あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
gym

初めてのジムでも安心!ジムシューズの選び方と人気おすすめ7選!

スポシル編集部

公開日 :2018/07/24

更新日 :2020/11/24

ジムでのトレーニングの効果を向上したいと考えている人はトレーニング種目や自分のレベルに合わせてジムシューズを選びましょう。初心者向けのシューズやウェイトリフティングに適したシューズなど、幅広いシューズがジムでのトレーニングをサポートする効果を備えています。

こちらの記事で解説するのは、ジムシューズの種類や選ぶときに注意すべきポイントです。各シューズのおすすめ商品を紹介するので、シューズ選びの参考にしてください。

目次

スポンサードサーチ

ジムシューズ選びはトレーニング種目によって分けるべし!

ジムでエクササイズを行うときに履く靴のことをジムシューズと呼びます。シューズによってエクササイズの質が変わってくるため、ジムシューズを選ぶときは注意が必要です。ジムで実施する運動を充実させたいなら、実施する予定の運動に合わせてシューズを決めましょう。

ジムシューズの主な5つの種類を解説します。


  • オールマイティシューズ

  • ランニングシューズ

  • ウェイトリフティングシューズ

  • ダンスシューズ

  • 足袋シューズ

初心者はオールマイティシューズがおすすめ

オールマイティシューズとは、その名の通り幅広い運動に適合したシューズのことです。ジムといえば筋トレを行う場所と思われがちですが、最近ではダンスをはじめとしたレッスンが行われることもあります。またランニングなどを行うときは軽くて動きやすい靴の方が適切です。

オールマイティシューズは安定感やグリップ力、フィット感といった項目がバランスよく揃っているため、ジムで複数の運動に挑戦しようと思っている人に向いています。オールマイティシューズを選ぶときはデザインだけでなく履き心地や通気性などにもこだわってください。

オールマイティシューズという名称ではなく、トレーニングシューズといった商品名で展開しているブランドも見受けられます。

メンズにおすすめのジムシューズ

リーボック トレーニングシューズ R クロスフィット ナノ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
素材 合成皮革
サイズ 26〜29cm

男性におすすめしたいオールマイティシューズが、リーボックのトレーニングシューズです。トレーニングにおいて激しい衝撃を加えられても壊れにくいアッパー素材を採用している点が他のオールマイティシューズよりも優れているポイントといえます。

アッパー素材において8種類の異なる繊維を織り込んでいることが、耐久性を向上させている要素のひとつです。また、グリップ力にも優れているので、ジムでのトレーニングだけでなく球技などを実施するときにも役立ちます。

レディースにおすすめのジムシューズ

リーボック トレーニングシューズ R クロスフィット ナノ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
素材 合成皮革
サイズ 22.5〜25cm

リーボック トレーニングシューズ R クロスフィット ナノ レディースは商品名の通り女性が購入することを前提としています。男性向けのシューズに比べるとややヒールが低く、バランスをとりやすい仕様になっている点に注目です。

カラーはホワイトやスカルグレー、リーボックラバーガムの3種類が用意されています。シームレスなアッパー素材を活用することでストレッチ性を確保しています。オールマイティに活躍できるシューズなので、これから運動を始めようと思っている人が手に取って損はない商品です。

ランニングメインならランニングシューズがおすすめ

ランニングやジョギングに取り組むことが多い人はランニングシューズを選択するのが賢明です。ランニングシューズは走る人のことを考えた仕様や設計を採用していることが理由になります。注意したいのは自分が走ろうとしている環境です。

ジムを利用する場合、屋内と屋外のどちらを走るのか確認しておきましょう。屋内のランニングスペースやランニングマシンだけでなく、屋外に走るためのコースを設けているジムも存在します。屋内で走るときは室内での使用を前提としたランニングシューズを手に取りましょう。

屋外と屋内のどちらにも共通して配慮したいのがクッション性です。ラバーが衝撃を緩和することで、膝や腰といった部位を痛めることなくランニングを楽しむことが可能になります。

メンズにおすすめのジムシューズ

アディダス ランニングシューズ ファルコンラン

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
素材 合成繊維
サイズ 24.5〜31cm

男性向けのランニングシューズとして紹介したいのが、アディダス ランニングシューズ ファルコンランです。ランニングは長い距離を走るほど足が重くなり、先に進むのが辛くなります。

体力が尽きそうなときに踏ん張りたいなら、なるべく軽量のランニングシューズを用意しましょう。アディダス ランニングシューズ ファルコンランは片足がわずか271gとなっているため、重さを感じにくい点が魅力です。軽量のEVAミッドソールが着地の際の衝撃を吸収します。

レディースにおすすめのジムシューズ

アディダス ランニングシューズ ファルコンラン

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
素材 合成繊維
サイズ 22〜26cm

ランニングを快適に行いたい女性を助けてくれるのがアディダス ランニングシューズ ファルコンランです。メッシュと合成皮革を組み合わせたアッパー素材はホールド感を高めながら本体重量の軽さに貢献しています。

ホールド感を備えたシューズは締め付けられる感覚が強くなりがちです。しかし、アディダス ランニングシューズ ファルコンランは軽やかな履き心地でストレスを感じにくい仕様となっています。

筋トレメインならウェイトリフティングシューズがおすすめ

ジムでフリーウェイトやマシンを用いた筋トレに力を入れようと考えている人はウェイトリフティングシューズを試してみましょう。ウェイトリフティングシューズが他のシューズと大きく異なるのは、静止状態でのグリップ性に力を入れている点です。

スクワットやデッドリフトを筆頭に筋トレの中には足を地面に密着させたまま筋肉に力を入れる種目が存在します。ウェイトリフティングシューズはこうした姿勢におけるグリップ力を高めるため、足裏全体が床に密着する仕様を採用している点に注目です。

また、他のシューズよりソールが高めに作られていることが多い点もウェイトリフティングシューズの特徴といえます。ウェイトリフティングシューズを履いたことが無い人は実際に試着して履き心地を確認してみましょう。

おすすめウェイトリフティングシューズ

アシックス ウエイトリフティングシューズ 727

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
素材 天然皮革
サイズ 23〜28cm

アシックス ウエイトリフティングシューズ 727は瞬発的に力を込める動作における安定性を向上する機能に優れたシューズです。

ヒールの高さについては一般的なシューズは2cm前後なのに対し、アシックス ウエイトリフティングシューズ 727は4cmとなっています。

ヒールが高いおかげで、しゃがむ動作を実施しやすい点も筋トレをサポートする機能のひとつです。アウターソールにはゴムを使用することで、トレーニングの動作によって与えられる衝撃を緩和します。

ダンスやエアロビクスメインならダンスシューズがおすすめ

老若男女問わず楽しめるスポーツとして近年注目を浴びているのがダンスやエアロビクスです。ジムやスタジオでダンスに取り組むなら、ダンスシューズを履くことを心掛けましょう。

ダンスといえば優雅な動きを想像しがちですが、実は激しいステップや急停止といった動作がしばしば登場します。

ダンスシューズはハイカットモデルや衝撃吸収に優れた素材を採用することで、足首などを負傷しないようにしている点が特徴です。人によっては、ハイカットモデルを履いたときに重たく感じることもあります。そのときは軽量のダンスシューズを購入しましょう。

ジャンプや急停止を多用するダンスに取り組む人はラバーの衝撃吸収性にもこだわってダンスシューズを選んでください。

おすすめダンスシューズ

ミズノ フィットネスシューズ ウエーブダイバース

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
素材 人工皮革
サイズ 22〜27.5cm

機能性に優れたダンスシューズを所望している人におすすめなのがミズノ フィットネスシューズ ウエーブダイバースです。ハイカットモデルで足首を保護すると同時に着地のときの衝撃を吸収する使用にもこだわっています。

また、ラバーだけでなくインソールや中底の柔らかさにも配慮することで、足裏への負担を軽減している点が支持されている理由のひとつです。足指や足裏のコントロール性に優れており、踏ん張りを利かせやすくなっています。

足袋シューズもおすすめ

足袋シューズとは、その名の通り足袋から着想を得た靴のことです。まるで素足のような感覚で歩くことが可能な点が、足袋シューズが備えている特徴の中でも特に注目すべき点といえます。

一般的なスポーツシューズを履いていてもしっくりこない人や締め付けられる感覚が苦手という人に適しているのが足袋シューズです。

足指の力を地面に伝えやすく、踏ん張りを利かせたい動作で役立ちます。足袋シューズを購入するときは、なるべく試着してから選びましょう。なぜなら、足袋シューズは他のシューズに比べると、靴下のように足全体を包み込む感覚が強い傾向にあります。

こうしたタイプの靴はサイズだけでなく、履き心地を確かめないと自分に合っているか判断しにくいことが理由です。

SAGUARO ベアフット ポータブル フィットネスシューズ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
素材 ポリエステル
サイズ 22.5〜30cm

SAGUARO ベアフット ポータブル フィットネスシューズは屋内だけでなく屋外での使用も考慮されている足袋シューズです。足指の形に合わせて設計された爪先部分は地面をしっかりと捉えてから踏み切る動きを補助します。

片足あたり約136gの軽さは長距離のランニングで足が重くなってきたときもストレスを感じにくい仕様です。インソールには通気孔を設けているため、靴の中が蒸れにくくなっています。

裸足に近い感覚で走ってみたい人はSAGUARO ベアフット ポータブル フィットネスシューズを試してみましょう。

ジムシューズの予算目安

ジムシューズは商品によって価格が大きく変動します。安いものであれば3,000円前後で購入可能な一方、高額なモデルは1万円を越えてくるケースもしばしばです。

ランニングシューズやウェイトリフティングシューズといった専門的な特徴を備えたシューズは各ブランドが品質に見合った高額な商品を展開していることもあります。

質の高いジムシューズを手にしたい場合は、2万円前後を予算として見積もったうえで、通販サイトや各ブランドのショップを覗いてみてください。

スポンサードサーチ

ジムシューズ選びの注意点

ジムシューズとして使用できるシューズには幅広い種類があります。これまでジムシューズを履いたことがない人はジムでの運動を快適にするために、どのような点に気を付けるべきなのか確認したうえで、自分に合ったジムシューズを選びましょう。

ジムシューズ選びの注意点を以下の4つのポイントから解説します。


  • 初心者はオールマイティ or ランニングシューズ

  • ジムの規則を確認

  • 安定性が重要

  • クッション性も確認

初心者はオールマイティ or ランニングシューズ

初心者がジムシューズを選ぶ場合、基本的にはオールマイティシューズやランニングシューズを選択しましょう。これらのシューズは、幅広い層の人たちが履くことを念頭に置いて設計されていることが多いからです。

初心者は負荷の軽いエクササイズを実施することが多く、そうした人たちが専門性の高いシューズを履いても効果を実感することが難しい傾向にあることが理由といえます。

また、どのトレーニングに力を入れようか迷っている初心者にとってもランニングシューズやオールマイティシューズは使いやすい点が魅力です。

ジムの規則を確認

ジムシューズはジムでの使用を目的に購入するため、自分が利用するジムの規則に適ったものを選びましょう。ジムの規則に反しているシューズを持ち込んでも、使用を禁止される恐れがあるので気を付けてください。

具体的な規則の例として挙げられるのが、ソールに関する規制です。ソールに着色が施されているとジムの床面に色が移ってしまう可能性があることから、ラバーが白のシューズのみが使用可能といった規則が存在します。

上記のような規則に反しないためにも事前にジムの規則を確認したうえでシューズを選びましょう。

安定性が重要

ジムシューズに備わっているべき機能のひとつとして覚えておきたいのが安定性です。フリーウェイトやマシンで行う高負荷のトレーニングでは、姿勢を安定させることがトレーニングの効果を左右することがあります。

具体例を挙げるなら、高重量のウェイトで行うスクワットやデッドリフトなどです。こうしたトレーニングを実施するとき、シューズの安定性が不足していると筋肉に適切な負荷をかけることが難しくなります。

筋トレに慣れていない初心者は安定した姿勢でトレーニングを行えるシューズを手に取りましょう。

クッション性も確認

ランニングをはじめとした上下動きを伴う種目は筋肉だけでなく関節にも負担がかかります。関節への負荷が大きくなりすぎると怪我にも繋がるので注意が必要です。関節の負傷を予防するにはクッション性に優れたジムシューズが役立ちます。

クッション性を左右するのが、ソールの素材や厚みです。衝撃を吸収する素材を採用しているジムシューズであれば、跳躍などの動作を含むトレーニングでも関節に負担がかかりにくいことを覚えておきましょう。

ジムシューズまとめ

ジムでのトレーニングを快適なものにするためのグッズとして、ジムシューズは非常に重要です。ジムシューズ選びで手を抜くと想定したよりもトレーニングの効果が低下してしまいます。

力を入れようと考えているトレーニングの種類に合わせて、ジムシューズの種類やモデルを決定してください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定