あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
ゴルフgolf

ゴルフアイアンの選び方と人気おすすめ6選【中級者向け】

スポシル編集部

公開日 :2018/07/31

更新日 :2019/05/10

ゴルフは、自分のレベルや、プレースタイルによって、合うクラブが変わってきます。

この記事ではプレースタイルや、ゴルファーのタイプに注目し、クラブの違いや特徴などを解説しつつ、中級者ゴルファーにおすすめのアイアンを紹介します。

おすすめ関連記事↓

ナイキゴルフアイアンの人気おすすめ10選

目次

ゴルフは、自分のレベルや、プレースタイルによって、合うクラブが変わってきます。

この記事ではプレースタイルや、ゴルファーのタイプに注目し、クラブの違いや特徴などを解説しつつ、中級者ゴルファーにおすすめのアイアンを紹介します。

スポンサードサーチ

自分のゴルフの腕前はどのくらい?スコアで見てみよう!

以下では

・初級者の人のスコア
・中級者の人のスコア
・上級者の人のスコア
の項目ごとにレベル別の平均スコアを紹介します。
自分がどのぐらいのレベルなのか、知りたい時に参考にしてください。

初級者の人のスコア

初心者の人のスコアは、ばらつきがありますが、120から150の間が平均と言えます。

これは、コースデビューのゴルファーにその日のスコアを聞いたところ、120から150の間が最も多数だったというアンケート結果が残っています。

大体1ホールで、6から9打ほど打っている、という計算になります。

中級者の人のスコア

スコアとしては、100を切れるか、切れないかという人が多いです。

調子のいい日は、90台前半が出ることもあります。
ただ、まだ調子の波が激しいのが、中級者ゴルファーの特徴です。

しかし、コンスタントに100が切れるレベルになってくると、80台のスコアを目標にするなど、上昇志向が強いゴルファーが多いのも、中級レベルの特徴です。

上級者の人のスコア

悪くても90台前半、平均は80台、良いときは70台でラウンドするレベルのゴルファーです。

このレベルになると、スイングなどは、ほぼ固まっています。また自分のプレースタイルやルーティンを確立しているゴルファーも多いです。

中級者ゴルファーとの違いは、スイングの軸がしっかりしているため、調子の波が少なく、調子が悪くても、そこまで大崩れすることはありません。

プライベートのラウンドだけでなく、競技に出場しているゴルファーも多数います。

ゴルフ中級者は目的別にアイアンを選ぼう

以下では

・早く結果を出したい人におすすめのアイアンの特徴
・早く上達したい人におすすめのアイアンの特徴
の項目ごとに各アイアンの特徴をご紹介いたします。

クラブ選びは、自分の目的に合ったクラブを選ぶのが大切です。

早く結果を出したい人におすすめのアイアンの特徴

早く結果を出したい人は、比較的易しめのアイアンを選びましょう。

易しいアイアンは、ミスヒットなどに強く、ボールの曲がりが大きいゴルファーでも、そのミスをカバーしてくれます。

また、飛距離性能も高いアイアンが多いのも易しめなアイアンの特徴です。

ミスをカバーしてくれるため、ナイスショットの確立が上がるので、素早くスコアアップをしたい人におすすめです。

早く上達したい人におすすめのアイアンの特徴

早く上達したい人は、あえて難しめのアイアンを選びましょう。

打つのが難しいアイアンは、スイングがしっかりしていないと、上手くボールが飛びません。

また、ミスした時には全く飛んでくれず、手がしびれるだけです。

しかし、このようなごまかしの効かないアイアンは、自分のスイングをより良くしてくれ、練習の成果や、調子の波が見えやすいのも、難しめなアイアンの特徴です。

長期的に、しっかりしたスイングの軸を手に入れたい人は、上級者向けのアイアンをおすすめします。

スポンサードサーチ

ゴルフ中級~上級者のプレースタイル別アイアンの選び方

上級者に近づいてくると、プレースタイルも確立してきます。
以下では

・まっすぐピンを狙いたい人におすすめのアイアンの特徴
・曲げて狙う人におすすめのアイアンの特徴
の項目ごとにプレースタイル別のアイアンの選び方について言及していきます。

まっすぐピンを狙いたい人におすすめのアイアンの特徴

まっすぐターゲットを狙いたい人は、プロ向けのモデルでも、易しめのアイアンをおすすめします。

主にキャビティバックなど、芯が広く、安定して飛ばせるモデルがおすすめです。

後ほど紹介しますが、タイトリストのAP2などは、プロでも、素直にまっすぐ狙いたいタイプの選手が、愛用しているアイアンです。

曲げて狙う人におすすめのアイアンの特徴

ボールを自在に操りたい人は、マッスルバックなど、操作性の高いアイアンを選びましょう。

マッスルバックは、地面に接しているソール幅が狭く、抜けの良さを追求したモデルが多いです。

そのため、芝が引っ掛かりにくく、ヘッドの向きを自在にコントロールできます。

決して易しめではないアイアンですが、使いこなせれば、かなりハイレベルのゴルファーです。

2018年版!中級者におすすめのアイアン6選!

テーラーメイドp-770アイアンセット4 − PW) – RH – スチールStiff

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

P770は、少し難しめのアイアンに挑戦したいが、易しさは、残してほしいゴルファーにおすすめです。

外観はすっきりとした、キャビティバックで、構えやすいです。

特徴はソール付近に配置された、70gのタングステンです。
このタングステンが重心位置を下げ、よりボールを上げやすいようになっています。

しかし、打感や打球音は、上級者も満足させる、柔らかく、落ち着いた打感と打球音になっています。

RMX118アイアンは、直進性が高いアイアンです。

オフセンターヒット時でも、飛距離のロスが少な炒め、素直にまっすぐ打ち出したい、ゴルファー向けのアイアンです。

また、上級者が嫌う、左へのミスを軽減させたアイアンですので、フェースをターンしすぎたと思ってもつかまりすぎず、ミスを最小限にとどめます。

使用している素材は、軟鉄のみです。
そのため打感は、軟鉄鍛造ならではの、ボールを押し込むような打感になっています。

TITLEIST(タイトリスト) 718 AP2 アイアン

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

より易しくなった、タイトリストのAP2アイアンです。

タングステンウェイトの配置を工夫した718では、前モデルよりボールがつかまりやすく、上がりやすい設計になっています。

それでいて、無駄のないキャビティバックの形状は操作性も高く、プロからも高い支持を得ています。

構えた時から、弾道のイメージが湧いてくるようなデザインです。

MPシリーズトップクラスの難易度を誇るこのアイアンですが、使いこなせれば、フェードもドローも思うままに操れます。

打感の良さに定評があるミズノのアイアンですが、MP-4も、病みつきになるような、柔らかい打感に仕上がっています。

TITLEIST(タイトリスト) 718 MB アイアン

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

前モデルの716シリーズとの変化はあまり感じられませんが、このアイアンは成熟期に達しているため、大きな変化を必要としません。

プロから要望があった、細かな点のみグレードアップさせています。

小ぶりなヘッドは、抜けもよく、切れ味鋭いショットを打てますし、左右の曲がりだけでなく、クラブの打ち込み角度でスピン量もコントロールできます。

長年トッププロから、絶大な信頼を得ているアイアンです。

DUNLOP(ダンロップ) SRIXON Z965 アイアン

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

Z965アイアンは、マッスルバックにしては、トップブレードが厚めです。

そのため、構えた際に安心感を与えてくれます。

前モデルは、ロフトも寝ていたため、芯を外すと全く飛ばす難易度が高いアイアンでした。

しかしこのモデルは、7番アイアンのロフトが33度と、ややストロングロフトになっているため、やや低重心になり、ミスへの許容範囲が広がりました。

しかしそれでも、難しいアイアンには変わりありません。
腕に自信のあるゴルファーにおすすめします。

この記事で紹介している商品一覧

商品画像
商品名 テーラーメイドp-770アイアンセット4 − PW) – RH – スチールStiff YAMAHA(ヤマハ) 18RMX 18RMX118 IRON TITLEIST(タイトリスト) 718 AP2 アイアン MIZUNO(ミズノ)MP-4 DG TITLEIST(タイトリスト) 718 MB アイアン DUNLOP(ダンロップ) SRIXON Z965 アイアン
購入先 Amazon Yahoo Amazon 楽天 Yahoo Amazon 楽天 Yahoo Amazon 楽天 Yahoo Amazon 楽天 Yahoo Amazon 楽天 Yahoo

スポンサードサーチ

まとめ

この記事では、中級者ゴルファーのための、アイアンの選び方や、おすすめのアイアンを紹介しました。
クラブ選びは、今後のゴルフのレベルを左右する重要なポイントです。
アイアン選びに疑問を持っていた人も、この記事を参考に、自分に一番合ったアイアンを見つけてください。

合わせて読みたい!

 

スポンサードサーチ

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

【アイスホッケー】

特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手 小池龍太選手 監修】柏レイソルの不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールの投げ方の種類やコツを徹底解説!肘の使い方が重要!?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike