あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
marathon

マラソン用サングラスの人気おすすめ12選【初心者にもおすすめ】

スポシル編集部

公開日 :2018/07/14

更新日 :2019/09/01

マラソン大会やトラック種目、フィールド種目の陸上競技全般で選手の人がサングラスを掛けているのをテレビ中継でもよく見ていると思います。

曇っていても、夜に行う種目でもサングラスを掛けているのはいろいろな効果があってのことです。

本記事では、そんなマラソン用サングラスの効果や選び方、おすすめの商品などについて解説していきます。

これからマラソン用サングラスの購入を考えている方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください!

目次

スポンサードサーチ

偏光サングラスとは

出典:amazon.co.jp

偏光サングラスとはレンズの両面に偏光膜を搭載したものをいいます。

偏光膜により視界の乱反射光が取り除かれてクリアな視界が確保できます

紫外線もカットできるので疲労軽減にもつながり競技に集中できる環境を作れます。

マラソン用サングラスの効果とは?

マラソン時は長い時間を屋外で行うスポーツなので、長時間に渡り紫外線を浴びる事になります。

紫外線は肌だけでなく、目にも悪影響を及ぼす危険性が高いので、サングラスを使用し紫外線が目に入らないようにするのは非常に有効な手段と言えます。

紫外線から目を守る

長時間、目に強い紫外線を浴びると、白内障や黄斑変性症といった目の病気にかかる可能性が高まったり、角膜炎になってしまう危険性もあります。

また、強い紫外線を長時間受ける事により、目の奥の角膜で活性酸素が大量に発生し炎症反応が起きてしまいます。
脳は炎症から身を守る為、紫外線に対して自律神経が過敏になり、疲れやすくなってしまいます

これらの悪影響を及ぼす紫外線から目を守る為、マラソン時はサングラスを使用するようにしましょう。

集中力を高める

マラソン中は、様々な外的要因を長時間受ける事になります。
強い日差しによる眩しさや、光の反射が目に入る事で目を開けずらくなったり、意識が光に行ってしまったりと、ベストな状態を保てなくなる可能性があります

風により眼球が乾燥され、ドライアイを引き起こし眼精疲労に陥ってしまうかもしれません。
塵や埃、花粉等が目に入ってしまい、痛みを伴ってしまう事もありえます。

こういった要因を防ぐためにサングラスの使用でそれらを遮る事により、より競技への集中力を高める事が出来ます

スポンサードサーチ

マラソン用サングラスの選び方


出典:amazon.co.jp

マラソン時に使用するサングラスは紫外線から目を守ると同時に、軽く、そしてズレにくい必要があります。フレームやノーズ部の形状が自分の顔にフィットしている事を確認しましょう。

長時間、走っていても着けている事に気付かないぐらいのサングラスが理想となります。

UVカット機能のあるもの

屋外にて長時間使用するマラソンにおいては、紫外線(UV)カット機能が付いたサングラスを使用する事が大切です。
サングラスには「紫外線カット率」もしくは「紫外線透過率」という表記がされています。

「紫外線カット率」と表記されているものは数値が高い程、紫外線をカットしてくれているので、より高い数値のサングラスを選択すべきです。

「紫外線透過率」と表記されているものは数値が低い程、紫外線が目に及ぼす影響が少なくなります。
レンズの色でなく、表記されている数値にて判断するようにしてください

邪魔にならないようにフィット感のあるもの

せっかく良いサングラスをしても、顔との間に隙間があると紫外線や粉じんの侵入を許してしまう可能性があるので、自分の顔にフィットしたサングラスを選ぶ事は大変重要になります。

フィット感を確認するには、やはり実際にかけてみるのが一番良い方法です。
横幅が大きすぎないか、小さすぎないか、耳へのかかり具合は適切か、ノーズ部が自分の鼻に合いズレ落ちて来ないか等を確認しましょう。

数あるサングラスの中にはアジア人の骨格を研究して作られた商品を発売しているメーカーもありますので、参考にしてください。

レンズの色にも注意が必要

色の濃いレンズを使用したサングラスの方が、色の薄いレンズより紫外線の侵入を防げるのではないか?と、考えるのは間違いです。

逆に色の濃いレンズをかけると、光が足りないと感じ、目の瞳孔が開いてしまい、多くの紫外線を取り込んでしまう危険性があります。
長時間使用するマラソンにおいては、あまりに濃い色のサングラスを使用するのは避けた方が良いと思われます。

サングラスのレンズの色は沢山あり、その色により見え方が変わるレンズもあります。

視界のコンストラストを強める効果があるものや、明るく鮮明に見える曇りや雨天時用のレンズ等もあります。

重量の軽いものを選ぶ

マラソンでは様々なストレスが発生してしまう可能性があり、サングラスも場合によってはストレスの要因になってしまいます。

顔にフィットしていれば、ズレ等のストレスは軽減出来ますが、やはりマラソン後半で疲労してきたり、沢山の汗が出てきた時には、少しでも気になる部分を避けたいところです。

こういった点から、マラソン用のサングラスは20g~40gといった軽量性の高い商品を選ぶ事をオススメします。

ただ、軽量なサングラスは強度に不安が生じますので、信頼性の高いメーカーの商品を選択すべきだと思います。

デザインで選ぶ

紫外線の事、レンズの色や軽量性等、色々と書きましたが、やはり自分好みのデザインを選ばなければ楽しくありませんし、お気に入りのサングラスを使う事でモチベーションも上がります。

マラソンは過酷なスポーツと言われる部類に入るので、気持ちの部分もとても大切ですね。

サングラスにはオーソドックスな2枚レンズと、1枚のレンズで作られたタイプがあります。1枚レンズの方が視界が広いという意見もありますが、自分の好みで選んでいただいても良いと思います。

フレーム部分がしっかりとした方が耐久性に安心感がありますが、重量が重くないかの注意が必要となります。

度付きのサングラスもおすすめ

コンタクトレンズを装着して、度付きでないサングラスを使用する事は可能ですが、慣れない方やドライアイ等の理由でコンタクトを使用出来ない方もいます。
そういった方に重宝するのが、度付きのサングラスです。

度付きのサングラスを使用する事は「見えない」というストレスから解放される事に繋がり、マラソンでのパフォーマンス向上につながります。

SWANS(スワンズ)のサングラスはフレームと度付きレンズの組み合わせが豊富にあり、しっかりとした日本のメーカーですので安心して使用する事が出来、オススメです。

マラソン用サングラス人気おすすめメーカー

オークリー

出典:amazon.co.jp

オークリーのマラソンサングラスはレンズが頑丈にできています。
そのため、レンズに傷が入り難いです。レース中に転倒して、サングラスを落としてしまってレンズが割れてしまうと言う可能性は低いです。せっかく買ったサングラスが割れてしまうのは非常に辛いです。

また、レンズに傷が入ってしまう可能性としては、転倒だけではありません。突風や前方を走行しているランナーから砂や小石が自分に飛んで来ることもあります。

サングラスの役割の一つとして、飛散物から目を保護すると言うことがあります。飛散物から目を保護すると言うことを重点に置く方はオークリーをお勧めします。

よく物を落としてしまう経験が多い人や、物の扱いが雑と言われることが多い人も、持ち運びに気を使うことが少なくなるので、傷の入りにくいです。

ナイキ

出典:amazon.co.jp

ナイキは装着している時のサングラスのズレや擦れが少ないです。走っている時にはかなり激しくサングラスが揺れます。
フルマラソンの場合はタイムの早い方で2時間30分から3時間もサングラスを掛けて走ります。長時間サングラスを付けているので、耳や鼻が擦れてしまい痛くてレースに集中できません。

また、気温が高いレースであれば、汗が原因でサングラスがズレてきます。雨の日のレースでも同様で雨が原因でサングラスはズレてきます。
サングラスのズレや擦れを重点に置かれる方はナイキのサングラスをお勧めします。

普段の生活でコンタクトレンズの方の場合、メガネを付け慣れていないため、目や鼻が痛くなる可能性が高いです。走る時にだけサングラスをされる方の場合は顔のフィット感を重視しているナイキをお勧めします。

スポンサードサーチ

マラソン用サングラス人気おすすめ10選

数あるスポーツサングラスの中からマラソン向けのサングラスを選びました。

性能、デザインなどからお気に入りのスポーツサングラスを選んでください。

[オークリー]サングラス 0OO9206 メンズ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

オークリーの一枚レンズモデルです。

レンズ交換が容易にできるスウィッチロックシステムが搭載されています。

陸上競技やマラソンでもよく掛けている人を見かけるモデルです。

オークリーの二枚レンズモデルです。
レンズ交換が容易にできるモデルでフィット感も高くなっています。

一枚レンズタイプは少し抵抗があるというかたにはメガネ感覚で掛けれるこのモデルをおすすめします。

ルディプロジェクト スポーツサングラス

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

イタリアのブランドであるルディプロジェクトの万能モデルです。

28グラムの軽量で最高のフィット感を実現したモデル。アクセサリーも豊富で自由にカスタマイズできます。

3種の限定モデルがあります。

ルディプロジェクト 跳ね上げ式 クリップオン ロードバイク

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

ルディプロジェクトの代名詞であったモデルのエクセプションの後継モデルです。

インナーレンズの上にクリップオンでのもう一枚レンズが重なる形状です。

ノーズピースなどにも工夫がされていてフィット感が上がっています。

アールエイチプラス [OLYMPO Triple Fit]

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

イタリア生まれのブランドであるzerorh+のスポーツサングラスです。

オリンポは自転車競技の選手がデザインしたモデルでありノーズ部分とテンプル部分の長さ調節が可能でくもりにくく直接できます。

アールエイチプラス サングラス レジェンド

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

フレーム上部をスリム化することで広い視界を確保した一枚レンズタイプです。

ノーズ部分の調節で最適なポジションをキープします。

テンション部分は滑りにくいグリップタイプとなっているので激しい動きにも耐えられます。

幅広い光量に対応できる色と紫外線の侵入と風の巻き込みを抑えるレンズになっています。

日本製であるためフィット感と品質は高いモデルです。

【石川遼プロ愛用】スワンズ イーノックス ニューロン

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

レンズ下部からテンプルを出す独特のフォルムのスポーツサングラスです。

上下動による振動の多い陸上競技に最適なモデルです。

高いフィット感と小さめなレンズのアスリート向けモデルです。

アシックスがトレイルランナーに向けて作ったモデルです。

レンズの色はそれほど濃くなく使える条件の広いモデルです。

価格も安く、かわいいケースも付いてくるので女性にもおすすめです。

アディダスのランニング用サングラスです。

フィット感を高めるための調節が可能であるのとインナーレンズがつき度付き対応も可能なモデルです。

豊富なカラーバリエーションとハードケースもついています。

メガネであれば顔の形やデザインで選べますが、サングラス選びには天気など使用時の状況やフィット感に軽さなど選ぶために必要な要素も増えてしまいます。

競技のパフォーマンスアップのできるものを時間を掛けて選んでください。

合わせて読みたい

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

全身の悩みを足元から改善!世界初のコンディショニングインソール!

立方骨を支えることで運動性と安定性の両立を実現

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

TENTIAL ZEROの特徴を紹介!

  • 足の疲れ、痛みを軽減
  • しっかりした歩行、蹴り出しをサポート
  • 通気性が高く、ムレを防止
  • 関節痛、腰痛が改善したご愛用者も多数
  • 足底筋膜炎の痛みを軽減
購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike