あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
ice hockey

【アイスホッケー日本代表選手 監修】これを知れば試合観戦がより楽しくなる!アイスホッケーのパワープレーについて徹底解説

三浦優希

公開日 :2019/03/31

更新日 :2019/06/07

点数を多く取った方が勝ちとなるアイスホッケー。氷上でスピーディーに繰り広げられるシュートやパス回し。ハードなぶつかり合いが見どころとなっています。

「氷上の格闘技」と言われるほど激しいことから、プレー内容によって退場者が出ることも多々。リンク上の人数に差が生まれ、優位に攻め込める状況になったりもします。

アイスホッケーではこのようなシーンを「パワープレー」と呼んでいます。

ここではプレーパターンの中から「パワープレー」について

目次

スポンサードサーチ

アイスホッケーとは

アイスホッケーとは、2チームによる対戦で氷上に上がれるのはキーパー含め各6人。
パックと呼ばれる球をスティックで運び、相手チームのゴールに入れられれば1得点となります。

攻防を担うフィールド5人は、基本的にディフェンスが2人でフォワードが3人。この人数の振り分けに決まりはなく、6人全員をフォワーにして攻め込むことも可能です。

そして激しい試合をこなすため、選手のほとんどが1分以内で交代します。
ベンチに入れる22人のうち、キーパーを除いた20人が頻繁に入れ替わるのもアイスホッケーの特徴です。

氷上に上がるプレーヤーは、全力プレーで迫力満点。その迫力とスピーディーさに、誰もがくぎ付けとなるスポーツです。

アイスホッケー パワープレーとは

パワープレーとは、試合中に相手より人数が多い状況でプレーすることができることを言います。

人数はその時の状況に応じてまちまち。5人対4人の時もあれば、5人対3人、という様々なパターンがあります。

制限時間は、足りないメンバーが氷上に戻ってくるまでの時間。

点数の獲得が難しいアイスホッケーでは貴重なシーンで、積極的に点数を入れられるチャンスとなります。

スポンサードサーチ

どんな場面で行うの?

サッカーでは意図的に作ることができるパワープレーですが、アイスホッケーではちょっと異なります。

自ら作り出せるシーンではなく、アイスホッケーならではの激しいぶつかり合いの末、反則行為がみられたときにチャンスがやってきます。

アイスホッケーのパワープレーは、試合中に退場者が出た場面で行われます。

反則をした選手は一定時間ペナルティボックスに入らなければいけないため、人数的に有利な状況ができます。この瞬間からパワープレーが始まります。

ちなみに、ペナルティ内容によっては代替え選手を出せるケースもあります。この場合は人数に差がないため、パワープレーとはなりません。

パワープレーとなる状況が判断された場合、フォワードの人数を増やしたりと、特別なセットを組んで攻め込むことがほとんど。できるだけ多くの得点を狙います。

メリット

パワープレーの最大メリットは、得点を稼ぐことができること。なかなか点が取れないアイスホッケーでは貴重なシーンとなります。

反則行為により人数が少なくなってしまったチームは、完全に不利な状態となります。

まず守りが手薄になること。滅多なことがない限り、攻め込むこともできません。

急に運動量が上がるため、体力の消耗もはげしくなります。

パワープレー中でも交代できるタイミングがくるケースもありますが、交代したメンバーも体力の消耗は避けられないでしょう。

一方、攻めるチームは完全に不利な状況に攻め込めるのですから、シュートチャンスが多くめぐってきます。

そのためフィールドの中でも得点力に長けたメンバーを選出し、セットを組んで攻めることも可能。

その間、ディフェンスメンバーは休憩し体力を温存することも可能となります。

スポンサードサーチ

デメリット

パワープレーのデメリットは、攻めるために特別にセッティングしたメンバーが体力を消耗してしまうことです。

パワープレーで攻め込む選手は、チーム内でも技術力や得点力に長けたメンバーが選ばれます。得点につながる可能性が高くなる一方で、確実に選手の体力を奪ってしまいます。

パワープレーが解消されるときにメンバーを入れ替えた場合、攻めが弱くなってしまう可能性もあるでしょう。

パワープレーで得点のチャンスだったのに、1点も入れられないなんて場合は、チームの士気が下がるなんてことも考えられるでしょう。

さらには、攻めの体勢にこだわりすぎて隙をついて攻め込まれ、失点するケースも稀に起こります。

この場合は、パワープレーという優位な立場にあっても試合運びが乱れ、流れをもっていかれることもあります。

アイスホッケー日本代表 三浦選手にSPOSHIRU編集部が聞いた!

パワープレーをする上で大事なこと





SPOSHIRU編集部



Q.アイスホッケーの試合でパワープレーをする際に三浦選手が大事にしていること、意識していることは何でしょうか?







三浦選手



パワープレーというのは、試合中に訪れる数少ない得点チャンスです。言わば、勝敗を分ける時間です。パワープレーに出るプレイヤー5人は、チームのチャンスを背負って氷の上に立つという責任感を絶対に忘れてはいけません。相手が一人少ない分、自分がパックを持てる時間というのは多くなりますが、だからこそパックを一人で持ち過ぎずに素早く味方とパス連携をすることで相手の守備を崩して得点を狙うことが求められます。シュートを放つ際も、味方からのパスを一度止めてから打つのではなく、ワンタイムシュート(サッカーでいうダイレクトシュート)ですぐに打つことは効果的です。また、数的優位だからといって攻めに100パーセントの重きをおくのではなく、仮にパックを敵に奪われたり攻め込まれたりした際もしっかりと5人全員で守備をするということも大切な要素です。パワープレー中に失点をすることは、チームの士気を大きく下げることに繋がります。



スポンサードサーチ

アイスホッケーに必要なアイテム

アイスホッケーは、氷上で行われるスポーツ、そしてぶつかり合いの激しいスポーツです。

そのため、氷上に適した用具と、強い衝撃を想定した防具を準備する必要があります。

以下の記事にて、アイスホッケーに必要なアイテムとはどのようなモノなのか、買って後悔しないための選び方、おすすめ商品などについて紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください!
アイスホッケー用ヘルメットの人気おすすめ10選アイスホッケー用防具人気おすすめ5選を徹底解説!アイスホッケー用グローブの人気オススメ7選!どんな素材?硬さは?アイスホッケーのパックについて解説!早く走る!敵を抜くためにとても重要!アイスホッケーの靴をご紹介

まとめ

氷の上で繰り広げられるスピーディーなホッケーテクニック、体当たりなど迫力ある攻防がアイスホッケーの魅力です。

見ごたえのあるスポーツなのですが、1つネックとなるのが他のスポーツには無い独特のシーンやルールが多いこと。無知識で観ていると、よく分からないまま試合が終わってしまいます。

紹介したアイスホッケーの簡単なルールや、パワープレーを知っておくだけでも楽しみ方は変わってくるでしょう。

これをきっかけに、アイスホッケーについて知識を深め、楽しめるスポーツの1つに入れてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定