あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
triathlon

ロードバイクシューズの男女別人気おすすめ10選!【2020年最新版】

スポシル編集部

公開日 :2018/07/01

更新日 :2020/05/11

ロードバイクの性能を引き出すには、ホイール、ペダル、そしてロードバイク専用のシューズが必要不可欠です。

ロードバイクシューズとは、ペダルに固定し、ロングライド、ブルベ、トライアスロンなどに使用するシューズです。
ペダルに固定することにより、速く快適に走ることができます。

そこで今回は、初めてロードバイクシューズを買う人にロードバイクシューズの選び方とおすすめシューズ10選をご紹介します。

目次

スポンサードサーチ

ロードバイクシューズの種類

ロードバイクシューズには、大きく分けて4種類あります。違いはシューズの留め具です。

・紐タイプ
・ベロクロタイプ
・ラチェットタイプ
・ダイヤルタイプ

という具合に分かれています。それぞれどんな特徴があるのか見てみましょう。

普段使いの靴と同じように、紐で締めるタイプのシューズです。

ロードバイクシューズとしては締め付け具合や、シューズの脱着が少し面倒だという難点はありますが、他のタイプに比べて価格が安い、というメリットがあります。

これからロードバイクを始めようという方におススメです。

こちらも普段使いの靴と同じようなマジックテープで締めるタイプのシューズです。
着脱が簡単で締め付け具合の調整も容易ですが、やや締め付ける力が弱いというデメリットがあります。

しかし、紐タイプ同様、価格は安めとなっているので、初めてのシューズにおススメです。

シューズ先の留め具はマジックテープですが、一番上の留め具はラチェット式となっているシューズです。

ラチェットでカチカチと調整することでラクに締め付けることが出来ますし、着脱も容易にすることが出来ます。

しかし、シューズの価格は紐・ベログロタイプに比べて高くなります。
ベログロタイプでは締め付け力がイマイチ、という方はラチェットタイプにグレードアップするといいでしょう。

ダイヤルを回してワイヤーの締め付け力を調整するタイプのシューズです。
ダイヤルが1つのものと2つ付いているものがあり、2ダイヤル式のほうがより微調整しやすくなっています

着脱が簡単でシューズ重量も軽いという利点があり、プロ選手が多く使うのがダイヤルタイプです。
価格は4つの中で一番高価となります。

適正サイズは?

靴選びの時、自分のサイズを選んだにも関わらず、微妙にキツかったり、逆に緩かったりした経験はありませんか?

ロードバイクシューズも同じで、自分のサイズを選んでもメーカーによってサイズ感や履き心地が違うのです。

ですので、シューズを選ぶときにはサイズの数字にこだわらず、履き心地のいいものを選ぶようにしましょう。
一般的に、日本のメーカーは幅広甲高という日本人によく見られる特徴に合わせたシューズ構造になっています。

対し、外国製メーカーはそういった配慮をしていないものがほとんどですので、サイズ買いするとキツく感じてしまうことがあるのです。

サイズ選びは数字ではなく、自分の足に合うものを選びましょう。

まず、ストラップを全て緩めた状態でシューズを履き、かかとを合わせます

このときにシューズの形状と自分のかかとが合っているか、違和感がないか確かめて下さい。

次につま先側からストラップを締めていきます。緩すぎずキツすぎない加減を意識して締めましょう。

最後に、母指球に力を加えてみましょう
母指球はペダリングする際もっとも力の掛かる部分です。
実際に力を入れてみて、足の甲やつま先に痛みや違和感がないか確かめてみましょう。

自分がどのシューズを選べばいいか分からない場合は、店員さんと相談して自分の足に合うものをアドバイスしてもらうとよいでしょう。

スポンサードサーチ

シューズカバー

シューズカバーとは、その名の通りシューズにかけるカバーです。

真冬や春秋などシーズンに合わせた防寒用や雨を防ぐもの、さらには空気抵抗を減らすためにシューズカバーを装着する場合もあります

用途に合わせてつま先だけを保護するものや、シューズ全体を覆うものまであります。

シューズカバーにはストレッチ性の高いフリーサイズのものや、S・M・Lなどのサイズに分かれているものがあります。
サイズ分けされているものの目安としてはS=24~25cm、M=25~26cm、L=26cm~となっています。

シューズカバーに関しての詳しい記事はこちら↓↓
ロードバイク用シューズカバーの人気おすすめ6選|メリット・デメリットも!

ロードバイクシューズの選び方

クリートとは、ペダルとシューズを固定するために、使用する留め具のことです。クリートタイプを使用するシューズをビンティングシューズといいます。

クリートタイプは国内で最大手のシマノ製だと2種類あり、2つのねじ穴のクリートのSPDと、3つのねじ穴タイプのSPD-SLのクリートがあります。

SPDは、主にマウンテンバイクに乗るときやツーリング用に乗るときに用いられます。SPD-SLに比べると、付けやすく外れやすいため、ビンディングシューズに不安のある初心者の方にはおすすめです!

SPD-SLは主にロードバイクのレースやトレーニング用に用いられ、固定力が強いことが特徴です。もちろん、こちらのタイプをはじめからツーリング用として使っている方も多くいます。

留め具は、4種類あります。紐タイプ、ベロクロタイプ、ラチェットタイプ、ダイヤルタイプがあります。

4種類のなかでエントリーモデルで使用されているのが、ベロクロタイプです。

脱着がしやすく、デザイン性もよくコストパフォーマンスに優れているからです。

エントリーモデルに比べハイエンドモデルの方がシューズは、軽いです。

ハイエンドモデルだと、ペダリングをしたさいにシューズが軽いので足に負担が少なくなります

また、ヒルクライムは軽いほうが楽にペダリングをすることができます。
登りには、最適です。

スポンサードサーチ

有名人気ブランド紹介

人気なロードバイク競技に置いて、たくさんのブランドから商品が開発されています。

数多くて選ぶ際に何を買おうか迷ってしまうものです。
ブランドによって、サイズ感やデザイン、性能もさまざまです

次は有名なブランドについて紹介していきます。
お気に入りのブランドを見つけてさらにロードバイクを楽しみましょう。

日本人の手によって設計・開発されているとあって、日本人向けのシューズと思いきや、欧州の自転車競技選手もシマノのシューズを使用しており、世界的に認知されています。

プロ選手が使用するモデルはもちろん、エントリーシューズやミドルクラスのものまでラインナップが豊富なのも嬉しい限りです。

フィジークは自転車のサドルに力を入れているブランドです。

シューズは2010年からラインナップされ、その品質の高さからプロの競技選手からサイクリングを愛する一般ユーザーまで幅広い方々に支持されています。

クオリティの高さはサドルで鍛えた熟練の技がなせるもの。ぜひともビンディングシューズ購入の候補として抑えておきたいです。

自転車用ヘルメットのメーカーとして有名なgiro。
革新的なデザインに定評があり、そのテイストはビンディングシューズにも受け継がれています。

シューレース(紐)仕様による締め付け調節システムを採用しているのが特徴です。
多種類のアッパー素材を、そのシューズにあわせて使用しているのもポイントです。

2013年にスノーボードやヨットの輸入を開始し、2015年にスポーツバイクの卸業を開始しています。
日本のバイク乗りのニーズに合わせて高機能かつハイデザインのシューズを提供しています。

NORTHWAVEのシューズの特徴として、NWのデザインの文字が入っています。
ダイヤル式が主流で、足幅の足幅のサイズもフィットすることができます

また、ソールも充実しており、足の負担を少なくするため、ロングライドに適しています。

SIDIは、日本に馴染みがあるメーカーです。ロードバイクやマウンテンバイクのシューズもラインナップされており、とても人気があります。

特徴として、1960年代から、女性用シューズを取り入れています。

また、シューズの耐久性も良く、足の負担を減らしてくれます。日本人の足に合っており、とても人気があるシューズです。

おすすめのロードバイクのシューズ6選

シマノ RC900B S-PHYRE SPD-SL

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
アッパー素材 テイジンAVAIL100+メッシュ
ソールタイプ 2BOA+パワーゾーンガイド、カーボン ソール
質量 243g

シマノのサイクルシューズで、SPD-SLタイプでハイエンドモデルです。

RC900Bの特徴として、ソールとアッパーを一体構造にすることで、ペダリングをしたさいに、力が伝わりやすいため、とても安定して走ることができます

アッパー素材 ワンピースアッパーデザイン
ソールタイプ EASTONEC90SLX2、ハイモージュール カーポン
質量 175g

ジロのサイクルシューズで、SPD-SLタイプのハイエンドモデルです。

EMPIRE SLXの特徴は、重量の軽さです。
わずか175gの軽量サイクルシューズにして、アッパーとソールのフィット感で、ペダリングをした際に、力が伝わりやすいため、安定して走ることができます。

また、耐久性も優れているため、おすすめのロードバイクシューズです。

アッパー素材 K-Liteカンガルー革+メッシュ
ソールタイプ フルカーボン アウトソール
質量 271g

LAKEのサイクルシューズです。SPD-SLタイプでハイエンドモデルです。

CX402の特徴として、カンガルー革を使用していることです。
カンガルー革を使用することで、耐久性に優れています。

また、足にフィットし、履き心地も良く力が伝わるため、おすすめのロードバイクシューズです。

アッパー素材 X-Frame
ソールタイプ UDカーボン
質量 220g

ノースウェーブのサイクルシューズです。SPD-SLタイプのハイエンドモデルです。

EXTREME RR特徴として、軽量性と足にフィットする柔軟性があるため、足にかかる負担が少ないです

また、力が伝わりやすく快適にペダリングができるため、おすすめのロードバイクシューズです。

アッパー素材 アイクロテックス
ソールタイプ UDカーボンファイバー
質量 243g

フィジークのサイクルシューズです。SPD-SLタイプでハイエンドモデルです。

Ariaの特徴として、ボアダイヤルで微調整できるため、足にフィットします。

また、シューズの機能も優れているほかに、デザイン性もおしゃれなため、おすすめのロードバイクシューズです。

アッパー素材 GENIUS5
ソールタイプ MILLENIUM5
質量 317g

シディのサイクルシューズです。SPD-SLタイプでハイエンドモデルです。

GENIUS7の特徴として、日本人の足にもフィットしているため、とても人気があります

日本人に合ったサイクルシューズです。また、ペダリングをしているさいに、力が伝わるため、おすすめのロードバイクシューズです。

スポンサードサーチ

【女性におすすめ】ビンディングシューズ4選

アッパー素材
ソールタイプ MILLENIUM5
質量

SIDIのGENIUS7の女性用モデルです。かかとが狭い女性特有の足の形に合わせて作られており、足幅は日本のシマノ製に比べるとやや細身です。

2本のベルクロと、バックルベルトがついたラチェットタイプで、フィット感も高い作りになっています

白とピンクのデザインで、遠くから見ても華やかです。おしゃれで、フィット感の高いビンディングシューズを求める方におすすめです!

アッパー素材 シンセティックレザー+メッシュ
ソールタイプ ラスファイバーコンポジットナイロン
質量 527g

シマノビンディングシューズの女性用エントリーモデルです。
2つのベルクロと、1つのバックルベルトで固定する、ラチェットタイプになります。

シンプルなデザインで、どんなウェアにも合いやすく、黒基調であるため汚れが目立ちにくいのも嬉しい点です。

日本製のシマノのシューズであるため、交換パーツが手に入りやすい点も魅力的ですよね。

アッパー素材
ソールタイプ
質量 254g

SPD対応(SPD-SL非対応)のシマノのビンディングシューズです。
クラシックなデザインで、ペダリングだけでなく歩行時の歩きやすさも重視して作られているため、ツーリングにもぴったりです。

紐タイプで、固定力の調整もしやすく、履き心地も良いです。

おしゃれなアーバンデザインのビンディングシューズを求めている方におすすめです!

アッパー素材 シンセティックレザー(ファブリック)
ソールタイプ ナイロンシャンクプレート
質量 326g

SPD対応(SPD-SL非対応)のまるでスニーカーのようなビンディングシューズです。
この見た目で歩いていても、ビンディングシューズだと気が付かないぐらいであるため、街乗りに最適なビンディングシューズです!

EVA素材をソールに使用しており、クッション性も抜群です。

歩行時の安定性や快適性も求める方におすすめです!

ロードバイクシューズ売れ筋ランキングもチェック!

Amazon売れ筋ランキング楽天売れ筋ランキングYahoo!ショッピング売れ筋ランキング

この記事で紹介している商品一覧

商品画像
商品名 シマノ RC900B S-PHYRE SPD-SL ジロ EMPIRE SLX レイク CX402 Shoes ノースウェーブ EXTREME RR フィジーク SHOES ARIA R3 シディ GENIUS 7 MEGA シディ GENIUS 7 WOMAN シマノ SH-RP300WL シマノ RT400WP SPD シマノ CT5 ウイメンズ SPD
購入先 Amazon Yahoo Amazon 楽天 Yahoo Amazon 楽天 Yahoo Amazon 楽天 Yahoo Amazon 楽天 Yahoo Amazon 楽天 Yahoo Amazon 楽天 Yahoo Amazon 楽天 Yahoo Amazon 楽天 Yahoo Amazon 楽天 Yahoo

スポンサードサーチ

自分に合ったロードバイクシューズで選ぼう!

ロードバイクシューズをおすすめ10選を紹介しました。

ロードバイクシューズは、レースはもちろんロングライドに必要不可欠な必須アイテムです。

自分に合ったロードバイクシューズでロードバイクをより楽しもう!

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定