あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
american football

アメフトボールの大きさや長さなどの特徴を徹底解説!おすすめ紹介!

スポシル編集部
更新日 :2019/04/15

ここでは、アメフトで使用するボールについて詳しく紹介しています。

アメフトで使用するボールにはさまざまな種類があり、年齢によって使用するボールがことなるため、ジュニア用のボールも存在しています。大きさや重さは決められており、重さは400グラム前後であることが決まっています。

アメフトのボールは特殊な形状をしているため、普通のボールとは投げ方が異なり、適した投げ方を身につけること大切です。

おすすめのボールも紹介しているため、ボールを購入しようと考えている人は参考にしてください。

目次

スポンサードサーチ

アメフトのボールとは

アメフトで使用するボールは楕円形の形をしているため、一般的な球技で使用するボールと形状が異なります。

アメフトのボールはラグビーで使用するボールと非常に酷似しているため、知識がない人が見るとどちらがアメフトのボールか判断することができません。

アメフトで使用するボールはラグビーのボールよりも一回り小さく作られており、重さも軽いです。
また、両端が丸みを帯びているのがラグビーのボールで鋭くとがっているボールがアメフトで使用するボールです。

アメフトのボールには、皮で作られているボールとゴム製のボールがあります。
子供がアメフトをする際には柔らかいゴム製のボールが使われますが、高校生以上になると皮のボールが使用される割合が高いです。

出典:Amazon

上記でも紹介したようにアメフトのボールは楕円形の形をしています。
特殊な形ではありますが、ほかのボールと比べるとパスをする際のスピードに違いがあらわれます。

一般の円形のボールでは風の抵抗を受けやすい形であるため、ボールが大きくなるほど投げた際にスピードが失われてしまいます。

しかし、アメフトのボールは楕円形に作られていることで風を切るように投げることができ、回転を加えることでより鋭さを増すことができます。

投げた際のスピードは優れていますが、知識がないと投げにくい形状でもあるため、初心者の方ではうまく投げれない可能性が高いです。

アメフトで使用するボールにはレースという縫い目があり、規定でレースの長さも設定されています。縫い目に指をかけることで鋭い回転を加えることも可能です。

スポンサードサーチ

大きさ

アメフトボールの大きさはルールで決められているため、試合では規定された大きさのボールを使用する必要があります。
アメフトで使用するボールの大きさは一定ではなく、多少の違いがあるため、練習と試合でボールが変わることもあり、感触が変わってしまうこともあります。

アメフトのボールの長いほうの周囲は79.4~81.9㎝で短いほうの周囲が51.9~53.1㎝と決められています
実際に持ってみるとさほど大きいとは感じませんが、重さがあるため、大きいと錯覚してしまうこともあります。

ちなみに縫い目のレースの長さは7.6~8.3㎝と決められています。

それぞれの周囲の長さが最小から最大に変わると大きな違いになるため、プレイに支障が出ることもあります。
そのため、常に公式球である大きさのボールを使用することで試合をする際に違和感をなくすことができます。

投げ方

アメフトのボールは特殊な形状をしているため、投げ方が分からない場合が多いです。

正しい投げ方を身につけていないと飛距離を伸ばすことができないだけではなく、コントロール力も失ってしまいます。

スポンサードサーチ

ジュニア

アメフトのボールにはジュニア用が用意されており、主にゴムの素材で作られている割合が高いです。
素材がゴムであるだけで、大きさが小さく作られているわけではなく、ジュニアでもシニアと似た環境で練習や試合を行うことができます。

ゴム素材のボールの特徴は本革のボールと比べると柔らかいことです。
そのため、ボールをキャッチした際やボールを持ったままタックルされた際に体を傷つけることを軽減することができます。

ジュニア用のボールにゴム製が使われている理由に子供がアメフトに行う際に怪我をしないように配慮されていることでもあります。

ジュニア用のゴム製ボールには管理がしやすいことや雨の日でもボールのことを気にせずに使用できる利点があるため、シニアの練習で使用されることもあります。

アメフトボールおすすめ3選


アメフトで使用するボールはさまざまな種類が販売されているため、購入する際に悩んでしまうこともあります。

ここでは、アメフトで使用するおすすめのボール3選を紹介しています。

ボールを購入しようと考えている人は参考にしてください。

Wilson ウィルソン NFL MVP フットボール (オフィシャルサイズ) 並行輸入品

Wilson ウィルソン NFL MVP フットボール (オフィシャルサイズ) 並行輸入品

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

Wilson ウィルソン NFL MVP フットボールの詳細情報

素材 ゴム
サイズ
重量 約500グラム

本革素材のようなボール

Wilson ウィルソン NFL MVP フットボールは防水機能が備わっているボールです。そのため、雨の日に使用してもボールを傷めることがなく安心して練習を行うことができます。

重量がある仕上がりになっていることで本格的な練習を行うことができ、公式ボールと似た感覚に近づけています。
ウィルソンのロゴが大きくプリントされていることでデザイン性にも優れている特徴があり、おしゃれにアメフトを行うことができます。

素材はゴムが使用されていますが、ゴム製のデメリットである飛距離が伸びないことを新たな技術を使用したことで克服しています。

ゴム製にも関わらず本革が使用されているボールと同じくらいの飛距離を出すことができます。

また、蹴った際の感覚も本革に近付いているため、より試合と同じ感覚で練習をすることが可能です。

SPALDING(スポルディング) アメリカンフットボール J5V 62-833Z

SPALDING(スポルディング) アメリカンフットボール J5V 62-833Z

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

SPALDING(スポルディング) アメリカンフットボールの詳細情報

素材 ゴム
サイズ 25×25×15cm
重量

ジュニア用としておすすめ

SPALDING(スポルディング) アメリカンフットボールは世界で初めてアメフトのボールを開発・販売を行ったメーカーが販売しているため、品質を信頼することができます。

より長くアメフトと関わっているメーカーでもあるため、さまざまな種類のボールを世の中に送り出しています。

SPALDING(スポルディング) アメリカンフットボールの特徴はほかのボールよりも柔らかく仕上がっていることです

そのため、シニアの方では本格的な練習をすることができないためおすすめできませんが、中学生以下のジュニア用といては怪我をしてしまったり、手首を痛めてしまうことを予防できます。

そのため、ジュニア用のボールを探している人におすすめのボールでもあります。

molten(モルテン) アメリカンフットボール AF

molten(モルテン) アメリカンフットボール AF

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

molten(モルテン) アメリカンフットボールの詳細情報

素材 ゴム
サイズ 縦の周囲69.5-70.0cm 横の周囲51.9-53.1cm
重量

硬式ボールに近い感覚のボール


molten(モルテン) アメリカンフットボールは本格的な練習を行いたい人におすすめのボールに仕上がっています。
高品質であり頑丈に作られているため、実力を100パーセント発揮できるだけではなく、長い間愛用することができます。

公式ボールにより似せて作られていることで試合と同じ感覚で練習を行うことが可能です。
そのため、試合を行う際にボールに違和感を感じにくく、練習と同じように実力を発揮することが可能になります。

製品作りに大きな志を掲げているメーカーでもあるため、販売元のメーカーも信頼することができます。
プロ選手も愛用している割合が高く、プロ選手と似た環境で練習を行うことも可能です。

シニア用として設計されているため、高校生以上の人におすすめのボールです。

スポンサードサーチ

まとめ

アメフトのボールは特殊な形状をしているため、扱い方に慣れるまで違和感を感じてしまいます。

ここでは、アメフトのボールの説明やおすすめのボールを紹介しています。

そのため、アメフトのボールについてより知識を身につけたい人は参考にしてください。

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXとはどんな競技でどんな種類があるの?初心者でもできる?
サッカーサッカーおすすめ記事
【アルビレックス新潟 早川史哉選手 監修】サッカーにおけるインターセプトを成功させるためのコツとは?練習方法やパスカットとの違いについても徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス所属 金子翔太監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【V・ファーレン長崎 米田隼也選手 監修】現代サッカーに求められるミッドフィルダーとは?
特集記事おすすめ記事
【競技外編】ライブ配信をするハンドボール日本代表×現役中の兼業も考えるプロサッカー選手~another sports アナザースポーツ~
サッカーサッカーおすすめ記事
【アルビレックス新潟 早川史哉選手 監修】技術と賢さがあるからこそできる術。サッカーにおける本当のマリーシアとは?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike