あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
yoga

ヨガポールの効果的な使い方と人気おすすめ5選!

スポシル編集部

公開日 :2018/02/18

更新日 :2020/06/02

ここでは、おすすめのヨガポール5選を紹介しています。そのため、ダイエットや腹筋を鍛えるためにヨガポールを購入しようと考えている人は参考にしてください。

ヨガポールはネット販売の場合は楽天、店舗で購入する場合はニトリやドンキで購入することをおすすめします。特に、ニトリやドンキでは、安いヨガポールを購入することができます。

ヨガポールの使い方はさまざまありますが、間違った使い方をしてしまうと本来の効果を得ることができないだけではなく、痛みも生じてきます。ヨガを始めたい方必見!】ヨガのやり方と人気おすすめヨガポーズ3選

ヨガ初心者必見!ヨガの始め方と基本知識

目次

スポンサードサーチ

ヨガポールの使用メリット

体の歪みを矯正できる

ヨガポールは直径15㎝、長さ100㎝ほどのものが多いです。

床に置きその上を寝転がるだけで身体の歪みが矯正されます。ヨガポールは、円柱状になっているため、その上に寝転がると不安定な状態となり、身体がバランスを取ろうとすることで、正しい姿勢をつくろうとします。

バランスを取るということは、筋肉を本来あるべき場所へ戻そうと、普段使わない筋肉が働いたり、インナーマッスルを鍛える効果が期待できます。同時に、骨盤の歪みが整い、姿勢が良くなることを助けます。

部分痩せが期待できる

ヨガポールをお腹、二の腕、ヒップ、太もも、ふくらはぎなど、気になるところを重心にして寝転がると部分痩せする効果があります。

身体の気になる部分の下にヨガポールを置き、転がすことで、その部分の筋肉の緊張をやわらげることができます。

また、特に下半身太りは、むくみが原因となり生じることが多くありますが、この運動を続けると、血行が良くなり老廃物を排出する効果が期待できるため、筋肉をほぐしてリンパの流れもよくなり、むくみがとれスッキリします。

コリの解消、リラックス効果など

ヨガポールに寝転がることで身体のコリや張りがやわらぎ、リラックス効果が得られるため、不眠症が解消され、ぐっすり眠ることができます。

毎日の生活習慣や長年のクセで同じ姿勢をとることが多くなってしまうと、筋肉が硬直しやすくなります。

平面ではなくヨガポールを使って、立体的に普段使わない筋肉を使ったり体勢をつくることで、緊張部分をほぐしやすくなります。

特に胸部と肋骨周辺の筋肉を緩めることで、ゆっくりと深呼吸ができるようになるため、副交感神経が活発になります。

すると自然とリラックス状態になれるため、心も身体も休まるように誘導できます。

ヨガポールの効果的な使い方

ヨガポールの代表的な使い方は以下の通りです。


  • 後頭部をヨガポールの上にのせて仰向けに寝転がる。

  • 手は自然におろして足は軽く曲げて立てる。

  • 肩甲骨に当てるように刺激しながら手足を動かす。


  • グラグラするヨガポールの上に寝転がり、バランスをとるだけで全身の筋肉を使い体幹、腹筋を鍛えることができます。

  • ヨガポールの上で屈伸するとさらに効果アップ。

スポンサードサーチ

ヨガポールの選び方

ヨガポールには様々な種類があり、用途に合ったヨガポールを購入することをおすすめします。

ヨガポールに使用されている素材や大きさによって使い心地に大きな違いがあらわれます。次に、ヨガポールの選び方を紹介するので参考にしてください。

使用されている素材で選ぶ

ヨガポールに使用されている素材の違いによって使い心地が大きく変わり、場合によっては体に合わない可能性もあります。

ヨガポールに使用されている素材は、発泡オレフィンやポリエチレンが一般的です。

発泡オレフィンの特徴は値段が高い傾向がありますが、適度に柔らかく耐久性もあります。ポリエチレンの特徴は、値段が安い代わりに耐久性も低いです。

そのため、本格的なヨガポールを使用したい人は発泡オレフィンを選び、試しに購入したい人はポリエチレンのヨガポールを購入するようにしましょう。

身長に合わせてサイズで選ぶ

ヨガポールを選ぶ際に自身の身長と合ったサイズのヨガポールを購入する必要があります。

身長に合っていないヨガポールを使用しても本来の効果を得ることができず、無駄な時間を費やしてしまう可能性が高いです。

ヨガポールは頭からお尻の尾てい骨まで固定できる長さがあることでさまざまな効果を得ることができます。

店頭などで試しに使用できる場合は実際に仰向けになってみましょう。商品情報のタグに適応身長が記入されている割合が高いため、購入する際に自身の身長が含まれているか確認しましょう。

素材について詳しく説明!

ポリエチレン(PE)素材

ポリエチレン(PE)発砲素材のヨガポールは、非常に軽く持ち運びやすいアイテムです。

感触は、他の2種類と比べて硬いという特徴があり、お手頃価格で手に入れることができます。硬い素材は、回転の良さやマッサージ効果が高いため、初心者でも扱いやすくエクササイズの効果を早く求めることができます。

しかし、耐久性が低いため、体重をかけ続けると変形してしまうことがあります。

長年愛用して使うアイテムとしては長期間の使用には適していません。

女性や高齢者でも持ち運びしやすく、他の素材よりお手頃価格のため、定期的にヨガポールを買い替えて気分転換しながらエクササイズしたい方や、様々な形状や長さのヨガポールを試してみたいという方におすすめです。

エキレン酢酸ビニル共重合樹脂(EVA)素材

エキレン酢酸ビニル共重合樹脂(EVA)素材のヨガポールは、ヨガポール3素材の中で最も触り心地が柔らかく、優れたクッション性があります。

柔らかくてクッション性が高い素材のため、身体にもフィットしやすいのが特徴です。

使い慣れていないと硬めの素材では痛みを感じることがありますが、EVA素材なら優しい使い心地で適度な弾力があるためエクササイズ初心者でも扱いやすいアイテムです。

また軽量・無公害で、赤ちゃんのおもちゃなどにも使われる素材のため、安心して使用することができます。

耐久性はEPE素材に次いで高く、価格はEVA素材の方がお手頃価格のものが多いため、使い心地と価格面からも初心者におすすめです。愛用する上で反発力が弱まったときの買い替えやすさもメリットです。

発砲オレフィン系樹脂(EPE)素材

発砲オレフィン系樹脂(EPE)素材のヨガポールは、耐久性が高く、適度な硬さとクッション性があるため長時間の使用でも変形しにくく、長く愛用できます。

EPE素材は、強度と粘度に優れており、適度な力で押し返す反発力によりエクササイズ効果を高めてくれます。

長期間使用しても劣化しにくく、適度な硬さとクッション性を兼ね備えているため使いやすいアイテムで、スポーツジムなどでもよく使われています。

発泡密度によって若干の差はあるものの、しっかりとした重さがあるため、体を預けたときの安定感も抜群です。

一方、他の素材に比べ多少重さがあるため、持ち運びの面では手軽とはいえず、価格が高いことがデメリットです。

決まった場所でヨガポールを使い、長く愛用したい方におすすめです。

スポンサードサーチ

ヨガポールの使い方を動画でご紹介!

ヨガポールを使った基本的な全身エクササイズから部分痩せ、トレーニング要素を加えた応用編までを動画でご紹介します。

現代の生活ではスマホの利用やデスクワークだけでなく、何をするにも身体が内側に丸まりやすい生活ですが、ヨガポールを使うことで胸を開き、背中を意識することができるようになります。

また、立体的に肩甲骨周りを大きく動かすことができ、体幹も鍛えることができるため、本来の健康的で正しい筋肉の位置や姿勢へと改善することができます。

ストレッチポールで全身をほぐす方法を15分でご紹介します。無理の無い体勢でストレッチできるポイントや、身体とポールの接し面のポイントが分かります。

ゆっくりとした動きで身体全体を動かしたり、胸を開いたり、肩甲骨周りや腕や脚を動かしたり、股関節周りをほぐして全身のストレッチが無理なくできます。

初めてストレッチポールを使う方でも、ポールの扱い方や身体の乗せ方、動かし方や注意事項が分かる基本のストレッチ方法です。

フォームローラーを使った下半身痩せできるストレッチ方法を10分でご紹介します。

下半身の脂肪を落としたい場合、筋肉を活性化することで脂肪を落とすことができますが、活性化するための方法の1つとして筋膜リリースがあります。この筋膜リリースを、フォームローラーを使って、筋肉を包み込んでいる筋膜の委縮・癒着を引き剥がし、正常な状態に戻します。


前もも・裏もも・外もも・内もも・お尻をほぐして脂肪を落とすストレッチ方法と、足首の柔軟性アップすることで冷え性改善するストレッチ方法を組み合わせたエクササイズです。

ストレッチポールで体幹を鍛える方法を10分でご紹介します。体幹が鍛えられると、姿勢が良くなりスタイルも良く見えるようになり、ダイエット効果も期待できます。

ストレッチポールの基本的な動作に加え、トレーニング要素を取り入れたワンランクアップしたエクササイズ方法です。

ポールの上で、背骨周りの筋肉をほぐし、肩甲骨を動かします。上半身と下半身をしっかり動かす様々な種類のトレーニングをすることで、腹筋にも働きかけます。

20秒のワークアウトと10秒の休憩を繰り返すテンポがありながら、負荷のあるトレーニングで、俊敏性と瞬発力をアップします。

ヨガポールの人気おすすめ5選

GronG(グロング) ストレッチ用ポール エクササイズポール

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

程よい弾力で手入れが簡単

サイズ 直径15cm・長さ98cm
カラー ブルー/イエローオレンジ/グリーン/ピンク/ブラック/ミルキーピンク/パステルブルー/レッド
素材 PUレザー(カバー)、EVA樹脂(芯材)

簡単にエクササイズやストレッチ・運動ができるエクササイズポールです。

芯材は、軽量で耐久性に優れたEVAを使用しており、程よい弾力性があります。ポールの外側にはPUレザー仕様の高級感のあるカバーが付いており、中の芯材をキズ・汚れから守り、汚れても拭きとるだけで簡単にお手入れができます。色鮮やかなカラーがやる気を高めてくれます。

姿勢をきれいにしたい、背中・腰をスッキリさせたい、手軽なストレッチを行いたいなど、簡単にエクササイズや運動をしたい方におすすめです。

フォームローラー ストレッチ 肩甲骨 『マニュアル付き』

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 直径15cm・長さ90cm
カラー ブルー
素材 EVA樹脂

マニュアル付きで初心者も安心

体幹バランスを養うエクササイズに最適なフォームローラーです。

素材は、EVAで若干の弾力性があり、表面に凹凸があることですべりにくく安定しているため使いやすいポールです。乗るだけで背骨や胴体部分の骨と筋肉のバランスを改善し、身体の不調の原因を取り除く効果を望めます。

体幹系とストレッチ系のエクササイズを紹介したマニュアル付きで、すぐに始められるため、やってみたいけどできるか不安な方でも、届いたその日からエクササイズを開始できます。

トリガーポイント(TRIGGERPOINT) グリッド フォームローラー

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 直径14cm ・長さ33cm
カラー オレンジ、ブラック、ピンク、ライム、カモフラージュ
素材 EVA樹脂

体幹トレーニングもできる

体幹トレーニングも効果的に行える画期的なフォームローラーです。

変形しにくいEVAを表面に使用し、空洞の中芯部は体重負荷を支え安定させる硬いABS樹脂構造で、耐久性に優れたアイテムです。

表面は、手の平のような平らな形状、指のようなチューブ形状、指先のように突起した形状の3つの計上で構成され、マッサージセラピストの手技のような感覚を再現した特殊構造で、簡単にセルフマッサージを行うことができます。

コンパクトサイズで持ち運びも便利であるため、お部屋や外出先でも気軽にマッサージができます。

サイズ 直径(約)15cm・長さ(約)98cm
カラー パープル、ピンク
素材 EPEポリエチレン

凹凸が気にならない

日常生活や動作のクセから生じる身体の歪みを矯正できるお手頃価格のヨガポールです。

素材は、耐久性と耐水性に優れたEPEポリエチレンで、丸ごと水洗いもできるため衛生的に使用できます。本体は、型くずれしにくく丈夫なうえ、カバーによる縫い目やチャックが無いため、凹凸も気にならず気持ち良くエクササイズができます。

肩・腰・背中のコリや、猫背や姿勢が気になる方に最適で、ヨガポールでゴロゴロするだけでリラックス効果も発揮します。

KOOLSEN フォームローラー 筋膜リリース

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 直径14cm・長さ33cm
カラー オレンジ、グリーン、グレー、ダークブルー、パープル、ピンク、ブラック、レッド、ライトブルー、迷彩
素材 EVA樹脂、PVC

突起が指圧マッサージのような感覚を与えてくれる

筋膜リリース効果と、突起により指圧マッサージ療法士の様な感覚を与えるフォームローラーです。

表面には弾力性があるEVA素材を使用し、内側は変形しにくい超硬質PVC製で、最大荷重は300kgです。2種類の凸凹構造が、ピンポイントに筋肉のコリや身体の張りを刺激して血液循環し、ローラーの上でバランスを取りながらストレッチができます。

コンパクトサイズで場所をとらず、むくみ解消やセルライトのリリース、姿勢の矯正、筋肉への働きかけで、シェイプアップやダイエットをしたい方におすすめです。

スポンサードサーチ

ヨガポールの売れ筋ランキングをチェック!

Amazon売れ筋ランキング楽天売れ筋ランキングYahoo!ショッピング売れ筋ランキング

まとめ

ヨガポールを使用することでダイエット効果や腹筋を鍛えれる効果があります。また、姿勢を正すこともでき、姿勢が気になる人におすすめのアイテムです。

ヨガポールは体を伸ばすことができ、スポーツやトレーニング後のクールダウンとしても使用される割合が高いです。クールダウンすることで、翌日に筋肉疲労を持ち越すことを予防でき、快適に体を動かすことが可能です。

一般的なトレーニングでは鍛えにくいインナーマッスルもヨガポールを使用することで鍛えることができます。

この記事を参考に自分に合ったヨガポールを見つけましょう。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

おすすめのヨガスタジオ・教室を見る!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定