マウンテンバイク サスペンション
2018年8月24日

マウンテンバイクのサスペンションってなに?特徴やおすすめ商品を紹介!

マウンテンバイクにサスペンションがついていると、どんなメリットがあるのでしょうか。サスペンションは何となく乗り心地が良くなりそうでも、乗りこなせるか不安に考えている人もいるでしょう。

そこで今回は、サスペンションをつけるメリットや付ける場所、サスペンションの種類や調整について、わかりやすく説明します。リアサスペンションのおすすめ5選を紹介しているので、参考にしてみてください。

スポンサードサーチ

サスペンションとは

マウンテンバイク サスペンション
出典:amazon.co.jp

マウンテンバイクのサスペンションとは、地面からの衝撃を吸収して疲れを軽減してくれる役割があります。
マウンテンバイクで段差が多い道や砂利道などを走行するとき、振動による手の痺れやバランスを崩して転倒するのを防いでくれます。

サスペンションの種類にはおおまかに分けると3種類あり、サスペンション内部にバネの役割を持つコイルが入っているタイプ、コイルとMCUというゴム製のダンパーが入っているタイプ、コイルとオイルの粘度でサスペンションの硬さを調整するタイプがあります。

また、サスペンションを選ぶ際には、マウンテンバイクの重量と乗る人の重さが重要になります。
サスペンションが柔らかすぎると、段差で車体が沈みすぎて体が前方に投げ出される恐れがあります。

マウンテンバイクと乗る人の重さに適したサスペンションを選ぶことで、性能を最大限に発揮し、快適に走行できるようになります。

マウンテンバイクにサスペンションをつけるメリット

マウンテンバイク サスペンション
マウンテンバイクにサスペンションをつける最大のメリットは、段差などを通過する際にライダーにかかる衝撃を和らげて、安定感を生み出してくれることです。
サスペンションが段差からの衝撃を吸収することで、体に負担がかかりにくくなります。

特に、歩道と車道の継ぎ目を走行するときや、砂利道を走行するときなど、握力が弱い人や体力に自信がない人には、サスペンションが絶大な効果を発揮すると言われています。

また、サスペンションが段差のショックを吸収するため、目線が上下しにくくなります。
すると、走行中にバランスを取りやすくなるため、転倒するリスクが減ります。

サスペンションは、街乗りでの小さな継ぎ目でも振動を吸収する効果があるため、シティサイクルに乗ると疲れやすいという人にもおすすめです。

スポンサードサーチ

サスペンションはどこに付ける?

マウンテンバイク サスペンション
出典:amazon.co.jp

マウンテンバイクのサスペンションは、フロント、リア、サドルの3か所に装着できます。サスペンションをつける場所によって、役割も変わってきます。

1つ目のフロントサスペンションは、前輪からハンドルの下にあるフレームをつなぐフロントフォークの部分に装着します。
フロントサスペンションを装着すると、前輪からハンドルに伝わる衝撃を和らげてくれます。
ハンドルからの振動や衝撃が少なくなると、腕や上半身への疲労が軽減します。
また、運転中にハンドルがとられて転倒する危険が減ります。

2つ目のリア部分のサスペンションは、サドルを支えているシートステーの部分に取り付けます。
リアサスペンションは、後輪からの衝撃を吸収するため、お尻や腰への負担を和らげてくれます。
ただし、サスペンションが軟らかすぎるとペダルを踏む力を吸収するため、通常よりもペダルを強くこがないと進みにくくなってしまいます。

3つ目のサドルに装着するサスペンションはサスペンションシートポストと呼ばれており、サドルを支えているシートポストに装着します。
サスペンションシートポストは、サドルからお尻への振動や衝撃を減らす役割があります。しかし、サスペンションの硬さによっては乗りにくいと感じることがあるため、最初は硬めのサスペンションにするのがおすすめです。

マウンテンバイクのリアサスペンションのおすすめ5選

マウンテンバイクのサスペンションは、実際に乗ってみないと効果を実感しにくいパーツです。
サスペンションの硬さの好みは人それぞれのため、頻繁に走る場所の路面状況や疲れやすい体の部位によって調整していくのがおすすめです。

今回は、乗り心地に直結するお尻や腰への負担を和らげるリアサスペンションの種類に絞り、おすすめ5選を紹介します。

自転車用サスペンション マウンテンバイク ショック

Amazonで詳細を見る

自転車用サスペンション マウンテンバイク ショックの詳細情報

ボルト間距離 100mm/125mm/150mm
バネレート 100mm 300LBS/In / 125mm150mm 750LBS/In
ボルト穴径 直径約8mm

硬さが選べるリアサスペンション!取り付けも簡単!

3段階の硬さから選べるリアサスペンションです。
よく走る路面の状況で硬さを選べるため、街乗りでは硬め、舗装されていない道を走ることが多い人には柔らかめがおすすめです。

アルミ製で錆びにくいため、悪路での走行にも適しています。コストパフォーマンスも高く、純正品から交換したいと考えている人にもおすすめです。
同サイズの六角レンチが2本あれば簡単に交換できるため、マウンテンバイク初心者にも優しく、入門用のサスペンションとしても最適です。

Twin-happiness マウンテンバイク サスペンション

Amazonで詳細を見る

Twin-happiness マウンテンバイク サスペンションの詳細情報

ボルト中心間距離 150mm
バネレート 1000LBS/IN
ボルト穴径 直径約8mm
取付部の幅 24mm

ちょっとした段差でも安心!マウンテンバイク用のサスペンション!

ほとんどのマウンテンバイクに対応しているリアサスペンションです。
汎用性が高く、リーズナブルな価格で購入できるため、リアサスペンションがへたって交換を検討している人におすすめです。

サスペンションのスプリングはシックなブラックで、どんなマウンテンバイクにも合わせやすいカラーリングです。
また、初心者にも着脱がしやすく、扱いやすいことも特徴です。
マウンテンバイクで段差を乗り上げた際に、上半身よりもお尻や腰が痛くなる人におすすめです。

ルボナリエ 自転車 リア サスペンション

Amazonで詳細を見る

ルボナリエ 自転車 リア サスペンションの詳細情報

サイズ 全長170mm×幅45mm
ボルト中心間距離 150mm
バネレート 1000LBS/IN
ボルト穴直径 12mm
取付部の幅 24mm
重量 410g

クッション効果でお尻と腰を守る!リア用サスペンション!

クッション効果でお尻と腰への負担を和らげるリア用サスペンションです。
サスペンションが、路面からの突き上げによる衝撃や、振動を吸収してくれるため、長時間の走行でも疲れにくくなる効果が期待できます。

特に、砂利道や段差が多い道で威力を発揮します。
マウンテンバイクに長時間乗っていると、お尻や腰のトラブルを抱えやすいため、アウトドアなどでマウンテンバイクを乗る人の強い味方となってくれます。

1,000円台で購入できるのも魅力的だと言えます。
高価なサスペンションを購入するのをためらってしまう人も、入門用としておすすめのリアサスペンションです。

Zimoマウンテンバイク リアサスペンション

Amazonで詳細を見る

Zimoマウンテンバイク リアサスペンションの詳細情報

カラー ブラック
材質 金属
サイズ 約18 × 5.6 ×5.6 cm
仕様 750LBS / IN

ホコリの侵入を防げるカバー付きリアサスペンション!

内部にホコリや水分の侵入を防ぎ、耐久性をアップさせたサスペンションです。
マウンテンバイクでオフロードを走行する際、砂や泥がサスペンション内部に侵入すると、可動部に細かい傷がついて劣化を早めます。

サスペンションは内部のグリスやオイルにホコリなどの異物が混ざると油分の劣化が進み、サスペンションが購入時よりも柔らかくなってしまう場合があります。
いわゆるサスペンションのへたりを抑えるために、カバーが一役買ってくれていると言えます。

手軽にリアサスペンションを好感してみたい人や、マウンテンバイクのメンテナンスが面倒と考えている人にもおすすめです。

Kindshock リアサス REFORCUS 562

Amazonで詳細を見る

Kindshock リアサス REFORCUS 562の詳細情報

重量 264g
サイズ 150mm / 165mm
トラベル 30mm(150) / 38mm(165)

リバウンドスピードを調整可能なリアサスペンション!

サスペンションのリバウンドスピードを調整できるリアサスペンションです。
リバウンドスピードとは、サスペンションが沈んだ状態から元に戻るまでの速度のことです。
リバウンドスピードを遅くするとお尻や腰への衝撃がソフトになり、逆に早くすると地面からの突き上げが早くなり、バランスを崩してしまう可能性が高まります。

リバウンドスピードを遅くするとフワフワとした乗り心地になるため、最初は調整が難しいと言われています。
また、汎用モデルと比べると、価格も上がってしまうのが難点です。

ただ、ある程度マウンテンバイクの扱いに慣れて、街乗りとオフロードで微調整をしたい人にはぜひおすすめのアイテムです。

この記事で紹介している商品一覧

商品画像
商品名 自転車用サスペンション マウンテンバイク ショックTwin-happiness マウンテンバイク サスペンションルボナリエ 自転車 リア サスペンションZimoマウンテンバイク リアサスペンションKindshock リアサス REFORCUS 562
購入先 AmazonAmazonAmazonAmazonAmazon

スポンサードサーチ

まとめ

今回は、マウンテンバイクにサスペンションをつけるメリットについて紹介しました。
サスペンションにはフロント、リア、サドルに装着でき、種類ごとに効果も異なります。
また、良く走る路面に合わせて硬さを調整すると、乗り心地が良くなり負担も減ります。

自分のライディングスタイルに合ったサスペンションを見つけて、マウンテンバイクを安全に楽しんでください。

合わせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。