あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
baseball

スパイク選びでプレーは激変⁉正しいスパイクの選び方&おすすめ10選

スポシル編集部

公開日 :2018/02/23

更新日 :2020/06/14

野球スパイクには多くの種類と様々なメーカーがあります。スパイクはメーカーや使用されている素材、形によって全く異なる特徴をがあります。プレーのパフォーマンスを上げるためにも、種類による特徴をおさえ、最適な選び方ができるようにしなければなりません。この記事では野球スパイクの種類と選び方、そして人気おすすめ10選をご紹介します。

目次

スポンサードサーチ

野球スパイクはとても重要!

自分に合ったスパイクを選べば、走りやすくなります。たった2歩でトップスピードに達するなど、走力を最大限に発揮してくれる可能性もあります。

ただ、機能や特徴が複数あるだけでなく、メーカーもアシックス・ニューバランス・ナイキ・アディダス・アンダーアーマー等、多数あります。

メーカーごとの特徴やスパイクについての知識を知ることが重要です。

野球スパイクの種類!

ポイントスパイクは樹脂・ゴム製で安全であるという特徴があり、少年野球の方におすすめです。

さらに、土・天然芝・人工芝など様々なグラウンドに対応している万能なスパイクです。

金具スパイクと比較すると、軽量かつ、クッション性に優れているため、足への負担は少ないです。

その分、土・天然芝グラウンドでのグリップ力は少し落ちてしまうという欠点があります。

埋め込み式

埋め込み式の金属金具スパイクは土、天然芝のグラウンドに対してのグリップ力が高く、さらにスタッドが多いほどグリップ力が上がり、耐久性があり長く使用できる一方で、すり減ると交換できないとうデメリットもあります。

また、膝や足首などへの負担があるので気をつけてください。

そして、人工芝では滑ってしまうため、使われません。

ソールで樹脂底を選ぶ方におすすめです。

取り換え式

取り換え式のメリットとしては、「グラウンドによって交換ができること」と「すり減ったら交換ができる」ということです。
スパイクの金属部分は使用すればするほどすり減って消耗していくものですので自分のタイミングで金属部分を取り換えられるのは大きなメリットだと言えます。

しかし、埋め込み式スパイクの金属部分は、取り換え式スパイクと比べると耐久性が何倍も強く作られているので、最近では軽くて耐久性のある埋め込み式スパイクを使用する選手が多くなっています。

取り換え式の金属金具スパイクはグラウンドに合わせてポイントの種類を変えることが可能で、さらにすり減れば交換できる一方で、突き上げ感があり、足への負担が大きいというデメリットもあります。

ソールで革底を選ぶ方におすすめです。

スポンサードサーチ

靴裏の素材

革底

革底は使うほどフィットしてなじみやすい一方で、耐久性が高くないというデメリットがあります。フィット感を重視する方におすすめです。

まず、革底のスパイクには、埋め込み式はなく、取り換え式のみになります。

先ほども、革底のデメリットとして耐久性の低さを挙げましたが、革底は革製なので雨でグラウンドコンディションが悪いときには不向きです。

革靴などのそうですが、革は水に濡らしてしまうと質が悪くなってしまいます。
ですから革底のスパイクは手入れや管理が難しく手間が掛かるというデメリットもあるのです。

しかし、革にはメリットもあります。

最初のうちは革が固く足なじみがあまり良く感じない場合もありますが、革は履いていくほどに足になじんでくるので履き込んでいくうちに自分の足になじんでくるはずです。

革底のスパイクは、履き心地やフィット感という点では、高い満足感を得られると言っても良いでしょう。

樹脂底

樹脂底は耐久性が高い一方で、足になじみにくいので、耐久性を重視する方におすすめです。

樹脂底のスパイクには、埋め込み式と取り換え式の両方のタイプがあります。

樹脂底のデメリットとしては、革底のように「履けば履くほど足になじんでくる」というようなことはありません。

足なじみという点では、革底よりも劣っていると言って良いでしょう。

一方、樹脂底のメリットですが、耐久性が高いということが挙げられます。

樹脂底は、革底と比べて撥水性が高いので、雨でグラウンドコンディションが悪いときでも心配なく使用することができます。
また、革底よりも樹脂底の方が手入れや管理がしやすいです。

最近では日本のプロ野球やメジャーリーグでも樹脂底が使用されています。

野球スパイクの形状は3種類!

ローカット

ローカットはいわゆる普通のスパイクです。

ハイカットやミドルカットに比べ足首がホールドされておらず、軽いこともあって動きやすく、走りやすいのが特徴です。

その反面、足首が保護されていませんので怪我をするリスクは一番高く、走塁の時に下手なスライディングをしたり、守備の時に急な動きをした時に怪我をする危険性があります。

ミドルカット

ミドルカットのスパイクは、ハイカットとローカットの中間の位置づけです。

ハイカットだと重すぎる、ローカットだと怪我が心配という人におすすめです。

ローカットに比べて動きやすさは劣りますが、足首保護の観点では勝ります。軽い素材を選ぶことでかなり動きにくさがカバーできるので、ミドルカットを選ぶ時は軽い素材のものを選ぶことをおすすめします。

ハイカット

ハイカットはくるぶし部分までホールドするタイプのスパイクです。

足首を固定してくれるため、怪我の予防のためには最適です。

しかし、足首の自由度が制限されるためミドルカットやローカットに比べ動きづらく、重量もあるので内野手にはあまり向いていません。

怪我の予防目的で練習時に使用したり、捻挫癖のある選手など足に不安を抱えている選手が使うと効果的です。

スポンサードサーチ

野球のスパイクはフィット感で選ぶ!

サイズ

野球のスパイクは足にぴったりのサイズを履くことが重要です。

野球は走攻守において瞬間的に激しく動き足に負担のかかるスポーツです。ぴったりフィットしていないと、捻挫や靴ずれ、疲労の蓄積による疲労骨折といったケガの危険性が高まります。

子供が成長期の場合、成長を見込んで少し大きめの洋服を買うことがありますがスパイクの場合NGです。

横幅

スパイクのサイズに関して忘れてはならないのは横幅を合わせるということです。

横幅がきつく締め付けられると足が疲れやすくなりますし、足が痛くてプレーに支障が出る場合もあります。

海外メーカーは全般的に横幅が狭いため、足幅のある人は日本メーカーのシューズをおすすめします。メーカーによっても同じサイズで足幅が変わってきますので注意して選んでください。

フィット感

市販のスパイクの場合、縦横のサイズを合わせてもフィット感が足りないと感じるときがあります。

そんな時はインソールが活躍します。

インソールとは靴の中敷きのことです。

スポーツ用のインソールはフィット感だけでなく、衝撃を吸収し疲労軽減、足にフィットすることで土踏まずのアーチをがっちりサポートして、体幹を中心に安定感をもたらせてくれます。

おすすめのブランドをご紹介!

ここからは、おすすめの野球スパイクのおすすめのブランドを紹介していきます。

野球のスパイクは、メーカーも多くたくさんの種類のスパイクが販売されています。

この記事では、これから野球スパイクの購入を考えてる人に向けて、初心者の方でもわかりやすいようにおすすめの野球スパイクを紹介していきます。

購入前にぜひ参考にしてみてください!

ナイキ

1968年創業のナイキは、アメリカ・オレゴン州に本社を置くスポーツ関連商品を扱うメーカーです。

ナイキと言うと、1番に思い浮かぶのはバスケット、次にサッカーではないでしょうか?

古くはバスケットのスーパースター、マイケル・ジョーダンがナイキのバスケットシューズを履いていることで有名でした。
また、サッカーでも、C・ロナウド、ネイマール、キリアン・ムバッペといったスター選手がナイキのスパイクを履いています。

あまり野球のイメージはないナイキですが、実は野球用具も提供しているんです。

メジャーリーグのロサンゼルスエンゼルスのマイク・トラウト選手など多くの有名選手がナイキのスパイクなどの野球用具を使用しています。

野球のスパイクに関してはナイキらしいスタイリッシュなデザインのものが揃っています。

アシックス

アシックスは、兵庫県神戸市に本社を置く、日本の大手総合スポーツ用品メーカーです。

1949年に鬼塚喜八郎氏が神戸で鬼塚紹介として創業したのが始まりです。

たくさんの種類のスポーツの用具を取り扱っているアシックスですが、野球用具も提供しています。
アシックスとアドバイザリー契約を交わしている野球選手は下記の通りです。

・ダルビッシュ有

・大谷翔平

・菊池雄星

・丸佳浩

・鈴木誠也

超1流の幻影選手のアドバイザリースタッフの名前を見るだけで野球用品に対するアシックスの取組がよくわかりますね。

元々、シューズの開発には定評のあるアシックスですし、なんといっても日本のメーカーなので日本人にあったスパイクを提供してくれています。

アディダス

アディダスは、ドイツのバイエルンに本社を置く、1920年に創業したドイツのメーカーです。

長年、サッカー日本代表のユニフォームを作っていることでも有名ですね。

近年、野球用具にも力を入れているアディダスですが、2006年から9年間に渡り日本プロ野球のジャイアンツとパートナー提携を結んでいました。
これは当時、アディダスにとって初めての日本プロ野球界への参戦でした。

原辰徳監督の右胸の辺りにアディダスのロゴがあったのが印象的でしたね。

アディダスの野球スパイクは、ジャイアンツの坂本勇人選手が着用していることでも知られていますが、グリップ力と安定性、そして軽量性をじゅうしして設計されています。

アディダスならでは3本線ときれいなカラーリングでとてもデザイン性が高いスパイクを提供しています。

ミズノ

ミズノは、大阪府大阪市に本社を置く、1906年創業の日本の総合スポーツメーカーです。

サッカーや野球、陸上、水泳など幅広いスポーツ競技の用具を扱っています。

特にミズノのシューズついては、国内メーカーの強みを生かして、日本人に合ったシューズを製造販売してくれています。


ミズノの野球スパイクを着用している日本プロ野球の選手は、梶谷隆幸選手、菅野智之選手、銀次選手などがいます。

ミズノの野球スパイクのコンセプトは、「シューズが足と一体化する“動的フィッティング”」です。

プレーのパフォーマンスは「足」で変わるということで、足とスパイクのフィット感に重点をおいて開発されています。

もちろん、足の負担軽減のために、軽量性にもこだわりをもっています。

スポンサードサーチ

野球スパイクおすすめ10選!

[アシックス] STAR SHINE 2 スターシャイン2

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 21.0cm~29.0cm
カラー 7色
素材 合皮

アシックスのスターシャイン2は、「さらに軽く、なめらかに曲がる」をコンセプトに走りを追求するポイントスパイクです。

特徴としては、さらに速く走るために、筋力のないジュニアが履きこなすための屈曲性にこだわっています。

前足部に屈曲ラインを新規採用し、ジュニアも使いこなせるスパイクとなっています。

また、フィット性にもこだわっていて、ジュニアが苦手とする紐締めに着目し、紐締めの効果が足甲全体に伝わるカッティング、「アイレットカッティング」を採用しています。

[アシックス] JAPAN SPEED ジャパンスピード

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 23.0cm~30.0cm
カラー 7色
素材 合皮

アシックスのジャパンスピードは、金具でもポイントでもないスタッドスパイクです。

アシックスがすべてのプレーヤーに金具でもポイントでもない新たな選択肢を提供してくれます。

金具やポイントスパイクとの違いは、スタッドスパイクの方が金具よりも接地面が大きく、足裏への衝撃を分散し、和らげてくれます。

また、ポイントスパイクと比較して、スタッドスパイクの方がグリップ力に優れています。

ですから、長時間プレーをし続けるときや、疲労などのよって下半身の動きにキレがないなど、コンディションを整えたいときは、スタッドスパイクがパフォーマンスをサポートしてくれます。

[アシックス] STAR SHINEスターシャイン

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 20.0cm~29.0cm
カラー 6色
素材 人口皮革

アシックスのスターシャインは、 アシックス野球スパイクの定番モデルで最も履かれているスパイクと言っても過言ではありません。

スターシャインのコンセプトは「未知のスピードを楽しもう」ということで、軽量性など、スピードを追い求める足へのサポートを考えられたトータルバランスの良いポイントスパイクです。


特徴としては、かかと部をミッドソールで約10㎜アップすることで瞬発力の向上と足への負担軽減を実現した「HG10mm(エイチジーテン)」を採用しています。

[アンダーアーマー] イグナイトライト

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 24.5cm~30.0cm
カラー 4色
素材 合皮

アンダーアーマーのイグナイトライトは、スニーカー感覚の履き心地を実現した野球スパイクです。

「走・攻・守」のあらゆる場面を考慮したバランスタイプの野球スパイクで、かかと部からつま先までのフルレングスミッドソールによるクッション性が足の負担を軽減してくれます。

また、日本人に多いとされる幅広の足型に対応し、ワイドラスト(幅広の靴型)を採用しているので、日本人の足型でもフィット感と快適性を追求した野球スパイクです。

[アンダーアーマー] リードオフLow RM

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 20.0cm~24.0cm
カラー 3色
素材 人口皮革

アンダーアーマーのリードオフLow RMは、野球のスパイクではとても珍しいベルクロタイプです。

このリードオフがジュニア向けの足型設計がなされているスパイクなので、紐を結ぶことが苦手なジュニアにうれしいベルクロテープが採用されています。

リードオフの特徴としては、かかと部からつま先までのフルレングスミッドソールによるクッション性が足の負担を軽減してくれます。

また、ジュニアの足にやさしいラバースタッドを採用したスパイクです。

サイズ 24.0cm~30.0cm
カラー 9色
素材 合皮

アディダスのアディゼロスピードは、機敏な動きを促し安定性を発揮する軽量なポイントスパイクです。

アディゼロスピードの特徴は、アッパー素材には耐久性が高く軽量な合成皮革を採用し、より足を包み込むようにフィットさせてくれます。

また、スパイクとソックスが一体化したようなワンピース構造によって足を確実にホールドします。


こだわりのラスト(靴型)は、シューズ・クリエーター大森敏明氏によって開発されたベースボール専用ラストを使用し、初代からさらなる進化を加え、現代のアスリート特性を緻密に再現しています。

ヒール(かかと)部がすっぽりと包みこまれるサポート感によってスパイク内のブレを防ぎます。

前足部は足の指を自由に使えるゆとりを持ち、足の力をダイレクトにスパイクに伝える事でパフォーマンスを向上させてくれます。

サイズ 21.0cm~30.0cm
カラー 8色
素材 人口皮革

ミズノのセレクトナインは、「一歩目から差をつけろ!」をコンセプトに、土のグラウンドにあわせて設計されたスタッド形状と配置によって、より力強い蹴り出しを実現しています。
この一瞬のスピードが少しでも速くベースに、ボールに到達したいというプレーヤーの願いに応えてくれる野球スパイクです。

セレクトナインの特徴は、グリップ力を向上させるためのスタッド構造にあります。

独自のスタッド形状を設計しているので、実際のプレー環境で、いままでの走りを進化させています。

サイズ 23.0cm~30.0cm
カラー 4色
素材 合皮

ニューバランスのPL4040は、野球の動作分析のデータをもとに“走攻守"に対するサポート性を一段と高めるKINETIC STITCHをアッパーに採用し進化した「L4040」のプラスチッククリートモデルです。

「4040」シリーズは40本塁打・40盗塁にちなんで名付けられた、パワーとスピードを兼ね備えたプレーヤー向けのモデルです。

どのようなグランドでも抜群のグリップ性を発揮するスタッドソール、クッション性に優れたREVLITEミッドソールがプレーを快適にサポートしてくれるポイントソール。

サイズ 20.0cm~28.5cm
カラー 6色
素材 人口皮革

ZETT (ゼット) のゼロワンステージは、軽量感、スタートダッシュ力、フィット感を兼ね備えたポイントスパイクです。

ゼロワンステージの特徴は、なんといってもゼットポイントスパイク史上最軽量というところです。

極限の軽量化により高瞬発力を引き出してくれます。

また、進行方向に対し垂直にレイアウトしたスタッドが確実にグラウンドをグリップしてくれます。

さらに、ミッドソールには高反発素材を配合し、着地時のたわみを反発エネルギーに変換してバネ効果を高めて加速力をアップ。

サイズ 20.0cm~28.5cm
カラー 6色
素材 人口皮革

ZETT(ゼット)のグランドヒーローは、さらに0.5秒速く!をテーマに開発したダッシュ力、フィット感はもちろんのこと耐久性、安全性、軽量感も兼ね備えたモデルです。

アッパーにはエナメル材を使用し、ポイントの形状・配列をリニューアルしダッシュ力をアップ。

土踏まずからかかとにかけての後足部は、フィット感のあるスリムなシルエットに改良し、前足部はゆったりとした幅広設計を継承。

さらにスパーボールと同じ素材をミッドソールに配合することによって反発力をアップさせたダッシュ力に特化したポイントスパイクです。

野球スパイクの売れ筋ランキング!

Amazon売れ筋ランキング楽天売れ筋ランキングYahoo!ショッピング売れ筋ランキング

スポンサードサーチ

まとめ

人気おすすめ野球スパイク10選をご紹介しました。

野球スパイクは機能面で特徴が多くあり、種類もたくさんあります。

自分に合った野球スパイクを選ぶことで、怪我の防止とプレーの向上を図りましょう!

合わせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定