あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
baseball

少年野球用キャッチャー防具の選び方と人気おすすめ9選【野球少年必見!】 

スポシル編集部

公開日 :2018/07/30

更新日 :2020/07/06

少年野球をにおいて、キャッチャーは人気の高いポジションではないかもしれません。

キャッチャーというポジションはピッチャーが投げるたびにしゃがみ、時にはファールチップが体にあたって痛い思いをすることもあります。

それに加え、重くて暑い防具を付けるわけですので子供たちから敬遠されるのも無理はないでしょう。

しかし、キャッチャーはチームの勝敗を左右する非常にやりがいのあるポジションであり、最近は見た目以上に防具も進化してきています。

この記事ではキャッチャー防具についての基礎知識からおすすめのキャッチャー防具をご紹介していきます。

おすすめ関連記事↓

【少年野球向け!!】グローブの選び方と人気おすすめ10選

目次

スポンサードサーチ

キャッチャーについて

キャッチャーは常にボールに関わりながら、バッターに対する配球を考えたりチームメイトに指示を出したりと、単純に「ピッチャーの投げるボールを受ける」以外にもチームの舵取り役としてたくさんの仕事があります。

その奥深さから、はじめは嫌々キャッチャーをやっていた子も、徐々にキャッチャーにやりがいを感じていくことが多いようです。

一方でキャッチャーはファールチップが顔面に飛んできたり、ホームベース上でのランナーとのクロスプレーなど、怪我のリスクが高いポジションでもあります。
このようなプレーから身を守るために、キャッチャーはたくさんの防具を付ける必要があります。

キャッチャーの防具は何が必要?

下では

・ヘルメット
・マスク
・スロートガード
・プロテクター
・レガース
の項目ごとに防具の特徴と必要性について言及していきます。

ヘルメット

ヘルメットはキャッチャーに必須の防具のひとつです。

ヘルメットにはピッチャーの投球やバッターのファールチップなどから頭を守るという目的がの他にも、バッターがスイングしたバットから頭を守るという役割もあります。

実際、バッターが大きく空振りした際に、バットがキャッチャーの頭に当たってしまったという事故も見受けられます。

また、ヘルメットの着用には頭を保護する以外にもマスクを被りやすく、ズレにくくするという目的もあり、サイズは2、3センチごとにS、M、Lといった展開が多いです。

マスク

野球をしたことがない人でも、キャッチャーといえばマスクを被るということはご存知の方が多いと思います。

特にファールチップは顔に向かってボールが飛んでくることが多いため、マスクがは必ず被る必要があります。
また、少年野球年代であれば単純なキャッチングミスで顔にボールを受けることもあるかもしれません。

マスクは軽いに越したことはありませんが、ジャストサイズのヘルメットを着用してマスクのバンドの調整をしっかりすれば多少の重さは気になりません。
少年野球用のマスクはどのメーカーもほぼワンサイズとなっています。

スロートガード

スロートガードはマスクの下に吊り下げるように装着する防具です。
マスクと同様にファールチップから喉を守る目的で使用します。

マスクの下と胸のプロテクターの間から露出する喉の面積はごくわずかですが、喉にボールを受けると一時的に呼吸困難になるなどプレー続行が難しくなることもあるため、マスクとセットで揃えるとよいでしょう。

プロテクター

プロテクターは胸から下腹部まで胴全体を覆う防具です。
特にピッチャーのワンバウンド投球の際に、ボールを後ろにそらさないよう体に当ててボールを止めるのに使うシーンが見られます。

軟式ボールのワンバウンド投球は体に当たってもそれほど痛くありませんが、少年野球年代であれば恐怖心を無くす意味でもプロテクターは装着しておきたいところです。

また、軟式ボールは体の固いところに当たると思いのほか遠くまで跳ね返ってしまい、その隙にランナーに次の塁を狙われることもあります。
そういったミスもプロテクターならどこに当たっても衝撃を吸収してくれるため、跳ね返ったボールが手元に落ちることが多くなるというメリットもあります。

プロテクターはワンサイズ展開がほとんどですが、一部で2サイズから選べるメーカーもあります。

レガース

レガースは、ファールチップやホームベース上でのクロスプレーの際に膝や脛を守る防具です。

また、キャッチングの際に片膝を地面につけたり、ピッチャーのワンバウンド投球の際には両膝を地面につけることもあり、このようなときにも膝を保護してくれます。
レガースもプロテクターと同様にワンサイズ展開が多いですが、一部メーカーでは2、3サイズを揃えています。

スポンサードサーチ

キャッチャー防具一式買うならこれ!

ここでは

・ハタケヤマ
・ミズノ
・ゼット
の項目ごとにメーカーの特徴と選び方を紹介していきます。

ハタケヤマ

ハタケヤマはキャッチャーミットを中心にグローブの製造に力を入れている野球用品メーカーです。

日本のプロ野球選手のおよそ半数はハタケヤマのキャッチャーミットを使用していると言われるほど高いシェアを誇っています。

ハタケヤマのプロテクターは非常に特徴的で、通常のパットの上に「ビブソーブ」と呼ばれる波状のシートを取り付けています。

これは、ワンバウンドボールの回転を止め、その衝撃を吸収し、ボールの動きを止めることができる回転規制シートです。

プロ野球への支給を目的として防具の製造がスタートしたため、当初は硬式用の防具のみの展開でしたが、最近になって軟式用、軟式少年用が加わりました。
デザインもプロ選手用のように格好良く、軟式野球においても人気が高まりそうなメーカーです。

ミズノ

ミズノはスポーツ総合メーカーとして野球用品も豊富に取り扱うメーカーです。

国内の野球用品のシェア率も高く、それ故に少年野球用のプロテクターとレガースは、本格的なモデルと一般的なモデルの2ラインがあり、それぞれにSサイズとSSサイズの2サイズが展開されています。

プロテクターは子供でも脱着がしやすい工夫がされており、以前のように背中のバンドが捻れるのを防いでくれます。

ゼット

ゼットは戦後のプロ野球復興に大きく貢献し、長きにわたって野球用品を製造・販売する老舗メーカーです。

少年野球用のキャッチャー用具も豊富に取り揃えており、特にレガースは3サイズを展開し、体の小さい選手や小学校中学年の子供にも合うレガースがあります。
また、カラーリングが豊富な点も魅力的です。

プロテクターはパットの切り込みが多く設けられているモデルもあり、体の動きに合わせて屈曲します。
また、背中のバンドにネジレ防止のパットが付けられているプロテクターもあります。

少年野球版!キャッチャー防具の選び方と人気おすすめ9選

軟式用 少年用 HATAKEYAMA キャッチャー防具3点セット

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

子供向け

本格的に少年野球に打ち込む子供向けのキャッチャー防具セットです

ハタケヤマ hatakeyama 少年 軟式用 キャッチャー マスク CG-NJTN

楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

上方向への視界が開けている

ハタケヤマのキャッチャーマスクです。
一般用の機能や剛性はそのままに、少年用にサイズダウンした本格派モデル。

ワイヤー部はステンレス製で軽く、長く使ってもサビなどの心配が少ないのが特徴です。

また、アゴ下にもワイヤー部を広げることでスロートガードを装着しなくても喉を保護してくれます。特に額部分のパットが小さく、上方向への視界が開けています。

HATAKEYAMA【ハタケヤマ】 少年軟式用 キャッチャーレガース -JSBB公認-

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

高学年の子供向け

ハタケヤマのキャッチャー防具は少年軟式用といえども硬式クラスのノウハウをそのままつぎ込んでいます。

本格的に少年野球を行う高学年の子供向けのキャッチャーレガースです。

ハタケヤマ hatakeyama JSBB公認 少年 軟式用キャッチャーギア プロテクター CGN-JPSB ブラック×シルバー

Amazonで詳細を見る

抜群の機能性

柔軟な素材と形状でどんな角度からのワンバウンドボールにも対応することができます。他のメーカーのプロテクターより多少値が張りますが、その機能性を見れば納得でしょう。

ミズノ 少年 ジュニア 軟式用 防具 プロテクター サイズSS 1DJPY111

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

簡単に体にフィット

特徴的なのが「EASY&FIT」構造。プロテクターの両サイドのベルトを引っ張るだけで簡単に体にフィットさせることができます。

ミズノ 少年 ジュニア 軟式用 防具 マスク 1DJQY120

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

長く使うことができる

スロートガードが別売りであり、上下のパットやバンドなどの交換部品も販売されているため長く使うことができます。
また、別売りの汗取りパットも販売されてる点も非常に便利です。

ZETT(ゼット) 少年野球 軟式用 キャッチャー防具 4点セット BL717A

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

スロートガードまで付いている

他のメーカーもセット販売はありますが、スロートガードまで付いているセットは少なく、それでいてコストパフォーマンスも非常によいのも魅力です。

プロテクターは体にフィットするようにV字の切り込みが入っているのが特徴です。

ZETT(ゼット) 野球用 少年 軟式 キャッチャーマスク ネイビー×レッド(2964) BLM7180A

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

コスパで選ぶなら

価格も抑えられている点も見逃せません。

ZETT(ゼット) 少年野球 軟式 キャッチャー用 レガーツ BLL7222

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

体の小さい選手におすすめ

体の小さい選手や、小学校中学年の選手に合うレガースはなかなか見つかりませんが、このレガースなら安心です。
脱着がしやすいよう、バンドは3本設定になっています。

この記事で紹介している商品一覧

商品画像
商品名 軟式用 少年用 HATAKEYAMA キャッチャー防具3点セット ハタケヤマ hatakeyama 少年 軟式用 キャッチャー マスク CG-NJTN HATAKEYAMA【ハタケヤマ】 少年軟式用 キャッチャーレガース -JSBB公認- ハタケヤマ hatakeyama JSBB公認 少年 軟式用キャッチャーギア プロテクター CGN-JPSB ブラック×シルバー ミズノ 少年 ジュニア 軟式用 防具 プロテクター サイズSS 1DJPY111 ミズノ 少年 ジュニア 軟式用 防具 マスク 1DJQY120 ZETT(ゼット) 少年野球 軟式用 キャッチャー防具 4点セット BL717A ZETT(ゼット) 野球用 少年 軟式 キャッチャーマスク ネイビー×レッド(2964) BLM7180A ZETT(ゼット) 少年野球 軟式 キャッチャー用 レガーツ BLL7222
購入先 Amazon 楽天 Yahoo 楽天 Yahoo Amazon 楽天 Yahoo Amazon Amazon 楽天 Yahoo Amazon 楽天 Yahoo Amazon 楽天 Yahoo Amazon 楽天 Yahoo Amazon 楽天 Yahoo

スポンサードサーチ

まとめ

いかがでしたか?ここでは少年野球用のキャッチャー防具について、その必要性やおすすめ用品を紹介してきました。

マスクはほぼワンサイズですが、プロテクターやレガースはメーカーごとにサイズ感も若干違いますし、ミズノなどのように2サイズ展開をしているメーカーもあります。

子供たちが怪我なくのびのびとプレーするために最適なキャッチャー用具を選んであげましょう!

合わせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定