あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
サッカーsoccer

サッカービルドアップについて徹底解説! 

スポシル編集部

公開日 :2018/06/30

更新日 :2019/05/09

サッカー中継などを見ていると度々耳にするビルドアップという用語ですが、サッカーに詳しくない人にとっては何をいっているのかよくわからない人も多いです。

ここではビルドアップについて紹介し、なぜビルドアップが必要なのか、ビルドアップをするための個人能力について解説します。

【2018年最新版】幅広・甲高サッカースパイクおすすめメーカー5選とその特徴を徹底解説

目次

スポンサードサーチ

ビルドアップとは

サッカー ビルドアップ
ビルドアップとは、直訳すると「建設」を意味し、ゴールキーパーからディフェンダー、中盤、前線というように、自陣深くからパスやドリブルを用いて攻め上がる一連のプロセスを意味します。

ポイントは自陣深くから前線へ攻め上がる点なので、中盤から前線へ攻め上がるケースはビルドアップとは呼びません。

具体的には最終ラインからロングボールを前線に放り込むのではなく、ゴールキーパーから前線までスペースをみつけながら細かいパスワークでつないで攻め上がる戦術です。

なぜビルドアップは必要なのか

サッカー デュエル
ビルドアップが必要な理由は、サッカーの歴史的背景が理由にあります。

サッカー戦術は時代とともに移り変わります。現代サッカーでは相手にボールを奪われた際、リトリートをし、素早く自陣に戻り、相手の攻撃に備えるという守備戦術をとるチームが増えてきました。

素早く自陣に戻る相手に対して同じようにカウンターを仕掛けるのではなく、自陣深くからスペースを見つけながらパスをつなぐことが求められるようになりました。

相手守備が素早くフォアチェックにくる場合はカウンターを有効に使い、相手守備がリトリート戦術をとる場合にはビルドアップという具合に相手守備戦術によってビルドアップが必要になるケースが出てくるわけです。

スポンサードサーチ

ビルドアップをするための個人の能力は

サッカー スライディング
ビルドアップをするためには個人の足元のテクニックが必要不可欠です。1970年代前半までのサッカーでは攻撃と守備の分業制が主流であったため、守備の選手やゴールキーパーにはそれほど足元の技術は要求されませんでした。

それが1974年のワールドカップ西ドイツ大会でオランダ代表が採用した「トータル・フットボール」という戦術により、サッカー界に変革をもたらしました。

トータル・フットボールとはこれまでの分業制という垣根を壊し、選手全員がポジションチェンジを繰り返しながら全員攻撃全員守備を慣行する戦術でした。

つまり守備の選手も攻撃に参加するため、攻撃の選手並みの足元技術が要求されるわけです。

リーガエスパニョーラに所属するレアル・マドリードの左サイドバックをつとめるマルセロなどは典型的な例で、ボールを奪うと前線の選手顔負けの非常に優れた足元の技術を活かし、ドリブルで攻め上がります。

さらに攻撃も守備も行う守備的ミッドフィルダーのボランチというポジションも誕生し、レアル・マドリードに所属するクロアチア代表のモドリッチやFCバルセロナに所属するセルヒオ・ブスケツなどは世界屈指のボランチとして有名です。

ビルドアップが主流になってきたことでバックパスも増え、それに伴い自陣の一番深いポジションであるゴールキーパーにもドリブルやパスといった足元の技術が求められるに至りました。

ビルドアップをするためにはフォワードからゴールキーパーまですべての選手の個人能力は優れていることが必要です。

まとめ

サッカー 試合時間
サッカー戦術は時代とともに移り変わり、ビルドアップもサッカーの歴史の流れに沿って生まれた戦術ということがわかりました。

ビルドアップの誕生により、攻撃だけできても守備だけできても通用せず、全ての選手に個の能力がより多く求められる時代になってきたということがいえます。

【ナイキ特集!!】キーパーグローブの選び方と人気おすすめ10選

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

 

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手 小池龍太選手 監修】柏レイソルの不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールの投げ方の種類やコツを徹底解説!肘の使い方が重要!?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike