あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
tennis

【有名選手も多数着用!】ナイキのテニスシューズの選び方や人気おすすめ10選!

スポシル編集部

公開日 :2018/01/18

更新日 :2020/06/14

今回この記事では、まずシューズの選び方や特徴などの解説をします。

それからナイキのテニスシューズに絞り、人気の高いテニスシューズをレディース、メンズ別に10選ご紹介します。

コートごとに特徴など解説しているので、特に初心者の方はこちらの記事を見れば悩みは解消するはずです。
ぜひ参考にしてみてください!

目次

スポンサードサーチ

ナイキのテニスシューズの特徴!

デザイン

ナイキのテニスシューズの最大の特徴はおしゃれなデザインです。
ナイキのテニスシューズはおしゃれなデザインが多く、種類も豊富なので、まずビジュアルから入る方には大変おすすめのメーカーです。

もちろんナイキはデザインだけでなく、機能性も充実しています。

Zoom Airユニットを内蔵したシューズのヒール部分は薄型ながら反発力に優れたクッショニングを実現するなど機能性も抜群!

デザイン性も機能性も同時に手に入れたい方はナイキのテニスシューズがおすすめです。

スター選手着用

ナイキのテニスシューズを着用している有名選手は、フェデラー、ナダル、シャラポワなど実に多く、錦織圭選手も2017年から契約を開始しました。

錦織選手が着用する「ズーム ヴェイパー」からは、彼の日本に対する思いから着想を得たとされる、錦織圭初のシグネチャーモデル「エア ズーム ヴェイパー X LTR QS」も発売されています。

2019年7月現在、グランドスラム5大会連続ベスト8以上という快挙を成し遂げ、現在も記録更新中です。

ナイキテニス商品もご紹介↓↓

テニスシューズの種類を紹介!

テニスシューズには種類がいくつかあり、プレーするコートによって適するシューズは変わってきます。

主に、オムニ・クレー用、オールコート用、カーペットコート用に分かれます。それぞれの特徴を初心者の方にもわかりやすく紹介していきます。

オムニ・クレー用


出典:amazon.co.jp

オムニコートとは人工芝の上に砂を撒いたコートで、クレーコートは土や砂だけのコートです。

どちらも非常に滑りやすいコートのため、シューズはストップ性能を重視して作られています。
出来るだけ少ない力でストップできるように、ソールの凹凸を激しくし、スタッドが配置されているものもあります。

ストップ性能がすぐれているため、オムニ・クレー用シューズをハードコートで履いてしまうと、足首を痛める危険性があります。

また、シューズの交換時期などもしっかり見極めましょう。

オールコート用


出典:amazon.co.jp

オールコート用シューズは、その名のとおり、どのようなコートでも使用できるように作られたシューズと考えがちですが、実際には、主にハードコート用として使用されます

特に、オムニ・クレーコート用シューズほどにはストップ性能が重視されていませんので、この種類のコートでの使用はケガにつながる恐れがあります。

ハードコートは、セメントやアスファルトの上に合成樹脂を表面素材に使用した固くて滑りにくいコートです。

ここでの使用を前提としたオールコート用シューズは、ソールの溝が少なめで、地面との接地面を大きくすることにより、ひっかからずに動けるように作られています。

カーペットコート用


出典:amazon.co.jp

カーペットコートとは、インドアに多い、じゅうたんのような素材を敷き詰めてあるコートです。
ハードコートよりもさらにストップ性が高く、滑ることはほとんどありません。

このため、適したシューズを履いていないとひっかかって大けがにつながります。

カーペットコート用のシューズは、ソールをつるつるにすることによって、床素材との摩擦を減らし、つまづきにくい構造になっています。

ハードコートでも使えるようにしているものもありますが、基本的にはカーペットコート専用の特別なシューズです。
逆の考え方もあり、ハードコート用のシューズで代用する場合もあります。

スポンサードサーチ

テニスシューズの選び方のポイント

シューズの解説でも紹介しましたが、こちらでも簡単に紹介していきます。
コートがいくつかあるので、特徴をしっかり覚えてプレーしましょう!

オムニコート・クレーコート

まず、オムニコートは人工芝と砂でできたコートで、クレーコートは土でできたコートです。

両者とも、足が滑りやすいというのが特徴です。そのため、オムニ・クレー用のシューズは土や砂でも滑らないように、ストップ性能に優れています。

テニスの4大大会(グランドスラム)と言われる大会の全仏オープンでは、クレーコートが使われています。

世界的な選手であるナダルはクレーコートを得意としています。
クレーではクレーの戦い方があります。特徴を抑えてプレーすることが大切です。

ハードコート

ハードコートはセメントやアスファルトを基盤に作られ、合成樹脂などでコーティングされています。

ハードコートは地面が固いので、膝などへの負荷が大きくなりやすいのが特徴です。
そのため、ハードコートを使用する場合はクッション性のあるシューズが必要です。

こちらは、4大大会の全豪オープン、全米オープンで使用されています。

カーペットコート

カーペットコートとは、カーペット材を使ってできているコートで、主にインドアのコートに多くあります。

ソール部分は、カーペットに足が引っ掛からないように浅くシンプルになっており、摩擦を極力減らす作りになっています。
カーペットコートを使用する場合はカーペットコート専用の靴底がラバー状のツルツルしたシューズを選んでください。

しかし、カーペットコート用のシューズは種類が少ないうえ、インドアでテニスをするとき以外ほとんど使わないので、ハードコート用のシューズで代用するのも良いでしょう。

グラスコート

グラスコートは天然芝でできており、滑りやすいのが特徴です。
グラスコートを使用する場合は天然芝でも滑りにくいグリップ力のあるシューズが必要です。

グラスコートは、ウィンブルドンで使用されているコートです。

世界的なプレーヤーであるフェデラー選手が得意とするコートです。

シューズを選ぶ際に、コート別以外にも気にすると良い部分があります。

そちらも確認しながら選ぶようにしましょう。

クッション性

テニスは広いコートを長時間走り回るので、足への負担は相当なものです。

プロのツアーでも膝を傷めたり、足が痙攣して途中棄権になってしまうことも良くあります。
少しでも足への負担を軽減するのに大切なのがテニスシューズのクッション性です。

ナイキのテニスシューズには「Max Air」や「Zoom Air」と呼ばれるナイキが独自に開発し、進化させてきたクッション技術が採用されています。

Max Airは90年代に爆発的な人気を博した言わずと知れたエアクッション技術で、その衝撃吸収力は折り紙付きです。

また、Zoom Airはクッション性に加えて薄さと軽さを同時に実現しており、ナイキのテニスシューズには多く採用されています。

通気性

テニスの試合はプロでも空調が効いている室内コートで試合をすることはまったくと言っていいほどなく、アマチュアや部活となればなおさら屋外や半屋外でプレーする機会が多くなります。

仮に空調が効いていたとしてもシングルス一試合での運動量はサッカーよりも倍近く多く、季節を問わず汗との戦いです。

靴の中も同じで、少しでも通気性を良くして蒸れにくくすることが快適なプレー環境を保つために大切になります。
通常、通気性を確保するとアッパーソールの耐久性は低くなりがちです。

しかし、ナイキのテニスシューズは負担のかかりやすい部分をラバーやプラスチック素材で補強したり、アッパーを編み構造にしたりすることで耐久性を向上しつつ通気性を確保しています。

人気モデル!

数あるナイキのテニスシューズの中でも、人気のあるモデルを紹介していきます。

モデルを使用している有名テニス選手や、人気の秘密となっているシューズの特徴もあわせて詳しく紹介していくのでシューズ選びの参考にしてください

ズームヴェイパー

ズームヴェイパーの特徴は軽さ・フィット感・耐久性とテニスの試合でのパフォーマンスを上げるための要素が詰め込まれていることです。

ナイキ独自のクッション性素材「Zoom Air」は軽いので動きを邪魔せず、その反発力でしっかりと地面をとらえて足への負担を軽減します。

また、ランニングシューズなどにも取り入れられている「Dynamic Fit」システムは足をしっかりとホールドして靴と足に隙間を作らないので思った動きの通りに靴が動いてくれるでしょう。

テニス界の生ける伝説ロジャー・フェデラー選手やナイキの広告塔ともいえるラファエル・ナダル選手、日本のエース錦織圭選手、トリッキーなプレーで魅せるオーストラリアのニック・キリオス選手もズームヴェイパーを使用しています。

スポンサードサーチ

ナイキの人気おすすめテニスシューズ10選!

ナイキコート エア ズーム ヴェイパー ケージ 4

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 24.5㎝~29.0㎝
カラー デジタルピンク×ホワイト×グリッドアイアン、ホワイト×ボルト×ピュアプラチナム×ブラック、ブラック×ホワイト×レーザークリムゾン×ペルシャバイオレット
素材 アッパー:合成樹脂  アウトソール:ゴム底

全豪オープンでナダル選手が履いてプレーしていたのがコートエアズームヴェイパーケージ4です。

摩耗しやすいアッパー部分を靴底と同じトレッドにし、更に靴ひもも隠したので耐久性があります。

長時間の試合での足への負担を考えたズームエアクッションと、スライディングしやすい滑らかさとその後素早く切り返せるグリップ力を兼ね備えたアウトソールで思い通りの動きができるでしょう。

走り回ってボールをコントロールしたい人におすすめです。

フラッシュピンクだけかかと部分にナダル選手のロゴが入っています。

ナイキ コートエア ズーム ヴェイパー X LTR

Amazonで詳細を見る
サイズ 24.5㎝~30㎝
カラー ホワイト×ユニバーシティレッド
素材 アッパー:合成繊維+人工皮革 ミッドソール:合成樹脂(ファイロン) アウトソール:ゴム底(XDR)

コートエアズームヴェイパーXはカラーが豊富ですが、中でも錦織圭モデルは日本の国旗カラーを使った白地に赤のナイキロゴと、海をイメージしたアウターソールの水色が爽やかなシューズです。
インソールには日本の桜がプリントされ、シューレースに「ナイキコート」とカタカナで書いてあるなど遊び心もあります。

スペックは通常のズームヴェイパーXと変わらず、軽量で高反発、Dynamic Fitシステムで包まれるような履き心地でしょう。

素早く次の動作に移れるので、ボディコントロールが苦手な人は一度履いてみる価値がありそうです。

サイズ 25.0㎝~29.5㎝
カラー ホワイト×チャイナローズ×ブラック×ゲームロイヤル
素材 アッパー:合成樹脂(TPU)+合成繊維、ミッドソール:合成樹脂(ファイロン+TPUシャンク)、アウトソール:ゴム底(XDR)

ズームケージ3は網目のように張り巡らされた合成樹脂が特徴的ですが、ファッショナブルな見た目以上に機能性を秘めています。

フルブーティ構造なので柔軟に足にフィットしてくれるインナーに耐久性を持たせるのがアッパーの網目です。
通気性や軽さも確保しながら耐久性を実現しています。

ヒール部分のZoom Airでクッション性も抜群です。

ナダル選手が2018年シーズンに履いていたモデルで、フットワークを重視するプレーヤーにおすすめです。

ナイキコート エア マックス ワイルド カード HC

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 24.5㎝~30㎝
カラー ブラック×ボルト×ホワイト、ブラック×メタリックゴールド×ホワイト

ナイキシューズの代名詞とも言えるMax Airがかかと部分に内蔵され、クッション性が抜群なのがコートエアマックスワイルドカードHCです。
加えて、ランナーシューズなどにも採用されているミッドソール「Lunarlon」を採用しています。

足形に合わせた軽量なフォームコアにより地面からの衝撃が足全体に広がって分散され、柔らかいミッドソールを固い素材でしっかり固定しているので安定感もあるでしょう。
ミッドソールの性質上幅が狭めに感じ、厚底な作りなので苦手な人もいるかもしれません。

サイズ 25.0cm~30cm
カラー ホワイト×レーザークリムゾン×グリッドアイアン×ウィート、ブラック×メタリックゴールド×ホワイト×ブラック

コートの感触をしっかり感じて動きたい人におすすめなのがコートエアズームゼロです。

高反発クッション素材Zoom Airをアウターソール全体に配置しているので地面を捉えて素早く動けるでしょう。

前部と後部でミッドソールとZoom Airユニットの順番を変え、つま先部分は地面を捉えて動きやすく、かかと側はクッション性で足への負担を減らしています。
アッパーは編み構造になっていて通気性もよく、ホールド感もあるでしょう。
黒地にゴールドを取り入れたり、白地に細かいスプラッシュ柄を入れたりと色使いもファッショナブルなテニスシューズです。

ナイキコート エア マックス ヴェイパー ウィング MS

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 24.5㎝~30㎝
カラー ホワイト×ブラック

機能美を追及するならエアマックスヴェイパーウィングMSがおすすめです。

衝撃吸収のためのかかとの部分のMax Airユニット、足を内側から包み込んで安定感を出すDynamic Fit、つま先のラバーで耐久性の強化と欲しい機能は十二分に揃っています。

よく見ると足指部分のアッパーは半透明な素材が小洒落ていて、しっかり通気性も確保しています。

派手でカッコイイナイキのデザイン性を求める人には物足りないかもしれませんが、オールコート仕様なのでサーフェスを選ばず、見た目もシンプルなのでルールの厳しい部活でも使えるでしょう。

サイズ 23.0㎝~25.0㎝
カラー ダークオブシディアン×ダークオブシディアン×ハイパークリムゾン
素材 合成樹脂+合成繊維+ゴム

セリーナ・ウィリアムズをイメージしたテニスシューズがフレア2HCです。

ナイキのテニスシューズの中で唯一女性向だけに作られたシューズで、女性らしさもありつつ力強いパープル系のカラーでセンスもキラリと光ります。
アッパーはレース編み構造なので軽量にも関わらずしっかりと足の動きをサポートしてくれるでしょう。

通気性も抜群に良いので暑い季節でも靴の中が蒸れにくく、快適にテニスができます。

クッション性もあり、スピードを重視したテニスプレーヤーに向いています。

レディス ナイキコート ウィメンズ エア ズーム ゼロ HC

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 22.5㎝~26.0㎝
カラー ホワイト×オラクルアクア×オプティイエロー×ヴァレリアンブルー

メンズエアズームゼロ同様、Zoom Airをアウターソール全体に使用しているのがウィメンズエアズームゼロです。
編み構造で柔らかく足にフィットするので快適な履き心地でしょう。

ミッドソールとZoom Airの位置をかかと部分とつま先部分で変えることで負担を分散しながらも地面を捉えやすくなっています。
メンズ向けのエアズームゼロと同じスプラッシュ柄ですが、色使いが明るく女性らしい仕上がりです。

オールコート用でクッション性に優れ、軽くて動きやすいので、レディースにも使ってみてほしい一足でしょう。

サイズ 25.0㎝~30㎝
カラー アトモスフィアグレー×フォトブルー×グリッドアイアン、ブラック×ホワイト
素材 合成繊維 ミッドソール:合成樹脂(TPU) アウトソール:ゴム底

コートエアズームレジスタンスはその名の通り耐久性とクッション性が売りです。

足をサポートする中央部は通気孔の空いたレザーで出来ており、しっかりと足をホールドしてプレーに安定感を与え、耐久性を出しつつも通気性は確保しています。
その他のアッパー部分はメッシュ素材を多用しているので通気性があり、プレー中も快適です。

かかとにはZoom Airユニットが入っているのでクッション性にも優れ、アウター中央にあるTPUシャンクでねじれ防止をし、安定感を上げています。

サイズ 25.5㎝~30㎝
カラー ブラック×ホワイト×ミディアムグレー、ホワイト×ブラック×ミディアムグレー
素材 天然皮革+人工皮革+合成繊維 ミッドソール:合成樹脂(ファイロン)

近年のテニスシューズは合成皮革や新素材で軽量性と機能性を重視したモデルがメインストリームですが、根強く人気なのが本革をアッパーソールのメインに使用しているコートライトです。
アッパー素材にはメッシュ素材も組み合わせて通気性も確保しながら圧倒的な耐久性を持っています。

phylonミッドソールをフルレングスで使用してクッション性と安定感もあるでしょう。

皮を使っているので非常に丈夫で長持ちしますが、値段もそれなりで、メンテナンスをしっかりする必要があります。
また、履き始めは固く少し重いと感じる人もいるかもしれません。

ナイキテニスシューズの売れ筋ランキング!

Amazon売れ筋ランキング楽天売れ筋ランキングYahoo!ショッピング売れ筋ランキング

スポンサードサーチ

まとめ

ナイキのテニスシューズの特徴や選び方を解説し、人気の高いナイキのテニスシューズを男女別に10選ご紹介しました。

上記を参考にテニスシューズを手に入れて、テニスを思う存分楽しみましょう!

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定