あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
wake board

ウェイクボードとは?始めるときに必要な道具やコツを紹介!

スポシル編集部

公開日 :2019/04/10

更新日 :2019/04/10

ウェイクボードとは何かよくわからない方もいることでしょう。そんな方のためにウェイクボードの魅力やウェイクボードの動画を紹介をしています。

この記事をご覧の方がウェイクボードについて興味を持ち、実際にやるまでになっていただければ幸いです。

特にウェイクボードの道具についてはしっかりと載せているのでぜひ参考にして揃えてみてください。

ウェイクボードは爽快感を楽しめるマリンスポーツです。一度やってみるとクセになりますよ。

目次

スポンサードサーチ

ウェイクボードとは?まずは動画で見てみよう!


ウェイクボードはボードに乗って水の上を滑走できる爽快感あふれるスポーツです。

水しぶきを浴びながら風を切る気持ちよさを味わうことができます。また空を飛べる感覚にもなれるので人気のスポーツです。

感覚としては水上スキーとサーフィンを合わせたような感じの競技です。モーターボートで引っ張られて水の上を滑ります。

ちなみにスクールに入って指導を受けると短時間で水上で立つことは可能になります。また1日やると多少は滑れるようになります。

仮に失敗しても水上なので大きな怪我をする心配がないのがメリットです。怪我をするリスクが少ないのでレジャーとしても楽しまれています。

料金は高めだと思われる方も多いですが安ければ一回3000円から楽しめるのでサマースポーツとしてはお手軽な方と言えるでしょう。

最後にこちらの動画をご覧いただくことでウェイクボードのイメージをよりつかみやすくなることでしょう。

ウェイクボードに必要なモノは?


ここからはウェイクボードに必要な道具をみていきます。ウェイクボードには普通のサマースポーツに必要なサーフパンツやタオルの他に、専用の板、ハンドル、ライフジャケットが必要です。

それぞれ紹介していくので参考にしてくださいね。

サーフパンツ


マリンスポーツでお馴染みのサーフパンツ。もちろんウェイクボードでも必要です。

サーフパンツは通常のもので構いませんがスピードのあるウェイクボードではピタッとする落ちないサイズのものを選びましょう。

タオル


海に入る用の大きめのバスタオルなどを持参すると良いでしょう。

また汗をかくこともあるので汗拭き用のタオルも同時にあると便利です。

体を冷やさないための一時的なバスタオルも持っておくとさらに便利でしょう。

ビーチサンダル


ウェイクボードは海や湖で行う競技なのでビーチサンダルが必要です。

ビーチサンダルは履き慣れたもので十分です。特に特別なものを用意する必要はありません。


ウェイクボードをする際に必要なのは板です。

ですが、ボードの特性を理解するようになるには時間を必要とします。そのため初心者の方が細部のスペックにこだわるのは得策ではありません。

価格とグラフィックの好みで選ぶと良いでしょう。

ハンドル


ウェイクボードをする際に必需品と言えるのがハンドルです。ハンドルはウェイクボードからパワーを受け取るためのパーツです。

ハンドルから手を離してしまうと続けられないのでしっかりと選びましょう。掴みやすさやハンドルの幅、強度、軽さが選択のポイントです。

ライフジャケット


ウェイクボードではライフジャケットを着用することをおすすめします。水上に落下することが多い競技なので落ちた際の安全の確保は大切です。

そのためライフジャケットをしっかり着用し、溺れたりしてしまわないように注意しましょう。どんなスポーツでも安全に楽しむことは重要です。

スポンサードサーチ

ウェイクボードのコツを伝授


次にウェイクボードのコツを紹介していきます。

まずしっかりと軸足を決めることです。軸足を進行方向に対し後ろにします。軸足が前に出ると板の前方に力が加わり、前方が海に刺さってしまいます。なので軸足は必ず後ろに引きます。

軸足は90%は利き手と同じですですが、残りの10%になってしまう可能性があるので軸足を確かめる方法を紹介します。

軸足を知るには楽な姿勢で立ち、後ろから誰かに背中を押してもらいます。その時に前に出ないで残った方の足が軸足です。

一人で確かめたい場合はうつ伏せになりその状態から起き上がろうとした時に後ろにくる脚が軸足となります。

次に大切なのが腕の使い方です。

なかでも腕を曲げるタイミング伸ばすタイミングが大切です。ボード上に立つまでは腕を曲げ、脇を締める姿勢を取ります。脇がが緩むとうまく立てないので脇をしっかり締めましょう。

そして板の上に立つ時は足の力を使いません。ウェイクボードに立つ際には足の力で踏ん張って立ってはいけません。

板が浮いてきたタイミングで背筋を垂直に伸ばすことですっと立てます。特に男性は自分の足で立とうとするので注意が必要です。

動画でもウェイクボードのコツを使用紹介しているので参考にしてくださいね。

ウェイクボードはどれくらいの値段で体験できるの?


ウェイクボードを実際にプレイしたい方の中にはどれくらいの価格がかかるか知りたい方もいるでしょう。

ウェイクボードは 1ラウンドでだいたい4000円から6000円くらいとされています。

またレンタルセットをを利用するとボードやハンドルなどを借りられます。その場合はプラス1000円から500円くらいの価格を想定しておきましょう。

施設によって価格は様々ですが一人1万円を見れば余裕を持ったプレイが可能となります。

スポンサードサーチ

ウェイクボードを体験してみよう!


いかがでしたか?ウェイクボードは海上で行う競技でハードルが高いと思われがちな競技ですが決してそんなことはありません。

実際に体験してみるとその面白さに気づけることでしょう。まずは軽く準備を行いウェイクボードならではの爽快感を味わってみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定