あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
marine sports

【初心者向け】2019年最新版 マリンシューズの選び方と人気おすすめ10選

スポシル編集部

公開日 :2018/07/07

更新日 :2019/05/29

これからのシーズン、海や川に遊びに行く人もいるでしょう。そこで足を保護、転倒予防にもなるマリンシューズを紹介します。マリンシューズを購入に至までの選び方のポイントを見て行きましょう。

おすすめ関連記事↓

【2018年最新版】メンズ向けサーフィン水着の人気おすすめ10選!

目次

スポンサードサーチ

マリンシューズのメリット

マリンシューズを履くメリットは海や川でのアクティブな活動をするときには欠かせません。ビーチサンダルなど肌身を出し過ぎていては足を守る事ができません。また、ビーチサンダルは非常に滑りやすく危険です。そこでマリンシューズを履く事で足元を気にせず海や川で活動する事ができます。
マリンシューズのメリットを以下の4点で説明します。

・海などで足を守ってくれる
・滑りにくい
・速乾性がある
・脱げにくく履きやすい

海などで足を守ってくれる

海などは岩場が鋭角になっていたり小さな珊瑚が岩場に多く生息しています。その鋭角な岩や珊瑚から足を保護してくれる役割がマリンシューズになります。もし、マリンシューズでは無くビーチサンダルや素足で岩場を駆け回ると怪我する事間違いなしです。

滑りにくい

マリンシューズの特徴はグリップが効き滑りにくいアウトソールで作られている事が特徴です。苔が生えた岩場や海苔が多く着いた岩場の上でもグリップが効き、より安定した歩行が可能になります。

速乾性がある

マリンシューズは本来、海や川で使われる事を想定して作られています。そのため、マリンシューズ自体が濡れてしまっても速乾性があるので濡れたマリンシューズでも一日中履いて活動できます。

脱げにくく履きやすい

マリンシューズのまま水の中に入る事が多いです。その為、足を上げる時に水の圧でマリンシューズが脱げてしまってはシューズが流されてしまいます。マリンシューズは脱げにくく履きやすい構造になっています。

マリンシューズの選び方

スポーツ量販店などに行くとマリンシューズの数は相当数あります。その中から、自分自身にあったマリンシューズを選ぶ事になります。自身の足にあっていないマリンシューズを選ぶと海の中で脱げてしまったり、歩きにくくなります。では、どのようなマリンシューズいいのか見て行きましょう。
マリンシューズの選び方として重要なのは以下の4点です。

・足のフィット感
・砂の入りにくいものを選ぶ
・かかとの素材が脱げにくいものを選ぶ
・ソールの厚さ

足のフィット感

マリンシューズを選ぶ時は足にしっかりフィットする物を選ぶようにしましょう。水中の中に足を入れると水の抵抗や海流の流れでシューズが脱げやすくなる為、シューズと足との遊びが無いものを選ぶようにしましょう。

砂の入りにくいものを選ぶ

マリンシューズは速乾性を重視している物が多くメッシュで作られている物があります。そこから砂や石が入り込まないような物を選ぶようにしましょう。また、マリンシューズの足首の部分に余裕があり過ぎると、そこから小石や砂が入ってきます。足首周りのフィット感も確認しましょう。

かかとの素材が脱げにくいものを選ぶ

マリンシューズの中に水が入ると足を持ち上げた時に頻繁にかかと部分が脱げる事があります。これでは快適に歩行できません。かかと部をしっかりマリンシューズに固定できるシューズかベルトなどで固定できるタイプを選びましょう。

軽いものを選ぶ

マリンシューズが水を含むと乾燥していた時と比べて、重みが増します。乾燥状態の時にマリンシューズ自体が重ければ、海水の中や川で使用するとさらに重くなる事を頭に入れて選びましょう。

ソールの厚さ

マリンシューズは厚いソールの物から薄いソールの物と様々あります。軽量性だけを重視してしまうと自然とソールが薄い物になりがちです。しかし、ソールの薄いマリンシューズは海などでウニやガラスの破片があった場合ソールを貫通してしまいます。フィールドに応じて厚いマリンシューズを選ぶようにしましょう。

また、ソールが厚い分グリップ力が強いので滑りそうなフィールドの海や川では厚手のソールのマリンシューズが活躍します。

スポンサードサーチ

ジムでも使えるマリンシューズ

水のある場所で使われるシューズとして認知されているシューズですが、実は水陸両用でジムやフィットネスにはおすすめのシューズです。
とにかく軽量なことが特徴で、コンパクトに収納できますし、持ち運びも楽なことで人気が集まっています。

また、マリンシューズは撥水加工がされているので汗などがかかってしまっても心配いらずなだけでなく、内部の汗や湿気なども外に上手に出してくれます。通気性が良く、速乾なのでアクティブに使用したい人にもおすすめのシューズです。

おすすめメーカーを知っておくと得

ナイキ

ウエアや沢山のスポーツ用品を販売しているだけでなく、おしゃれの観点からも注目を集めているブランドです。やはり、デザインやカラーバリエーションが豊富で、おしゃれなシューズを多数販売しています。

ナイキの特徴はフィット感。底も厚く怪我もしないように工夫されています。あまりマリンシューズのようには見えず、普通のシューズを履いているかのように思えるデザインも多いです。比較的金額も安価なものもあるので、コストを抑えたい方にもおすすめのブランドです。

ナイキ アクアソック360

アクアソック 360は現代バージョンへと進化したモデルで、おしゃれに着こなしたい方にもおすすめのシューズです。マリンシューズとしてもジムでのトレーニングシューズとしても、おしゃれに履きこなすことができます。

通気性が高く、フィット感が高いのが特徴です。靴下のようにフィットしてくれるだけでなく、柔らかめのソールが疲れにくくトレーニングをサポートしてくれます。他のメーカーと比べるとソフトなイメージのシューズですが、耐久性も高く、何度もリピートしている人が多いシューズです。

リーフツアラー

シュノーケル用品などを多く取り扱っているブランドです。メンズ、レディースどちらも使いやすいシューズが販売されていることでも有名です。足裏などの怪我を防ぐために厚底になっているのが特徴の、水陸両用シューズです。

海などで使用する場合はハイカットのデザインもあるので、砂が入らず気持ちよく履き続けることができるだけでなく、ジムやフィットネスで利用する場合も、くるぶしまで隠れることにより靴擦れや怪我の予防も果たしてくれます。

REEF TOURERのマリンシューズ

通気性が優れており、ナイロンとポリエステルで作られているためほどよい丈夫さも得ることができます。ソールも滑りにくくなっているだけでなく、日本人の足に合わせて作られているため、形にフィットしやすく履きやすいシューズの1つです。

水抜け穴があるので、水場では水が瞬時に抜けてくれるため、気持ちのよい状態で長時間履き続けることも可能です。ハイカットデザインも特徴で、くるぶしを怪我から守ってくれます。伸縮性も高いため、着脱のしやすさも人気の理由です。

kaepa

水着やサーフ系のイメージが強いブランドですが、マリンシューズはカラーは蛍光色などのラインナップがあり、個性を出せるものも多いもののシックな大人な印象のシューズが多いのが特徴です。海だからこそ、少しはおしゃれしつつ機能性や大人感を大切にしたい方におすすめです。

普段使いもしやすいデザインと丈夫さで、男女だけでなく、キッズにも人気なシューズが販売されています。中にはマリンシューズには見えないデザインのものまであるので気になる方はチェックしてください。

kaepaのマリンシューズ

軽量でコンパクトに持ち運びできるだけでなく、ポリエステルで作られているので丈夫なシューズです。陸地からそのまま泳ぎはじめても違和感のないほど軽量で、ジムで使用する場合も軽やかにトレーニングすることができるのではないでしょうか。

厚いソールで疲れにくく、凸凹加工により滑りにくくなっています。濡れてもすぐ乾き、通気性もよいので、濡れても重くならないだけでなく、手入れもしやすいシューズです。フィット感よりも軽量さを重視したい方におすすめです。

スポンサードサーチ

おすすめのマリンシューズ10選

[アディダス] トレッキングシューズ CLIMACOOL KUROBE

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

[アディダス] ウォーターシューズ ウォーターシューズ ITB92

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

adidas(アディダス) ウォーターシューズ テレックスCC ジャパウ スリッポン アウトドア アクティビティ CM7532

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

O'NEILL(オニール)スーパーフリークリーフブーツ AO-8250 ブラック/ストレートブルー

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

[メレル] ウォーターシューズ テトレックス メンズ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

[キーン] KEEN サンダル UNEEK FLAT メンズ (2017モデル)

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

[THE NORTH FACE] (ザ・ノース・フェイス) Litewave Flow Lace Shoe メンズ ウォーターシューズ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る

(ザ・ノース・フェイス) The North Face Litewave Amphibious II レディース ウォーターシューズ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

マリンシューズ おすすめ まとめ

普段歩き慣れていない川の中や海の岩場、磯部分ではマリンシューズが必須です。小さい子供から大人までマリンシューズを履いて目的の場所に行くことをおすすめします。また、シューズも的確に選ばなければ効果を発揮しませんので、マリンシューズ選びは確かな物を選ぶようにしましょう。

この記事で紹介している商品一覧

商品画像
商品名 [アディダス] トレッキングシューズ CLIMACOOL KUROBE [アディダス] ウォーターシューズ ウォーターシューズ ITB92 adidas(アディダス) ウォーターシューズ テレックスCC ジャパウ スリッポン アウトドア アクティビティ CM7532 O'NEILL(オニール)スーパーフリークリーフブーツ AO-8250 ブラック/ストレートブルー [メレル] ウォーターシューズ テトレックス メンズ [キーン] KEEN サンダル UNEEK FLAT メンズ (2017モデル) [キーン] サンダル Clearwater CNX [THE NORTH FACE] (ザ・ノース・フェイス) Litewave Flow Lace Shoe メンズ ウォーターシューズ (ザ・ノース・フェイス) The North Face Litewave Amphibious II レディース ウォーターシューズ
購入先 Amazon 楽天 Yahoo Amazon 楽天 Yahoo Amazon 楽天 Yahoo Amazon 楽天 Yahoo Amazon 楽天 Yahoo Amazon 楽天 Yahoo Amazon 楽天 Yahoo Amazon 楽天 Amazon 楽天 Yahoo

スポンサードサーチ

合わせて読みたい

 

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

【アイスホッケー】

特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手 小池龍太選手 監修】柏レイソルの不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールの投げ方の種類やコツを徹底解説!肘の使い方が重要!?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike