あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
hot yoga

ホットヨガをする際の食事について注意点を解説!

スポシル編集部
更新日 :2018/07/14

ホットヨガをするときに食事をどのタイミングで食べるのがベストなのでしょうか。ホットヨガは大量の汗をかくため、レッスンの前に食事をしてもいいのか迷ってしまうでしょう。また、レッスンの後はお腹が空いてガマンできないこともあるでしょう。そこで今回は、ホットヨガの前後に食事をしてもいいのか、わかりやすく説明します。仕事帰りにホットヨガをする人は、ホットヨガの効果をしっかり体感できるように参考にしてみてください。

目次

スポンサードサーチ

ホットヨガ前後に食事は食べていいの?適切なタイミングはいつ?

ホットヨガの前後に食事をしてもいいのでしょうか。仕事帰りにホットヨガのレッスンに参加する場合だと、レッスン前にお腹が空いて何か食べたくなることが多いでしょう。
空腹の状態でホットヨガのレッスンに参加すると倒れてしまうんじゃないかと心配になるのではないでしょうか。そんな不安を持っている人のために、食事をする適切なタイミングを紹介していきます。

ここでは以下の点についてご紹介していきます。

  • ホットヨガの前に食事は食べない方が良い
  • ホットヨガの後もなるべく控えるべき

ホットヨガの前に食事は食べない方が良い

実はホットヨガのレッスン前には、何も食べない方がいいと言われています。人間は食べたものを消化するのに、約2時間かかると言われています。つまり、食べ物を消化している間は内臓に血液が集中するため、全身に血液が行き渡りにくくなります。ホットヨガのレッスン中に食べ物を消化している状態が続いていると、内臓に負担がかかって気分が悪くなる可能性があります。内臓が空っぽの状態であれば、消化のエネルギーがデトックスに使われる効果が期待できるでしょう。

ホットヨガの後もなるべく控えるべき

ホットヨガのレッスンが終わった後の食事も控えた方がいいでしょう。ホットヨガが終わってから30分は最も食事の吸収率が高まっていると言われています。さらに、レッスン後の空腹感が高まっているときに食事をすると、ドカ食いをしてしまう可能性があります。ホットヨガのレッスンが終わった後の30分は、水分をしっかりと補給してクールダウンしてからゆっくりと噛んで味わいながら食事することをおすすめします。ゆっくりと食事をすることで食べ過ぎを防ぎ、少量でも満腹感を得ることができるでしょう。

男性がホットヨガをすることのメリットに関する記事はこちら↓↓
男性がホットヨガをするメリットと効果を徹底解説!

ホットヨガ前の食事時間とは?

ホットヨガのレッスンに参加する前は、食事時間に気をつけましょう。特に仕事帰りにホットヨガに行く場合は、レッスン開始の時間を考えて昼食の量を調整するなどの工夫がおすすめです。

  • ホットヨガの3時間以上前がおすすめ

ホットヨガの3時間以上前がおすすめ



【ホットヨガスタジオLAVA】のサイトはこちら
ホットヨガ前の食事は3時間前が良いと言われています。食べ物の消化には平均2時間かかるため、完全に空腹状態にするには3時間は必要になります。仕事帰りにホットヨガに行く場合は、昼食をしっかり食べてホットヨガが終わるまではガマンしましょう。ただ、どうしてもお腹が空いて耐えられないときがあるでしょう。ホットヨガが終わるまでガマンできそうにない場合は、コンビニなどで売られているゼリー系の商品を摂るといいでしょう。

また、昼食から仕事帰りまで時間が空いてしまう方は、食物繊維がたっぷり含まれた食品を摂るといいでしょう。特にひじきや海藻類などは腹持ちが良くヘルシーなのでおすすめです。

ホットヨガが痩せないに関する記事はこちら↓↓
テキストをいれてください

スポンサードサーチ

ホットヨガ後の食事時間とは?

ホットヨガはたくさん汗をかくため、レッスンが終わった後は心地良い爽快感が得られるでしょう。また、レッスンをしっかりこなした充実感から、冷たいビールを一気に飲み干したい日もあるでしょう。ただ、レッスンの後は少しだけガマンしましょう。ホットヨガ後の食事時間に気をつけないと、せっかくの効果も台無しになってしまいます。ホットヨガの後は食欲に負けないようにするのが、ホットヨガの効果を十分に得られる秘訣だと言えるでしょう。

ここでは以下の二点に関してご紹介致します。

  • ホットヨガ後2時間以上経ってから
  • 吸収率が高いため注意

ホットヨガ後2時間以上経ってから

ホットヨガの後は、できるだけ2時間以上たってから食事を摂るようにしましょう。レッスンで新陳代謝が高まった状態で食事をしてしまうと、血液が消化のために使われてしまい、体内の老廃物を排出する機能が弱まってしまいます。ホットヨガが終わってからの空腹感に耐えるのはつらいですが、体が悪い毒素を出すために頑張っていると考えて待ちましょう。ホットヨガに参加して帰宅後の食事が遅くなりそうな日は、朝と昼にしっかりと食べてから臨むのがおすすめです。

吸収率が高いため注意


ホットヨガが終わると新陳代謝が高い状態になるため、食べたものがそのまま吸収されてしまいます。ホットヨガを頑張った後は、ラーメンやビールなどを欲してしまいがちですが、1日だけガマンしましょう。ホットヨガを始めたばかりのころは、レッスン後の空腹感に耐えるのが難しく感じてしまうでしょう。しかし、ホットヨガを続けて体の変化に気づき始めると、つらさも徐々に和らいでくるのではないでしょうか。

ホットヨガと汗の関係に関する記事はこちら↓↓
ホットヨガで汗をかきすぎると体にどんな影響があるの?

夜のホットヨガの場合の食事のタイミング

ホットヨガのレッスンに参加するのが夜になる人も多いのではないでしょうか。レッスンが夜になる場合は、食事の摂り方に注意が必要です。
ここでは以下の三点についてご紹介致します。

  • 仕事帰りに食事する
  • 消化しやすい質と量にする
  • 時間を早めてヨガ後に食事する

仕事帰りに食事する

仕事帰りに食事をする場合は、つい食べ過ぎないように気をつけましょう。特にホットヨガのレッスン前に揚げ物やファーストフードなどを食べてしまうと、レッスン中に吐き気や腹痛を起こしてしまう可能性があります。ホットヨガのレッスン中に気分が悪くなってしまうとつらいですし、翌日の仕事にも影響してしまいます。ホットヨガの前には脂っぽい食事は控えましょう。

消化しやすい質と量にする

ホットヨガを始める前に食事をするのであれば、うどんやバナナなどの消化にいい食事を取るのがおすすめです。うどんやバナナは手軽に食べることができて、胃腸に負担がなくエネルギーとして使われやすいためうってつけと言えるでしょう。ただし、早食いは禁物です。どんなに食べやすい食べ物でも、よく噛んで食べるようにするのがおすすめです。

時間を早めてヨガ後に食事する

早い時間帯にホットヨガに参加できるのであれば、レッスン後に食事を摂るのもいいでしょう。ただし、レッスン後の2時間以内に好きな食べ物をたくさん食べてしまわないように気をつけることが大切です。また、早めに仕事が終わってホットヨガをするなら、16時前後がおすすめです。1日の中で夕方は最も代謝が上がっている時間帯と言われているため、カロリー消費が高くなります。食事の時間帯も遅くなりにくいため、健康にもいいと言えるでしょう。さらに、ホットヨガが終わるとリラックス作用のある副交感神経が優位に働き始めるため、なかなか寝付けないという人にも夕方のホットヨガはおすすめです。

ホットヨガウェアに関する記事はこちら↓↓
ホットヨガに最適!ヨガウェアの人気おすすめ10選!【2018年最新版】

スポンサードサーチ

ホットヨガでは食事制限の必要なし?

ホットヨガでは厳しい食事制限がありそうなイメージですが、レッスン前後の食事にだけ注意すれば食事制限は必要ありません。ホットヨガを続けると、体温が上がって基礎代謝がアップするため、今までと同じ食事をしていてもカロリー消費量は増えます。また、ホットヨガのリラックス作用によってストレス発散が期待でき、今まで食べることでストレスを発散していた人は食欲をコントロールできるようになるでしょう。

つまり、ホットヨガを続けると食事制限をしなくても食べ過ぎから解放され、余分なカロリー摂取を抑える効果が期待できます。
ここでは以下についてご紹介致します。

  • 自然の食物を摂取するのが大切

自然のものを摂取するのが大切

ホットヨガを続けているとレッスン中の体調に敏感になるため、日々の食事にも気を遣うようになるでしょう。特にファーストフードやコンビニ弁当よりも、自然の食物を食べることが大切だと言えます。仕事帰りにホットヨガをする人は、帰宅後に料理を作るのは面倒に感じてしまうでしょう。そんなときは、野菜や果物を丸ごと使ったスムージーなどもおすすめです。しっかり食事を摂りたいときは、サラダやフルーツなどを積極的に摂りましょう。

また、ホットヨガのレッスン前後は、消化に時間のかかる肉類や胃腸に刺激を与えるネギ類やニンニクなどを控え、体を温める作用がある生姜やみょうがなどを取り入れるのもおすすめです。

ホットヨガのダイエット効果に関する記事はこちら↓↓
ホットヨガの効果や特徴を徹底解説!ホットヨガはダイエットに最適!

ホットヨガ 食事 まとめ

今回は、ホットヨガ前後の食事で気をつけることについて紹介しました。特に仕事帰りにホットヨガに通う場合は、食事のタイミングが分からなかった人も多いでしょう。そして、ホットヨガにきつい食事制限のイメージがあった人にも安心してもらえたのではないでしょうか。ホットヨガは長く続けていくと、食事の摂り方や食べ物に興味がわいてくると言われています。ホットヨガで代謝を高めながら食習慣を整えることで、健康的な体を手に入れましょう。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXとはどんな競技でどんな種類があるの?初心者でもできる?
サッカーサッカーおすすめ記事
【アルビレックス新潟 早川史哉選手 監修】サッカーにおけるインターセプトを成功させるためのコツとは?練習方法やパスカットとの違いについても徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス所属 金子翔太監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【V・ファーレン長崎 米田隼也選手 監修】現代サッカーに求められるミッドフィルダーとは?
特集記事おすすめ記事
【競技外編】ライブ配信をするハンドボール日本代表×現役中の兼業も考えるプロサッカー選手~another sports アナザースポーツ~
サッカーサッカーおすすめ記事
【アルビレックス新潟 早川史哉選手 監修】技術と賢さがあるからこそできる術。サッカーにおける本当のマリーシアとは?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike