あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
other

スポーツ観戦用カメラの選び方と人気おすすめ10選!レンタルも紹介!!

スポシル編集部

公開日 :2018/07/25

更新日 :2020/05/11

スポーツをする選手の活躍を写真におさめるために重要になってくるのがカメラのスペックです。カメラのスペックによって写真の仕上がりが大きく変わってきます。

そこで今回はスポーツ観戦におすすめのカメラの選び方と人気おすすめカメラ10選を紹介します。

スポーツネックレス人気おすすめ10選

目次

スポンサードサーチ

野球におすすめのカメラ10選

キヤノン デジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X9」

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る



Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9i

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る



Nikon デジタル一眼レフカメラ D3400

Amazonで詳細を見る



ソニー SONY ミラーレス一眼 α6000

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る



Nikon デジタル一眼レフカメラ D5600

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 9000D

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


Nikon デジタル一眼レフカメラ D5500

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る





Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D

Amazonで詳細を見る


OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M10

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る


スポンサードサーチ

カメラの購入に迷っている方はレンタルもおすすめ!

送料無料お手軽レンタル【rentry】


rentry
特徴
1日あたり540円から!
特徴
GoProやドローンもレンタル可能!
特徴
新製品のお試しレンタルにも!
こんな方におすすめ!
頻繁にカメラを使用しない方や新製品のお試しを行いたい方におすすめ!

公式サイトはこちら

スポーツ観戦用カメラに必要なスペック

  • レンズの望遠機能
  • オートフォーカス速度
  • ISO感度の高さ
  • レンズのF値
  • センサーサイズ
  • ファインダー

レンズの望遠機能

球場や試合会場で選手の写真を撮るにあたって一番重要になってくるのがレンズの望遠機能です。スポーツグランドは広いため、取りたい選手をしっかりと取るためにはレンズの望遠機能が重要になってきます。

望遠レンズの望遠性能を比べるのに押さえておきたいのが焦点距離で、最低でも300mmの焦点距離のレンズを用意しておきたいところです
焦点距離が大きくなればなるほど遠くのものでも大きく撮影が可能です。対して焦点距離が短くなれば広角な写真を撮ることができます。

オートフォーカス速度

スポーツ全般の写真を撮るとき大切になってくるのがオートフォーカースの速度です。オートフォーカスの速度とは自動的にピントが合うのにかかる時間のことを指します。
スポーツの写真撮影は選手が常に動くため、ピントの合う速度が遅いとシャッターチャンスを逃してしまいます。シャッターチャンスを逃さないためにもシャッタースピードの速いカメラを選ぶようにしましょう。

ISO感度の高さ

ISO感度とはカメラが光を捉える能力のことです。ISO感度が高ければ高いほど暗い場所でもきれいな写真を撮れます。

選手のプレーを撮影する場合、手ブレを抑えるためにシャッタースピードを速くする必要がありますが、シャッタースピードを早くすると肉眼では明るいところでも暗めの写真に仕上がります。そのため、ISO感度の高さは重要な要素の一つになってきます。
また、ISO感度を高くするとノイズが入りやすいため、ISO感度を高く設定してもノイズが入りにくいカメラを選ぶ必要があります。

レンズのF値

一眼レフカメラやミラーレス一眼を買う場合、本体とは別にレンズを購入する必要があります。
レンズを選ぶにあたって望遠機能と同じくらい重要なのがレンズのF値です。
レンズのF値とはレンズを通して撮像素子上に写る像の明るさを示す値です。値が小さくなるほど光を多く取り入れることができ、レンズの価格も高くなります。その分、球場で選手の写真を撮るにあたってネックになるネットや網を消すことができます。

センサーサイズ

スポーツ観戦用のカメラだけではなく、一般的にカメラを選ぶにあたって重要になってくるのがカメラのセンサーサイズです。
センサーとはレンズを通して入ってくる光を捉えるセンサーのことで、センサーの性能は写真の画質に直結してきます。

一眼レフカメラやミラーレス一眼に搭載されているセンサーにはフルサイズ、APS-C、マイクロフォーサーズがあり、ハイスペックの一眼レフカメラに搭載されているのがフルサイズ、一眼レフの主流APS-C、ミラーレス一眼に搭載されているマイクロフォーサーズという違いがあります。
レンズの種類の多さや扱いやすさを考えるとAPS-Cをセンサーとして搭載しているカメラがおすすめです。

ファインダー

プレーする選手を撮影する場合、ファインダーを覗いて撮影できるかという事は重要になってきます。
カメラに搭載されているモニターを見ながら撮影する場合、どうしても時差がわずかですができてしまいます。リアルタイムの選手の動きを追うことができるファインダーがあるかはシャッターチャンスを逃さないためにも大切な要素になります。

連写速度

プレーをする選手の写真を撮影する場合、連写で撮影することによってベストな撮影タイミングを逃すことがありません。そのため、カメラの連写速度が重要になってきます。

できるだけ連写速度の高いカメラを選ぶのがおすすめですが、連写速度はSDカードの書き込み速度によって変化するので、カメラの連写性能を最大限引き出すために、書き込み速度の速いSDカードもセットで購入することをおすすめします。

スポンサードサーチ

まとめ

球場やスポーツ会場に足を運んで応援するだけではなく、最近は写真を撮る人も男性女性問わず増えてきています。選手の華麗なプレーをきれいな写真におさめるためにはカメラのスペックが重要になってきています。

さまざまなメーカーからさまざまな機種のカメラが発売されていますが、選手の写真を撮るのなら一眼レフカメラは必要になってきます。自分に合ったカメラを見つけて選手の華麗なプレーを写真におさめましょう。

合わせて読みたい!

 

スポーツ中は必ず、動いている被写体になるため、ブレずに撮れることが大切です。
まずは、大切なシャッター速度を調節しましょう。

シャッターの速度が遅い→ブレやすい
シャッターの速度が速い→ブレにくい

シャッター速度を速くするだけでは、写真が暗くなってしまいます。理由は、シャッターの開いている時間が短いことにより、光を取り込むことが難しくなってしまうからです。
ブレずに写真も明るくするためにはフィルム感度(ISO)を上げるようにしましょう。

フィルム感度を上げる撮影方法を高感度撮影と言いますが、高感度撮影とシャッターを速くすることで、スポーツの撮影はできます。しかし、デメリットはノイズが入りやすくなってしまうことです。

室内のスポーツなのか、外で行うのか。会場の照明の明るさによっても、カメラの設定は変わってくるので自分で数回取ってみて、調節することも大切です。

動画では06:25~シャッター速度とフィルム感度を様々な組み合わせで、とった写真が比較されているので、参考にしてみてください。

スポンサードサーチ

野球におすすめのカメラ10選

キヤノン デジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X9」

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9i

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 9000D

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

カメラの購入に迷っている方はレンタルもおすすめ!

Gopro

特徴 1日あたり540円から! 特徴 GoProやドローンもレンタル可能! 特徴 新製品のお試しレンタルにも! こんな方におすすめ! 頻繁にカメラを使用しない方や新製品のお試しを行いたい方におすすめ!

公式サイトはこちら

スポンサードサーチ

スポーツ観戦用カメラに必要なスペック


  • レンズの望遠機能

  • オートフォーカス速度

  • ISO感度の高さ

  • レンズのF値

  • センサーサイズ

  • ファインダー

球場や試合会場で選手の写真を撮るにあたって一番重要になってくるのがレンズの望遠機能です。スポーツグランドは広いため、取りたい選手をしっかりと取るためにはレンズの望遠機能が重要になってきます。

望遠レンズの望遠性能を比べるのに押さえておきたいのが焦点距離で、最低でも300mmの焦点距離のレンズを用意しておきたいところです。
焦点距離が大きくなればなるほど遠くのものでも大きく撮影が可能です。対して焦点距離が短くなれば広角な写真を撮ることができます。

スポーツ全般の写真を撮るとき大切になってくるのがオートフォーカースの速度です。オートフォーカスの速度とは自動的にピントが合うのにかかる時間のことを指します。
スポーツの写真撮影は選手が常に動くため、ピントの合う速度が遅いとシャッターチャンスを逃してしまいます。シャッターチャンスを逃さないためにもシャッタースピードの速いカメラを選ぶようにしましょう。

ISO感度とはカメラが光を捉える能力のことです。ISO感度が高ければ高いほど暗い場所でもきれいな写真を撮れます。

選手のプレーを撮影する場合、手ブレを抑えるためにシャッタースピードを速くする必要がありますが、シャッタースピードを早くすると肉眼では明るいところでも暗めの写真に仕上がります。そのため、ISO感度の高さは重要な要素の一つになってきます。
また、ISO感度を高くするとノイズが入りやすいため、ISO感度を高く設定してもノイズが入りにくいカメラを選ぶ必要があります。

一眼レフカメラやミラーレス一眼を買う場合、本体とは別にレンズを購入する必要があります。
レンズを選ぶにあたって望遠機能と同じくらい重要なのがレンズのF値です。
レンズのF値とはレンズを通して撮像素子上に写る像の明るさを示す値です。値が小さくなるほど光を多く取り入れることができ、レンズの価格も高くなります。その分、球場で選手の写真を撮るにあたってネックになるネットや網を消すことができます。

スポーツ観戦用のカメラだけではなく、一般的にカメラを選ぶにあたって重要になってくるのがカメラのセンサーサイズです。
センサーとはレンズを通して入ってくる光を捉えるセンサーのことで、センサーの性能は写真の画質に直結してきます。

一眼レフカメラやミラーレス一眼に搭載されているセンサーにはフルサイズ、APS-C、マイクロフォーサーズがあり、ハイスペックの一眼レフカメラに搭載されているのがフルサイズ、一眼レフの主流APS-C、ミラーレス一眼に搭載されているマイクロフォーサーズという違いがあります。
レンズの種類の多さや扱いやすさを考えるとAPS-Cをセンサーとして搭載しているカメラがおすすめです。

プレーする選手を撮影する場合、ファインダーを覗いて撮影できるかという事は重要になってきます。
カメラに搭載されているモニターを見ながら撮影する場合、どうしても時差がわずかですができてしまいます。リアルタイムの選手の動きを追うことができるファインダーがあるかはシャッターチャンスを逃さないためにも大切な要素になります。

プレーをする選手の写真を撮影する場合、連写で撮影することによってベストな撮影タイミングを逃すことがありません。そのため、カメラの連写速度が重要になってきます。

できるだけ連写速度の高いカメラを選ぶのがおすすめですが、連写速度はSDカードの書き込み速度によって変化するので、カメラの連写性能を最大限引き出すために、書き込み速度の速いSDカードもセットで購入することをおすすめします。

まとめ

球場やスポーツ会場に足を運んで応援するだけではなく、最近は写真を撮る人も男性女性問わず増えてきています。選手の華麗なプレーをきれいな写真におさめるためにはカメラのスペックが重要になってきています。

さまざまなメーカーからさまざまな機種のカメラが発売されていますが、選手の写真を撮るのなら一眼レフカメラは必要になってきます。自分に合ったカメラを見つけて選手の華麗なプレーを写真におさめましょう。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定