あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
gym

ジム料金を安くするために取れる対策やポイント 

スポシル編集部

公開日 :2018/07/25

更新日 :2019/05/09

今回の記事では、ジムの料金を安くするために取れる対策やポイントを紹介します。具体的にジムの名前も出しながら料金や用途について触れていきますから、自分に合った料金のジムを見つけてください。

ボルダリングの人気おすすめ本を知りたい方はこちら↓

ボルダリングの人気おすすめ本10選!【初心者・中級者向け】

目次

スポンサードサーチ

ジムの料金を安くするポイント

料金の安いジムを選ぶ場合には、用途や自分の都合やレベルに合わせたジムを探してみることが必要です。
用途別であなたにあった安いジムを見つけ出すことができます。
次の章からは、ジム別に特徴を紹介していきます。

  • 24時間営業のジム
  • 公共の体育館やスポーツセンター
  • 通いやすい時間帯に絞った民間経営のジム

24時間営業のジム

1つ目は24時間営業のジムです。
24時間営業のジムはいつでもトレーニングをするために通えるというメリットがあります。基本的にはインストラクターの必要ないトレーニングができるようにマシンを主に置いてあるジムが多くあります。
24時間営業の場合には、夜中にはスタッフが1人2人のため人件費を抑えることができるため、結果的に会員費を抑えることができます。

公共の体育館やスポーツセンター

公共の市民体育館やスポーツセンターは、都度都度利用することができるため年会費や月会費がかかることはないのですが、1回あたりの利用料金が500円かからないケースがとても多いです。
ただし、ジムの器具が古かったりと設備が整っていないことが多い可能性があります。

通いやすい時間帯に絞った民間経営のジム

民間企業が運営している「コナミスポーツジム」などのジムは、公共の体育館のスポーツジムよりも設備が充実していてインストラクターも教えてくれますし、パーソナルトレーナーが見てくれるようなジムとは違って1人で自由にできる点も魅力です。
公共の体育館のジムと24時間営業のジムの真ん中くらいの料金に設定されています。

安い料金で利用できるおすすめ民間ジム

安い料金で利用できる民間の経営しているジムはどんなものがあるのでしょうか?
次の章から民間のジムを紹介していきます。

  • JOYFITの特徴
  • ANYTIME FITNESSの特徴
  • セントラルの特徴
  • コナミスポーツの特徴
  • ルネサンスの特徴
  • ゴールドジムの特徴

JOYFITの特徴

まず1つ目はJOYFIT(ジョイフィット)です。
全国14都道府県に200店舗以上展開されているJOYFITは、税別7,000円~8,000円の会員になると、全国どこにある店舗にも通うことができます。出かけた時にいつでもジムに通える点が大きな特徴です。

ANYTIME FITNESSの特徴

2つ目はANYTIME FITNESS(エニタイムフィットネス)です。
ANYTIME FITNESSは24時間営業のジムです。世界各国に店舗を展開し、日本国内には全国33都道府県に店舗があります。
ANYTIME FITNESSの料金は月額税別で6,000円~8,000円ほどで会員になることができて、海外の店舗もどこでも通うことができます。もちろん日本にある店舗もどこでも通うことができます。

セントラルの特徴

3つ目はセントラルです。
セントラルというジムは日本のトレーニングジムの先駆けと言えます。北は北海道南は福岡まで26都道府県に店舗を展開しています。
セントラルはコースが豊富にあるため、月額会員費も税込6,500円~16,800円まで幅広い中から自分にあったコースを選ぶことができます。

また、元々はスイミングスクールだったということもあり、プールも併設されていることも特徴の1つです。

コナミスポーツの特徴

4つ目はコナミスポーツジムです。コナミスポーツジムは、民間が運営しているジムで、全国各地に300店舗以上展開されています。
料金プランは都度利用のコースと月額会員のコースがあり、料金プランが幅広く設定されています。最も安いコースだと都度利用で1,800円台から利用することもできるため、とても手頃な価格です。

月額会員のコースであっても最安値で3,000円台から利用できる点も魅力です。

ルネサンスの特徴

5つ目はルネサンスです。
北は北海道南は宮崎まで全国26都道府県に店舗が展開されています。
社内で、1年に1度のコンテストを行いスタッフの教育にも力を入れているルネサンスは、お客様満足度もとても高いです。
月額の会員費は4,500円~13,300円までと幅広く設定されているのですが、別途入会金と事務手数料もかかるため、会員になった当月は高いかもしれませんが、月額料金だけ見るとかなり安めです。

ゴールドジムの特徴

6つ目はゴールドジムです。
ゴールドジムは全国21都道府県に展開されていて、世界30ヶ国にも展開されている人気の事務です。特に、ボディービルダーなど本格的な筋トレをしている人に愛されている事務です。
月額料金は高いと思われがちですが、5,000円から利用できるという安さも魅力的です。

スポンサードサーチ

ダイエット・筋力アップを目指したパーソナルジムもおすすめ

ダイエットだけを目的としている人や、筋力アップだけを目指している人には、専門的なトレーニング方法を教えてくれるパーソナルジムもおすすめです。
次の章からパーソナルジムの特徴などに触れていきます。

  • パーソナルジムの特徴
  • 男性のトレーナーが苦手な方には女性向けのパーソナルジムの特徴
  • 費用を安く抑えるパーソナルジム選び

パーソナルジムの特徴

パーソナルジムの特徴に触れていきます。
パーソナルジムの大きなメリットは、1対1のマンツーマンで教えてくれるという点です。自分にあったメニューをインストラクターが考えてくれて、自分のリズムやペースに合わせて無理なく続けることができる点も、パーソナルジムが多くの人から愛される理由です。

デメリットとして挙げられるのは、値段が高いという点です。パーソナルジムは民間の運営しているジムや24時間営業ジムに比べるとかなり料金が高く設定されていて、数十万円かかる場合もあります。

しかしながら、自分にあったメニューをプロが考えてくれて一緒に見てくれるということを考えると、数十万円するのは仕方がないことと言えます。

男性のトレーナーが苦手な方には女性向けのパーソナルジムの特徴

パーソナルジムには男性だけでなく女性も通います。そのため、女性が通いやすいように男性のトレーナーのいない女性のトレーナーだけの、女性向けのパーソナルジムもあります。
女性向けのパーソナルジムの場合のメリットは女性のために考えられたトレーニングプログラムを組んでくれるという点です。
女性と男性では体の作り方も脂肪が燃焼されるスピードなども違うため、男性用のメニューを女性がこなすことは大変ですし、体がついていかない場合もあります。

女性のためのメニューを受けたい人は、女性向けのトレーニングジムに通うことをおすすめします。

費用を安く抑えるパーソナルジム選び

パーソナルジムに通うことは料金が高いと書きましたが、その料金を抑えるためには規模の小さいジムを選ぶことをおすすめします。
例えば、マンションの一室をパーソナルジムとして運営している場合には、ジムの設備費や管理費などを抑えることができるため、それが会員の料金にも還元されて月額料金を抑えることができます。

まとめ

今回の記事では、ジムの種類別の特徴や全国展開されている主要なジムの料金などについて触れてきました。
ジムに通う際には自分の予算に合ったジムを選びたいものですから、今回の記事を参考にして自分のレベルや用途に合わせて安いジムを見つけてみてください。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

 

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

【アイスホッケー】

特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手 小池龍太選手 監修】柏レイソルの不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールの投げ方の種類やコツを徹底解説!肘の使い方が重要!?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike