あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
ice hockey

【アイスホッケー日本代表選手 監修】早く走る!敵を抜くためにとても重要!アイスホッケーの靴をご紹介

三浦優希

公開日 :2019/06/07

更新日 :2019/06/07

ここでは、おすすめのアイスホッケーの靴を紹介しています。

そのため、おすすめの靴が知りたい人は参考にいてください。靴を選ぶ際に自身の足のサイズに合う靴を選ぶことが大前提です。

また、アイスホッケーを行う最中に紐がほどけてしまうと怪我の原因になるため、結び方や履き方も知識も見つけるようにしましょう。

中古の靴も販売されており、より安い値段で購入することができ、初心者や安い値段で購入したい人におすすめです。

靴下の選び方によって靴の履き心地に影響が出るため、アイスホッケーに合った靴下を選ぶことも大切です。

目次

スポンサードサーチ

アイスホッケー用の靴とは


アイスホッケー用の靴といえばスケート靴を想像する人も多くいるのではないでしょうか。
しかし、スケート靴やフィギュアスケートで使用する靴とは違う部分が多くあります。

まず、靴の下に取り付けられている刃の大きさが他の靴に比べて小さく作られています

また、細かいターンやブレーキをかけやすい形になっているため、性能も他の靴と比べると違う部分が大きくあります。

靴自体の作りにも違いあり、軽さを重要視しているフィギュアスケートの靴に比べて、アイスホッケーの靴は分厚い素材で作られています。

アイスホッケーを始める際にはまず靴の性能や特徴を把握することで靴選びも順調に進めることができます。

自分に合ったサイズを知ろう!


アイスホッケーの靴を購入する際にサイズ感を合わせることが大切です。
自身の足のサイズとあっていないと快適にアイスホッケーが行えない可能性が高く、怪我をしてしまうリスクも高めてしまいます

サイズをあらかじめ測定することで購入後のトラブルを避けることができますが、自身で測定するよりも店員に任せることをおすすめします。

ネットで購入する場合も事前に店員に測ってもらい自身の足のサイズを確認してからネットで注文することをおすすめします。

フィット感を得ることで靴本来の性能を得ることができるため、いくらフィット感に優れている靴を選んでいてもサイズが違えば当然フィット感を得ることができません。

アイスホッケーは氷の上で競技するスポーツであるため、非常に不安定な環境で行います。
足首の負担が大きくなる傾向があり、怪我のリスクを減らすためにもサイズの合った靴を選べるようにしましょう。

スポンサードサーチ

アイスホッケー用の靴紐は2種類ある⁉


アイスホッケーの靴は靴ひもで結ぶことで足にしっかり固定することができます。
靴を購入した際に靴紐も結ばれて手元に届きますが、自身に合った靴紐に取り換えることも少なくありません。

そのため、店頭やネットでも靴紐だけが販売されており、手軽に購入することができます。

靴紐にはワックスが塗られているタイプと、塗られていないタイプの2つの種類があり、それぞれ特徴や履き心地に違いがあらわれます。

ワックスが塗られている靴紐は硬さがある靴紐に仕上がっており、伸びる幅が極端に少ないです。
そのため、しっかり結ぶことができ、プレイ中に結び目が緩んでしまうことがありません。

ワックスが塗られていない靴紐は一般的な靴紐であり、履き心地が良いフィット感を得ることができます。
靴紐一つで履き心地に違いがあらわれるため、プレイにも影響が出やすいです。自身に合った靴紐にすることでストレスなく靴を履くことができます。

怪我しないための靴紐の結び方


アイスホッケーに使用する靴は靴紐を結ぶ必要があります。
一般の靴の靴紐と同じ結び方でも問題ありませんが、すぐにほどけてしまうリスクがあり、あまりおすすめできません。

靴紐が緩んでしまったり、靴が途中で脱げてしまうと怪我をしてしまうリスクが高まります。
そのため、結び目が解けにくい結び方を身につける必要があります。

結び方を工夫することでほどけにくい結び目にすることができ、競技中に靴が脱げてしまうことを予防できます。

アイスホッケーの靴の結び方はさまざまな種類があり、自身に合った結び方を把握することをおすすめします。

靴紐の結び方と聞くと難しいイメージがありますが、最後の結び目はリボン結びであるため、特別な技術は必要がりません。

靴紐を通す穴の入れ方が違う場合が多いため、基本的な結び方を覚えればすぐに実践することも可能です。

スポンサードサーチ

アイスホッケー専用の靴下を履くべき?


アイスホッケーを行う際にソックスを履きますが、無理に専用の靴下を購入する必要はありません。
他のスポーツで使用する靴下で代用することが可能です

基本的に長く薄い生地の靴下であれば問題なく使用することができます。

しかし、アイスホッケーは氷の上での競技になるため、冬の季節になるとより冷え込みが激しくなります。
そのため、厚めの生地の靴下なら保温効果があるため、足元が冷えてしまうことを予防できます

厚手の靴下は保温性はありますが、靴が履きづらくなる場合もあるため、使いやすさで靴下の厚みを変えるようにしましょう。

通気性や速乾性に優れている靴下を選べば快適に履くことが可能です。

靴は値段が高ければいいってわけれはない!


アイスホッケーの靴はさまざまな種類があり、値段もピンからキリまであります。
そのため、靴を購入する際に悩んでしまう場合が多いです。

値段が高ければ性能が良い可能性がありますが、必ずしも自身に合うというわけではありません。
値段の高さだけで購入してしまうと後悔してしまいやすいです

アイスホッケーの靴は決して安いものではないため、購入後に使い心地が悪いという理由で簡単に買い替えることができません。
買い替えるようなことにならないように購入前にしっかり自身に合っているかを確認してから購入するようにしましょう。

一般的に初心者の場合は高級な靴を購入するのではなく、安い値段の靴やバランスの良い靴を購入することをおすすめします。

上級者になればより自身の足に合った靴が必要になるため、高くても自身に合う靴ならば購入するようにしましょう。

スポンサードサーチ

アイスホッケー用の靴は履くので一苦労⁉


アイスホッケーの靴の履き方を知らない人も多くいるのではないでしょうか。
靴なので普通に履けるという感覚で履こうとすると痛い目に合います。アイスホッケーの靴は履きづらい特徴があります。

その分フィット感に優れているため、靴ずれをするリスクがありません。
いきなり靴の中に足を入れても最後まで入れることができません。

そのため、靴紐をまず緩める必要があります。
靴下もシワがないようにしっかり伸ばしておくことで快適に足を入れることができます

靴紐を緩め、ベロを倒すことでつま先まで足を入れることができます。

つま先まで入れることができればかかとも靴の中に入れ、かかとで床を叩いてかかとの位置を決めましょう。

足を入れることができれば靴紐を結べば完了です。
靴紐はすべてきつく締めると圧迫感を感じてしまうため、つま先部分の紐は浮かない程度に締めることがポイントです

アイスホッケー日本代表 三浦選手愛用の靴!





SPOSHIRU編集部



Q.三浦選手が愛用しているアイスホッケーの靴を教えてください!







三浦選手



僕が愛用しているアイスホッケーの靴は、Bauer社のVapor 1Xというモデルになります。元々は他のモデルを使用していたこともあるのですが、いまいち足のフィット感や、スケートとエッジの設置位置がぴったりとハマる感覚がありませんでした。しかし、こちらのVapor 1Xに変えてからはその心配はなくなり、自分が動きたいと思った方向通りにスケーティングができるようになりました。また、足の裏のしびれや疲労なども一気に減り、ストレスのない滑りが続けられるようになりました。プレイヤーの身からすると、このスケートはかなり軽いと感じます。デザインの特徴としては、足首のあたりから脛にかけては通常より硬い素材が使われており、万が一パックが足に当たった時のダメージを軽減させてくれます。アイスホッケーにおいて、自分の最大の武器であるスケーティングのパフォーマンスを高めてくれているこのモデルは、大変重宝しています。形の好みやスケーティングスタイルは選手にとって十人十色のものなので、見た目やかっこよさだけではなく、しっかりと機能を重視した上でスケート靴を選ぶことをお勧めします。また、より自分の足の形にフィットさせるために、購入後には専用のオーブンでスケーティングを温め、その状態でスケート靴を履いて自分の足の形に合わせるという方法が一般的です。このサービスはだいたいのアイスホッケーショップにあるものですので、こちらもぜひお忘れなく!



スポンサードサーチ

まとめ

本記事ではアイスホッケーで使用する靴の選ぶポイント等について解説してきました。

アイスホッケーを行う際に靴の選び方で大きな影響がでます。
靴の選び方を間違えてしまうとうまくアイスホッケーができないだけではなく、怪我をしてしまうリスクを大幅に高めてしまいます。

自分に合った靴を選んで、より安全に楽しくアイスホッケーを行えるようにしましょう。

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

【アイスホッケー】

特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手 小池龍太選手 監修】柏レイソルの不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールの投げ方の種類やコツを徹底解説!肘の使い方が重要!?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike