あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
cross bike

クロスバイクのドロップハンドル人気おすすめ10選!【デメリットばかりじゃない!】

スポシル編集部

公開日 :2018/07/14

更新日 :2020/06/24

クロスバイクは、長距離のツーリングや、日常の通勤、通学用途など、幅広い用途に対応できる点から人気です。

そして、クロスバイクにしばらく乗っていると、カスタマイズに興味が湧いてくる方も少なくありません。

そのなかでもハンドルは、バイクのパフォーマンスが顕著に変わるため人気の高いカスタマイズパーツです。

この記事では、主にドロップハンドルのメリット、デメリットやおすすめのドロップハンドルを紹介します。

ロードバイクのハンドルについて知りたいという初心者や、ドロップハンドルへの交換を考えているという経験者の方向けにおすすめの記事となっています。

おすすめ関連記事↓

クロスバイク用サドルの選び方と人気おすすめ10選

目次

スポンサードサーチ

ドロップハンドルとは?!

ドロップハンドルとは、ハンドルの先端が下向きに下がっているデザインのハンドルであり、主ににレースなどに使用される高速走行が必要なロードバイク向けに作られたハンドルです。

牛の角のような形をしていることから、ブルホーンハンドルとも呼ばれます。

その特殊な形状から握り方も様々であり、スピードを出すときとブレーキを踏むときには持ち方を変更するなど、場面に応じた様々な使い方が存在します。

一般的な自転車に採用されるフラットハンドルよりも持つ場所が低くなるため、ライダーが自然と前傾姿勢となることでバイクの空気抵抗を減らし、より速いスピードを出すことが可能となります。

持ち方を変えることで姿勢の変更も行うことができ、長時間の走行でも疲労や痛みといったデメリットを軽減することができます。

ドロップハンドル化できないブレーキがある!?

ロードバイクレースにおいて必須ともいえるドロップハンドルですが、フロントハンドルを改造してドロップハンドル化させることもあります。

しかし、ディスクブレーキを搭載したバイクは実質ドロップハンドル化できません。

ディスクブレーキは既存のキャリパーブレーキなどのリムブレーキとは違うハブブレーキであり、悪天候などでブレーキが効きにくい状況でも優れた制動力を発揮します。

しかし、ディスクブレーキは構造上、接触事故などが起きた場合に危険な凶器と転じる可能性があり、実際にレース中の事故が発生したために一時的にロードレースでの使用が禁止されたことがあります。

現在は適切な加工を施したものならば使用可能ですが、基本的にロードバイクレースにおいてはキャリパーブレーキで事足りることが多く、ディスクブレーキを採用するメリットが非常に小さいのが現状です。

スポンサードサーチ

ドロップハンドル化の改造費用は?!

フラットハンドルタイプのロードバイクをドロップハンドル化させるには大きく分けて2つの方法があります。

1つはハンドルそのものをドロップハンドルへと交換する方法です。

ただしハンドルそのものを全交換する場合、ハンドルそのものの安定性や機能性は高く維持できますが、ブレーキ交換などの作業も必要となります。

ブレーキ交換は専門的な技術が必要となる上に費用も掛かるため、カスタマイズが高額になりやすい方法となります。

もう1つはドロップバーエンドを取り付ける方法です。

ドロップバーエンドはハンドルの先端にあるバーエンドに短い棒を取り付けることでドロップハンドルと同等の効果を得る部品であり、1本3000円ほどと極めて安価というメリットがあります。

取り付け方法も簡単なためお手軽な方法ですが、デザインや規格の統一性が崩れる可能性があるため、商品選びはしっかりと行う必要があります。

クロスバイクのドロップハンドル化のメリット・デメリット

ドロップハンドル化のメリット、デメリットを紹介します。

以下では

クロスバイクをロードバイク化したい人におすすめ

前傾姿勢になりやすい

走行が安定しやすい

について触れていきます。

クロスバイクをロードバイク化したい人におすすめ

スポーツ系自転車にはクロスバイクの他に、ロードバイクがあります。

ロードバイクは本格的なレースにも使用される自転車です。ツールドフランスやオリンピックなど大規模な大会に出場しているプロライダーはロードバイクを使用しています。

しかし、値段もかなり高額なモデルも存在し、最初から買うには、敷居の高さを感じてしまう人もいます。

そこで、最初は街乗りや、軽いツーリング向きの比較的安価なクロスバイクを購入し、後からハンドルだけ交換するという方におすすめです。

前傾姿勢になりやすい

スポーツバイクの走行姿勢の特徴は深い前傾姿勢を取ることです。

特徴的な姿勢ですが、この前傾姿勢は、ライダーが最も楽にバイクを操作できる姿勢です。

ドロップハンドルでは、握る位置が多くあるため、自分に合った姿勢が取れるほか、その形状から、深い前傾姿勢をとりやすいという特徴があります。

不自然な姿勢では身体に負担がかかり、疲労感が増すだけでなく、怪我の恐れもあります。

最初は恐怖感があるかもしれませんが、自分の体を守るためにも数をこなして、前傾姿勢に慣れましょう。

走行が安定しやすい

以下では

Vブレーキのクロスバイク場合、ブレーキ交換が必要

価格は高め

について触れていきます。

Vブレーキのクロスバイク場合、ブレーキ交換が必要

スポーツ系自転車のブレーキには、キャリパーブレーキとVブレーキがあります。

クロスバイクはVブレーキで、ロードバイクはキャリパーブレーキが使われていることが多いです。

そして、ロードバイクのキャリパーブレーキ、STIレバーは、クロス用Vブレーキと互換性がなく、ブレーキレバーを引いても制動が効きません。

つまり、クロスバイクのドロップハンドル化は、同時にブレーキシステムをすべて取り換える必要があります。

必要な追加パーツは、ドロップハンドル用のブレーキレバーや、ブレーキ本体に使用するワイヤーなどです。

価格は高め

ドロップハンドルの素材は、アルミ、鉄、カーボンの3種類があります。

カーボン製は、若干値段が高いですが、他のアルミや鉄はリーズナブルな製品も発売されています。

しかし、ドロップハンドル化には、ブレーキ交換などの作業が必要です。

ハンドル本体は高価でなくとも、ブレーキ交換などにかかる費用が高く、トータルで見ると高額なカスタマイズです。

スポンサードサーチ

安くドロップハンドル化もできる

ハンドルごと変えなくても、手軽にドロップハンドル化する方法も存在します。

最も安価にクロスバイクのドロップハンドル化を実現する方法です。

バイクのハンドルバーの先端にはバーエンドという部品があります。

そこに下向きに、短い棒を取り付けることでドロップハンドルと同等の効果を得ようとして開発された部品がドロップバーエンドです。

メリットとしては、1本3000円ほどと、圧倒的に安い点です。

しかし、デザインも異なる部品を後付けするため、統一感がなかったり、サイズが合わないといったこともあるため、慎重に検討しましょう。

それでも、最も手軽な方法のため、ハンドルやブレーキの交換に自信がない方、ハンドルにお金を掛けたくない方におすすめです。

クロスバイクのドロップハンドル人気おすすめ10選!

アルミ 合金 ブルホーン バー フラット ハンドル

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 410mm
カラー ブラック
素材 アルミニウム

アルミ 合金 ブルホーン バー フラット ハンドル 幅 410mm クランプ 25.4mm バー 22.2mmは最も人気のあるブルホーンタイプのドロップハンドルです。

lugオリジナルで高い人気を誇るブルホーンタイプのドロップハンドルであり、一般的なクロスバイクのハンドルサイズに合わせたクランプ径:25.4㎜ バー径:22.2㎜で設計されているため、広く普及しているブレーキレバーやシフトレバーもそのまま適用可能な一品です。

EC90 フルカーボン ドロップハンドル ロードバイクバー

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 400/420/440mm
カラー ブラック
素材 T800炭素繊維

EC90 フルカーボン ドロップハンドル ロードバイクバー 自転車 エアロハンドルバー 超軽量 道路自転車 つや消し 31.8mm*400/420/440は強度と軽量性に優れたカーボン製のドロップハンドルです。

素材にT800炭素繊維を採用し、非常に軽量かつ頑丈なドロップハンドルであり、重さはたったの約250gとなっています。

コンパクトな曲線を描く形状は快適な握り心地をライダーに提供し、悪天候や炎天下で汗をかくような状況でも滑りを抑制してくれます。

【YuHaru】 ブルホーンハンドル ドロップタイプ

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 400mm
カラー ブラック
素材 アルミニウム合金

【YuHaru】 ブルホーンハンドル ドロップタイプ 410mm 25.4φ バーテープ 3×200cm 【オリジナルセット商品】はその名の通り牛の角のような形状のスタンダードなドロップハンドルです。

ブルホーンの名の通り牛の角のような形状をしており、非常にスタンダードなドロップハンドルとしてロードバイクを始めとした多くの車両に着用可能です。

ハンドルバーの直径はクランプの直前までが22.2mmとなっていますので、ブレーキ等の部品は同径のものを設置してください。

GORIX(ゴリックス) 自転車 ドロップハンドル

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 430mm
カラー ブラック
素材 アルミニウム

GORIX(ゴリックス) 自転車 ドロップハンドル [ショートリーチ・末広がりタイプ にぎりやすい] オフロード走行向け SENBA 31.8mmは末広がりで握りやすい形状のドロップハンドルです。

ハンドル部がショートリーチでブラケットが握りやすくなっており、エンド部分に向けて末広がりになっていく形状になっています。

非常に握りやすい形状になっているため、悪路などでで安定したハンドル操作が要求される際にもしっかりハンドルを握って操作することができます。

GRK ブルホーンハンドルバー ブラック

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 520mm
カラー ブラック
素材 アルミニウム

GRK ブルホーンハンドルバー ブラック HS-RA-02-BKは特にハンドル幅が広いドロップハンドルです。

通常のドロップハンドルのハンドル幅が400mm台なのに対し、本商品は520mmと非常に大きなハンドル幅であり、幅広なドロップハンドルが欲しい方には特におすすめできる一品です。

幅広なハンドルですので、本格的なレース仕様というよりは、日常的なライディングで姿勢の変更を行いたい人などに向いているドロップハンドルです

DIXNA(ディズナ) ジェイフィット アーク26 ソフトシルバー バー

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 380mm
カラー シルバー
素材 ソフトSL、6061 T-6ダブルバテッド

DIXNA(ディズナ) ジェイフィット アーク26 ソフトシルバー バークランプ径:26.0mm ドロップハンドル シルバー 380mmはクラシカルな雰囲気のデザインに仕上げられたドロップハンドルです。

ジェイフィットシリーズでのクランプ径が26.0mmのモデルは、こちらのファーストモデルのみであり、26.0mmのハンドル部品を所有している人は購入をおすすめします。

デザイン性はクラシカルフレームに合う柔らかく深みのあるソフトシルバーを採用し、シンプルでシックな味わいを醸し出しています。

フィジーク Cyrano R3 スネーク ドロップハンドル

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 400/420/440mm
カラー ブラック
素材 7075 アルミニウム

フィジーク Cyrano R3 スネーク ドロップハンドル 400mmは深い前傾姿勢を維持できるディープな形状のドロップハンドルです。

フィジークのCyranoシリーズでは「スネーク」「カメレオン」「ブル」の3種類のモデルが存在し、「スネーク」はよりディープな形状のモデルとなっています。

「スネーク」のハンドルバーは脊椎の柔軟性が高い方に向けて設計されており、より深い前傾姿勢を維持できるため、空気抵抗を減らしてよりスピードを出しやすくするレース向けのドロップハンドルです。

NITTO(ニットー) B261AA マルチバー/ブルホーンバー

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 480mm
カラー シルバー
素材 アルミニウム(アルマイト)

NITTO(ニットー) B261AA マルチバー/ブルホーンバー 480mmは比較的幅広なブルホーンタイプのドロップハンドルです。

480mmという比較的幅広なハンドル幅となっており、大柄な男性などでも違和感なくハンドルを操作しやすくなっています。

大柄なライダーでは空気抵抗をいかに低減させることが課題であり、しっかりとした前傾姿勢を維持できる本商品は特におすすめです。

ブルホーンハンドルのためしっかりと握ることができ、曲げの角度や強度も優れており、非常に機能性に優れたドロップハンドルとなっています。

フィジーク(FIZIK) シラノCYRANO R5 アルミ ドロップバー <ブル>

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 400/420/440mm
カラー ブラック
素材 6021 アルミニウム

フィジーク(FIZIK) シラノCYRANO R5 アルミ ドロップバー <ブル> はアップライトな姿勢を維持できる「ブル」モデルのドロップハンドルです。

フィジークのCyranoシリーズにおける「ブル」モデルは脊椎の柔軟性が低い人向けに設計されており、アップライトなポジションを取りやすいコンパクトな形状となっています。

ショートリーチかつコンパクトであるため、ロードバイクで前傾姿勢を取ることが難しい人におすすめの一品です。

DIXNA(ディズナ) クロス バンディー31.8 ハンドル

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 470mm
カラー ブラック
素材 6061 T-6ダブルバテッド

DIXNA(ディズナ) クロス バンディー31.8 ハンドル ポリッシュブラック 385mmは超コンパクトなセミドロップタイプのドロップハンドルです。

超コンパクトのセミドロップスタイルのドロップハンドルであり、アーバンスタイルやオフロードにおいても一定の操作性を維持できる設計となっている新たなカテゴリのモデルになっています。

60mmのリーチと100mmの超コンパクトで超軽量なドロップハンドルとしての機能性は独自のものであり、汎用性も非常に高い設計となっています。

この記事で紹介している商品一覧

商品画像
商品名 アルミ 合金 ブルホーン バー フラット ハンドル EC90 フルカーボン ドロップハンドル ロードバイクバー 【YuHaru】 ブルホーンハンドル ドロップタイプ GORIX(ゴリックス) 自転車 ドロップハンドル GRK ブルホーンハンドルバー ブラック DIXNA(ディズナ) ジェイフィット アーク26 ソフトシルバー バー フィジーク Cyrano R3 スネーク ドロップハンドル NITTO(ニットー) B261AA マルチバー/ブルホーンバー フィジーク(FIZIK) シラノCYRANO R5 アルミ ドロップバー <ブル> DIXNA(ディズナ) クロス バンディー31.8 ハンドル
購入先 Amazon 楽天 Yahoo Amazon Yahoo Amazon Yahoo Amazon 楽天 Yahoo Amazon 楽天 Yahoo Amazon 楽天 Yahoo Amazon 楽天 Yahoo Amazon Yahoo Amazon 楽天 Yahoo Amazon 楽天 Yahoo

スポンサードサーチ

ドロップハンドルの売れ筋ランキング!

Amazon売れ筋ランキング楽天売れ筋ランキングYahoo!ショッピング売れ筋ランキング

まとめ

この記事では、クロスバイクのドロップハンドル化について解説しています

ドロップハンドルのメリットや、デメリットからおすすめのドロップハンドルも紹介しました。

ハンドルのカスタマイズは、バイクのパフォーマンスが顕著に変わるカスタマイズです。

ドロップハンドルは、見た目のカッコよさもありますし、走りもロードバイク並みの本格的な走りを楽しめます。

ハンドルのカスタマイズに興味があるが、ちょっと不安という方はこの記事を参考にカスタマイズデビューをしてみてください。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定