あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
volleyball

バレーボールの反則行為をどこよりもわかりやすく解説!

スポシル編集部

公開日 :2019/04/09

更新日 :2019/04/09

バレーボールの反則にはさまざまな行為があります。

すべてにおいて共通するのは、行為をした時点で相手に得点が入ることです。

この記事では、実際にバレーボールにたずさわる人はもちろんのこと、みるのが好きな人もおぼえておくとよりたのしめるポイントをお伝えします。

また、反則をおぼえることで、試合中に意識するべきポイントもはっきりとわかり、ムダな点を与えずに済みます。

初心者のかたにもわかりやすい内容です。ぜひおぼえてください。

目次

スポンサードサーチ

バレーボールの反則


バレーボールは、たった1点で大きく展開が変わるスポーツです。
試合の終盤になると、その1点が勝敗を分けるので反則でやるせない想いをします。
おぼえることは多くありません。ポイントをしっかりおさえてください。

ダブルコンタクト


ダブルコンタクトは1人の選手が連続でボールにさわる行為です。ドリブルともいいます。
審判が手でピースをしたらダブルコンタクトだとおぼえてください。

気をつけることは、ボールをあげるときに片手でさわったボールをもう片方の手で後からさわったときです。わずかにズレてもアウトです。
トスをするときは、ボールを両手で同時にあげることを意識してください。

ちなみに、ブロックをしたあと、または相手のスパイクをレシーブしたあとは反則を取られません。

キャッチボール


キャッチボールはボールの動きを止める行為です。ホールディングともいいます。
審判が手を下から手前に引き寄せたらキャッチボールだとおぼえてください。

キャッチボールは、ボールを手でもったり、レシーブのときに腕ではさだりするとアウトです。
どんな形であれ、ボールを止めた時点でアウトです。

気をつけることは、スパイクを打つときにボールをつかまないことです。
スパイクはトスのタイミングに合わせるのがむずかしいので、最初は繰り返し練習してください。

タッチネット


タッチネットはプレー中にアンテナやネットにさわる行為です。
審判はネットに手でさわったあと、その手で反則をした選手を指します。

タッチネットは、ボールに関わるプレーでなければセーフです。
つまり、わざとではなく、たまたまさわってしまったときは大丈夫です。
もちろん、明らかにわざとさわったときはアウトです。

気をつけることは、キャッチボールと同じく、スパイクを打つときです。
スパイクを打つときにネットさわったり、相手のじゃまをしないように気をつけてください。

フォアヒット


フォアヒットは、ボールを相手に3回で返せないときに取られる反則です。
バレーボールは通常、3回以内にボールを相手に返します。
つまり、自分のチームでボールに4回さわると反則です。
審判は「3回をこえてますよ」と手の指を4本にして合図を出します。

気をつけることは、必ず3回以内にボールを返すことです。
ちなみに、ブロックでタッチした回数は1回にカウントされません。
したがって、ブロックを含めた4回ではなく、ブロック以外でさわった3回が対象です。

パッシングセンターライン


パッシング・ザ・センターラインは、足がコートの中央の線をはみ出したときに取られる反則です。中央の線に足が触れていればセーフです。
ただ、そのときも「相手の選手のじゃまをした」と審判が判断するとアウトです。
審判が中央の線を指で差したらパッシング・ザ・センターラインだとおぼえてください。

気をつけることは、スパイクやブロックのときに線を超えないようにすることです。
ちなみに、得点が決まったあと、とられたあとに中央の線をこえるのはセーフです。

1番ケガにつながりやすい反則なので、注意してください。

マーカー外通過


マーカー外通過は、ボールがネットの両脇にたつアンテナの外を通り、相手のコートにボールが落ちたときに取られる反則です。また、ボールがアンテナに当たってもいけません。
審判がアンテナを指で差したらマーカー外通過だとおぼてください。

気をつけることは、ボールがコートの外にでたときです。
ボールがアンテナの外側であれば、相手コートから自分のコートに返すことができます。
1度でもアンテナの内側を通ると、インプレーとみなされます。

コートの外側までボールを追うときは、落ち着いて対応してください。

バックプレーヤーの反則


バックプレイヤーがスパイクを打つとき、アタックラインをこえてはいけません。
ちなみに、自分のチームが守るコートの前方をフロントゾーン、後方をバックゾーンと呼びます。この領域を分ける線がアタックラインです。ネット下の中央の線ではありません。
線をこえたときに審判は合図をして反則を取ります。

気をつけることは、バックアタックを打つときにアタックラインを勢いよくこえないことです。
自分がいる位置をしっかり確認してください。

リベロの反則


リベロは守りのプロです。わかりやすくするためにほかの選手と異なる色のユニフォームを着ます。
攻撃のチャンスを生むための重要なポジションです。
リベロは守りしかできないため、攻撃に参加できません。
そのため、リベロはボールを拾うのが仕事であり、サーブやスパイクを打てません。
ただし、レシーブで相手にボールを返すのはセーフです。

フロントゾーン内でトスをあげるのも禁止です。
自分のいる位置を忘れず、守りのプロとしてボールを落とさないよう気をつけてください。

サーブの反則


サーブを打つ選手は、コートの1番後ろの線(エンドライン)を踏みこえてはいけません。
ただし、打ったあとにコートの中に着地するのはセーフです。
ジャンプサーブだと勢いよくサーブを打つため、どうしても線をこえてしまいます。
そのため、打つ瞬間、つまり空中にいるときには反則を取られません。
ジャンプサーブでなく、普通に打つときも線をこえないよう注意してください。

また、サーブは時間制限があります。
審判が合図してから8秒以上経過すると反則を取られます。

警告やイエローカードの判定を受ける行為は?


バレーボールは、サッカーの試合と同じくイエローカードがあります。
サッカーは、危険なプレーや審判の判定に抗議をしたときにイエローカードが出ます。
バレーボールも同じく、相手を挑発したり、判定に抗議をしたときにイエローカードが出ます。
また、わざと試合を遅らせるのも禁止です。

ただし、1度目の違反ではイエローカードは出ません。
1度目の違反は、キャプテンを通して口頭で注意を受けます。
2度目の違反から警告です。2回目の違反は対象者にイエローカードが出ます。

ちなみに、警告を受けても、とくにペナルティを受けません。
ペナルティを受けませんが、モラルにかける行動は控え、スポーツマンとして気持ちのよい試合を心がけてください。

スポンサードサーチ

バレーボールのレッドカードは退場ではなく相手に1点追加って本当?


バレーボールはイエローカードだけでなく、レッドカードもあります。

レッドカードが出るのは3度目の注意を受けたときです。
つまり、2度目の注意で受けた警告の状態で、3度目の注意を受けたときです。

サッカーの場合、レッドカードが出ると一発で退場です。
しかし、バレーボールの場合は退場になりません。
バレーボールの場合、退場ではなく相手に1点が入り、さらにサーブ権も移動します。
ただし、あまりにヒドい場合は退場になります。

まとめ


バレーボールの反則行為をお伝えしました。

線を踏んだり、ボールに2度さわったりしてはいけないなど、シンプルなルールです。
もちろん、相手のじゃまをしたり、わざと試合を遅らせてもいけません。
1点が大事なスポーツであり、たった1度の反則が勝敗を分けるスポーツです。

基本的なルールをきちんと守り、相手に迷惑をかけないよう心がけ、気持ちよくプレイができるよう心がけましょう。バレーボールを仲間と目いっぱい楽しんでください。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定