あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
pilates

ピラティスの効果について解説!

スポシル編集部

公開日 :2018/07/23

更新日 :2019/09/11

美容や健康に良い運動は、性別や年齢を問わず取り組みたいと考えている方々は数多くいらっしゃるのではないでしょうか。その運動の中でもピラティスは大変人気のある運動方法の一つです。言葉には聞いたことがあっても、実際にどのようなことを行うのか、どのような効果があるかは意外と知られていない運動です。

今回は、そのピラティスの効果について説明していきます。これから新たに運動を取り入れようと思っている方、ピラティスに興味はあるけど、その内容を知らないために中々取り組むことができない方におすすめです。

ピラティスとヨガの違いに関する記事はこちら↓↓

ピラティスとヨガの違いとは?目的や効果の違いを徹底解説!

目次

スポンサードサーチ

ピラティスはどんなエクササイズなのか?

ピラティスとは、呼吸方法やポーズを用いて身体の中心にある体幹機能を安定させるとともに、柔軟性向上を目的とした動作と組み合わせて、体の正しい動きを学習させるエクササイズです。最近ではスポーツ競技におけるパフォーマンス向上に役立つことにも注目を集め、有名スポーツ選手が実施していることでも知られています。四肢を効率よく動かすためには、それらの中心である体幹機能が大変重要であり、美容や健康だけでなく、スポーツ分野においても積極的に導入されています。


【ピラティス&ヨガスタジオ『Olulu-オルル-』】のサイトはこちら

ピラティスの人気おすすめウェアに関する記事はこちら↓↓
ピラティスの人気おすすめウェアをもれなく紹介!

ピラティスとヨガの違い

ピラティスとヨガについて、一見同じような運動のように見られます。しかし、その運動方法や考え方は全く違います。それら二つの違いについて説明します。

ここではピラティスとヨガの違いについて以下の点でご紹介致します。

  • 身体的な面を重視している
  • リラックス効果が目的ではない
  • マットや補助器具が必要

身体的な面を重視している

ピラティスは、体幹機能、すなわちコアを刺激し、姿勢や動きの改善を目的として実施します。その点においてヨガは、瞑想をしたり、精神的な面や宗教的な面も持っています。運動方法は、ゆっくりとした動きの中で呼吸を整えるため、身体的な面よりも、精神的な内面にも重きを置いています。

リラックス効果が目的ではない

ピラティスでは体幹機能の強化により、より美しく、安定した姿勢を獲得できるように行うことが目的です。体をリラックスさせる目的のヨガとは違い、落ち着かせたり、リラックスさせるなどの効果は少ないです。運動内容としてはヨガよりも少しハードな運動方法です。

マットや補助器具が必要

ピラティスを効率よく行うためには、まずはマット上でのポーズを基本として行います。まず導入するにあたり、教室や自宅で行う際にもマットを敷き行うことが多いです。また、レベルが上がるにつれて、より高度な運動になるため、時として補助器具を必要とするときもあります。ヨガは基本的には器具などを必要としません。


ピラティススタジオに関する記事はこちら↓↓
目黒のおすすめスポーツジム、ホットヨガ、ピラティススタジオ6選

スポンサードサーチ

ピラティスの効果

ピラティスには実際にどのような効果があるのでしょうか。その詳細について説明していきます。

ここではピラティスの効果について以下の点をご紹介致します。

  • 姿勢を良くする
  • 腰痛の緩和
  • 筋肉の緊張を和らげる
  • 関節を柔らかくする
  • バランスのとれた体にする
  • ダイエットになる

姿勢を良くする

立ち仕事やデスクワークなど、ある一定の姿勢を行っていると、疲労により姿勢が崩れたり、知らぬ間に不良姿勢で長時間過ごしてしまうことがあります。不良姿勢は体に様々な健康的な問題を引き起こす可能性があります。また、容姿としても問題となります。ピラティスの基本はポーズ、すなわち正しい姿勢です。体幹の機能を強化しながら、より美しく、安定した姿勢を作っていきます。

腰痛の緩和

腰痛の原因は様々ありますが、その原因の一つに体幹機能の低下や不良姿勢での動作が影響すると言われています。ピラティスによるエクササイズにより、より安定的な体幹機能を得ることができるため、腰痛予防や緩和には効果があります。運動の種類により腰痛が出るときは器具の使用を検討し、より良い効果ができるよう調整してください。

筋肉の緊張を和らげる

ピラティスによる運動の中には、体の筋肉をストレッチする動作が含まれています。筋肉のストレッチには、筋肉の緊張を改善する効果があり、腰痛や肩こりなどのケガの解消や予防に効果があります。また、過緊張になり呼吸が行いにくくなったりすることも改善することができます。

関節を柔らかくする

体が硬いということは、筋肉が硬くなっている証拠です。筋肉が硬くなると関節が動きにくくなってしまいます。筋肉の緊張が改善すると、筋肉がついている関節の可動性が拡大しより柔軟な関節になります。

バランスのとれた体にする

ピラティスによるポーズは体幹の機能を向上することで、四肢の動きやそれに伴う動作がより安定します。生活する上で、利き手や利き足があるということは、非対称な動きをどうしても行ってしまいます。両側対称的なポーズや運動中に左右差に気づき、意識的に運動することで、バランスの取れた体や動きになる効果を期待することができます。

ダイエットになる

ピラティスは、その運動方法から体幹機能の強化や体の柔軟性を得ることができます。体幹機能の強化のためにはある程度の負荷を体に与えなければなりません。その運動負荷は体のカロリーを消費させ、新陳代謝を亢進させます。また、柔軟性を得るためのストレッチにおいても、同様の効果があると言われています。また、持久的な運動を取り入れるとより一層の効果があります。

ヨガの好転反応が起きる原因に関する記事はこちら↓↓
ヨガの好転反応が起きる原因を徹底解説!

ピラティスの効果が出る頻度

ピラティスを始めるにあたり、いったいどのぐらいの期間行えば効果が出てくるのでしょうか。その期間と頻度について説明していきます。

  • 初心者は週1でも効果は出る
  • おすすめは週2~3

初心者は週1でも効果は出る

ピラティスに限らず、運動の回数としては最低週1回でも効果が出ると言われています。特に初心者においては、運動によるカロリー消費を行っていないため、ピラティスの実施により効果が表れやすいと考えられます。どんな運動においても、その効果を出すためには、継続的な実施が大変重要になってきます。初めから頑張りすぎると継続することに苦痛を感じるかもしれません。ますは、効果の出る最低の実施回数から始められるのがいいのかもしれません。

おすすめは週2~3

最低でも週1回の継続的な実施で効果が表れると思いますが、慣れてくればその頻度を多くするとより効果は表れてきます。また、回数とともに実施に際してはより効果が出るように、目的とする運動を確実に実施できることがポイントです。自宅でDVDや書籍を活用して、一人で実施することも可能ですが、教室などで専門のインストラクターから指導してもらう方がより効果的だと考えます。

通いやすい環境や予算面などを考慮して検討してください。また、運動自体は毎日行えばいいというわけでもなく、適度な休息により使った筋肉を休ませることも重要です。休まずに続けると逆効果になってしまいます。よって、最終的には週2~3回程度での実施をおすすめします。

ホットヨガを毎日する事に関する記事はこちら↓↓
ホットヨガを毎日するとどうなる!?

スポンサードサーチ

ピラティス 効果まとめ

ピラティスの効果について理解することはできたでしょうか。ピラティスの大きな目的でもある体幹機能の強化や柔軟性を獲得し、ご自身が目指す美容や健康に少しでも役立てることができればと思います。運動の基本は目的とする動作を適切に、継続的に実施することです。ピラティスを開始当初は運動になれず大変かもしれませんが、慣れてくればその効果を実感し、、ピラティスの良さを感じることができると思います。一度チャレンジしてみてください。

合わせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定