あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
triathlon

トライアスロンにおけるバイクのトレーニング方法や必要なアイテムを徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2018/08/27

更新日 :2019/09/11

トライアスロンにおけるバイクは、スイム競技の後に行う種目です。

スイム競技が不得意な選手ではタイムの差を縮める機会であるとともに、得意な選手はより一層のタイム差を拡大する場面となります。

しかし、次の種目であるラン競技の前に体力を温存するために、走るペースや疲労度などを考えて行わなければならない種目でもあります。

今回、バイク競技における最適なトレーニングについて説明します。

これからバイク競技を集中的にトレーニングし、より一層タイムの短縮を目指したい選手におすすめの内容となっています。

おすすめ関連記事↓

トライアスロンの7つの魅力!〜仲間とともに達成感を〜

目次

スポンサードサーチ

トライアスロンのバイクに対するトレーニング方法とは?

トライアスロン バイク トレーニング
トライアスロンにおけるバイク種目のトレーニング方法について3つの観点から詳細を説明します。

練習距離について

トライアスロン競技におけるバイク競技では、一般的に40㎞以上の距離を走らなければなりません。
大きな大会では150㎞以上の距離を設定している大会もあります。

まずは、自分がどの大会を目指し、そしてその目指している大会がどのようなバイクの距離を設定しているのかを知ることが大切です。

初心者の方は当然少ない距離に設定されている大会からのエントリーを行い、バイク種目の感覚をつかむことがまずは重要です。

スイム、バイク、ランと3種目の間にある競技であるため、そのペースをつかむにはある程度の練習や試合の経験が必要となります。

練習強度について

練習強度については、レース中における競技プランを考える必要があります。
平地を他の競技者と競うことなく走る場合は、ある程度のスピードを一定期間走り続ける強度設定が必要ですが、他の競技者と競った場合には、より高速にペダリングを行い他者との差をつけるために高強度の動きが必要です。
また、カーブでの減速から直線に進むときにもスピードを上げなければならないためさらなる高強度の動作が必要です。

平地が多い大会か、それとも山間部が多い大会かによっても強度設定に注意が必要です。
バイク競技中には場面に応じてペダリングの強度が違うためそれらを想定して練習内容を考えることが必要です。

練習場所について

バイク競技では参加する大会にもよりますが、数十㎞以上を走るため、それに見合った練習場所を探す必要があります。

街中では歩行者や車、他の自転車やバイクなどとの衝突の問題や見通しの悪い交差点での減速、信号機の表示も守らなければなりません。
それらがあるため、なかなかバイクトレーニングに集中することができません。
トレーニングを行う前に当然ながら他者や自分自身の安全管理が大変重要です。
自分が住んでいる地域において自転車専用道路であったり、人通りや車の少ない道路を選択したりと、自分が出場を考える大会での走行距離から考え、地域でのトレーニング場所に関しては詳細な確認とトレーニング計画が必要です。

トレーニング時に必要なアイテムとは?

トライアスロン バイク トレーニング
トレーニングを実施する前に、目的に応じたトレーニング内容が実施できることとともに、安全管理も大変重要です。
そのためにバイク練習時に必要なアイテムについて、その詳細を説明します。

ウェア

バイク用のウェアは数多くのメーカーから販売されています。長時間のトレーニングでは体から多くの熱が発生し汗をかくため、速乾性や通気性の良いウェアを選択する必要があります。
冬場においては防寒対策になるように注意してください。
より自己の競技レベルが向上すれば、風の抵抗を受けても少なくする機能であったり、自分の練習に合ったスタイルを考えて選択することが重要です。

おすすめのウェアを見る!
【トライアスロン】ウェア人気おすすめ10選

ヘルメット

競技中では常に使用するヘルメットですが、練習中においてもバイクでの転倒の危険性があります。
安全対策として必ずバイク専用のヘルメットを着用してください。

おすすめのヘルメットを見る!
トライアスロン用ヘルメットの選び方と人気おすすめ10選!

サングラス

バイクのトレーニング中においてサングラスは必需品です。
練習中において、目にゴミが入ることを予防するとともに、サングラス本来の役割である日差しから目を保護します。
また、雨天や風の強いときにも、視界を確保させるためには大変有効なアイテムです。

おすすめのサングラスを見る!
トライアスロン用サングラスの選び方と人気おすすめ10選!

シューズ

ペダルの形状によりどのようなシューズを履くのかを選択します。
レースを想定するのであれば、スイムから素早く靴を履き替えられ、濡れた足でも簡単に履くことができる通気性の良いシューズを選択し練習します。

また、バイクのみの単独練習ではロードシューズと言われるいわゆる一般的なシューズを着用すれば問題なく行うことができます。

グローブ

競技中においてはつけない選手も多いですが、練習時は長時間のバイク練習によるグリップ力の強化や転倒時の手の保護としてグローブの使用をおすすめします。
また、冬場においては防寒の役割も果たします。

給水ボトル

バイクの練習は、基本的には長距離となります。持続的にバイクの練習をすると、栄養補給や水分補給のタイミングが非常に重要です。
その中でも、練習中は大変汗をかくため、給水ボトルをバイクに装着しておくことで、持続的な練習を行うことができるとともに、夏の暑さの中の練習においては、熱中症予防にもなります。

サイクルメーター

バイク練習を行う上で、バイクのスピードや練習距離を適時確認することは効率よく練習する上で大変有効です。
疲労が起こりやすいペースや自分がどのぐらいの距離でペースダウンするのか、最後のダッシュはどれぐらいのスピードが出ているのかなど、細かな練習プログラムをを考える上で大変有効です。

修理セット

バイクの練習においては、トレーニング効果を高めるために、郊外や山間部での練習を行うことがあります。
バイクで現地に行き、バイクで帰ることもしばしばあると思います。

その時の練習中においてタイヤがパンクをするアクシデントに見舞われる可能性があります。
替えのタイヤなどがあればいいですが、なければ自分でパンクを修理する必要性が出てきます。修理キットはそれほどかさばらず、練習時に持参することが可能なため、必ず携帯することをおすすめします。

スポンサードサーチ

バイクのタイムを速くする方法とは?

トライアスロン バイク トレーニング
実際のトレーニングにおいてバイクのタイムを向上させる方法について説明します。

平地でのトレーニング方法

平地においてはよりスピードを出すことができるトレーニングを行うことができます。
コースにより多少のアップダウンがあるコースもありますが、一定の距離をどれぐらいのスピードで維持できるかを確認しながら、徐々にスピードをアップさせることで、体力とスピードの関係を明確にすることができます。

また、その内容が平地でのスピードアップにつながります。目的とするタイムや距離をしっかりと適時把握し、内容を十分に確認しながら追い込むことができればなおさら効果はでます。

山間部でのトレーニング方法

山間部においては激しいアップダウンがあるため、下肢筋力の強化、スプリント能力の向上に大変有効です。

上り坂では平地でのペダリング時より下肢筋力を必要とし、より強くペダリングするための能力が向上します。

また、下り坂ではペダリングが高速に回転するため、安全面を考慮しながら高速に回転するペダリングを練習するとともに、コーナーリングやハンドリングなどを習得することで、より効率的なバイク技術を習得することができます。

ランニングマシンやエアロバイクでのトレーニング方法

実際に道路上を走るのではなく機器を使用し、ある基本的な動きの中でトレーニングする方法です。
天候にも左右されず確実にトレーニングを実施できるとともに、ランニングペースや負荷量などを機器により設定できるため、目的とするトレーニングをより集中的に実施することができます。
心拍数なども同時に測定すると、的確な負荷量を設定し、効率的なトレーニングを実施することができます。

トレーニング後のケア方法

パフォーマンス向上を目的に身体を駆使すると疲労が蓄積します。
そのため、練習後の身体ケアは大変重要になります。
疲労が蓄積した状態で練習を継続すると、満足のいくパフォーマンス向上が望めないばかりか、ケガを発生させる可能性があります。

練習後には酷使した筋肉に対してストレッチやマッサージ、入浴、適度な休息などを行い、しっかりと疲労を除去することをおすすめします。

まとめ

トライアスロンにおけるバイクはスイムの後の競技、ランの前の競技とレースを調整する上で大変重要なポジションです。

バイクを自分の得意種目とすることで、ランへの体力を温存しながら、しっかりと順位を上げることができれば、今以上に競技レベルを向上させることができます。

トレーニングプログラムは初心者から上級者まで組みやすいため、確実なトレーニング効果を期待することができます。
バイクのトレーニングをあまり行えていない初心者には競技レベルをアップするために特におすすめです。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定