あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
mountain bike

マウンテンバイクタイヤの選び方とおすすめ人気10選!【2019年最新版】

スポシル編集部

公開日 :2018/08/31

更新日 :2019/05/09

マウンテンバイクはオフロードを走るイメージが強いのではないでしょうか。

しかし悪路に強いマウンテンバイクにも、オンロードを走れるタイヤも多く販売されています。

そのためマウンテンバイクの性能を引き出すためには、路面に合ったタイヤを使うことが大事だと言えます。

そこで今回は、MTBのタイヤの種類やタイヤの選び方を詳しく説明します。

また、オフロードとオンロードでどんなタイヤを使えばいいのか迷ってしまう人に向けて各タイヤのおすすめ5選を紹介します。

目次

スポンサードサーチ

マウンテンバイク用タイヤの種類は主に4つ

マウンテンバイク タイヤ
マウンテンバイク用のタイヤには、大きく分けて4つあります。
オフロード、オンロードそれぞれに適しているタイプ、両方の特徴をあわせ持ったタイプがあるため、良く走る路面に合わせて選ぶのがおすすめです。

マウンテンバイク用タイヤの主な4つの種類を解説します。

  • ブロックタイヤ
  • センターリッジタイヤ
  • セミスリックタイヤ
  • スリックタイヤ

ブロックタイヤ

ブロックタイヤは表面の凹凸が路面をつかみ、ぬかるんだ道やクロスカントリーなどで高いグリップ力を生み出します。

地面からの衝撃吸収力と耐久性に優れているため、オフロード走行をメインに考えている人にはおすすめのタイヤです。
ブロックタイヤは、突起の高さや形状、配置によって性能が大きく異なります。

一般的には突起の高さと幅が小さいタイプはクロスカントリーに、突起の幅が広く柔らかいタイプは岩や木の根が無数にあるトレイルで使われることが多いと言われています。

しかし、オフロードでは抜群のグリップ力を発揮するブロックタイヤも、オンロードで走行する際は注意が必要です。

特に、突起が高く柔らかめのタイヤを使用している場合は、タイヤの寿命が早まる可能性があるため、オンロードがメインの人にはデメリットと言えます。

また、タイヤが重く転がり抵抗が高いため、スピードが出にくいことも難点です。

センターリッジタイヤ

センターリッジタイヤは中央のブロックが進行方向に逆らわないようなパターンになっているため、ブロックタイヤよりも転がり抵抗が低くオンロードでもスピードが出やすくなっています。

また、オフロードでもグリップ力をキープできるように設計されているためオンロードとオフロードをバランス良く走りたい人におすすめです。

ただし本格的なトレイルを走行する際には、ぬかるんだ路面やコーナリング時にグリップ力が足りずに転倒してしまう恐れがあります。
また、ブロックタイヤよりもスピードが出やすいためトレイルの下りを走行する際には、特に注意が必要です。

セミスリックタイヤ

セミスリックタイヤは、ブロックタイヤとスリックタイヤの特徴を組み合わせたタイヤです。
中央部分はスリックタイヤのように凹凸が少なくなっており、両サイドはブロックタイヤのような凹凸がついています。

セミスリックタイヤは、中央部分がスリックタイヤのように平らになっているため、漕ぎ出しが軽いのが特徴です。
また、加速していくときに転がり抵抗が少ないため、スピードも出しやすく安定した走りが可能です。

セミスリックタイヤの両サイドには凹凸がついているため、砂利道などの未舗装路を曲がるときにグリップを失って転倒するのを防いでくれます。

セミスリックタイヤは、マウンテンバイクでまれに未舗装路を走るときの安心感につながるためおすすめです。

スリックタイヤ

スリックタイヤは、タイヤに凹凸がなく平らなタイプです。
スリックタイヤはブロックタイヤよりも細く作られており、軽いことが特徴です。

スリックタイヤは路面との摩擦が少ないため、ペダルを漕いだ時に進みやすくなっています。
また、加速が滑らかでスピードを出した時に安定しやすいのが特徴で、特に長距離を走行する際には疲れにくくなる効果が期待できます。

スリックタイヤは、舗装された道路で効果を発揮するため、通勤や通学におすすめです。
しかし、未舗装路では滑りやすくなるため、オフロードでは不向きと言えます。

また、段差や石に乗り上げてしまうとパンクする可能性があるため走行時には注意が必要です。

自分のスタイルに合わせてタイヤを選ぼう

マウンテンバイク タイヤ
マウンテンバイクのタイヤは、オンロードとオフロード走行でどちらの割合が高いかによって選ぶのがおすすめです。
MTBで頻繁に走る路面に合わせてタイヤを選ぶと、タイヤの性能を活かして安全で快適な走行が可能です。

タイヤの選び方を以下の2つで紹介します。

  • オフロード用タイヤを選ぶポイント
  • オンロード用タイヤを選ぶポイント

オフロード用タイヤを選ぶポイント

オフロード用タイヤを選ぶときは、どんな路面が得意なタイヤなのかを見極めてから購入するのがポイントです。
例えば、岩場や木の根が多いトレイルでは、耐久性と耐摩耗性の高いタイヤがおすすめです。

また、クロスカントリーをメインで走りたい人にはクロスカントリー向けのタイヤを使うことで、ドライ路面とウェット路面のどちらのコンディションでも乗りこなしやすくなります。

特に、レースモデルを輩出しクロスカントリーを得意とする井上ゴム、耐久性が高く乗り心地を重視したSCHWALBE(シュワルベ)、どんな路面でもオールマイティに対応できるトレッドパターンが特徴のMAXXIS(マキシス)などのメーカーがおすすめです。

オンロード用タイヤを選ぶポイント

オンロード用タイヤを選ぶときは、路面が濡れていてもグリップ力を保てて転がり抵抗が低いタイプを選ぶのがおすすめです。
また、マウンテンバイクで走行中に予期せぬパンクに見舞われる可能性を防ぐためにも、耐パンク性の高いタイヤを選ぶと安心です。

マウンテンバイクで長距離の走行することが多い人には、快適性と耐久性を重視したタイヤを選ぶのがポイントです。タイヤ中央の溝パターンが太いものを選ぶと、長距離でも安定した走行が可能です。

オンロード用タイヤを選ぶ際には、グリップ力と耐久性を考慮したPanaracer(パナレーサー)、グリップ力が高くコーナーでも安心感が高いMICHELIN(ミシュラン)、オールマイティで通勤通学に使いやすいTIOGA(タイオガ)などのメーカーがおすすめです。

スポンサードサーチ

オフロード向けマウンテンバイク用タイヤのおすすめ人気5選!

いざオフロード向けのタイヤを選ぼうとしても、種類が多くてどれを選べばいいか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。そこで、オフロード向けでおすすめのタイヤを厳選して5つ紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

IRC tire MYTHOS XC 19634V 26X2.25

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

IRC tire MYTHOS XC 19634V 26X2.25の詳細情報

原産国 中国
製品重量 610g
サイズ 26×2.25
ビード径 559
タイヤ幅 54mm
ビード アラミド
梱包 スリーブ梱包
推奨空気圧 250-400kPa/40-60PSI

クロスカントリー向けに開発されたレース用タイヤ

IRC tire MYTHOS XC 19634V 26X2.25は、クロスカントリーのレースで好成績を出すために開発された、オフロードレース用ブロックタイヤです。
タイヤ側面のブロックが若干外に出ていることで、コーナリング時のグリップ力をサポートしてくれます。

IRC tire MYTHOS XC 19634V 26X2.25は、乾いた路面からぬかるんだ路面まで、高いグリップ力を保ちながら走破することが可能です。
また、タイヤのブロックを2段形状にしているため、従来よりもタイヤが軽くなり操作性がアップしています。

タイヤの耐摩耗性と耐パンク性も高いため、岩や木の根が多い路面を走るときでも安心感が高まるのでクロスカントリー用の高性能タイヤを探している人におすすめです。

IRC MIBRO-X 26X2.25 M121 ブラック 19634Z

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

IRC MIBRO-X 26X2.25 M121 ブラック 19634Zの詳細情報

重量 875g
サイズ HE 26×2.25
ビード アラミド

ハードな路面もしっかり進むオフロード用タイヤ

IRC MIBRO-X 26X2.25 M121 ブラック 19634Zは、MIBROのブロックパターンを改良し、ハードな路面でも滑りにくいオフロード用タイヤです。
タイヤのセンター部分とサイドからエンドのピッチ配列を変更し、加速と減速時のコントロール性が増しています。

タイヤのショルダー部分には、やすりのようなパターン加工が施されており、コーナリング時のグリップ力に効果を発揮します。

また、センターのブロックパターンは、衝撃や摩擦によるちぎれや欠けに強く長寿命なのが特徴です。

IRC MIBRO-X 26X2.25 M121 ブラック 19634Zは、ハードなトレイルを走破したいライダーにとって強い味方となり、マウンテンバイクを存分に楽しめるおすすめのタイヤです。

MAXXIS(マキシス) ミニオンDHF 27.5x2.5 WT MaxxTerra 3C/EXO TB85975100

Amazonで詳細を見る

MAXXIS ミニオンDHF 27.5×2.5 WT MaxxTerra 3C/EXO TB85975100の詳細情報

サイズ 27.5×2.5
重量 945g
TPI 60
ビード Foldable
コンパウンド 3C Maxx Terra
MAX PSI 60
テクノロジー 3C/EXO/TR

直進安定性とハンドリング性能を追求したブロックタイヤ

MAXXIS ミニオンDHF 27.5×2.5 WT MaxxTerra 3C/EXO TB85975100は、センター部分に並べられた縦方向のブロックによって直進安定性とハンドリング性能の良さを発揮するオフロード用タイヤです。

センター部分のブロックは台形と長方形の2パターンで配置されているため、転がり抵抗を抑えてハンドリングの軽さを引き出しています。

MAXXIS ミニオンDHF 27.5×2.5 WT MaxxTerra 3C/EXO TB85975100は、チューブレスレディタイヤを採用しているためチューブレスタイヤとしても使用でき、パンクのリスクを低減してくれます。

また、タイヤの側面に軽量で高密度の繊維を組み込んだEXOプロテクションという技術が採用されているためタイヤ本来の性能を活かして耐久性と耐摩耗性をアップさせています。

不安定なトレイルなどを走行する人におすすめのオフロードタイヤです。

Schwalbe (シュワルベ) Hans Dampf ハンスダンプ SnakeSkin/TL Easy 2本セット [並行輸入品]

Amazonで詳細を見る

Schwalbe Hans Dampf SnakeSkin/TL Easy 2本セットの詳細情報

サイズ 26×2.35
コンパウンド TrailStar

ぬかるんだ路面でグリップ力を発揮するオフロード用タイヤ

Schwalbe Hans Dampf SnakeSkin/TL Easy 2本セットは、センターに配置された柔らかめのブロックがぬかるんだ路面をつかみ強力なグリップ力を発揮するオフロード用タイヤです。
特に、ダウンヒルでは強力なトラクションにより粘り強い走りが可能です。

Schwalbe Hans Dampf SnakeSkin/TL Easy 2本セットは、スネークスキンという軽量で耐久性に優れた素材とスーパーグラヴィティという設計によって、従来品よりも耐カット性が29%上がっています。

また、スネークスキン素材はラバーの気密性が高いため、チューブレスタイヤとしても使用可能です。

Schwalbe Hans Dampf SnakeSkin/TL Easy 2本セットは、ダウンヒルでコンマ1秒のタイムを争うライダーの強い味方となりパフォーマンスを支えてくれます。

SCHWALBE(シュワルベ) 【正規品】ラピッドロブ 26x2.25 クリンチャータイヤ 【MTB・オールテライン】

Amazonで詳細を見る

SCHWALBE ラピッドロブ 26×2.25 クリンチャータイヤの詳細情報

サイズ 26×2.25
ETRTO 57-559
重量 720 g
カラー ブラック

オフロード入門用に最適!コストパフォーマンスに優れたオフロードタイヤ

SCHWALBE ラピッドロブ 26×2.25 クリンチャータイヤは、SCHWALBE社の人気モデルのレーシングラルフのトレッドパターンを採用したオフロードタイヤです。
タイヤのブロックパターンが密集しているため、転がり抵抗が低くなっています。

また、タイヤの耐久性アップにKガードを装着しているため、耐パンク性が高いことも特徴です。
さらに、重量も700g台とブロックタイヤの中では軽量で操作性が高いためオフロード初心者でも扱いやすくなっています。

SCHWALBE ラピッドロブ 26×2.25 クリンチャータイヤは、コストパフォーマンスも高いため、オフロード入門用におすすめのタイヤです。

オンロード向けマウンテンバイク用タイヤのおすすめ人気5選!

オンロード向けのタイヤも種類が豊富なため、どのタイヤが合っているのかわからなくなってしまいます。
そこで、オンロード向けでおすすめのタイヤを5つ厳選して紹介します。迷ったときには参考にしてください。

IRC tire IRC LOVER'S SOUL 19635C ブラック 26X2.25

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

IRC tire IRC LOVER’S SOUL 19635C ブラック 26X2.25の詳細情報

原産国 日本
製品重量 1015g
サイズ 26×2.25
ビード径 559
タイヤ幅 57mm
ビード スチール
推奨空気圧 250-400kPa/40-60PSI

グリップ力を高めた断面形状を持つオンロード用タイヤ

IRC tire IRC LOVER’S SOUL 19635C ブラック 26X2.25は、新たなタイヤ形状を採用し、トレッドパターンを広めにとったことでグリップ力を高めてストリートでの走りやすさを追求したオンロード向けタイヤです。

マウンテンバイクでコーナリングするときや、加速していくシチュエーションでもタイヤの接地感覚が変わらないため、安定した走行が可能です。
また、タイヤの側面の厚さを2倍にしているため、耐パンク性にも優れています。

マウンテンバイクでストリートを軽快に走りたい人にはおすすめのタイヤです。カラーバリエーションは、ブラックとスカイブルーの2種類があります。

パナレーサー タイヤ リッジライン [H/E 26x2.00] ブラック 8H2620-RL-B

Amazonで詳細を見る

パナレーサー リッジライン [H/E 26×2.00] ブラック 8H2620-RL-Bの詳細情報

原産国 日本
サイズ 26×2.00
ビード径 559
パターン センターリッジ・サイド強化仕様
カラー ブラック
ケーシング B
スペック レギュラーコンパウンド
重量 830g
48mm
推奨内圧(kPa) 275~445
ビード スチール

重装備でも安定した走行が可能!太めのパターンが入ったオンロードタイヤ

パナレーサー リッジライン [H/E 26×2.00] ブラック 8H2620-RL-Bは、グリップ力を重視したオンロードタイヤです。

タイヤに太めのパターンが入っているセンターリッジタイプのため、キャンプ用品などを載せたツーリングでも安定した走行が可能です。

パナレーサー リッジライン [H/E 26×2.00] ブラック 8H2620-RL-Bは、タイヤのサイズが太めに設定してあるため、重い荷物を積んだ状態でも車体が安定しやすく、コーナリングがしやすいことが特徴です。

また、タイヤの転がり抵抗を抑えたパターンになっているため、舗装路でもスムーズに走行でき、林道などの未舗装路までの移動も安心です。キャンプなどのアウトドアに行く機会が多い人にはおすすめのタイヤです。

MICHELIN(ミシュラン) COUNTRY ROCK BLK 26X1.75 26 X 1.75

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

MICHELIN COUNTRY ROCK BLK 26X1.75 26 X 1.75の詳細情報

平均重量 560g
用途 MTBハードパック、舗装路面
指定空気圧 2.5-5BAR

乗り心地とグリップ力をプラスしたオンロードタイヤ

MICHELIN COUNTRY ROCK BLK 26X1.75 26 X 1.75は、ダイヤモンド型のトレッドパターンによって乗り心地とグリップ力を高めたオンロードタイヤです。
オフロードタイヤと比べてノイズが少なく、静かで快適に走行できます。

MICHELIN COUNTRY ROCK BLK 26X1.75 26 X 1.75は、ゴムの素材が軟らかいため、衝撃吸収力にも優れています。

また、雨天時のウェット路面や細かい砂などでも高いグリップ力を発揮しコーナリング時も安定感があります。

MICHELIN COUNTRY ROCK BLK 26X1.75 26 X 1.75は、街乗りや通勤通学をメインで考えている人におすすめのタイヤです。

TIOGA(タイオガ) シティスリッカー 26"×1.95" スリックタイヤ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

TIOGA シティスリッカー 26″×1.95″ スリックタイヤの詳細情報

サイズ 26×1.95
重量 655g

快適なオンロード走行をサポートするMTB用スリックタイヤ

TIOGA シティスリッカー 26″×1.95″ スリックタイヤは、通勤通学におすすめのMTB用スリックタイヤです。

タイヤのパターンは転がり抵抗の少ない配列になっているため、軽くスムーズな乗り心地が特徴です。

また、ハイエナジーラバーという耐摩耗性に優れた硬質コンパウンドを配合しているため、舗装路での摩耗に強い設計になっています。また、ウェット路面でもグリップ力をキープできるため、急な雨の日でも安心です。

TIOGA シティスリッカー 26″×1.95″ スリックタイヤは、タイヤのノイズも少ないため、オンロードをメインで乗りたい人におすすめです。

Continental(コンチネンタル)Speed King ll Race Sport スピード キング レース スポーツ [並行輸入品]

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

Continental Speed King ll Race Sportの詳細情報

重量 26×2.2 430g/27.5×2.2 445g/29×2.2 465g

この記事で紹介している商品一覧

商品画像
商品名 IRC tire MYTHOS XC 19634V 26X2.25 IRC MIBRO-X 26X2.25 M121 ブラック 19634Z MAXXIS(マキシス) ミニオンDHF 27.5x2.5 WT MaxxTerra 3C/EXO TB85975100 Schwalbe (シュワルベ) Hans Dampf ハンスダンプ SnakeSkin/TL Easy 2本セット [並行輸入品] SCHWALBE(シュワルベ) 【正規品】ラピッドロブ 26x2.25 クリンチャータイヤ 【MTB・オールテライン】 IRC tire IRC LOVER'S SOUL 19635C ブラック 26X2.25 パナレーサー タイヤ リッジライン [H/E 26x2.00] ブラック 8H2620-RL-B MICHELIN(ミシュラン) COUNTRY ROCK BLK 26X1.75 26 X 1.75 TIOGA(タイオガ) シティスリッカー 26"×1.95" スリックタイヤ Continental(コンチネンタル)Speed King ll Race Sport スピード キング レース スポーツ [並行輸入品]
購入先 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon Amazon Amazon Amazon楽天 Amazon Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天

あらゆる路面状況に対応できるオンロード用タイヤ

Continental Speed King ll Race Sportは、軽さと高いグリップ力、摩耗抵抗の低さを追求したオンロード用タイヤです。
タイヤの軽量化のために、レースで得たスポーツテクノロジーの高密度3レイヤーナイロンケーシングを採用しています。

また、タイヤのしなやかさを実現するために従来のカーボン粒子の10分の1サイズの名のカーボン粒子をタイヤコンパウンド内に混ぜることで、あらゆる路面でタイヤの形状が変形してグリップ力を保てるようになっています。

万が一、石などを踏んでしまった場合でも、切り裂きパンクに強くなっているため、安心して走行ができます。MTBにスピード感を求めている人におすすめのタイヤです。

スポンサードサーチ

まとめ

今回は、マウンテンバイク用タイヤの種類とオフロード用、オンロード用タイヤを選ぶ際のポイントを紹介しました。MTBは、路面に適したタイヤを選ぶことで何倍も楽しむことができます。ぜひお気に入りのタイヤを見つけてみてください。

合わせて読みたい!

 

スポンサードサーチ

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

【アイスホッケー】

特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手 小池龍太選手 監修】柏レイソルの不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールの投げ方の種類やコツを徹底解説!肘の使い方が重要!?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike