼け止めを塗ることができます。

また、首の後ろは自身では確認することができないため、鏡を使用して塗り忘れがないようにしましょう。

露出が多い服装をする場合は、体にも日焼け止めを塗る必要があります。
特に、海のレジャーを楽しむ場合はより露出が多いため、綺麗に塗る必要があります。

体の前面は自身でも綺麗に塗ることができますが、背面は綺麗に塗ることができないため、他の人に頼むことをおすすめします。

スポーツ用日焼け止めの選び方

日焼け止め スポーツ

私生活で使用する日焼け止めとスポーツ用で使用する日焼け止めには違いがあります。

日焼け止めは効果がスポーツ用の方が強い傾向があり、さまざまなタイプの日焼け止めも販売されています。スポーツを行う際に私生活で使用する日焼け止めでは快適に塗ることができない場合もあります。

スポーツ用日焼け止めの選び方を以下の4つのポイントから解説します。


  • SPR

  • PA

  • ウォータープルーフ

  • タイプで選ぶ

SPF

SPFは紫外線の一種であり、短時間で肌を黒くしてしまう働きがあります。そのため、SPFの防止効果が高い日焼け止めを塗ることで肌が日焼けしてしまうことを予防できます。

SPFの数値は0から50+で表示されており、数値が高いほど紫外線を遮断する効果に優れている証拠です。日焼けで肌を黒く焼きたくない人にはSPFの数値が高い日焼け止めを使用することで日焼けをすることを軽減することができます。

屋外でスポーツをする人は注目する単語であるため、しっかり意味を把握しておきましょう。

PA

PAは紫外線を防止できる数値を表示されるアルファベットであり、SPFとセットで覚えておくことをおすすめします。PAは+の数で効果の具合が示されており、+の数が多いほどより紫外線を防止する効果があることを示しています。

PAを防止することで肌が黒くなることを予防できるだけではなく、弾力が失われてしまうことも軽減することが可能です。

そのため、将来たるみやシワなどの症状を予防できます。屋外のスポーツをする場合はPAの+の数が3つか4つ表示されている日焼け止めがおすすめです。

ウォータープルーフ

ウォータープルーフはさまざまな日焼け止めを販売しているメーカーであるため、用途別の日焼け止めを見つけることができます。スポーツを行うと自然と汗をかいてしまう割合が高く、日焼け止めを塗っても汗で流れてしまうこともあります。

しかし、ウォータープルーフは防水効果がある日焼け止めも販売しているため、スポーツを行う際におすすめの日焼け止めを購入することもできます。

汗で日焼け止めが流れてしまうだけではなく、水中に入っても効果を維持することができ、海のレジャーにもおすすめです

タイプ別

日焼け止めには様々なタイプが販売されているため、それぞれにメリットとデメリットがあります。タイプ別の特徴を把握して用途に合ったタイプの日焼け止めを購入するようにしましょう。

もっとも使用されている割合が高いのがクリームタイプです。使いやすいことが特徴ですが、使用する前に肌をしっかり保湿させる必要があります。

ジェルタイプ保湿せずに使用することもでき、肌にストレスをかけずに塗ることができます。

スプレータイプ自身では塗ることが難しい背中にも吹きかけることができるメリットがありますが、すぐに使いきってしまう場合が多く、少量しか付着させることができないデメリットがあります。

スポンサードサーチ

スポーツ用日焼け止めのおすすめ5選

スポーツ用に適した日焼け止めを使用することで、日焼けを予防するだけではなく紫外線による影響も軽減させることができます。
行うスポーツの特徴に合った日焼け止めを購入することでより日焼け止めの効果を得ることができます。

次にスポーツ用のおすすめの日焼け止め5選を紹介します。

NULL ウォータープルーフ

SPF 50+
PA ++++
容量 40g
防水 あり

二つの紫外線を効果的に防げます

NULLウォータープルーフは使用しても肌が白くならない特徴があります。
そのため、塗った後を気にすることなくスポーツに集中することができます。

また、防水効果もあるため、汗をかいても日焼け止めの効果を維持することができ、重ね塗りをする回数を減らすことができます。

NALC ナルク パーフェクト ウォータープルーフ

NALC ナルク パーフェクト ウォータープルーフ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
SPF 50+
PA ++++
容量 60g
防水 あり

塗りやすい日焼け止めクリーム

NALC ナルク パーフェクト ウォータープルーフは水や汗で流れることがなく、伸びやすい特徴があります。

そのため、日焼け止めを塗る際に簡単に塗ることができ、化粧の下地にも使用することができます。
6つの無添加物が使用して作られていることで肌に良い日焼け止めに仕上がっています。

ビオレ UV アスリズム スキンプロテクトエッセンス

ビオレ UV アスリズム スキンプロテクトエッセンス

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
SPF 50+
PA ++++
容量 70g
防水 あり

使用後に簡単に落とせる日焼け止め

ビオレ UV アスリズム スキンプロテクトエッセンスは石鹸で簡単に落とすことができます。
そのため、使用後にスッピンになることができ、肌を開放させることもできます。

日焼け止めを使用したことでニキビが発生しやすくなるデメリットもありますが、ビオレ UV アスリズム スキンプロテクトエッセンスはニキビができにくい処方がされています。

スポーツ ビューティ UVウェア

SPF 50+
PA ++++
容量 50mL
防水 なし

黄色入れ物が目印

黄色の入れ物が印象的な日焼け止めです。
クリームでもジェルでもスプレータイプでもない、液体タイプの日焼け止めです。

乳液を塗る感覚で日焼け止めを塗ることができ、手早く全身に塗ることが可能です。重ね塗りもしやすく、定期的に重ね塗りを手間無く行うことができます。

キュレル UVエッセンス SPF30

SPF 30
PA +++
容量 50g
防水 なし

肌荒れを気にする人におすすめ

キュレル UVエッセンス SPF30 50gは無添加物を使用している日焼け止めであるため、肌に優しい日焼け止めに仕上がっています。

赤ちゃんに使用しても大丈夫なほど肌にストレスを与えることがないため、肌荒れに悩んでいる人におすすめの日焼け止めです。

この記事で紹介している商品一覧

商品画像
商品名 NULL ウォータープルーフ NALC ナルク パーフェクト ウォータープルーフ ビオレ UV アスリズム スキンプロテクトエッセンス スポーツ ビューティ UVウェア キュレル UVエッセンス SPF30
購入先 Amazon 楽天 Yahoo Amazon 楽天 Yahoo Amazon 楽天 Yahoo Amazon 楽天 Yahoo Amazon 楽天 Yahoo

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike