あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
cross bike

フレームの正しいサイズは?!クロスバイクの人気おすすめフレーム10選!

スポシル編集部

公開日 :2018/09/29

更新日 :2020/05/11

クロスバイクのフレームには3つの素材が使われ、素材によってクロスバイクの機能性が異なるのをご存知でしょうか。

そこでフレームに使われる素材「アルミ・クロモリ・カーボン」の特徴と、バイク走行に重要なポイントとなる重量の比較、価格帯も紹介します。

素材ごとに、重量や値段にも違いがあります!

そして、クロスバイクとロードバイクのフレームの違いや、正しいサイズの選び方を動画をつけてご紹介しています!

ぜひ、この記事を参考にフレームを購入してみてください!

目次

スポンサードサーチ

フレームとは?!

フレームとは、自転車やクロスバイクなどに当たる車体部分の枠を指します。

ハンドルから車輪、サドルなどといった各種パーツをつないでいます。クロスバイクの場合はフレームは重要な箇所になり、使用素材は最適なフレームを選ぶ上でも大切です。

フレームに使われる使用素材は主に3種類あります。1つ目はスチールで、耐久性に優れて長持ちしますが、重量が重いです。

2つ目はアルミで、スチールよりも軽量で錆びにくく、価格も安く抑えられます。3つ目はカーボンで、重量が3種類の中で一番軽く、機能性にも優れていますが、高価格であることと耐荷重によって割れやすい特徴があります。

クロスバイクを選ぶことは、フレーム素材でより良いものを選ぶことにもなります。

フレームサイズを正しく選ぶための方法!

何となくの感覚でフレームサイズを行うことは、走行時のケガにもつながることになります。

そこで、この動画ではフレームサイズを正しく知る方法を3点紹介しています。

1つ目は、サドルの高さを測定することです。方法は、壁際でバイクにまたがり、ペダルを6時の方向に合わせた時に、シューズ着用のまま地面に足が付けば適切な高さとされています。

2つ目は、同じクロスバイクでもメーカーごとにフレームサイズが異なることです。各チューブの長さを測っておくことで、サイズの誤差を少なく抑えられます。3つ目は、ハンドルまでのリーチ幅はバイクタイプで異なることです。走行時の姿勢で肩の角度が約45度が良いとされています。

専門店などでスケールで測ってみることをおすすめします。

スポンサードサーチ

クロスバイクのフレームの素材!

クロスバイクのフレームには、アルミ・クロモリ・カーボンの3つの素材が主に利用されています。
素材ごとの特徴を紹介します。

クロスバイクのフレームの主な3つの素材を解説します。

・アルミ

・クロモリ

・カーボン

アルミを使用したフレームの特徴は、スチールやクロモリより軽く、錆びにくくて安価であること。また、ペダルの踏み込みに対して力のロスが少ないため加速性に優れています。
クロスバイクのフレームにクロモリが主流で使われていた時代もありましたが、現在は性能と価格から最も一般的に利用される素材となりました。

デメリットは、アルミ自体には振動吸収性がないため路面からの衝撃がダイレクトに伝わる点です。悪路を走行し続けると、衝撃によって体力を消耗し長時間の走行が難しくなることもあるようです。

走行性の良さやお手入れのしやすさなど普段使いで扱いやすく、価格帯・重量のバランスも総合すると、初めての1台としてアルミフレームのクロスバイクがおすすめです。

クロモリとはクロムモリブテン銅の略で、簡単に言うとスチール(鉄)のことです。クロモリの特徴は、細く長くスリムな形状でも強度の確保が可能で、傷がつきにくく、衝撃を吸収しつつも柔らかい乗り心地を実現してくれる点です。

クロモリ素材のフレームの自転車であれば、長時間乗り続けても体力を消耗せず快適な走行を可能とします。

デメリットはスチール(鉄)なので錆びやすく、重量があるため自転車自体が重くなってしまう点です。

走行中の衝撃が身体にダイレクトに伝わるのを避け、転倒時の衝撃によって破損しない=強いフレームを探している方にはクロモリ素材のバイクがおすすめです。

カーボン素材の一番の特徴は、重量が劇的に軽いことで、さらに剛性が高く振動吸収にも優れています。軽量なカーボンフレームのバイクを使用すれば、バイクレースやトライアスロンなどで走行タイムを縮めることも可能です。

カーボンフレームのデメリットは、高価であることです。10~20万ほどの予算では買うことはできず、中には100万円台のバイクも存在しています。

また、剛性に長けているため衝撃吸収限界を超えた負荷がかかると、フレームが割れることもあるため、カーボンフレームは取り扱いに注意が必要です。

悪路を走ることもある普段使いにはおすすめできませんが、走行性・早さを求めたい方はカーボンフレームのバイクを乗ってみても良いでしょう。アルミやクロモリ素材との違いをぜひ楽しんでみてください。

ロードバイクとクロスバイクのフレームの違い!

この動画では、あまりよく分からないとされるロードバイクとクロスバイクのフレームにどのような違いがあるかを説明しています。

見た目だけでは、両者の違いはいまひとつわかりにくいですが、違いとして見られる特徴が2つあります。

1つ目は、走行時の反応性や加速度に違いが出ます。バイクのパーツの一つであるリアセンターは両者のバイクで約3㎝の違いがあります。短めの設計であるロードバイクは加速重視であり、長めの設計であるクロスバイクは安定性重視であります。

2つ目は、ヘッド角の違いです。クロスバイクはヘッド角が倒れ気味なため、ホイールベースが長めに取られています。そのため、重心を後方に位置しやすいので、ブレーキングが安定するメリットがあります。

スポンサードサーチ

素材別の価格帯や重量の比較!

アルミ・クロモリ・カーボン、どの素材をフレームに採用しているかでバイクの価格や重量が変わります。

購入予算を組んでいる人は、価格帯からクロスバイク選びをすると良いでしょう。

また、重量によってクロスバイクの扱いやすさも変わります。特に女性は重量も参考にしてみてください。

フレームにアルミ素材を使ったクロスバイクの価格帯は、6~15万円です。重量は9㎏台の物が多く出回っています。

中には高品質なデローザ・スカンジウムという高級アルミを使用したフレームのバイクもあり、その場合価格は高くなり重量は軽くなります。

価格帯から見てわかるように、比較的安価なものから高価なものまで幅広いラインナップとなっています。クロスバイクを初めて購入するなら10万円以内のアルミフレームのクロスバイクをおすすめします。

フレームにクロモリ素材を使ったクロスバイクの価格帯は、5~40万円です。

比較的安いものから高級品まであり、値段の幅が広いのも特徴の1つです。

素材が鉄であるため重量は10㎏を超えるものが多く、あまり重量があるものは扱いづらいかもしれません。

フレームにカーボン素材を使ったクロスバイクの価格帯は最低でも20万円~です。重量は7㎏のものまであり、3つの素材の中でもダントツの軽さを誇ります。

バイク走行のタイムを1秒でも短縮したい場合、バイクの重量が重要なポイントになります。そのため、バイクレースの上級者はカーボン素材のバイクを好んで選びます。

ちなみにカーボンより高価な素材にチタンがあります。チタンの特徴は錆びに強く軽量で剛性が高いです。
自転車のフレームにもってこいの素材ですが、価格が50万円からと高価なため乗っている人は滅多にいません。

人気のおすすめフレーム10選!

ICAN AERO 007 カーボンフレーム ロードバイク用 エアロダイナミクス採用フレーム

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー ブラック
サイズ 50~60cm
重量 1860g
素材 カーボン

カーボン製のICANエアロフレームは、走行時に体感する空気の流れをコントロールすることで、体への負担を軽減してくれます。

カーボン製仕様で軽量製造のため操作性も軽やかに行え、ケーブルはフレームに内蔵されているので、操作の煩わしさを感じません。

空気抵抗を感じにくく、走行時の安定性も増してくれるため、ロングライドにおいてもパフォーマンス性の低下を心配することがありません。車体の軽量さに対する耐久性にも優れているので、快適なライディングを演出してくれます。

TOSEEK カーボンフレーム MTB 27.5インチ マウンテンバイク

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー ブラック
サイズ 15~21インチ
重量 1150g
素材 T800カーボン

TOSEEKのカーボンフレームで、外観は赤・黄・緑とカラフルなデザインが映える一台になっています。

サイズは15インチから21インチまで幅広く、重量も1150gで大きく負担になる重量ではありません。

クイックリリースとスルーアクスル仕様によるディレイラーハンガーが付属されており、変速機とフレームの連結部を気にすることなくそのまま使用できます。フレーム外観は華奢な雰囲気を出さず、頑丈でありながら軽量設計であるため、操作も負担なく扱えます。

SPCYCLE 29er フルカーボン MTB 自転車フレーム 148x12mm スルーアクスルブースト

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー ブラック
サイズ 15~21インチ
重量 980g
素材 カーボン

SPCYCLEのフルカーボン製造による自転車フレームで、価格も目を見張る程の高価格になっていますが、機能性に関してもお墨付きの一台です。

重量は1kgを下回る軽量仕様で、タイヤサイズも最大2.35インチまで装着可能なため、用途に合わせたカスタマイズが行いやすいです。

フレームサイズも15インチから21インチまで幅広いため、ライダーに合わせて取り揃えてあることがありがたいです。外観も黒一色での重厚感を感じさせるため、颯爽と走り抜ける格好良さが出てきます。

bicicleta 29 Multi-色 カーボン MTB フレーム

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー マルチカラー
サイズ 15、17インチ
重量 1350g
素材 カーボン

15インチ、17インチとそれぞれのカーボンフレームですが、緑基調と黄基調のそれぞれカラー映えするフレームです。

重量が1350gで、フルカーボン仕様のフレームと比べて重量感が出てきますが、走行時の体への負担はあまり感じさせません。

タイヤのホイールサイズは29インチ装着のため、安定感ある走行に必要なタイヤ装着との相性も良いものです。外観は明るい緑・黄の基調ではありますが、光沢材質による表面処理を行っているので、派手さに一役買ってくれます。

ICAN 2017 AC18ロードバイクフレーム+フォーク カーボン製 仕上げ

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー ブラック
サイズ 44~51cm
重量 1348g
素材 カーボン

ICANのカーボン製でしっかりと製造されてあるロードバイクフレームで、エアロダイナミクス採用フレームによる空気抵抗を抑えられる設計です。

ケーブルは保護性能にも優れたフレーム内蔵になっており、メンテナンスも簡単に行いやすいです。テーパードヘッドチューブを採用することで、走行時のパフォーマンスを向上するだけでなく、体感する風圧抵抗も抑制する優れた機能を持っています。

優れた走行スキルに加えて、停止するブレーキシステムもブレーキ角度がライダーにとって理想的に調整されています。

ICAN 2019 AC135トラックバイクフレーム+フォーク カーボン製

Amazonで詳細を見る
カラー ブラック
サイズ 49~56cm
重量 1970g
素材 カーボン

ICANのカーボン製による2019年式の新しいロードバイクフレームですが、エアロダイナミクスの採用によりライダーへの風圧負荷を抑制できるよう設計されたフレームです。

好みのサイズを59㎝から56㎝まで選択可能で、走行時においてもエアロダイナミクスによる空力効果を高められることで、効率良いライディングが可能です。

またディスクブレーキシステムにより、ブレーキ性能も向上したことから、走行のあらゆる状況でのパフォーマンスがアップしました。

ICAN RD01 ディスクブレーキ ロードバイクフレームセット

Amazonで詳細を見る
カラー ブラック、ホワイト、ピンク
サイズ 48~56cm
重量 1111g
素材 カーボン

ICANのロードバイクですが、フレームを4色のカラフルなカラーリングから選択が可能です。

カーボン形成技術の向上から、よりフレームを軽量にすることが可能になり、エアロフレームと軽量フレームの両立にも成功しています。

そのため、スムーズな操作性と負担を感じさせない軽量さを実現しています。加えて、ただフレームが軽くなっただけでなく、路面状況から伝わってくる体への衝撃吸収性にも優れているので、快適性をより追求されたフレームです。

ICAN AC18 ロードバイクフレーム+フォーク カーボン製 仕上げ

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー ブラック/ブルー
サイズ 44~51cm
重量 1348g
素材 カーボン

ICANのロードバイクでカーボン製による設計になっており、サイズを4段階から選択できます。

重量は約1.3㎏になるフレームにエアロダイナミクス仕様を採用しているので、ライダーにかかる負担を軽くしてくれます。シックなカラーデザインですが、男女問わず使用できるデザインとして扱われています。

ボトムブラケットを採用しているBBに関しては、剛性に優れた機能を発揮するよう、強力なねじれ加工を施してあります。ライダーへのパフォーマンス向上を助けてくれます。

ICAN フルカーボン ロードバイク

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー ブラック/グリーン
サイズ 50~58cm
重量 1700g
素材 カーボン

ブラック/グリーンによる少し奇抜なカラーリングを施されたICANのフルカーボン仕様フレームです。

艶のある空気力学的なデザインを外観から醸し出しており、見る目を惹き付けます。ブレーキは新たなディスクブレーキシステム採用で、制動パフォーマンスは飛躍的に向上しています。

走行時もエアロダイナミクスによる空力効果も高められてあるため、走行・制動共にライダーを快適にしてくれます。メンテナンスも行いやすいよう、ケーブルはフレーム内蔵型になっています。

フルーカーボン フレーム ロードバイク フレーム 795

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー ブラック
サイズ XS~L
重量 1859g
素材 カーボン

ロードバイク用フルカーボン仕様によるフレームになっており、フォーク、ヘッドパーツなどの付属品も付いています。

フレーム・フォークを合わせて約1.7kgと重量感を感じられ、カラーリングも黒による重厚感を引き出してくれます。

重量感があるからこそ車体の安定感が得られ、走行時における衝撃への耐久性でライダーをサポートしてくれます。またフレームカラーの艶を出すことで、ロードバイク全体を引き立ててくれる格好良さで、心地良いライディングになります。

スポンサードサーチ

まとめ

バイクのフレームに使われる素材によってクロスバイクの扱いやすさや走行性が変わるほか、重量や価格帯も変わってきます。

そのため、クロスバイクを選ぶ際は、フレーム素材の特徴を知ることが重要なポイントとなります。

初心者は一般的な素材でバランスの良いアルミフレームを。

衝撃に強く柔らかい乗り心地を楽しみたい人はクロモリフレーム。とにかく軽く走行性を極めたい人はカーボンフレームをおすすめします。

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定