あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
other

登山用のアプローチシューズ10選を紹介!

スポシル編集部

公開日 :2018/07/25

更新日 :2019/05/24

登山に必要なシューズに、山道を安全に歩くための足をしっかりサポートしてくれるアプローチシューズがあります。山道だけではなく、クライミングエリアや河原、岩場など様々な場面でも対応できる構成なアプローチシューズについて詳しく説明します。また、おすすめのアプローチシューズも紹介します。

登山用のレインウェアの選び方や人気おすすめ商品を知りたい方はこちら↓↓

登山用レインウェアの選び方と人気おすすめ10選

目次

スポンサードサーチ

聞き慣れないアプローチシューズとは?

登山をする人アプローチシューズは聞きなれないかもしれません。本来アプローチシューズは、クライマーが岩場ルートまで履いていくためのシューズです。そのまま簡単なクライミングならできるようにつま先がクライミングシューズのように平らにになっているのが特徴です。

言うなればタウンユースのシューズと本格的な登山シューズの中間にあたるシューズになります。色々な場面でも有効に使えるアプローチシューズは登山にも大変有効です。登山シューズとの違いと、登山でも便利な理由を紹介します。
以下では、

・どうして登山にアプローチシューズがいいの?
・普通の登山靴とアプローチシューズの違いは?
について触れていきます。

どうして登山にアプローチシューズがいいの?

アプローチシューズは本来岩場まで行くために作られたシューズです。しかし、短い距離とは言え、岩場までは不整地の道を歩くため普通の登山道と対して変わらない道をあるくことになります。見た目はタウンユースのシューズに近いですが、本格的な登山靴のように重くなく硬くもありません。

かといってランニングシューズまで柔らかくもなく、未舗装の道でも歩きやすい適度な剛性があります。登山道に行くまでの道も登山中も帰りの道でも履きやすいため、アプローチシューズは登山におすすめなのです。

普通の登山靴とアプローチシューズの違いは?

ここで改めて、本格的な登山靴とアプローチシューズの違いを説明していきます。本格的な登山靴は、重い荷物を背負ってデコボコした登山道を長時間長距離あることを想定して作られた靴です。

デコボコな道でバランスを崩しても足を守れるように、ソールからアッパーまで適度な剛性があり、様々な路面に対応します。山天気は崩れやすく突然の雨も多いです、そのような自体にも対応できるよう防水性も高い特徴があります。

アプローチシューズはタウンユースシューズの見た目に近く、足首が露出したローカットのタイプが多いです。本格的な登山靴よりも柔らかいですが、適度な剛性は持ち合わせています。街中から山まで違和感なく使える特徴があります。

アプローチシューズに必要な性能

アプローチシューズは街中でも山道でも、岩場のクライミングでも対応できるよう様々な性能を持っています。これは登山に行く時に履く場合でも必要な性能です、それぞれ詳しく紹介していきます。
以下では、

・悪路でも歩ける堅牢性
・岩肌に引っかかる食いつき
・防水性や透湿仕様かどうか
について触れていきます。

悪路でも歩ける堅牢性

アプローチシューズは、本格的な登山靴に比べると剛性に欠けるのですが、岩場までの悪路を歩けるようにある程度の堅牢性を持ってます。短い距離とは言え、デコボコ道やぬかるみがある場所を歩くこともあるため、ランニングシューズと登山靴の中間くらいの剛性を持つような構造になっています。

岩肌に引っかかる食いつき

アプローチシューズは、簡単なクライミングができるようになっているのも特徴です。そのため、つま先にクライミングゾーンを設けて岩も登りやすいようになっています。また、クライミングシューズのようにふらっとソールになっている特徴があるので、岩肌にも足が引っかけやすい大事な性能を持っています。

防水性や透湿仕様かどうか

アプローチシューズは山道でも履けるシューズであり、クライミングをする時にも使えるシューズのため、アッパーが撥水加工されていたり、防水透湿性様に加工されている特徴があります。アプローチシューズを購入する時には、急な雨やぬかるんだ山道、濡れている岩肌にも対応できるように防水性や透湿仕様がついているアプローチシューズを選ぶようにしましょう。

アプローチシューズは街履きにも!!

アプローチシューズはタウンユースシューズのような見た目のため、街中でも履くことができます。山でも対応できる性能を持っているため、見た目も使い勝手も良く、街履きでもおすすめです。
以下では、

・履き心地が抜群
・悪天候時でも使える
について触れていきます。

履き心地が抜群

アプローチシューズは悪路でも履けるようにある程度の剛性、路面に対するグリップ力を持ち合わせているため、履き心地が抜群に良いです。見た目もカラフルでスタイリッシュなデザインのものも多く、ジムの往復などにもおすすめです。

悪天候時でも使える

アプローチシューズは防水機能と、速乾性を持っているため雨の時に履くことでも活用できます。少しの雨では濡れにくく、大雨の時に履いても早く乾いてくれるため、悪天候の時に使えるため非常に便利なシューズです。

スポンサードサーチ

おすすめのアプローチシューズ10選

おすすめのアプローチシューズを10足紹介します。

FIVE TEN(ファイブテン) キャンプ4 1400458 2017年モデル

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

ファイブテン 5.10 ガイドテニーミッド(CAサン) 1400446

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

ファイブテン 5.10 アッセント(Dark Grey) 1400468

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

ARC'TERYX(アークテリクス) Arakys Approach Shoe Men's アラキス アプローチ シューズ メンズ 18718

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

SCARPA(スカルパ) テックアセント GTX SC21200

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

SPORTIVA(スポルティバ) TX 4 トラバース X4 17W

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

SPORTIVA(スポルティバ) Mix ミックス 17S

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

[ホグロフス] HAGLOFS ROCKER LEATHER GT MEN

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

[マムート] Wall Guide Low GTX Men 0609/graphite-inferno 3020-04891

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

まとめ

アプローチシューズは、舗装された道から山道、岩場まで対応できる性能で、登山に用いても様々な場面で活躍してくれます。自分の使用用途にあった機能を兼ね備えた登山用のアプローチシューズを選んで、登山ライフをもっと充実させましょう。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

 

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴


  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体

  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる

  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用

>>詳しくはこちら!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

【アイスホッケー】

特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手 小池龍太選手 監修】柏レイソルの不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールの投げ方の種類やコツを徹底解説!肘の使い方が重要!?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike