あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
running

【ペース別!】ランニング時におすすめの呼吸法!

大久保絵里

公開日 :2018/07/31

更新日 :2019/09/11

ランニング時の呼吸方法は、特に初心者の人からの多い質問です。ランニング時におすすめの呼吸法、ランニング中に苦しくなった時の対処方法などを紹介します。

ランニング時におすすめのランニングウエアはこちら!

【フィット感抜群!】カッコ良くて動きやすいランニングウェアのセットアップ7選

目次

スポンサードサーチ

ランニングと呼吸

ランニング中の呼吸は基本的に深くゆったりと呼吸することがポイントですが、あまり意識する必要はないかと思います。
しかし、意識しすぎてしまうと逆に呼吸が苦しくなります。

ランニング時の呼吸方法/h3>
ランニング時におすすめの呼吸方法をペースごとに紹介します。
楽なペース
4歩ごとに1回吸って4歩ごとに1回吐く
ハードなペース
3歩ごとに1回吸って3歩ごとに1回吐く
インターバルトレーニング以上のペース
2歩ごとに1回吸って2歩ごとに1回吐く
インターバルの最後の1本やインターバルの後半部分、最後の400m
2歩ごとに1回吸って1歩ごとに1回吐く、もしくは2歩で吐いて1歩で1回吐く

1歩ごとにに1回吸って1回吐かなければいけないような呼吸のリズムというのは基本的にはランニングではありえません。例外的にラストスパートの時、短期間のみこの呼吸法でも良いでしょう。

ランニングは呼吸が鍛えられるの?

循環器系も肺や心臓の筋肉です。肺や心臓を動かしている呼吸循環器系の筋肉である以上ランニングによって腕立て伏せで筋肉が鍛えられるのと同じようにランニングで呼吸循環器系の筋肉が鍛えられます。

スポンサードサーチ

ランニングでに呼吸が苦しい時の対処方法

ランニングは少しペースが上がると呼吸がハーハーして苦しくなります。体が酸素を欲しているサインとして呼吸が活発になります。この苦しい時に呼吸を意識しすぎてしまうと、どうしても息を吸うことを意識してしまいます。吸うことばかりを意識すると深い呼吸ができずに中々呼吸が楽になりません。
息を吸うことばかり意識をしても先にしっかり息を吐き切らなければ新しい空気を体内に取り入れることができないため呼吸が浅くなり体内に酸素が入ってこない状態になってしまいます。
ランニング中に呼吸が苦しくなってきた場合は吐くことをしっかり意識して吐き切るようにすると肺に酸素がなくなり、自然と沢山酸素を取り込むことができるようになります。

まとめ

ランニング中、必ず呼吸はしています。しかし、意識をしすぎてしまうと酸素を余計に吸い込んでしまい酷い場合だと過呼吸に陥ってしまったり、リズムがうまくつかめないということもあります。自分のリズムで自然と呼吸できることがベストといえます。
まずはゆっくりなペースで自然と呼吸ができることを意識してみましょう。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定