あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
skiing

フリースタイルスキーとは?必要用具や初心者でもできるグラトリ紹介!

スポシル編集部

公開日 :2019/03/28

更新日 :2020/05/11

ここでは、フリースタイルスキーについて詳しく紹介しています。

フリースタイルスキーとは、ただ滑るのではなくさまざまなアクションを加えるため、専用の用具を用意する必要があります。ブーツやウェア、ストックなどフリースタイル用の用具に揃えることで快適に行えるようになります。

また、板も専用の板を用意する必要があり、一般的な板に比べて短く作られている特徴があります。板の選び方は行うスタイルによって異なるため、自身に合った板を購入することをおすすめします。

日本人も多く活躍しており、オリンピックにも採用されている競技でもあります。
そのため、フリースタイルスキーとはどのようなスキーなのかを知りたい人は参考にしてください。

目次

スポンサードサーチ

フリースタイルスキーとは?

フリースタイルスキーとは一般的に凸凹な環境を滑って行き、各所に設置されている飛び台でジャンプする競技です
ジャンプすることでエアと呼び、エアの技術の高さもポイントの一つになります。

綺麗に滑走することが大きな加算ポイントであるため、早くゴールすることも大切ですが、綺麗なエアを決めることも大切です

フリースタイルスキーにはさまざまな種類に分けることができ、上記で紹介したようなターンやエアを行うモーグルやエアだけを行い競うエアリアルなどがあります。
また、音楽に合わせて滑走し芸術的な観点で観るアクロや複数の選手同士がスピードを競いあうスキークロスなどもあります。

フリースタイルスキーとは、さまざまな種類の総称であり、それぞれルールや必要になる用具も異なります。

フリースタイルスキーの有名選手

フリースタイルスキーには全世界でさまざまな選手がいますが、日本でも活躍している選手がいます。

過去にオリンピックにも参加している選手もいるため、聞いたことのある人もいるのではないでしょうか。

次に、フリースタイルで活躍している有名な選手を紹介します。

上村愛子選手は兵庫県出身であり、実家がペンションを経営していたこともあり、幼いことからスキーとかかわりのある生活を送っていました。
実際にスキーに触れたのは3歳のころであり、中学に上がるときにはスキー部に入部しています。

しかし、いじめの対象になってしまいすぐに退部しており、個人でアルペンスキーの練習をしていました。
海外に旅行した際にモーグルの競技に感銘を抱き、帰国後にお気に入りの板を盗まれてしまったことなどの影響でアルペンスキーからモーグルに転向しています。

合宿に積極的に参加することで頭角を現すようになり、世界に進出することを決め、ワールドカップ年間総合優勝を行った経歴があります

多くのオリンピックにも参加しており、メダルこそ獲得していませんが、すべてのオリンピックで入賞している実力者です。

原大智選手は現在でも活躍しおり、モーグルを得意としています。
モーグルを始めたのは小学6年生のときで、中学に上がった際に本格的に取り組んでいます。

16歳のときに単身でカナダに留学し、より高いモーグルの技術を身につけるため練習を行っています。
2017年の冬季アジア札幌大会で銀メダルを獲得しており、平昌オリンピックの参加資格を獲得しています。

平昌オリンピックでは銅メダルを獲得しており、冬季オリンピックでフリースタイルスキーで男子で初めて表彰台に立った人物でもあります

現在22歳とまだまだ若い年齢であるため、今後の活躍も期待されている日本人選手でもあります。
拠点の一つが新潟県にあり、お世話になっているゲーデンの人にも支えられ、現在の原大智がいるといっても過言ではありません。

ミカエル・キングズベリーはカナダ出身の選手であり、ソチオリンピックでは銀メダル、平昌オリンピックでは金メダルを獲得しています
そのため、実力者であり、今後も期待されている選手でもあります。

上記で紹介した原大智選手が留学した先もカナダであるため、フリースタイルを行う環境が整っている場所で育っています。
4歳からフリースタイルのスキーを行っており、環境だけではなく多くの練習を行ったことで現在の実績を残しています。

現在26歳であり、次のオリンピックにも参加することが濃厚であり、日本人選手にとっては強敵でもあります。

インスタグラムやツイッターも行っており、フリースタイルスキーでは見せない一面も見ることができます。

スポンサードサーチ

フリースタイルスキーの道具

上記でも紹介したようにフリースタイルスキーを行うためには専用の道具を揃える必要があります。

また、行う種類によっても適した用具が異なるため、用具の特徴を把握しておきましょう。

次に、フリースタイルに必要になる道具を紹介します。

フリースタイルスキーで使用する板は、一般的な板と比べると形状が異なります。

一般的なスキーで使用する板はテール部分が角ばっている場合が多いですが、フリースタイルスキーで使用する板はテール部分も丸みが帯びており、軽く反っています

そのため、後ろ向きでも滑ることができ、さまざまなアクションを可能とすることができます。

また、行うフリースタイルスキーの種類によって適した板が異なるため、用途に合った板を選ぶことが大切です。

板のご購入を検討中のかたはフリースタイルスキーに最適なスキー板の失敗しない選び方についての解説が以下のリンク先にありますので、参考にしてみてください。

フリースタイルスキー板の失敗しない選び方!日本人メダリストの使用メーカーは?

フリースタイル用の板があるように専用のブーツも多く販売されています。
フリースタイルスキーで使用するブーツの特徴は、一般的なブーツと比べると軽量化がされている場合が多いです
軽量化されていることでエアを行いやすくなり、より高度な技を行うことも可能になります。

また、フリースタイルスキーでは普段行わないジャンプを多く行われるため、着地時に衝撃を吸収できる素材が使われています。
そのため、怪我をしにくくなっており、フリースタイルスキーを行う際に必需品の一つでもあります。

デザイン性も自由度は高まっていることでおしゃれに決めることも容易になっています。

自分に適したブーツの選び方について以下リンクにても解説していますので、参考にしてみてください。

フリースタイルスキーに最適なスキーブーツの失敗しない選び方

フリースタイルスキーで着用するウェアは、一般のスキーを行う格好でも問題ありません。必要とされる要素は防寒対策であるため、安くても寒さが軽減できればおすすめのウェアです。

しかし、あまり着こんでしまうと動きにくくなるだけではなく、風の抵抗も受けやすくなってしまいプレイに支障が出てしまうこともあります。

高性能なウェアを着用したからといって必ずしも好成績が残せるわけではないため、動きやすさと防寒機能の高さでウェアを選ぶことが大切です

ウェアに関してもより詳細に以下のリンクにて解説してますので、ぜひ参考にしてみてください。

フリースタイルスキーはウェアが重要?おしゃれなスキーヤーになるための失敗しない選び方

フリースタイルスキーで使用するストックですが、さまざまな素材で作られているため、用途に合ったストックを購入することが大切です。
素材の違いによって使い心地が大きく変わるため、素材の特徴を把握するようにしましょう。

また、ストックを使用するにあたっても最も重要なことが長さです。
適した長さに調整できていないとうまく使いこなせない場合があります。

身長の高さでストックの長さを変える必要がありますが、フリースタイルスキーの種類によっても適した長さが異なり、モーグルが最も短く調整する必要があります

初心者でもできるグラトリ

グラトリとは、スノーボードで使用する技の総称であり、簡単なグラトリから難しいグラトリまであります。グラトリの特徴は決まるとカッコよく見せることができることです
そのため、形から入りたい初心者の方にもおすすめです。

グラトリにはさまざまな種類がありますが、ジャンプを行う技が多くあるため、ジャンプをまず習得することが大切です。
ジャンプを習得することができればさまざまな技に活用することができます。

初心者におすすめのグラトリはグラブです。グラブとは、ジャンプ中に右手で板やブーツに触れることです。至って簡単な技でもあるため、ジャンプを行う技術と恐怖心を克服できる精神力があれば習得することができ、誰もが最初に行う技でもあります。

スポンサードサーチ

まとめ

ここでは、フリースタイルスキーについて詳しく紹介したり、有名な選手、必要な道具も紹介してきました。

フリースタイルスキーにはさまざまな種類があるため、ルールや競技内容を把握する際に混乱してしまうこともあります。

フリースタイルスキーの基本的なポイントを把握し、よりフリースタイルスキーを楽しんでみてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定