あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
cross bike

GIOS(ジオス)のクロスバイクの評判とおすすめ人気10選【徹底解説】

スポシル編集部

公開日 :2018/08/19

更新日 :2019/09/11

イタリアを代表するGIOSのクロスバイクは、イタリアのおしゃれなデザインでありながら、自転車としての機能性は、ドイツ職人的な精密さと言われています。

そのようにデザイン性、機能性が優れているにもかかわらず、GIOSのクロスバイクは安い予算でゲットできます。

普通のシティサイクルに比べると高価なクロスバイクになりますが、GIOSは価格以上に魅力あふれるクロスバイクと言えるでしょう。

また、クロモリという素材の良さを生かしたフレームなど独自の技術も感じさせてくれます。

そんなGIOSクロスバイクの人気ミストラルやampio(アンピーオ)の評価や評判なども合わせてを紹介していきます。

おすすめ関連記事↓

【ルイガノ】おしゃれなおすすめクロスバイク4選

目次

スポンサードサーチ

GIOS(ジオス)のクロスバイクの特徴と評価・評判

ロードバイク ロングライド
イタリアのトリノ発祥のGIOSブランドは、1948年にトルミーノ・ジオス氏によって誕生します。
そんなGIOSの代表カラーと言えばブルーですが、イタリアではGIOSブルーが色の一種として考えられているほど国民にも定着しています。

GIOSクロスバイクの見た目の特徴は、美しいブルーとシャープなデザイン性が特徴です。

デザイン性に関しては世界でもかなり評価されていますし、それだけではなくクロスバイクとしての本来の機能に関しても評価が高いのです。

クロスバイクの素材にはアルミやスチールなどもありますが、GIOSはクロモリのオリジナルフレームの軽量化と衝撃吸収素材としてうまく採用されています。

そのため同じくらいの価格のクロスバイクに比べてサイクリングなどでも疲れにくく、初めての本格的クロスバイクとしては、非常におすすめのクロスバイクブランドです。

また、サイズ的に見ても女性向きのバイクと言えます。
比較的身長が気になる方にも選びやすい小さめのクロスバイクも取り扱っています。

GIOSクロスバイクにも色々タイプや種類がありますので、その特徴にも触れながらGIOSブランドを紹介していきます。

GIOS(ジオス)の人気クロスバイク「ミストラル」の評価・評判

ロードバイク おすすめ
GIOS(ジオス)のクロスバイクの中でも1番人気なのが「ミストラル」で、価格が手ごろで購入しやすいクロスバイクです。

世界ブランドの中で5万円を切るクロスバイクという観点から言えばかなり安いと言えます。
そんな中で、実際購入された方には、どのように評価されているのでしょうか。

まず挙げられるのが、ミストラルに採用されているシマノ製部品についてですがこちらは高評価で19項目の部品の中で8個もシマノ製品が使われています。

その中でも、ブレーキについては制御性は抜群によく、他社のクロスバイクに比べても一定の評価があるようです。

高価なシマノ製のホイールを5万円以下のクロスバイクに採用されているのは、お得感がすごいとの評価もありました。

また、GIOSブルーについても、長年愛用してもしっかり汚れを取り手入れすれば、表面のコーティングが良いのでハゲたり変色することもなく美しさが長持ちするとの評価もありました。

また、乗りやすさから毎日の通勤通学はミストラルを使って、サイクリングはロードバイクにチャレンジなんて言う乗り方もあるようです。

でもあえて言うのならば、GIOSのクロスバイクは組み立てが中国製なので少し雑というお声もありました。

もちろんすべてのご意見ではありませんが、全体的に比較的評価の高い内容が多く見受けられました。

スポンサードサーチ

GIOS(ジオス)のクロスバイクのおすすめ10選

ジオス クロスバイク
当然ながらGIOSのクロスバイクはミストラルだけではありません。ミストラルやAMPIO以外のGIOSブルーも魅力的です。

安いだけではなく、GIOSのクロスバイクにはそれぞれの特徴もあります。

また、人それぞれのニーズに合わせたアルミやクロモリのクロスバイクを選ぶのがおすすめです。
そのためにも、GIOSの中でも一押しのクロスバイクを10選紹介します。

今悩んでいる方、これから検討される方もぜひ参考にしてみてください。

GIOS (ジオス) クロスバイク MISTRAL (ミストラル) 2018限定モデル (マットブラック) 430サイズ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

GIOS クロスバイク MISTRAL 2018限定モデル マットブラックの詳細情報

フレーム素材 GIOS DBアルミ
フォーク素材 GIOS ORIGINALクロモリ
サイズ 430㎜適応身長155㎝~170㎝
重量 10.8㎏
変速数 シマノ製24段変速
タイヤ KENDA K-193 700×28C

いつもより大人の雰囲気2018年限定ミストラルクロスバイク

いつものミストラルとは一味違った雰囲気の2018年限定ミストラルクロスバイクです。
タイヤなど以外のパーツはシマノ製ばかりを贅沢に採用した限定モデルです。

非常にシックで大人の雰囲気のカラーデザインになったGIOSクロスバイクとなっており、あまりGIOSブランドを強調していないロゴが一層高級感を出しています。

高級感があっても、コスパはうれしい5万円ほどです。
限定カラーのマットブラックは、限定モデルと言うこともあって好調な売れ行きのようです。

GIOSのクロモリもしっかり採用されていて、超距離の振動も心地よく吸収してくれます。
また、女性にも嬉しい小さめサイズも充実しています。

しかしクロモリのしなやかさがありますが、中にはアルミのほうが好みという方のご意見も当然あります。

GIOS(ジオス) クロスバイク ESOLA BROWN 700C

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

GIOS(ジオス) クロスバイク ESOLA BROWN 700Cの詳細情報

フレーム素材 GIOS ORIGNAL スチール
サイズ 450㎜適応身長155㎝~180㎝
重量 13.0㎏
変速数 リアのみ7段変速
付属品 マットガード、チェーンカバー、スタンド

毎日使いには最高のクロスバイクESOLA(イソラ)

毎日の通勤通学には、このイソラは外せません。

スチール製で重量も重めですがスピード感を感じたい方には、イマイチかもしれません。

しかし、毎日の生活で不便に感じるクロスバイクの点が解消されています。
例えば、マッドガードは泥よけが付いていて、これは通勤にはうれしい付属品です。
また、チェーンカバーはチェーンの油などで裾が汚れるのを防止します。

その他にもスタンドが最初から付いていおり、バスケットキャリアが備わっているのでバスケットを取り付けることも可能になっています。

確かにクロスバイクとしては完ぺきではありませんが、毎日のクロスバイク生活を満喫できる便利なクロスバイクとなっています。
また、ブラウンカラーはいつものGIOSとは印象が大きく違って女性らしさを感じるクロスバイクにもなっています。

GIOS(ジオス) クロスバイク MISTRAL GRAVEL BLACK 430mm

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

GIOS(ジオス) クロスバイク MISTRAL GRAVEL BLACK 430mmの詳細情報

フレーム素材 アルミ D.B. SPECIAL TUBING FOR GIOS
サイズ 430㎜適応身長155~170cm
重量 12.8㎏
変速数 シマノ製24段変速
タイヤ

でこぼこ道もスムーズに走り抜けるMISTRALGRAVEL(ミストラルグラベル)

走り心地は、他のGIOSクロスバイクとは少し異なるようです。
タイヤが35Cのブロックパターンタイヤだけでなくサスペンションフォークも装備されており凸凹道もスムーズになんなく走行できます。

このタイヤは、駆動力も制動力も非常に高いタイヤになっています。
スタットレスタイヤやスノータイヤのようなイメージで考えていただけるといいかもしれません。

それくらいミストラルとは全く異なるタイプのクロスバイクとなっています。

また、グリップもエルゴノミックデザインで無理なく自然な動作で扱えるように設計されたグリップになっています。
少し重めですがどんな道でも走れるサイクリングにも向いているクロスバイクと言えます。

サイクリングには向いてると言ってもロードクロスバイクとは違ったタイプです。

GIOS(ジオス) クロスバイク MISTRAL CHROMOLY BLACK 480mm

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

GIOS(ジオス) クロスバイク MISTRAL CHROMOLY BLACK 480mmの詳細情報

フレーム素材 4130 CR-MO SPECIAL TUBING FOR GIOS
サイズ 480㎜適応身長168~178cm
重量 11.6㎏
変速数 シマノ製24段変速

オリジナルクロモリフレームミストラルのしなやかな乗り心地

こちらのミストラルはフレーム・フォームともにクロモリというGIOSミストラルクロスバイクです。
他の、ミストラルは基本的にフレームはアルミですが、クロモリのしなりによる衝撃吸収はやはりアルミとは違うと評判です。

ちょっとした遠出のサイクリングにも疲れにくく休憩の回数も減り、遠くまでのサイクリングが手軽に感じることもあるようです。
また、クロモリの細身のフレームがシャープでかっこよく人気もあります。

デザインのツートンカラーも人気のようです。

紹介したサイズは480㎜適応身長168~178cmですが、もちろんもうワンサイズ小さめのサイズもありますので女性の方にも十分乗りやすいミストラルクロスバイクになっています。

GIOS(ジオス) クロスバイク LIEBE RED 26インチ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

GIOS(ジオス) クロスバイク LIEBE RED 26インチの詳細情報

フレーム素材 GIOS ORIGINAL STEEL FRAME
サイズ 400㎜適応身長150~175cm
重量 13.0㎏
変速数 7段変速

学生さんにも超おすすめGIOS LIEBE(リーベ)クロスバイク

お値打ち品リーベクロスバイクです。
確かにスチールでクロスバイクの割には13.0㎏と重量も重く、スピード感は期待できないかもしれません。

しかし、26インチとサイズ的にも女性や学生さんにおすすめできるクロスバイクと言えます。
また、泥よけのマッドガードが付いていおり、バスケットもつけることができる設計になっています。

このように買い物などの毎日の生活に密着したクロスバイクと言えます。
ただ、サイクリングなどを期待する方には、あまりおすすめしません。

サイクリング用と分けて普段づかいとして乗る分には、使いやすいクロスバイクになっています。

GIOS(ジオス) クロスバイク AMPIO WHITE 470mm

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

GIOS(ジオス) クロスバイク AMPIO WHITE 470mmの詳細情報

フレーム素材 4130 CR-MO SPECIAL TUBING FOR GIOS
フォーク素材 GIOS OROGINAL CR-MO FORK 1 JIS
サイズ 470mm適応身長155~170cm
重量 9.7㎏
変速数 16段変速
タイヤ VITTORIA ZAFFIRO 700×25C

これぞクロスバイクの醍醐味スピード感を体感できるAMPIO(アンピーオ)

フレームもフォークもクロモリ素材を採用してあるGIOS AMPIO(アンピーオ)はGIOSクロスバイクブランドの中でもミストラルと並ぶ代表的なクロスバイクです。

ミストラルの毎日使いに対してアンピーオは、スピード感がロードバイクに近い長距離のサイクリングにおすすめのクロスバイクです。
フレームとフォークのダブルクロモリが非常に衝撃吸収をやわらげてくれると高評価の声もあります。
ただ、タイヤが細めの25Cなので、街中の段差など凸凹には注意が必要になってきます。

そのため、毎日の通勤通学よりはサイクリングよりのクロスバイクと言えます。
しかし、ミストラルと争うほどの人気で品薄気味のこともありますので、在庫を必ずチェックのうえ購入する必要がありそうです。

GIOS(ジオス) クロスバイク AMPIO TIAGRA GIOS-BLUE 470mm

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

GIOS(ジオス) クロスバイク AMPIO TIAGRA GIOS-BLUE 470mmの詳細情報

フレーム素材 4130 CR-MO SPECIAL TUBING FOR GIOS
フォーム素材 GIOS OROGINAL CARBON FORK
サイズ 470mm適応身長155~170cm
重量 9.6㎏
タイヤ VITTORIA ZAFFIRO 700×25C

本物のクロスバイクに出会えたAMPIO TIAGRA(ティアグラ)

アンピーオだけでも十分クロスバイクとしては質の高い走りとスピード感が感じられると評価されているのですが、それを更に上回ったGIOSクロスバイクがティアグラです。

クロモリからワンランクアップしたカーボンを採用しています。
かなり軽量化されており、一層スピード感も感じられる、ロードバイクにほぼ近いクロスバイクと言えるかもしれません。

カーボンはクロモリ以上に衝撃をしなやかにしてくれるのでサイクリングなどにも、快適な走りを提供してくれます。

かなり、乗り心地も良いとの評価もあり価格はちょっと高めですが構成パーツから考えると、決して高いクロスバイクではないと言うことになります。
十分に価格以上に価値があるクロスバイクと言えそうです。

もちろん通勤通学にも使えますが、長い距離を爽快に走ってこそ快適さがよくわかるクロスバイクです。

GIOS(ジオス) 2018 CANTARE カンターレ CLARIS(2x8速)クロスバイク700C <GIOSブルー>

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

GIOS(ジオス) 2018 CANTARE カンターレ CLARIS(2×8速)クロスバイク700C <GIOSブルー>の詳細情報

フレーム素材 ALUMINUM D.B. SPECIAL TUBING FOR GIOS
フォーム素材 GIOS ORIGINAL ALUMINUM FORK
サイズ 460㎜適応身長155~170㎝
重量 9.7㎏
変速数 シマノ製16段変速
発送 サイズ460㎜は通常発送1~3週間。配送料9000円(サイズにより異なるため要確認

ロードバイクに一歩近づいた進化するCANTAREカンターレCLARISクラリス

カンターレクラリスは、かなりロードバイクに近づいたクロスバイクと言えます。
このカンターレクラリスには、ロードバイクに搭載されているクラリスというコンポーネントが採用されています。

このクラリスを7万円台のクロスバイクに採用しているのは、非常にお得との評価もありました。
そこからも、クロスバイクを一歩進化させてロードバイクに近いと言えます。

スピード感などはクロスバイクより上をいく進化したクロスバイクとなっていて、休日のサイクリングを重視したい方には非常におすすめのGIOSクロスバイクの1つです。

GIOS(ジオス) クロスバイク LUNA MATTE-BLACK 450mm

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

GIOS(ジオス) クロスバイク LUNA MATTE-BLACK 450mm詳細情報

フレーム素材 ALUMINUM D.B SPECIAL TUBING FOR GIOS
フォーク素材
サイズ <450mm適応身長155~170cm/td>
重量 9.8㎏
タイヤ

ロードバイクにチェンジもできるLUNA(ルナ)がカッコイイ

ルナは、フレームがアルミでフォークはカーボンとなっていて構成自体もロードバイクに近い内容です。

ロードバイクかクロスバイクか悩んでいる方には、このルナがおすすめです。

まずはクロスバイクで乗りこなしながら、パーツ交換でロードバイクにしてみるのも悪くありません。

街中で乗る場合には、凸凹や段差には注意が必要になりますが、カーボンが衝撃を吸収してくれますのでサイクリングにもロードバイク並みにスピード感も感じることができます。

カンターレもかなりロードバイクに近いクロスバイクでしたが、それ以上にロードバイク感が近いクロスバイクになっています。

また、ルナにおいてはGIOSブルーは残念ながらなくマットブラック1色になっており、渋めの大人の雰囲気のクロスバイクの仕上がりになっています。

GIOS(ジオス) クロスバイク MISTRAL(ミストラル) 2018モデル(グレー) 430サイズ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

GIOS(ジオス) クロスバイク MISTRAL(ミストラル) 2018モデルの詳細情報

フレーム素材 GIOS ORIGINAL ALIMINUM SPECIAL TUBING
フロントフォーク GIOS ORIGINAL CR-MO FORK
サイズ 430㎜適応身長155㎝~170㎝
重量 10.8㎏
変速機能 シマノ24段変速
ホイール シマノ製

ヤッパリGIOSに欠かせないミストラル

先ほどからもミストラルを紹介しましたが、やはりGIOSクロスバイクを紹介するうえでミストラルは外せません。

今回は、このミストラルでもグレーを紹介します。
比較的GIOSの中では珍しいカラーになっており、GIOSブルーのようにかぶることはありません。

また、430㎜適応身長155㎝以上も女性にはうれしいサイズです。

シマノ製の部品を数多く採用しておりその点も選ぶ要素として安心安全を優先でおすすめできます。
また、日本製のシマノ製の利用することでメンテなど時間をかけずに、行うこともできます。

基本的にミストラルはコスパ以上にクロスバイクとしての走りができると言う評価は間違いないようです。

この記事で紹介している商品一覧

商品画像
商品名 GIOS (ジオス) クロスバイク MISTRAL (ミストラル) 2018限定モデル (マットブラック) 430サイズ GIOS(ジオス) クロスバイク ESOLA BROWN 700C GIOS(ジオス) クロスバイク MISTRAL GRAVEL BLACK 430mm GIOS(ジオス) クロスバイク MISTRAL CHROMOLY BLACK 480mm GIOS(ジオス) クロスバイク LIEBE RED 26インチ GIOS(ジオス) クロスバイク AMPIO WHITE 470mm GIOS(ジオス) クロスバイク AMPIO TIAGRA GIOS-BLUE 470mm GIOS(ジオス) 2018 CANTARE カンターレ CLARIS(2x8速)クロスバイク700C <GIOSブルー> GIOS(ジオス) クロスバイク LUNA MATTE-BLACK 450mm GIOS(ジオス) クロスバイク MISTRAL(ミストラル) 2018モデル(グレー) 430サイズ
購入先 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天

まとめ

色んなタイプのクロスバイクを紹介いたしました。
目的に応じてクロスバイクを選ぶ基準は変わり、同じように見えるクロスバイクも実は全く違うタイプということも多々あるのです。

毎日のシティバイクの延長でクロスバイクを選ぶ方、ロードバイクに近いスピード感を求めたい方、自分のポイントをしっかり見極めてGIOSクロスバイクを選んでみてください。

おすすめ関連記事↓
クロモリフレームのおすすめクロスバイク10選

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定