あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
ロードバイクroad bike

【最強の空気入れを】ロードバイクの空気入れを徹底解剖!

スポシル編集部

公開日 :2019/01/21

更新日 :2019/03/14

ここでは、ロードバイクで使用するおすすめの空気入れを紹介します。

目次

スポンサードサーチ

ロードバイクの空気入れの選び方とポイントを紹介!

.

種類や用途選んでみよう!

メンテナンス用のフロアポンプ!

フロアポンプとは一般の人が空気入れと言われた際に一番に想像する形状の空気入れです。

縦長の場合は多く、両手で引きあげたり押しいれたりすることでタイヤに空気を入れることができます。

一度に多くの空気を入れることができるメリットがありますが、持ち運ぶことには適していません。そのため、メンテナンス用の空気入れとして購入することをおすすめします。

ロードバイクを楽しんでいる人だけではなく、自転車を所有している多くの人に愛されている空気入れでもあります。

フロアポンプを小型にした携帯用ポンプ!

携帯ポンプとは、上記で紹介したフロアタイプの空気入れを小型化したものです。

また、使用しない時にコンパクトに収納できる機能が備わっている場合が多く、ポケットにしまえるサイズまで小さくすることも可能です。

使用方法は携帯用ポンプの種類にもよりますが、フロアポンプと同じように手で出し入れすることで空気を入れるタイプが多いです。

フロアタイプより一度に入る空気量が少ないため、多くの空気を入れる必要がある場合は時間がかかってしまうデメリットがあります。

パンクなど緊急時に活躍するCO2インフレーター!

CO2インフレーターは上記で紹介した方法とは異なる空気の入れ方を行います。

ポンプでは酸素をタイヤ内に入れますがCO2インフレーターは二酸化炭素を入れます。ロードバイクの空気圧は高圧になるまで入れる必要があり、携帯ポンプでは出し入れする回数が多くなります。

また、最後のほうになるとかなり力が入れる必要があります。

しかし、CO2インフレーターの場合は力は必要なくしかも一瞬でタイヤ内に二酸化炭素を入れることができます。C2インフレーターを使用する場合は、タイヤ内のチューブの種類によって使用できないこともあり事前に確認しておきましょう。

空気圧確認のためのエアゲージ付きで選んでみよう!

空気入れの中には空気圧を確認できるゲージが取り付けられているタイプがあります。

上記でも紹介しましたがロードバイクは高圧になるまで空気を入れる必要があり、ケージがあることで正確に空気圧を確認することができます。

空気圧の違いによってロードバイクの乗り心地に大きな影響が出るため、適した空気圧にすることをおすすめします。

特に、ロードバイクの競技に出る場合は必要不可欠な用具の一つでもあります。

空気圧を確認するゲージは個別でも販売されていますが、空気入れと一緒になっていることで同時に作業することができおすすめです。

共有して使用する際は兼用タイプを!

空気入れを一つ購入すればどのようなタイプのタイヤでも空気を入れることができるわけではありません。

そのため、代謝の種類によっては空気入れを買いなおす必要が出てくる場合もあります。

しかし、共有して兼用することも可能で、アダプターを購入することで一つの空気入れでもさまざまなタイプのタイヤに空気を入れることができます。

そのため、さまざまなロードバイクを所有している場合やタイヤの種類を頻繁に変える人におすすめです。

楽に空気を入れたい方は、電動タイプで選んでみよう!

ロードバイクに乗っていれば定期的に空気を入れる必要があります。

そのため、中には空気を入れることが面倒と感じている人もいるのではないでしょうか。空気を手軽に入れたい場合は電動タイプの空気入れがおすすめです。

力を入れる必要がなく、女性でも簡単に空気を入れることができます。

しかし、携帯することに適していなく、空気を入れすぎてしまうデメリットもあります。また、ほかのタイプの空気入れに対して値段が高い傾向があります。

空気が入らないことはない!上手な空気の入れ方のポイントを紹介!

最後まで下げきる

空気入れをする際にポンプ式の空気入れを使用する割合が高いですが、正しい入れ方ができていない場合があります。

ポンプ式の空気入れは誰でも簡単に使用することができますが、最後まで下げずに使用してしまうと効率よく空気を入れることができず、無駄な時間と労力を費やしてしまいます。

ポンプ式の空気入れは最後の方になるとペダルが重くなり力が必要にありますが、あきらめずに最後まで下げ切るように心がけましょう。

バルブごとの空気の入れ方を学ぼう

タイヤに空気を入れるためにはバルブと空気入れの先端を接合させる必要がありますが、バルブにはさまざまな種類があります。

おもに、仏式・米式・英式に分けることができ、それぞれ空気の入れ方が異なります。

バルブごとの空気の入れ方を把握していないといつまでたっても空気を入れることができません。

そのため、バルブごとの空気の入れ方を把握するとともに、使用しているタイヤのバルブが何式なのかを把握しておくことも大切です。

空気漏れの音がしていないか確認しよう

空気を入れているときに正しく空気がタイヤ内に入っているか確認するようにしましょう。

空気圧ゲージが付いている空気入れならゲージを見ることで空気が正しく入っているかを目視することができます。

空気を入れている最中にシューと音がダイレクトに聞こえる場合は空気が正しく入っていない可能性があります。そのような状況でいくら空気を入れ続けても適した空気圧になることはありません。

空気入れの先端とバルブに手を当てた状態で空気を入れることで空気漏れしていないか確認することができます。

使用用途を確認しよう

空気入れの種類よって空気の入れ方も異なってきます。

例えば、フロア式空気入れの場合は土台を足でしっかり踏みペダルを出し入れすることで効率よく空気を入れることができます。

携帯用ポンプも出し入れをして空気を入れる仕組みですが、土台がなく両手を使ってペダルを出し入れする必要があります。

携帯ポンプをフロア式ポンプのような使用の仕方をしてしまうと破損してしまうリスクがあるため注意しましょう。

初めて使う空気入れの場合は取り扱い説明書をよく確認しましょう。

空気を入れる頻度を把握しよう

ロードバイクの空気を適した空気圧で維持することが最もベストな状態です。

しかし、どのくらいの頻度で空気を入れればよいのか知らない人も多くいるのではないでしょうか。

ロードバイクの場合は1~2週間に一度空気を入れるようにしましょう。

タイヤに空気を入れることは快適に走行するためだけではなく、パンクしてしまうことを予防する働きもあります。そのため、空気を入れる頻度を把握し、適した空気圧で走行することをおすすめします。

スポンサードサーチ

フロアポンプタイプ!ロードバイクの空気入れ人気おすすめ3選!

空気入れ NEW楽々ポンプ

Amazonで詳細を見る

そのため、錆びることなく屋外に収納する場合でも綺麗な状態を維持することができます。

また、プラスチックで作られていることで金属で作られているフロアポンプよりはるかに軽く、持ち運ぶ際も手軽に行うことができます。

一回の出し入れで多くの空気を入れることができ、4~5回上下するだけでタイヤをパンパンにさせることが可能です。

SERFAS(サーファス) 自転車 高圧空気入れ エアフロアポンプ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

また、持ち手も柔らかい素材で作られていることで、手が痛くなることがありません。一回で入れれる空気の量も多く、高圧にする必要があるロードバイクの空気入れにおすすめです。

シンプルなバルブなため、切り替えなしで仏式と英式のバルブに対応することができます。メーターが一緒に取り付けられていることで現在の空気圧を手軽に確認することも可能です。

BEATON JAPAN 自転車 空気入れ フロアポンプ

Amazonで詳細を見る

空気入れのコードに耐熱性は必要ないと考えてしまいがちですが、車の中や屋外に置いている場合は夏場の熱でコードが劣化してしまいます。

コードが劣化してしまうと空気漏れが生じたり、最悪切れてしまうこともあります。

そのため、屋外に空気入れを置いている場合や車内に保管している場合におすすめの空気入れです。室内に保管する場合でもコードが劣化することを防ぐことができ、長い間愛用することができます。

携帯ポンプタイプ!ロードバイクの空気入れ人気おすすめ3選!


携帯ポンプはコンパクトに収納できる一方で高圧にすることが難しく、力を入れないと高圧にすることができない場合が多いです。

しかし、LANDCAST 自転車 空気入れは携帯ポンプにも関わらず高圧まで簡単に入れることができます。

また、美しいデザインに仕上がっているため、おしゃれアイテムとしても人気が高い空気入れです。軽さに加えて耐久性も備わっているため、多少の衝撃で壊れてしまうことはありません。

GIYO 携帯用空気入れロードバイク 空気入れ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

携帯ポンプの多くはフロアポンプと違って両手を使ってポッピングさせる必要があります。

そのため、いざ空気を入れようとしたときにバルブが外れてしまいうまく空気が入れられない場合があります。

その点GIYO 空気入れ GM-11SLは固定できるため、空気を入れることに慣れていない人におすすめの携帯ポンプです。

パナレーサー(Panaracer) 携帯空気入れ ミニフロアポンプ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

フットステップが取り付けられていることで、フロアポンプの要領で空気を入れることができます。

携帯ポンプでありがちな高圧になるにつれてポッピングが難しくなっても体重をかけてホッピングすることができ、最後まで空気を入れることができます。

そのため、フットステップがない携帯ポンプではうまく空気が入れられない人におすすめの携帯ポンプです。

また、フレームアタッチメントが付いていることで、走行中はロードバイクのフレームに取り付けることが可能です。

スポンサードサーチ

CO2インフレータータイプ!ロードバイクの空気入れ人気おすすめ3選!

TNI(ティーエヌアイ) CO2 ボンベセット

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

また、スペアボンベが2本セットなこともお得でおすすめです。値段とセット内容が初心者の方におすすめなだけではなく、使い方も比較的簡単なことも初心者におすすめの理由です。

CO2インフレーターは使い方が分からない場合が多く、使い方を間違ってしまうとけがや破損の原因になるため注意が必要な空気入れです。

Viaggio+ CO2 インフレーター

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

わずか17gという軽量さでポケットに入れて持ち運ぶことができます。

また、つまみをひねるだけで簡単に二酸化炭素を入れることができるため、CO2インフレーターの使い方に慣れていない人でも説明書を読むだけで手軽に空気圧を高めることができます。

CO2インフレーターは主にパンクした際の応急措置として使われる空気入れであり、一つ持っておくことで安心して走行することができます。

airbone(エアボーン) ZT-726デュアルファンクションポンプ

Amazonで詳細を見る

そのため、一つで二つの役割をすることができ、使用用途も幅広いです。パンクした際はCO2インフレーターとして使用し、空気圧を調整する際には携帯ポンプとして使用することができます。

ポケットに収納できるぐらいの大きさですが、付属のフレームアタッチメントを使用することでロードバイク本体に収納することができます。

電動タイプ!ロードバイクの空気入れ人気おすすめ3選!

電動空気入れ 電動エアーポンプ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

空気圧測定をデジタルで表示することができ、空気を入れる前に空気圧を設定しておくことで自動で空気を入れることができます。

また、設定した空気圧になると自動でストップするため、空気の入れすぎを未然に防ぐことができます。ロードバイクはもちろんですが、バイクや自動車の空気入れとしても使うことができます。

【日本正規品】エアホークプロ コードレス式電動エアコンプレッサー

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

そのため、一台あればあらとあらゆる物に空気を入れることができます。充電式でコードレスなため、手軽に持ち運びすることができます。

LEDライトが取り付けられていることで夜間でのパンクに対応することができ、夜間にロードバイクを乗る人におすすめの電動空気入れです。


しかし、Smart Air Pump M1は電動空気入れにも関わらずコンパクトに仕上がっているため、携帯することも可能です。

また、空気を入れる機能だけではなくスマホの充電も可能になっているため、スマホのモバイルバッテリーとしても使用することができます。ロードバイクの走行の様子をスマホで撮影する人におすすめの電動空気入れです。

この記事で紹介している商品一覧

商品画像
商品名 空気入れ NEW楽々ポンプ SERFAS(サーファス) 自転車 高圧空気入れ エアフロアポンプ BEATON JAPAN 自転車 空気入れ フロアポンプ LANDCAST 自転車 空気入れ GIYO 携帯用空気入れロードバイク 空気入れ パナレーサー(Panaracer) 携帯空気入れ ミニフロアポンプ TNI(ティーエヌアイ) CO2 ボンベセット Viaggio+ CO2 インフレーター airbone(エアボーン) ZT-726デュアルファンクションポンプ 電動空気入れ 電動エアーポンプ 【日本正規品】エアホークプロ コードレス式電動エアコンプレッサー Smart Air Pump M1 Black
購入先 Amazon Amazon楽天 Amazon Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天

スポンサードサーチ

まとめ

ロードバイクで走行するためには空気入れを購入する必要があります。ここでは、さまざまな空気入れを3点ずつ紹介しています。

そのため、ロードバイクの空気入れを探している人は参考にしてください。空気入れにはさまざまな種類があり、用途に合った使い方と正しい使い方をするように心がけましょう。

ロードバイク用の空気入れを購入してタイヤ内の空気圧を調整することで乗り心地も変わります。空気入れでタイヤ内の空気圧を最適にして楽しいロードバイクライフを楽しんでみてはいかかでしょうか。

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手 小池龍太選手 監修】柏レイソルの不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールの投げ方の種類やコツを徹底解説!肘の使い方が重要!?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike