あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
handball

ハンドボールのフェイントを種類別に解説!

スポシル編集部
更新日 :2018/10/28

目次

ハンドボールで得点をする方法は様々ありますよね。ロングシュート、サイドシュート、ポストシュートなどですね。
その中でも、最も簡単なシュートは相手を抜いて6mラインから飛ぶもので、それができれば外すことも少なくなりますよね。
しかし、相手を綺麗に抜くというのはなかなか難しいものです。一対一が苦手な方も多いと思います。そこでフェイントをかけようと思ってもなかなかうまくいきませんね。
今回はフェイントの種類について解説していきます。各フェイントのポイントも紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサードサーチ

フェイントの種類を紹介!

ここからはフェイントの種類を紹介していきます。フェイントの種類には、インフェイント、アウトフェイント、パスフェイント、シュートフェイントがあります。それぞれ効果的なフェイントです。しっかり練習して習得していきましょう。

インフェイント

まずはインフェイントです。一般的にはインフェイントは右利きであれば右側に抜くもの、左45からみてインのフェイントです。インフェイントが試合中で最も使われ、最も基本的と言えます。
フェイントを覚えたい方は、まずはインフェイントから覚えるといいでしょう。インフェイントで最も大事なのは相手の重心をどれだけ外側に寄せられるかというところです。
どれだけ速いフェイントでも、相手の重心をずらすことができなければ完全に抜ききることは難しいでしょう。

また、横に大きく踏み出した後に縦への一歩を意識的に行いましょう。この縦の一歩が行けるかどうかで、カバーしてきたディフェンスに捕まるかどうかが決まります。

インフェイントの例として、ナルシスフェイントを紹介します。このフェイントはフランスのナルシスという選手がよく使っていたフェイントということで名付けられました。
このフェイントのポイントは、インに行く前のアウトへの一歩で相手の重心を外側にずらすということです。インフェイントの中でもダブルフェイントに分類されるものでしょう。
下記の動画を参考に練習してみてくださいね!

アウトフェイント

続いてアウトフェイントを解説していきます。アウトフェイントもフェイントの中で基本的なものになるため、ぜひ習得していただきたいです。アウトフェイントを簡単にいうと先ほどのインフェイントの逆を行えばいいのです。
ポイントとしても重心をずらすという点では共通しています。しかし違う点は、利き手と逆側に行くため、肩を入れて相手を抜いて後にもう一度体を反転させて、シュート体制を作らなければいけないということです。
この肩を入れるという面で効果的な方法は、まずボールを6mの中に入れるという意識で右手を前に突き出すと、自然と肩が入った状態になるため、始めたばかりの方におすすめです。

アウトフェイントで紹介するのは、イサコビッチシュートです。これは直接シュートに行くフェイントです。インに一歩踏み込んで相手をずらし、素早く相手のアウトに一歩で入り込んでそのままシュートに行きます。
アウトに踏み込んだ足でそのままシュートに行けるため、抜ききる必要も実はありません。相手をずらしてシュートコースを生み出すという使い方もあります。シュートのバリエーションとして覚えておくといいかもしれません。
下記の動画は銘苅淳選手がイサコビッチシュートをしている動画です。参考にして練習してみましょう!

パスフェイント

次に解説をするのはパスフェイントです。パスフェイントは流れの中で腕を振ってパスを出すふりをして相手の視線や体を動かして抜くというものです。
このフェイントのポイントとしては、素早いパス回しの中に流れるように組み込むということと、パスフェイントをするときは、自分もその方向を向いたり、足をその方向に向けるということです。
この些細な動きにディフェンスは反応してしまうものです。その隙に抜き去りましょう!

パスフェイントで紹介するのは韓国フェイントです。韓国の女子が全体としてフェイントに取り入れているものがパスフェイントになります。
大きくパスを出すふりをするというわけではありませんが、ボールを抜く方向と反対側に」一度もってきているのがわかるでしょうか。そのボールの動きでディフェンスは外に重心を動かしてしまっています。
フェイントの一種のスタイルとして取り入れてみるといいかもしれません。

下記の動画では様々な角度から韓国フェイントを取っているため参考にしてください。

シュートフェイント

最後に解説するのはシュートフェイントです。シュートフェイントはその名の通り、シュートを打つふりをして、相手がそれをブロックしようと跳んだり、手を伸ばして体を固めた時に抜き去るというものです。
これはシュートからの派生としても使えるため、ぜひ習得しておきたい技術です。
ポイントとしてはパスフェイントと似ており、体全体を大きく使ってシュート体勢に入ることで、相手は打ってくると感じます。このフェイントは自分のシュートへの助走がうまくった時ほど相手はシュートへの恐怖を感じて、フェイントにかかりやすくなります。
ステップシュートでもジャンプシュートでもできるようにしておきましょう!

シュートフェイントで紹介するのは、フスマンフェイントです。これはステップをシュートを打つふりをして腕を振ったら、そのままアウト側にドリブルをつき、アウトに抜いていきます。
ちなみにドリブルをつかずにそのまま一歩でアウトに踏み込んでシュートに行くことも可能です!
下の動画を参考に練習をしましょう!

フェイントを上手にかけるためには?

フェイントの種類の解説やそれぞれのポイントは紹介しました。ここからはフェイントをより上手にかけるために必要なことを紹介していきます!

ゼロステップを習得しよう!

ゼロステップはステップを習得する際に最初に練習するものの1つでしょう。このゼロステップというのを極めることでフェイントのキレや抜ける確率が変わってきてます。
ゼロステップがしっかりできている人というのは実は少ないです。ただ両足でつくのがゼロステップということではありません。
次への動きをスムーズにすることや、相手のディフェンスを自分が止まることで止めること、相手にどっちに行くか悟らせないことなど、良いゼロステップはそれだけで強力なフェイントになり得ます。
簡単な基礎と思わずに繰り返し練習をしましょう!

大げさにやる!?

フェイントは相手を騙すために行いものですね。それなら少し大げさにやってみましょう。これを俗にオーバーフェイントと言います。
サッカーなどでも多くみられるフェイントですね。大げさに行くことで相手は抜きに来たと思い込み、全力でディフェンスに動きます。それが結果的に大きな隙となる為、抜くことができるのです。
本当にうまいオーバーフェイントでは体がついていくことができず、ディフェンスが転んでしまうということもあります。
体幹やアジリティも必要ですが、タイミングと動きの見せ方で、フェイントをかけることはできるものですよ。

スポンサードサーチ

まとめ

今回はハンドボールのフェイントの種類について解説をしました。フェイントのバリエーションを増やしたい方や、フェイントがなかなかうまくいかない方はぜひ参考にして練習をしてみましょう。
相手を抜き去る時の快感はハンドボールの楽しみの一つと言えます。ぜひ練習して相手を抜き去ってみてくださいね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

サッカー
ハンドボール
ハンドボールの速攻をポイント解説!
サッカー
ハンドボール
ハンドボールのフェイントを種類別に解説!
サッカー
ハンドボール
ハンドボールのシュートの種類をポイントとともに紹介!
サッカー
ハンドボール
ハンドボールのパスについて徹底解説!練習法も紹介!
サッカー
ハンドボール
ハンドボールのポストの役割と練習法を解説!
サッカー
ハンドボール
ハンドボールのドリブルのルールと練習法を解説!
【三段跳日本一の山本選手監修】三段跳とは?
ソフトテニスラケット人気おすすめ12選【選び方&前衛・後衛用も!】
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike