あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
cross bike

【最新版】ミヤタ(MIYATA)のクロスバイクおすすめ人気5選!

スポシル編集部

公開日 :2018/08/31

更新日 :2019/09/11

ミヤタ(MIYATA)は自転車メーカーとしては日本一の歴史を持つ老舗メーカーです。とはいえ、クロスバイクはもちろんロードバイク、MTBも、製造・販売は海外メーカーに注目が集まりがちです。

それゆえ、日本のメーカーというとピンと来ないかもしれません。しかし、ミヤタ(MIYATA)の技術やこだわり、スポーツバイクを知れば、自転車に対する見識も深まることは間違いありません。

そこで、創業128年を誇る老舗メーカーミヤタ(MIYATA)の特徴とおすすめのクロスバイク&アクセサリを紹介します。探していた好みのスポーツバイクが見つかるかもしれません。

おすすめ関連記事↓

スペシャライズド(SPECIALIZED)のクロスバイクの特徴とおすすめ人気3選

目次

スポンサードサーチ

ミヤタとはどんなブランド?

ミヤタサイクル
出典:miyatabike.com
ミヤタ(MIYATA)は安全型自転車の国産第一号車を、試作・販売した老舗メーカーです。ミヤタ(MIYATA)の自転車にかける熱意と技術の研鑽は、創業より約130年にも及びます。1976年にはすでに、高級車を手掛けるオランダ・コガ社と提携し、海外でも高い評価を得ていました。

日本自転車メーカーのミヤタ(MIYATA)がこだわりぬくものが、スチールまたはクロモリフレームです。クロモリフレームの形状は細身でトップチューブが地面と水平、性質には頑丈さやしなやかさがあります。反面、アルミやカーボンよりも重いというデメリットがあるのが通常のクロモリフレームです。

しかしミヤタ(MIYATA)はその常識を覆し、世界最軽量量産クロモリロードバイクの生産に成功しました。そんなミヤタ(MIYATA)のロードバイクはツール・ド・フランスで区間優勝したこともあるほど高い技術力を持ちます。

ミヤタの評価

ミヤタ(MIYATA)のクロモリフレームのメリットは昔ながらの形状の美しさと、丈夫さやしなやかさがあることです。性質の点で言えば初心者にうってつけで、上級者でもクロモリの見た目や乗り味のとりこになっている人も大勢います。特に男性からの評判が高いです。

ただ、いくらアルミに匹敵する軽さを生み出しても、重いイメージを持たれていると、速く走りたいユーザーからは敬遠されてしまいます。また、トップチューブが水平のホリゾンタルフレームは身長が低めの人、特に女性には乗りづらい形状でしょう。

ミヤタ(MIYATA)のクロモリフレームはもっぱらロードバイクに使っているので、実のところホリゾンタルフレームのクロスバイクは1点のみです。あとのクロスバイクは乗り降りが比較的楽なフレーム形状で、女性向けの小さめサイズも販売しています。クロスバイクの点で言えば、比較的人を選ばない万人向けのラインナップです。

スポンサードサーチ

ミヤタの人気フリーダムシリーズ

フリーダム フラット


出典:amazon.co.jp
フリーダムフラットはオンロードを、速く・気軽に走ることを目的とした、ロードバイクに限りなく近いクロスバイクです。細身のクロモリフレームにロードバイクコンポーネントを搭載しています。

また、ハンドルはステムの位置を変えられるので、その時々の好きな姿勢に変更が可能です。とはいえ、ロードバイクと一線を画しているのは「速さ」に対する走行性能です。

フラットバーハンドルやフラットペダル、28Cタイヤ対応キャリパーブレーキからも、安定性や気軽さ楽さを重視したことがうかがい知れます。

フリーダム ロード


出典:amazon.co.jp
フリーダムロードはエントリーロードバイクながらミヤタ(MIYATA)製クロモリフレームの頑丈さや振動吸収性の高さ、しなやかさによって、乗り心地がよく扱いやすいです。街乗り・平地・登りなどさまざまなシーンに対応しており、乗り手を選ばないオールマイティさがフリーダムロードの魅力と言えます。
また、従来の700×23Cではなく、25Cタイヤを採用することでスリップの危険を減らしつつ、走行の接地時にかかる抵抗を少なくしています。3大ロードコンポメーカーのシマノから、エントリーグレードのクラリスの変速機を採用した16段変速です。

フリーダム タフ


出典:amazon.co.jp
フリーダムタフはオフロードでの走行が可能なクロスバイクで、見た目そのままに走行性能もマウンテンバイクのそれです。ミヤタ(MIYATA)フリーダムタフのクロモリフレームは、110kgもの荷重に耐えるという脅威の強度を誇るので、重量級ユーザーにおすすめです。

また、安定した操作ができるフラットバーハンドルと乗り降りのしやすいフラットペダルを装着しています。極めつけは、スポーク本数36本の高剛性ホイールと極太タイヤです。これらの点だけでも、ミヤタ(MIYATA)のフリーダムタフはオフロードのためのクロスバイクと言えます。

ミヤタのクロスバイクおすすめ5選

California Sky Cカリフォルニア スカイ C

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

California Sky Cカリフォルニア スカイ Cの詳細情報

フレームサイズ 38 cm、41 cm、46 cm
重量 12.3kg~12.5kg
適正身長 フレームサイズ38 cm:145~165 cm、41 cm:150~170 cm、46 cm:160~180 cm
タイヤサイズ 700C×28C
変速段数 21段変速

変速段数が多くて軽量、自分のペースで走りやすい万人向けクロスバイク

カリフォルニアスカイCは、街乗りはもちろんサイクリングやツーリングにも適した万人向けのクロスバイクになっています。タイヤが28Cとクロスバイクとしては細めで、Vブレーキを採用していることからも、オンロード向きです。

変速段数はフロントが3段なので計21段変速になっており、シーンに合ったペースで走れます。変速機は同じくシマノ製でも、フリーダムシリーズのクラリスよりワングレード落ちのリア7段です。ただ、グレードが落ちたとはいえ、下位グレードの方が安価で耐久性はあります。

カリフォルニアスカイシリーズは、アルミフレームを採用して軽量化を図っています。アルミはクロモリフレームよりも乗り心地や頑丈さは劣りますが、軽く安価で錆びにくい点で優れています。

California Sky Rカリフォルニア スカイR

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

California Sky Rカリフォルニア スカイRの詳細情報

フレームサイズ 52 cm
重量 11.6kg
タイヤサイズ 700×30C
適正身長 166 cm~
変速段数 14段

実はオールマイティな意外性あふれるクロスバイク

カリフォルニアスカイRは、オンオフ両方の道を走れる万能タイプのクロスバイクです。オンロードタイヤとは違って悪路に強い、30Cのセミノビータイヤ(またはブロックタイヤ)を履いています。

また、泥詰まりの起きやすいオフロード向けに、タイヤクリアランスが広いカンチブレーキを搭載しています。カンチブレーキの泥詰まりのしにくさは、オフロード競技のシクロクロスにも採用されているほどです。ただVブレーキよりは制動力が弱い点も忘れないでおきましょう。

ドロップハンドルと軽量アルミフレーム、14段変速はロードバイクよりの組み合わせで、オンロードの走行も楽しめます。オフロードのスリルとオンロードの爽快さ、どちらの走りも楽しみたい方におすすめのクロスバイクです。

SPikyスパイキーの詳細情報

ダイナモライトタイプ 20×1ー3/8、22×1ー3/8、24×1ー3/8、26×1ー3/8:外装6段変速
重量 14.8kg、15.3 kg、16.2 kg、16.6 kg
適正身長 110~130 cm 、115~135 cm 、120~140 cm 、130~150 cm
サドル高さ 56~64 cm 、59~66 cm 、62~70 cm 、64~76 cm
オートライトタイプ 22×1ー3/8 、24×1ー3/8:外装6段変速
重量 15.9kg、16.8kg
適正身長 115~135 cm、120~140 cm
サドル高さ 56~66 cm、62~70 cm

子どもの心をわしづかみ!速さとかっこよさを両立したクロスバイクタイプ

スパイキーは子ども心を掴むと同時に、ミヤタ(MIYATA)のこだわりを感じさせる子ども用クロスバイクです。ドロヨケ、スタンド、前かご、チェーンカバーを標準装備しています。

変速機はお馴染み、信頼の厚いシマノ製の6段変速です。アルミフレームはシティサイクルのような曲線ではなく、トップチューブがサドル下に向かって直線に伸びたスポーティなデザインになっています。

極めつけはハンドル中央に設置された、CIデッキです。シマノ曰く「自転車のコンソールパネル」で、コンパス、サイクルコンピューター、ギアインジケーターが組み込まれています。

CIデッキの黒くていかつい見た目は、かっこよさに目がない子どもにうってつけです。また、スパイキーは前かごもついているので、普段使いや街乗りにもすぐ使えます。

Freedom FlaTフリーダム フラット

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

Freedom FlaTフリーダム フラットの詳細情報

フレームサイズ 48 cm
、52 cm
重量 11.6kg 、11.8kg
タイヤサイズ 700×25C
適正身長 フレームサイズ48 cm:158 cm~、52 cm:166 cm~
変速段数 16段

これ一台で街乗りも遠乗りも可能!気軽に乗れて疲れにくいクロモリクロスバイク

フリーダムフラットの利点は「速さ」と「気軽さ」の両立です。形状、コンポーネントや重量、タイヤサイズ、ブレーキまでロードバイクさながらの仕様になっています。

フリーダムフラットはクロスバイクらしい点もあり、それは通常のクロスバイクと同じ28Cタイヤまでなら履ける点です。さらに、フラットバーハンドルは位置調整機能付きなので、空気抵抗を減らす前傾姿勢にできるだけでなく、疲れにくい姿勢にもできます。

フリーダムフラットは気軽に街乗りもサイクリングもできて、長時間の走行でも疲れにくいメリットがあるので、初心者や普段使いにおすすめです。また、重量的にも平地向きなので、ヒルクライムよりはロングライドに適しています。

Freedom Toughフリーダム Tough

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

Freedom Toughフリーダム Toughの詳細情報

フレームサイズ 50 cm
重量 15.7kg
タイヤサイズ/td> 700×45C
適正身長/td> 160cm~
変速段数 7段

タフな見た目は伊達じゃない!衝撃の耐荷重110kgクロモリクロスバイク

フリーダムタフは見た目からも明らかな、オフロード向けのクロモリクロスバイクです。前述した内容に加えて解説を入れていくと、次のようになります。

まず1つ目は、耐荷重110㎏のクロモリフレームと45Cタイヤ、そのタイヤサイズに合うホイールと36本ものスポークです。単品でも重いこれらがそろえば当然重くなり、走行性能は速く走るためのものではなくなります。カゴを積んでいないミヤタ(MIYATA)のクロスバイクと比較するとその差は約3kgです。

しかしこれらによって、ユーザー層の範囲拡大、衝撃吸収性の向上、悪路でも安定した走行が可能になりました。オフロード用クロスバイクとしてなら、十分な性能でしょう。また、クロモリフレーム採用であってもホリゾンタルフレームではないため、比較的乗り降りがしやすくなっています。

スポンサードサーチ

クロスバイクだけじゃない!ミヤタ (MIYATA)のおすすめアイテム5選

ミヤタ (MIYATA) TTP-1 チューブラーリムテープ 16mm×20m

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ミヤタ (MIYATA) TTP-1 チューブラーリムテープ 16mm×20mの詳細情報

サイズ 16mm×20m
重量 208g

自転車乗りの愛用品。チューブラータイヤを簡単接着

TTP-1をはじめとしたミヤタ(MIYATA)のチューブラーリムテープは、作業時間の短縮と容易さで巷での高評価を維持しています。チューブラータイヤとホイールの接着材にセメント以外の選択肢ができたメリットは非常に大きいです。

ミヤタ(MIYATA)TTP-1チューブラーリムテープは20mという長さがウリで、パンクによる交換回数が多いチューブラータイヤのために長めにとられています。走る頻度が少ないライトユーザーよりは、がっつり走るぶんパンク遭遇率の高いヘビーユーザー向きです。

セメントの場合、乾くまでに多少時間がかかるためすぐには乗れないことと、セメントを使った接着作業自体の手間が万人には受け入れられていない点があります。ところがミヤタ(MIYATA)のチューブラーリムテープなら手間は「貼る」だけで済み、接着力も剥がしにくいほど強いのでおすすめです。

ミヤタ (MIYATA) TTP-2 チューブラーリムテープ 16mm×5m

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ミヤタ (MIYATA) TTP-2 チューブラーリムテープ 16mm×5mの詳細情報

サイズ 16mm×5m

お試しにはこれがおすすめ!ライトユーザにも嬉しいちょうどよさ

ミヤタ(MIYATA)TTP-2はTTP-1と同じくチューブラーリムテープでも、長さが5mとかなり短めです。タイヤ交換時に使える回数はTTP-1より少ないので、チューブラーをメイン使用しているユーザーには当然足りません。

ではどんな人に向いているのかというと、それはチューブラー初体験の人やライトユーザーです。オンロードもオフロードも両方走ろうか悩んでいて、チューブラータイヤも試してみたい人は長さの短いTTP-2がおすすめです。走る頻度も走行距離も少なめなライトユーザーにも向いています。

チューブラータイヤはロードバイクだけでなく、クロスバイクでもサイズが合えば履けます。まずはTTP-2チューブラーリムテープを試しに買っておいて、本気でチューブラーに絞るならその後TTP-1にするとよいでしょう。

ミヤタ (MIYATA) TTP-4 チューブラーリムテープ 20mm×5m ワイドリム対応 (約リム2本分)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ミヤタ (MIYATA) TTP-4 チューブラーリムテープ 20mm×5m ワイドリム対応 (約リム2本分) の詳細情報

サイズ 20mm×5m
ホイールサイズ 700C
仕様 チューブラータイヤ用固定用リムテープ

はやりのワイドリム対応!25C以上におすすめチューブラーリムテープ

近年着々とホイールのワイドリム化が進んでおり、当然それに対応したチューブラータイヤも出回っています。そうすると、23Cサイズに対応していたTTP-1や2では幅が足りず、リムテープが貼れません。そこで、ワイドリムに対応したTTP-4チューブラーリムテープの出番です。

TTP-4ならワイドリムの問題も解決し、従来通りの手間で済みます。TTP-2チューブラーリムテープとはワイドリム用に幅が広くなっても、価格がさほど変わらない所も安心です。ワイドリム化の波は着々と広がっているので、ワイドリム対応チューブラーリムテープの存在は際立ちます。

「大は小を兼ねる」とは言いますが、23Cなどの細いタイヤを履く際にはTTP-4チューブラーリムテープではなく、TTP-1や2がよいでしょう。TTP-4は25C以上のチューブラータイヤを履く人におすすめします。

ミヤタ(MIYATA) TTP-6 チューブラーリムテープ 20mm×2.5m 幅広

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ミヤタ(MIYATA) TTP-6 チューブラーリムテープ 20mm×2.5m 幅広の詳細情報

サイズ 幅20mm×長さ2.5m
特徴 ミヤタ(MIYATA)工業と住友スリーエム社(現在はスリーエムジャパン)の共同開発
適用 溶剤・接着剤に弱いカーボンホイールへの使用に最適

持ち運びしやすい1本分サイズ!旅乗り・遠出・ロングライドにおすすめ

TTP-6チューブラーリムテープのメリットは長さ2.5mというンパクトさです。使える回数はリム1本分ほどの長さしかありません。ではどんなメリットがあるかというと、それは持ち運びのしやすさです。

例えば、出先でパンクして急きょ買い替える必要があるときに持っておくと安心でしょう。TTP-6チューブラーリムテープはロングライドなど、遠乗りをする人におすすめです。

ワイドリム対応のTTP-4とTTP-6に注目すべき点はもう一つあります。それはミヤタ(MIYATA)とスリーエムジャパンが共同開発したチューブラーリムテープである、という点です。

スリーエムジャパンは、粘着テープや接着剤も手掛けています。その2社が組んで開発しただけに、自転車の観点でも粘着テープの観点でも、高品質のチューブラーリムテープと言えるでしょう。

ミヤタ(MIYATA) FREEDOM SPORTS用 アルミフルドロヨケセット

Amazonで詳細を見る

ミヤタ(MIYATA) FREEDOM SPORTS用 アルミフルドロヨケセットの詳細情報

仕様 MIYATA(ミヤタ(MIYATA)) FREEDOM SPORTS(フリーダムスポーツ)用
素材 アルミ製

泥はね防止に最適なアルミフル!フリーダムスポーツ用ドロヨケ

ミヤタ(MIYATA)のフリーダムスポーツ用の泥よけで、タイヤを覆う距離が長いフルタイプです。フルタイプなら泥よけ効果も高く、雨の中をクロスバイクで走っても、背中が汚れる心配は少なく済みます。

クロスバイクをはじめとしたスポーツバイクに乗っていると、どうしても車体の総重量を気にしてしまうでしょう。オンロードで速く快適に走りたいなら、クロスバイクでも軽量化に躍起になるかもしれません。泥よけも含め、重量を増やしてしまうパーツは可能な限り省きたくなります。

フリーダムスポーツはミヤタ(MIYATA)のクロスバイクの中でも、より走行性能が高く専門性もあります。フリーダムスポーツ用アルミフルドロヨケなら、デザイン的にもよりマッチしたものとなるでしょう。また、一般的なクロスバイクの泥よけよりは、やはり専用の泥よけを取り付けた方が、走行性能に響きません。

この記事で紹介している商品一覧

商品画像
商品名 California Sky Cカリフォルニア スカイ C California Sky Rカリフォルニア スカイR SPikyスパイキー Freedom FlaTフリーダム フラット Freedom Toughフリーダム Tough ミヤタ (MIYATA) TTP-1 チューブラーリムテープ 16mm×20m ミヤタ (MIYATA) TTP-2 チューブラーリムテープ 16mm×5m ミヤタ (MIYATA) TTP-4 チューブラーリムテープ 20mm×5m ワイドリム対応 (約リム2本分) ミヤタ(MIYATA) TTP-6 チューブラーリムテープ 20mm×2.5m 幅広 ミヤタ(MIYATA) FREEDOM SPORTS用 アルミフルドロヨケセット
購入先 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon

自分にあったクロスバイクを選ぼう

これまでミヤタ(MIYATA)の自転車と関連製品を通し、クロスバイクをはじめとしたスポーツバイクは海外メーカーだけの専売特許ではない、ということを知っていただけたかと思います。ただ、どのクロスバイクであれ、ミヤタ(MIYATA)が提供するクロスバイクであれ、それぞれに長所短所があり、人によって好みが分かれます。

クロスバイク選びにはサイズや性能は重要です。しかし、自分のクロスバイクを好きでなければ、なんにしろ続かないでしょう。自分に合ったクロスバイクで楽しく走れるよう、デザイン面なども含めて、より吟味して選んでみてはどうでしょうか。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

 

ミヤタのクロスバイクおすすめ5選

スポンサードサーチ

ミヤタのクロスバイクおすすめ5選

ミヤタ(MIYATA) クロスバイク カリフォルニアスカイ C ACSC388/418/468 ブルーシェイド 41cm

ミヤタ(MIYATA) クロスバイク カリフォルニアスカイ C ACSC388/418/468 ブルーシェイド 41cm

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
ミヤタ(MIYATA) クロスバイク カリフォルニアスカイ C ACSC388/418/468 ブルーシェイド 41cm

ミヤタ(MIYATA) クロスバイク カリフォルニアスカイ C ACSC388/418/468 ブルーシェイド 41cm

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
ミヤタ(MIYATA) クロスバイク カリフォルニアスカイ C ACSC388/418/468 ブルーシェイド 41cm

ミヤタ(MIYATA) クロスバイク カリフォルニアスカイ C ACSC388/418/468 ブルーシェイド 41cm

Amazonで詳細を見る
ミヤタ(MIYATA) クロスバイク カリフォルニアスカイ C ACSC388/418/468 ブルーシェイド 41cm

ミヤタ(MIYATA) クロスバイク カリフォルニアスカイ C ACSC388/418/468 ブルーシェイド 41cm

Amazonで詳細を見る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定