あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
snowboard

スノボメンズウェアの選び方と人気おすすめ10選【おしゃれ好き必見!】

スポシル編集部

公開日 :2018/07/25

更新日 :2020/05/11

スノーボードをする上でウェアはボードに次いでその人の個性が表れると言われているほど注目されています。

ゲレンデを滑っていると様々な色のウェアを来た人で溢れているのでゲレンデでは普段は着ない派手な色を着てみたいという方も少なくはないんじゃないでしょうか。

この記事ではメンズ用のスノーボードウェアの選び方や人気ブランドなどを、これからスノーボードを始めようと考えている方から上級者の方まで幅広く紹介します。

おすすめ関連記事↓

【ウェアの下には?】スノボ・スキー用インナーの選び方と人気おすすめ10選

目次

スポンサードサーチ

ウェアを選ぶ上での注意ポイント

スノーボードのウェアを選ぶ上で気をつけるべきポイントは、サイズでしたり、機能面やデザインなど様々あります。

ウェアはとても高価な物ですのでしっかりと上記の3つのポイントを考えた上で、自分好みのスノーボードウェアを購入する事が大切です。

以下では、サイズ、デザイン、機能面、の項目ごとにウェアを選ぶ上での注意点について言及します。

スノボは全身を使うスポーツなのでサイズはしっかりと自分に合ったものを選びましょう。

一昔前までは、ハーフパイプ元日本代表で有名だった成田兄弟や国母さん、アメリカ現代表にして現代のスノーボードの神様とされているショーン・ホワイト選手が腰パンをしていたのに憧れて大きめのサイズを購入する人がほとんどでした。

しかし、今のスノボウェアは比較的大きめに作られているので自ら大きいサイズを選ぶ必要はありません。

しっかりと、動かしやすい丈のあった服を選ぶようにしましょう!

スノーボードをするとなると、カッコいいデザインのウェアを着て滑りたいと思う方がほとんどでしょう。

それに合わせて、スノボウェアも多種多様なデザインが出されています。

ブランドによってもデザインは様々です。

自分のお気にいりのブランドを見つけるのもいいかもしれませんね!

その中で、自分に合ったウェアを見つけだすのは難しいですが、サイズなどと合わせてショップの店員さんに尋ねるなどして最高の一着を購入しましょう!

パウダーガード

パウダーガードとは、ウェア内部の腕や足に雪が入ってこないようにするアイテムです。

スノボでは単に滑走をしている際にも僅かな隙間から雪が侵入してくることや、停止時に手を雪面に置いた時に袖口から一気に雪が入ってしまうこともあり、それらを防ぐことができます。

また、性能が高いものによっては、転倒した際に大きくウェアがめくれあがるような状況も防いでくれます。

形式としてはゴム紐を引っ張って布を締めるタイプと、ボタンでパンツにかぶせて留めるタイプのものなどがあります。

基本的にほとんどのウェアについているマストなパーツですが、一昔前のウェアであったり、春先用の薄手のタイプではパウダーガードが付いていない場合もありますので、中古品やオールシーズン物を買う際はきちんとチェックしましょう。

耐水圧

一昔前のスノボウェアなどは耐水圧性能が低く、ウェア表面に付いた雪が浸み込んでインナーが濡れるということもありましたが、最近のウェアは耐水圧性能が優れているものが多く、耐水圧の面ではあまり気にする必要はないでしょう。

最近のウェアの耐水圧性能はウェアを2層3層構造で設計することにより、耐水性だけでなく透湿性や通気性、保温性をきちんと維持したうえで全体の性能を高めることに成功しています。

3層構造は表面の生地と防水加工、そして裏地によって構成されていますが、裏地の加工が無い2層構造のものでも十分に透湿性や耐水圧は優れています。

新品の場合、ラベルに耐水圧の水玉模様の紙ラベルがあるのでチェックしてみましょう。

ベンチレーション

ベンチレーションとは、スノボウェア内の温度調整機能であり、ウェア内にこもった湿気を外部へと放出し、ムレを抑えてくれる機能です。

大半のスノボウェアは脇の下にベンチレーション用のチャックが付いており、このチャックをが開くことでウェア内の湿度を下げます。

「なぜスノボというウィンタースポーツで体が冷えるはずなのにわざわざチャックを開いて温度を下げるのか?」という疑問がわくかもしれませんが、スノボは全身で動く激しいスポーツであり、防寒着として保温性に優れたウェアを着ていると冬でも身体が暑くなることがあります。

ベンチレーションは激しい運動から生じる暑さから身を守る役割を果たしているのです。

ベンチレーション機能がウェアに備わってないと、暑さやムレによって滑りに集中できなくなってしまうため、非常に重要な機能と言えます。

リフトパスホルダー

リフトパスホルダーはスキー場で貰うリフトパスを携帯するためのポケットであり、最近のスノボウェアでは腕などに最初からついているものも増えてきています。

元々は別売りのパスホルダーが販売されており、首掛けタイプのものが主流でした。

現在では、腰回りや足部分など様々な箇所に装着するタイプが増えてきており、最初からウェアにパスホルダーが付いている物も多くなってきています。

別売りのパスホルダーもデザイン性に富んでおり、比較的安価な物が多いためこちらも十分おすすめです。

ただし、ウェアの機能としてついているタイプの場合は基本的にウェアの邪魔にならない部分についていることが多く、純粋なスノボのプレーを楽しみたい方にはこちらをおすすめします。

ゴーグルポケット

ウィンタースポーツ用のゴーグルは、スノボをプレーする場合において安全面を担う必須のアイテムであり、それ故に取り扱いに慎重にならざるを得ない物でもあります。

ゴーグルが曇ることは最も避けねばならない事態であり、ゴーグルを一時的に外す際に額部分に上げるだけでは、汗などでゴーグル内部がムレてしまうため推奨できません。
そのため、ゴーグルを外す際にはゴーグル袋か、ウェアに付属しているゴーグルポケットにきちんとしまうようにしましょう。

ゴーグルポケットはウェアの内側にある場合が多く、ムレを軽減するためメッシュ構造になっている場合が多いです。

ただし、ゴーグルの品質を維持するため、できる限りゴーグルはウェアのポケットではなく、ゴーグル袋に入れて管理するようにしましょう。

ミュージックプレイヤーポケット

最近ではスマホやiPodなどで音楽を聴きながらスノボを楽しむ人も増えてきています。

しかし、ミュージックプレーヤーは精密機器であり、水に弱いものが大多数です。

もちろん個々のプレーヤー自体の防水・防塵加工技術も発達しており、多少の雪程度には耐えうることが多いですが、それでも激しい運動を行う以上はしっかりとプレーヤーを保持・保護するようにしておく必要があります。

そこで必要になってくるのがミュージックプレイヤーポケットであり、主にウェアの胸ポケットや内ポケットとして存在する場合が多いです。

当然ながら耐水性に優れたポケットとなっており、激しく体を動かすプレーでもプレーヤーを落とすようなことが内容に固定できる形状になっていることが多いです。
場合によってはゴーグルポケットを代用することもできます。

型落ちしたウェアが狙い目!

スノーボードのウェアはとても高価であり、各種メーカーの最新モデルなどはデザインや機能面に優れている反面、特に高価な物となっています。

しかし、最新モデルではないもの、いわゆる「型落ち」した物であれば、比較的安価に入手することが可能です。

型落ち品ですが、デザインに関してはブランドの特色が引き継がれていくものであるため、自分が欲しいモデルさえ見つければその型落ち品でも十分気に入る物が存在している可能性が高いです。

機能面に関しては当然ながら最新モデルの方が優れていますが、極めて革新的な技術や性能が登場した場合以外は、型落ち品でも十分な性能をキープできているため、強い拘りがない限りは型落ち品を購入するのもおすすめです。

スポンサードサーチ

スノボウェアのメンテナンス方法

高価なスノボウェアは、メンテナンスが必要です。

畳み方一つでシワになったりしますし、臭いが取れないことも多々あります。

以下では、ウェアのメンテナンス方法について言及していきます。

通常の洗濯機でスノーボードウェアを選択する場合は、普通の洗剤で洗ってはいけません。

お使いの洗濯機によっては、ウェアの防水加工・撥水加工で故障の原因にもなります。

そのためなるべく洗濯機は使わないようにしましょう。

どうしてもという方は、洗濯機の仕様書を確認の上、ニクワックスという洗剤を使いましょう。

ニクワックスはスポーツ用品店やネット通販などで販売していますが洗剤にしては非常に高価ですので、準備の段階で気をつけるこよをおすすめします。

スノボウェアのメンテナンスの基本としては、スキー場から帰ってすぐに天日干しで乾かすのが良いでしょう。

その際に、消臭剤をかけ流などをして臭いを消すとなお良いでしょう。

特に内側は汗などの臭いが残っている場合があるので、入念にチェクしましょう。

畳み方に気をつける

ウェアはとても繊細です。

グシャグシャにしまうと翌シーズンに着ようと思った時にとシワが多くなりかっこ悪くなってしまいます。

折り方を丁寧にしてしまうのもいいですが、基本はハンガーにかけてクローゼットなどにしまいましょう。
パンツも同様に専用のハンガーでかけましょう。

管理の仕方としては、スーツやジャケットと同じです。

シーズン後にはクリーニング

クリーニングを出すのも良いでしょう。

臭いはもちろん、シワなどもある程度綺麗に戻ってきます。

値段もそこまでしませんのでおすすめです。

スノボウェアのおすすめブランド

スノーボードウェアは多くのブランドが展開しています。

その中でおすすめのブランドをいくつかピックアップしましたのでご紹介します。

バートンは1977年にアメリカのバーモント州で設立されたスノーボード用品製造販売会社です。

バートン製のスノボウェアは機能性やデザイン性もさることながら、長い歴史による実績から多くのプロスノーボーダーからも愛用されており、世界トップクラスのスノーボーダーのスポンサーについているという確かな歴史と実績から、初心者から上級者まで幅広く求められるトップメーカーとして知られています。

ウェアの機能面では主にゴアテックス素材を使用し、撥水性、速乾性、透湿性、保湿性などで多岐にわたる性能を高い水準で維持しており、強い信頼がおかれています。

デザイン性にも優れており、プロスノーボーダーが自らデザイン設計に関わるなど、非常にブランドとしての格もあるメーカーです。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)は1968年にアメリカで設立された登山用具を始めとしたアウトドア用品を開発・販売しているメーカーです。社名の由来であるヨセミテ国立公園にあるハーフ・ドームの北壁をイメージしたロゴで有名です。

元々が厳しい環境下に特化した登山用品から始まったメーカーのため、機能面での開発技術は非常に高く、多くの独自技術を用いた商品を販売しています。

デザイン面でも優れた商品が展開されており、スノボを始めとしたウェア部門でも非常に高い評価を受けています。

スノボウェアに限った評価としては、あくまで極所におけるアウトドアウェアとしての販売に限っており、スノボ限定用品として扱う商品はありません。

しかしその分機能性は抜群であり、激しいプレーに集中したい人におすすめなメーカーです。

volcom(ボルコム)は1991年にアメリカで設立されたスケートボード、スノーボード、サーフボード向けのファッションアイテムを開発・販売しているメーカーです。

各種ボーダー向けに特化したウェアを中心に商品を展開しており、独自のパンキッシュデザインが特徴のブランドです。

パンクロック分野への進出など、一貫したパンキッシュなブランドコンセプトを追求しており、"Youth Against Establishment"(体制に反抗する若者)というテーマの元、若者を中心に絶大な支持を集めています。

デザイン性が最大の特徴ですが、機能面においてもしっかりと安定した評価を獲得しており、革新的な技術開発にも力を入れているメーカーです。

スポンサードサーチ

スノボウェアメンズおすすめ10選!

サイズ XS、S、M、L、XL
カラー True Black、Baby Blue
素材 GORE-TEX

バートンのMen’s AK457 Guide Jacketはスノーボードを始めとしたウィンタースポーツ全般に対応したスノーボード用ウェアです。

バートンのブランド、AK457はスノーボーダーを始めとした雪山で行われるウィンタースポーツ全般に対応しているウェアモデルであり、多くのバートン独自の技術が活かされています。

素材には防水透湿素材の最大手GORE-TEXを用いて3層構造による優れた機能性を発揮します。

パスホルダーやゴーグルポケットなどの基本的なポケットも大方付けられており、非常に汎用性が高いウェアに仕上がってます。

サイズ XS、S、M、L、XL
カラー True Black / High Viz、Safari、Flyer
素材 ポリエステル、ナイロン

バートンのAnalog Blast Jacketはデザイン性と機能性の両立をとことん追求したスノーボード用ウェアです。

軽量かつ耐久性の高いリップストップ素材を採用し、2層構造で保温性や通気性なども高い水準に保っています。

パンツとつなげられるインターフェイス付きで、人間工学的により優れた撥水性を発揮することを可能にしています。

各種ポケットやベンチレーションなどもしっかり備わっており、高いデザイン性も評価できる非常に実用性のある一品です。

バートン Men's Burton [ak] GORE‑TEX Cyclic Jacket

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ XS、S、M、L、XL
カラー Russet Orange、Blotto、True Black、Drydye Black、Cloud Ripstop、Keef Shelter Camo、Kelp、Classic Blue、Port Royal / Dress Blue / Russet Orange
素材 GORE-TEX、ポリエステル、ナイロン

バートンのMen's Burton [ak] GORE‑TEX Cyclic Jacketは豊富なカラーバリエーションがある全天候対応型のスノーボード用ウェアです。

生地はGORE-TEXをメインとした2層構造になっており、非常に多岐にわたる優れた性能を発揮し、あらゆる天候に対応できる冬だけでなく春先でも着こなせる仕上がりになっています。

全9種類にも及ぶカラーバリエーションは、それぞれはシンプルなデザインながらも特徴がはっきりとしており、ファッションアイテムとしての性能も高いモデルです。

ザ・ノース・フェイス FL ピューリストジャケット(メンズ)

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ XS、S、M、L
カラー クロロフィルグリーン×ウェザードブラック、ブルーウイングティール×ウェザードブラック
素材 ポリウレタン、ナイロン

ザ・ノース・フェイスのFL ピューリストジャケット(メンズ)は「滑走」と「登攀」の2種類のウィンタースポーツに求められる動きに対応したスノーボード用ウェアです。

バックカントリースノーボード及びスキー向けの「STEEP SERIES(スティープシリーズ)」の最新モデルです。

使用者に寄り添った設計になっており、激しい運動や厳しい環境にも耐えうる耐久性と機動性を追求した一品です。

スノボやスキーに求められる「滑走」に対する性能だけでなく、「登攀」という異なる動きにも対応できるザ・ノース・フェイスならではの仕上がりになっています。

ザ・ノース・フェイス FL フリーシンカージャケット(メンズ)

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ XS、S、M、L
カラー ブルーウイングティール×ウェザードブラック、パパイヤオレンジ×ウェザードブラック
素材 ポリウレタン、ナイロン

ザ・ノース・フェイスのFL フリーシンカージャケット(メンズ)は残雪期用に防水透湿性を追求したスノーボード用ウェアです。

ザ・ノース・フェイスが独自開発したポリウレタン繊維からなる防水透湿素材「FUTURELIGHT™」を採用した、STEEPシリーズの残雪期用モデルです。

非常に優れた透湿性を誇る3層構造の生地がであり、激しい運動で発汗してもムレを抑えて着脱ストレスを軽減してくれます。

機動力を向上させるためにあえてベンチレーションを排除していますが、通気性などをその分向上させている機能性に特化した一品です。

ザ・ノース・フェイス FL エーキャドジャケット(メンズ)

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ XS、S、M、L
カラー ブリティッシュカーキリッジラインカモプリント×ウェザードブラック、ブルーウイングティール×ウェザードブラック
素材 ポリエステル、ポリウレタン、ナイロン

ザ・ノース・フェイスのFL エーキャドジャケット(メンズ)は汎用性を高めたフリーライド向けスノーボード用ウェアです。

防水透湿素材「FUTURELIGHT™」を採用した優れた透湿性を誇る3層構造設計になっており、さらにソフトシェルと同等の伸縮性・柔軟性を誇るウェアに仕上がっています。

激しい運動でも違和感を覚えないつっぱり感の少ない機動力を実現しており、ベンチレーションやポケットも極力邪魔にならない位置に付けられている、運動力を重視した一品です。

サイズ XS、S、M、L、XL
カラー Black
素材 ポリエステル

ボルコムのD.s. Long Jacket Blackはシンプルな黒のデザインが特徴のスノーボード用ウェアです。

伸縮性に富んだ生地を採用した機能性の優れたウェアとなっています。

調節可能なシンチストラップやチンガード、2wayカフシステムなどが採用されており、更にムレを解消するベンチレーションや伸縮性のあるパウダーガードなどの機能も備わっている実用的な一品です。

ボルコムとしてはある種異質なシンプルな黒一色のデザインが逆に映えるウェアに仕上がっています。

サイズ XS、S、M、L、XL、XXL
カラー GRY [GREY]
素材

ボルコムのAlternate Jacket - Multiは多機能が特徴で型落ち品が多く市場に出回っているスノーボード用ウェアです。

スノボウェアとして必要な機能性の多くを備えた非常に汎用性に優れたウェアとなっています。

快適なプレーをサポートしてくれる各種機能が採用されている実用的な一品であり、ボルコム独特のデザイン性も評価が高いです。

特に、型落ち品が中古で多くの販売店で出回っているため、入手が簡単であり、スペックは十分な物が揃っているため初心者におすすめできる一品です。

サイズ S、M、L、XL
カラー Model、#1、Thrasher Camel、Thrasher Black
素材 ポリエステル

AA HARDWEAR(ダブルエーハードウェア)のSKATER JACKETは非常に特徴的なバックプリントデザインが目立つスノーボード用ウェアです。

撥水加工素材やジップ付きポケットなどの機能によって雪の侵入を防ぐスノボウェアとして一定の品質を維持しています。

最大の特徴がバックプリントであり、特にModelタイプは背中に大きく女性モデルの写真がプリントされており、ひときわ目立つデザインに仕上がっています。

AIRBLASTER(エアーブラスター) TRENCHOVER JACKET

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ S、M、L
カラー Goat-Bone、Night-Bone、Grizzly-Oxblood、Savage-Dinoflage、Antler-Blush

AIRBLASTER(エアーブラスター)のTRENCHOVER JACKETはデザイン性と撥水性に優れたスノーボード用ウェアです。

撥水加工を施した2層構造のシェルジャケットとなっており、ベンチレーションといったスノボウェアにほしい機能も搭載されています。

パスホルダーも付いたパウダーガードは脱着可能なタイプであり、状況によって選ぶことができます。

フルボディタイプのジッパーのため、ウェアの脱着もスムーズに行うことができ、非常に着心地の良い一品に仕上がっています。

スノボウェアの売れ筋ランキング!

Amazon売れ筋ランキング楽天売れ筋ランキングYahoo!ショッピング売れ筋ランキング

スポンサードサーチ

まとめ

ウィンタースポーツという分野問わず、全てのスポーツの中で、スキースノーボードはゴルフに次ぐお金がかかるスポーツと言われています。

紹介はしていませんが、ボードやブーツ、ビンディングなどざっと一式揃えると、サラリーマンの平均月収ほどにもなる金額になります。

その中でウェアは、ボードに次ぐ個性が溢れるアイテムのためある程度気に入ったものを選んでみましょう。

合わせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定