あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
other

足底筋膜炎対策におすすめのサポーターを10選紹介!効果や選び方も徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2019/01/18

更新日 :2019/03/14

今回は足底筋膜炎対策サポーターの人気おすすめ10選を紹介します。
また、足底筋膜炎対策サポーターの選び方を3つのポイントから具体的に解説しているので、そちらも併せて読んでみてください。

目次

スポンサードサーチ

外反母趾とは

外反母趾 インソール
外反母趾とは母趾(足の親指)が人指し指の方向に「くの字」に曲がってしまい母趾の付け根の関節が飛びだしてしまう病気のことで、女性に多く見られます。
症状が軽度の場合、基本的にはストレッチや専用のインソールなどで悪化しないように対策をしますが、症状がひどい時には手術をしなければならない場合もあります。

外反母趾の症状は母趾が曲がった角度で重症度が判断されます。

  • 0~20度:正常
  • 20~30度:軽度
  • 30~40度:中程度
  • 40度~:重度

外反母趾の症状と原因

外反母趾 インソール

外反母趾の症状

外反母趾の主な症状は、足の親指の付け根の骨が外側につき出してしまって靴に当たってこすれることによって痛みが生じるというものです。
さらに、症状が進むと第2趾(足の人指し指)が脱臼してしまうこともあります。

外反母趾の原因

外反母趾になってしまう主な原因は足に合わない靴を履いた状態で長期的に運動を行うことです。
つま先部分が狭い靴を履いて長期間運動をすると、足の親指の付け根が圧迫されて変形してしまいます。

女性が履くハイヒールなどのヒールがついている靴は、特につま先部分が狭い構造で角度的にもつま先に負荷がかかりやすくなるので、外反母趾が悪化しやすくなると言われています。

また、外反母趾になる患者の多くが女性であることから、女性ホルモンや遺伝も外反母趾の要因の一つとして考えられています。

他の原因としてはアーチの低下が考えられます。
足の正常な動きをサポートする構造のアーチが低下してしまうことで外反母趾が併発する場合もあります。

スポンサードサーチ

外反母趾が悪化するとどうなるの?

外反母趾 インソール
外反母趾が悪化してしまうと靴を変えたりトレーニングをしたりするだけでは改善できず、手術による治療が必要になります。
外反母趾が悪化してしまった場合の主な症状は「素足の状態でも痛みがある」「足の人指し指の脱臼」「足の裏にタコができる」などです。

軽度~中程度の外反母趾の症状は靴を履いているときに突き出た骨が靴にこすれて痛みが生じる、というものですが、重度の外反母趾になると靴を履いていない素足の状態でも足に痛みが生じることがあります。

また、足の親指が人指し指の上や下に入り込んで人差し指の骨が脱臼してしまったり、足が正常なバランスを保てなくなって人指し指や小指の付け根の部分にタコができてしまったりします。

そして、これらの症状に伴って正常に歩くことができなくなる場合もあります。

外反母趾は放置してしまうと症状がどんどん悪化して最悪の場合手術をしなければいけなくなるので、軽度~中程度の段階でしっかり対策をするようにしましょう。

外反母趾の対策方法

外反母趾 インソール
外反母趾の対策方法には大きく分けて保存的療法と手術的療法の2つに分かれます。
保存的療法は軽度~中程度の症状で行われ、主な内容としては「足のストレッチ」「サポーターをつける」「靴を替える」「インソールを替える」といった方法です。

外反母趾の症状がが重度になってしまった場合は手術的療法が必要になります。

足のストレッチ

外反母趾対策には足のストレッチが有効です。
足の指をグーとパーで繰り返して閉じたり開いたりするストレッチや、左右の足の親指に輪ゴムをつけて引っ張るといったストレッチの方法があります。

靴を替える

外反母趾の対策には靴を取り替えることも大切です。
外反母趾はつま先が狭い靴を履くことが原因で起こるので、親指の付け根から先が狭くない靴を履くようにすると効果的だと言われています。

サポーターやインソールをつける

外反母趾の対策をするために、専用のサポーターやインソールを装着することも大切です。

親指が人指し指の方向に曲がらないように、親指の付け根から親指を固定するサポーターを付けたり、外反母趾の原因の1つであるアーチの低下を対策するためにアーチ部分にサポートがあるインソールを装着したりすると効果的です。

スポンサードサーチ

足底筋膜炎用サポーターの効果

足底筋膜炎用のサポーターの効果は、主にアーチの保持とかかとへの衝撃の緩和です。

そもそも、足底筋膜炎は足のかかとからつま先にかけてある足底筋膜を繰り返し使うことが原因で起こることが多い病気です。
また、長時間の運動によってアーチが低下して足底筋膜が伸びてしまうことも原因と考えられています。
したがって、足底筋膜炎のサポーターを使ってアーチをサポートすることによってアーチの低下を防ぐことが効果的です。

さらに、足底筋膜炎に炎症が起こっている際に歩いたり衝撃を与えたりすると痛みが生じるので、歩行時に負荷がかかりやすいかかとを足底筋膜炎用サポーターで保護することで痛みを抑える効果もあります。

足底筋膜炎用サポーターの選び方

足底筋膜炎用サポーターの選び方を具体的なポイントを上げながら解説します。
足底筋膜炎の対策にはストレッチも有効ですが、同時にサポーターも使用すると効果的だと考えられています。

足底筋膜炎用サポーターを選ぶ際には以下の3つのポイントに注目して選びましょう。

  • アーチのサポート
  • クッション性
  • サポーターのタイプ

アーチのサポート

足底筋膜炎用のサポーターを選ぶ際には、アーチのサポートがあるかどうかが大切なポイントになります。
アーチとは足の構造のことで、アーチが保たれることによって正常な脚の機能が発揮できます。

足底筋膜炎は足底筋膜が炎症を起こすことによって痛みが生じる病気ですが、この足底筋膜はかかとからアーチ部分にあるパーツです。
長時間の運動などによってアーチが低下するとアーチ部分にある足底筋膜が伸びて痛みが増すこともあります。

したがって、足底筋膜炎のサポーターを選ぶ際には、アーチの低下が起こらないようにアーチをキープできるサポーターを選ぶのがおすすめです。

また、アーチの低下は足底筋膜炎だけでなく、扁平足や外反母趾など他の足の病気の原因にもなるので、アーチをサポートできるサポーターはそれらの病気の対策にもなります。

クッション性

足底筋膜炎用のサポーターを選ぶ際には、クッション性も重要なポイントです。
足底筋膜炎は歩行時の衝撃によって炎症を起こしている足底筋膜が刺激され痛みが生じるので、衝撃を緩和するクッション性の高いサポーターもおすすめです。

特に、歩行時に負荷がかかりやすいかかと部分を覆ってサポートするタイプのサポーターが多く販売されています。

また、かかとはもともと負荷がかかりやすいパーツなので、スポーツ用のインソールなどでも衝撃を吸収しやすい素材を採用した構造のものも多く販売されています。
歩行時の衝撃をさらに軽減したい場合は、足底筋膜炎用のサポーターとスポーツ用などのかかと部分に衝撃を吸収しやすい構造のインソールを併用するのもおすすめです。

サポーターのタイプ

足底筋膜炎用のサポーターを選ぶ際には自分に合ったサポーターのタイプに注目するのも大切です。
主に販売されている足底筋膜炎用のサポーターは以下の4つです。

  • ベルト型
  • バンド型
  • かかと型
  • アーチとかかとの一体型

ベルト型とバンド型はどちらもアーチをサポートするためのサポーターですが、装着方法が異なります。
ベルト型は、アーチ部分にパッドを当てて足の甲の部分でベルトの端を固定するタイプが多いです。
腕時計のような形をイメージしていただくと分かりやすいかもしれません。

バンド型は、リストバンドのような形状をしています。

かかと型は靴下のかかと部分のみのような形でかかとへの衝撃を軽減する効果があります。

アーチとかかとの一体型は、アーチ部分とかかと部分を同時に保護できるタイプで、靴下のアーチから先をなくしたような形状をしています。

スポンサードサーチ

足底筋膜炎用サポーターの人気おすすめ10選

それでは、足底筋膜炎用サポーターの人気おすすめ10選を紹介します。
今回解説した足底筋膜炎用サポーターの選び方も参考にしてご自身の目的に合うサポーターを探してみてください。

足底筋膜炎用サポーターの選び方は以下の3つポイントに注目するのがおすすめです。

  • アーチのサポート
  • クッション性
  • サポーターのタイプ

ソルボタテアーチサポーター

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ソルボタテアーチサポーターの詳細情報

サイズ S(22.0~24.5cm)、L(25.0~27.5cm)
素材 本体:ポリエステル、ナイロン、綿、ポリウレタン パッド(ソルボ):ポリウレタン
タイプ アーチバンド
対象 ユニセックス

衝撃吸収性に優れたソルボを採用したアーチサポーター

「ソルボタテアーチサポーター」は、高い衝撃吸収性を誇る「ソルボ」をアーチパッドに採用したおすすめのアーチサポーターです。
ソルボは衝撃吸収性と圧力分散性に優れているため医療現場でも用いられており、アーチサポーター以外にもインソールなどのフットケア用品によく採用されている高機能素材です。

「ソルボタテアーチサポーター」はバンドタイプのサポーターです。
バンドには伸縮性のある素材を採用しているため、足の甲の高さに合わせてバンドが変形しアーチパッドを固定することでアーチの低下を防ぎます。
アーチの低下は足底筋膜炎の痛みの原因の1つなので、アーチを保持することによって足底筋膜炎の痛みを防ぐ効果が期待できます。

&TERUMORE 足底筋膜炎 サポーター

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

&TERUMORE 足底筋膜炎 サポーターの詳細情報

サイズ フリー
素材 シリコン
タイプ アーチベルト
対象 ユニセックス

水洗い可能で清潔に使えるアーチサポーター

アンドテルモアのシリコンサポーターは足底筋膜炎対策にも効果的なおすすめのアーチサポーターです。

アンドテルモアのシリコンサポーターの最大の特徴は、水洗いが可能なところです。
アーチパッドとベルト部分はシリコンで出来ているため汚れてしまった際にはすぐ洗って清潔に使うことができます。
アーチサポーターは足に直接取り付けて使う製品なので、汗で汚れてしまいがちですがシリコン製のアンドテルモアのサポーターならすぐに洗うことができるので、サポーターの清潔感が気になる方におすすめです。

また、アンドテルモアのシリコンサポーターはマジックテープによるベルトタイプのサポーターなのでサイズ調整が簡単で幅広い方の足にフィットしやすいところも嬉しいポイントです。

アーチサポーター 足底筋膜炎

Amazonで詳細を見る

アーチサポーター 足底筋膜炎の詳細情報

サイズ 22~27cm
素材 ポリウレタン、シリコン
タイプ アーチバンド
対象 ユニセックス

つけ心地の良いポリウレタン製のアーチサポーター

Nlictoのサポーターは付け心地の良さが魅力のおすすめのアーチサポーターです。
バンド部分の素材にはポリウレタンが採用されており肌触りがよく通気性が良いため、夏場に使用したり長時間使用したりしても足が蒸れにくく、不快感が少ない設計になっています。

また、本体カラーはベージュなのでサポーターの上からストッキングを履いても目立ちにくいので、仕事で使用したい女性にも嬉しいポイントです。
また、パンプスやヒール用の靴下を履く際にも他の市販されている製品よりは目立ちにくいので、仕事やプライベートでパンプスやヒールなどの足の甲が見えやすいタイプの靴を履く際にも使いやすいところもおすすめです。

水洗いも可能なのでサポーターを清潔に使いたい方や仕事で使用する際にも目立ちにくいサポーターを探している方には特におすすめのアーチサポーターです。

carwin サポーター 足底筋膜炎

Amazonで詳細を見る

carwin サポーター 足底筋膜炎の詳細情報

サイズ 110*80*12mm
素材 ナイロン生地、シリコン
タイプ アーチバンド
対象 ユニセックス

柔らかいシリコンでしっかりアーチをささえるサポーター

carwinのシリコンサポーターはアーチサポートパーツに柔らかいシリコンを採用しているところが特徴的です。
柔らかいクッション性のあるシリコンを使用しているので、足底筋膜が刺激されにくさとアーチのサポ―ト性を兼ね備えています。

足底筋膜炎は運動中のアーチの低下によって足底筋膜が引っ張られることによって痛みが生じるので、アーチのサポートは大切なポイントです。
carwinのサポーターは柔らかいシリコンで歩行時に足底筋膜への衝撃を吸収しながらアーチのサポートもできるので足底筋膜炎対策に効果的です。

バンドの生地に使われているナイロンは通気性に優れているので、足が蒸れにくく臭いの対策にもなるので長時間の使用でも安心です。

CloseMate 足底筋膜炎 サポーター

Amazonで詳細を見る

CloseMate 足底筋膜炎の詳細情報

サイズ フリー
素材 EVA樹脂
タイプ アーチベルト
対象 ユニセックス

衝撃吸収性に優れた素材を用いたクッション性のあるアーチサポーター

CloseMateのアーチサポーターの最大の特徴は、アーチパッドとベルト部分の布に衝撃吸収性に優れているところです。

パッドには弾力性・柔軟性・耐久性に優れたEVA樹脂が採用されており、ベルト部分の布は弾力性の高い素材が採用されています。
採用されているこの2つの素材によってフィット感があり衝撃吸収性の高いサポーターが実現しました。

CloseMateのアーチサポーターはマジックテープで取り付け位置を調整可能なタイプのサポーターなので、他の市販の足底筋膜炎対策サポーターのサイズが合わなかった方でもぴったりフィットさせられるところもおすすめのポイントです。

また、水洗いも可能なので使用していて汗で汚れてしまってもすぐに洗濯して常に清潔に使用できるところもおすすめです。

Bracoo アーチサポーターの詳細情報

サイズ S/M(18~26cm)、L/XL(23~31cm)
素材 ナイロン・スパンデックス混合
タイプ 一体型
対象 ユニセックス

アーチサポートとかかとを一緒にサポートできる加圧サポーター

Braccoのアーチサポーターは、足底筋膜炎対策に大切なアーチのサポートとかかとのサポートが同時にできるところが魅力的です。

特殊な製法によって織り込まれた繊維がかかとからアーチ部分にかけての足底筋膜に圧力をかけてサポートすることで足底筋膜炎の痛みを軽減させる効果を期待できます。
足と足首まわりを圧迫することによって血液の循環を向上させる作用もあるところもおすすめです。

また、履き心地が良く伸縮性・通気性に優れた設計をしているので、夏場やスポーツをする際に着用しても足が蒸れにくく不快感を感じさせにくくなっています。

さらに、薄めの素材を使用しているため靴下の下に履いても違和感なく使用できるため、現在使用している靴のまま着用できるところも嬉しいポイントです。

Thirty48 サポーター

Amazonで詳細を見る

Thirty48 サポーターの詳細情報

サイズ S(22~24cm)、M(24~27cm)、L(27~29cm)
素材 75%ナイロン、25%ポリウレタン
タイプ 一体型
対象 ユニセックス

海外でも人気の高い高着圧サポーター

Thirty48の高気圧アンクルスリーブは海外でも人気のあるおすすめの足底筋膜炎対策サポーターです。
海外版のAmazonではレビュー1,100件以上、平均評価4.6という他の市販の足底筋膜炎対策サポーターよりも高い評価を得ています。

ナイロンとポリウレタンの超薄型混合素材が採用されており、普段の生活でも違和感なく使用できるところも人気の理由の1つです。
とても薄い素材なので、スニーカーなどのカジュアルシューズだけではなく、サンダルやフォーマルシューズなど幅広い種類の靴と併用できるので、運動中だけでなく仕事中にも使用可能です。

しかし、2足セットで3300円と他の市販の足底筋膜炎対策サポーターに比べると価格が高いところがネックです。

ソルボ かかとくんアーチサポート S

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ソルボ かかとくんアーチサポート Sの詳細情報

サイズ S(22~24.5cm)、M(25~27.5cm)
素材 本体:ナイロン、ポリウレタン、パッド(ソルボ):ポリウレタン、その他
タイプ 一体型
対象 ユニセックス

かかと部分にソルボパッドを採用したアーチ・かかとサポーター

「かかとくんアーチサポート」は足底筋膜炎対策におすすめの足底筋膜炎対策サポーターです。
「かかとくんアーチサポート」はかかとのパッド部分に衝撃吸収性に優れた「ソルボ」を採用しており、歩行時のかかとへの衝撃を軽減します。
また、アーチ部分はアーチをサポートする構造になっており、アーチの低下を防いでくれます。

かかとへの衝撃とアーチの低下は足底筋膜炎の原因として考えられていますが、「ソルボ かかとくんアーチサポート」はかかとの保護とアーチのサポートが同時にできるため、足底筋膜炎対策に効果的です。

ソルボ製品はスポーツ店や薬局などの一般の店舗でも取り扱っている人気商品なので、気になった方は購入を検討してみてください。

Dr.Orem かかと用サポーター

Amazonで詳細を見る

Dr.Orem かかと用サポーターの詳細情報

サイズ フリー
素材 シリコンゲル
タイプ かかと
対象 ユニセックス

かかとの衝撃を吸収するシリコンサポーター

Dr.Oremのかかと用サポーターは衝撃吸収性に優れたおすすめの足底筋膜炎対策サポーターです。
本体に採用された極厚シリコンゲルが歩行時の衝撃を吸収してかかとへの負荷を軽減する構造になっています。

足底筋膜炎は歩行時のかかとへの衝撃によって痛みが生じることもあるので、かかとへの負荷を軽減するのは足底筋膜炎対策として効果的だと考えられています。

また、Dr.Oremのかかと用サポーターは穴が開いているタイプと穴が開いていないタイプが選択可能なところも特徴的です。
穴が開いているタイプの方が通気性は良いので、長時間着用したい方や夏場でも使用したい方は通気口が開いている穴あきタイプを選択するのがおすすめです。

かかと衝撃綿混クッションサポーター ブラック

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

かかと衝撃綿混クッションサポーター ブラックの詳細情報

サイズ 22~27cm
素材 綿、ナイロン、その他
タイプ かかと
対象 ユニセックス

厚さ約4ミリのクッションがかかとへの負担を軽減するかかとサポーター

「かかと衝撃綿混クッションサポーター」はアルファックスから販売されているおすすめの足底筋膜
炎対策サポーターです。
「かかと衝撃綿混クッションサポーター」の最大の特徴は、かかと部分が衝撃吸収性に優れた特殊な構造になっているところです。

かかと部分は高密度のフィラメント糸が織り込まれており、厚さは約4ミリと他の市販のかかとサポーターに比べて厚めの構造になっています。
この特殊な4ミリの厚みのある構造によって、歩行時の衝撃を吸収してかかとへの負担を軽減させます。

また、カラーバリエーションはグレー・ブラック・ベージュ・ピンクと4色あるので、お使いの靴や服の色に合わせやすいところもおすすめです。
例えば、仕事でストッキングを履く女性の方はベージュのサポーターを購入すると他のカラーより目立ちにくくなります。

特に、かかとへの負担を軽減したい方やサポーターのカラーを選ぶたい方は購入を検討してみてください。

この記事で紹介している商品一覧

商品画像
商品名 ソルボタテアーチサポーター &TERUMORE 足底筋膜炎 サポーター アーチサポーター 足底筋膜炎 carwin サポーター 足底筋膜炎 CloseMate 足底筋膜炎 サポーター Bracoo アーチサポーター Thirty48 サポーター ソルボ かかとくんアーチサポート S Dr.Orem かかと用サポーター かかと衝撃綿混クッションサポーター ブラック
購入先 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon Amazon Amazon Amazon楽天 Amazon Amazon楽天 Amazon Amazon楽天

まとめ

今回は、足底筋膜炎対策に効果的なサポーターの人気おすすめ10選を紹介しました。
足底筋膜炎対策サポーターは、アーチをサポートするタイプ、カカトをサポートするタイプ、アーチ・カカトを同時にサポートするタイプがあるので、今回紹介した10選も参考にして目的に合ったサポーターを見つけてみてください。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

全身の悩みを足元から改善!世界初のコンディショニングインソール!

立方骨を支えることで運動性と安定性の両立を実現

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

TENTIAL ZEROの特徴を紹介!

  • 足の疲れ、痛みを軽減
  • しっかりした歩行、蹴り出しをサポート
  • 通気性が高く、ムレを防止
  • 関節痛、腰痛が改善したご愛用者も多数
  • 足底筋膜炎の痛みを軽減
購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

【アイスホッケー】

【その他】

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
Cross country
volleyball
soccer
tennis
baseball
running
basketball
golf
badminton
rugby
road bike