あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
yoga

ホットヨガを毎日するとどうなる!?おすすめホットヨガスタジオも紹介!!

スポシル編集部
更新日 :2018/07/14

ホットヨガを毎日したからといって、より効率よく効果を得られるわけではありません。

毎日ホットヨガをしているにも関わらず痩せないことには原因があり、ここではその理由を紹介しています。

ホットヨガを始めたものの、どのくらいの周期でホットヨガ教室に通えば良いのか分からない人におすすめの内容です。

ヨガとホットヨガの違いは?効果やスタジオの選び方を解説|おすすめスタジオを10選紹介!

目次

スポンサードサーチ

ホットヨガに毎日通っても痩せない理由とは?


ホットヨガ教室に毎日通うことで効果をより高められると考えてしまいますが、毎日ホットヨガをしているからといって痩せれるとは限りません。

ホットヨガ以外のトレーニング方法でも同じことはいえますが、毎日トレーニングを行っていても、その分食べ過ぎてしまったり、必要以上の筋肉が付いてしまうと痩せることができません。

安心して食べ過ぎてしまう


毎日ホットヨガをしているにも関わらず痩せれない理由に、食べ過ぎていることが原因の場合があります。

ホットヨガをすることで大量の汗をかくことができるため、激しい運動をしたと感じがちです。

そのため、「あれだけ運動したから少しくらい食べても大丈夫」という考えが芽生えやすく、つい普段より食べ過ぎてしまう場合があります。ホットヨガをすることで、代謝が良くなりダイエット効果が見込めますが、その分食べてしまうと当然痩せることはありません。

ダイエットを失敗してしまう典型的なケースであるため、ホットヨガに挑戦する前にダイエットに対する意気込みを改善することが先決です。

効果が表れるのは3か月以上続けてから


ホットヨガで得られる効果はさまざまありますが、効果によっては表れるまでに時間差がある場合があります。特に体重に変化が表れるまでには3か月以上の経過を見る必要があります。

その理由は、ホットヨガはまず体質から変化が出てくるため、体重に影響が出るまでの時間がかかるからです。

しかし逆に、便秘や冷え症には比較的早く効果が表れます。体重が減りはじめるには3か月以上必要なことを事前に把握しておきましょう。

ホットヨガをダイエットのためにする人は多くいますが、汗を大量にかくことができることですぐに効果が表れると感じているため、リタイアしてしまう事もあります。

何回か行っただけで痩せると思ってしまう


上記でも示したように、連日ホットヨガをしてもダイエットの効果はあまり期待できません。

大量の汗をかいているため、その分痩せることができると考えてしまいますが、その分水分も補給していいるため、体重に変化が表れる可能性は低いです。

しかし、補給する水分量を極端に減らしてしまうと脱水症状を起こしてしまうので辞めましょう。ホットヨガによってダイエット効果が得られる原理は、汗の分だけ痩せれるわけではありません。ホットヨガは、インナーマッスルが鍛えれたり、血行が良くなることで体重を減らすことができます。

ホットヨガに毎日通うと太るの?


ホットヨガは毎日行っても痩せることができないだけではなく、逆に太る可能性があります。そのため、毎日ホットヨガに通う事はダイエット目的に通っている人にはおすすめできません。

筋肉が増えて体重も増えることもある


ホットヨガを毎日することで、インナーマッスルを鍛えることができますが、逆に筋肉が付き過ぎてしまう場合があります。

ダイエットをすることとだけが目的で、筋肉質な体形を求めていない場合はホットヨガに通う日数を減らすことをおすすめします。

スポンサードサーチ

ホットヨガにはどのくらいの頻度で通うべき?


ホットヨガは、毎日行う必要はなく、定期的に行う事でも効果を十分に得ることができます。

連日ホットヨガをすると身体は疲れてしまい疲労回復する時間がなく、疲れてしまいます。毎日ホットヨガをするのではなく数日おきに通う事が理想的です。

筋肉に疲労が溜まっている時にさらなる負荷をかけても痛めてしまいます。一度筋肉を痛めてしまうと数日ホットヨガ教室に通う事ができないため逆効果です。

また、毎日行くことで自由に使える時間が大幅に減ってしまいストレスが溜まりやすいです。そのため、ホットヨガをする場合は、教室に行った翌日は休みを取ることが理想的です。

週に2、3回が効果的??


ホットヨガは週に2~3日程度通うだけでも効果を得ることができます。

そのため無理して連日ホットヨガ教室に通う必要がありません。特に、ホットヨガの経験が浅い場合は、連日ホットヨガに通うことはおすすめしません。

ホットヨガの見た目はストレッチのような動きですが、インナーマッスルには大きな負荷がかかっています。そのため、一日1時間のホットヨガでも翌日には筋肉痛になる可能性があります。

筋肉を効果的に付けるためには、ダメージが残っている状態で鍛えるよりも、ダメージがない状態で鍛えたほうが筋肉を付けることができます。

そんな週2、3回のホットヨガレッスンを受けることができるのがホットヨガスタジオLAVA」と「カルドヨガ」です。

次では「ホットヨガスタジオLAVA」と「カルドヨガ」について詳しく紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

SPOSHIRUおすすめのホットヨガスタジオ


ホットヨガスタジオLAVA



入会金
5,000円
料金目安
8,300円(マンスリー4/店舗により異なります。)
特徴
全国410店舗以上の巨大ホットヨガスタジオチェーン
レンタル
あり(マット:1,100円・バスタオル:500円)

公式サイトはこちら

全国410店舗以上の巨大ホットヨガスタジオチェーン


LAVAは日本最大級のホットヨガスタジオです。

全国に410店舗以上を展開し、ほとんどが駅前か徒歩駅3分前と、通いやすい立地にあります。

LAVAの体験者数は150万人を超え、多くの方に利用されているホットヨガスタジオです。

1店舗分の会費で2店舗通えるコースもあり、 店舗数ナンバーワンの特徴を活かせるコースが用意されています。

さらに女性の体型や体質に合わせたプログラムを多く用意しており、ほとんどの会員が効果を実感しています。

親しみやすいインストラクターが揃い、レッスン以外でも身体の悩みなど何でも相談できるアットホームな雰囲気です。

初心者の方が長く続けるにはおすすめのホットヨガスタジオです。

カルドヨガ



入会金
10,800円
料金目安
6,000円(マンスリー4/店舗により異なります。)
特徴
岩盤浴もできるホットヨガスタジオ
レンタル
あり(タオル:2,000円)

公式サイトはこちら

岩盤浴もできるホットヨガスタジオ


ホットヨガスタジオカルドは岩盤浴も楽しめる施設です。

カルドという単語はイタリア語で暖かいという意味です。たくさんの人々の身体を温めるためにカルドは誕生しました。

カルドは、筋肉を最も伸ばしやすい35度から45度の室温で行われています。筋繊維を柔らかく伸ばしやすくし、ヨガ中に筋肉を痛めにくいのが特徴です。

イオンスチームによって、清潔な空間を提供し、心地よい環境でホットヨガレッスンを受けられます。

遠赤外線暖房も完備しているので、日向ぼっこをしているような柔らかい暖かさを感じ、芯から温めることができます。
この効果で血行を促進し、代謝を活発にすることでデトックスの効果がより高められます。

スポンサードサーチ

まとめ


ホットヨガ教室に無理して毎日通う必要はありません。無理してホットヨガ教室に通っても思ったような効果を得ることができず、ホットヨガに対する意欲が削がれてしまう場合もあり、継続することが困難になりやすいです。

ホットヨガは継続的に行うことで、効果を持続することができるため、心に余裕を持ちましょう。

合わせて読みたい!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXとはどんな競技でどんな種類があるの?初心者でもできる?
サッカーサッカーおすすめ記事
【アルビレックス新潟 早川史哉選手 監修】サッカーにおけるインターセプトを成功させるためのコツとは?練習方法やパスカットとの違いについても徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス所属 金子翔太監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【V・ファーレン長崎 米田隼也選手 監修】現代サッカーに求められるミッドフィルダーとは?
特集記事おすすめ記事
【競技外編】ライブ配信をするハンドボール日本代表×現役中の兼業も考えるプロサッカー選手~another sports アナザースポーツ~
サッカーサッカーおすすめ記事
【アルビレックス新潟 早川史哉選手 監修】技術と賢さがあるからこそできる術。サッカーにおける本当のマリーシアとは?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike