あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
kayak

カヤックのアウトリガー人気おすすめ4選【取り付け方も】

スポシル編集部

公開日 :2018/07/07

更新日 :2020/07/16

カヤックを乗りこなすためには技術や知識も必要ですが、アウトリガーの有無で操作のしやすさに大きな影響がでます。そのため、カヤックに乗って景色や水の流れを簡単に体験したい人は、是非参考にしてください。

カヤックパドルの選び方と人気おすすめ5選!

目次

スポンサードサーチ

カヤック用アウトリガーとは?


出典:amazon.co.jp
カヤック用のアウトリガーとは、カヤックの両側に付けるパーツのことです。カヤック用のアウトリガーは、軽い素材で作られていて水に浮く性質があります。そのため、カヤックのアウトリガーは浮きとして使用されます。

カヤックの両際からせり出してアウトリガーが取り付けられるため、横幅が数倍に広がってしまいますが、転倒する割合を大幅に下げることができます。カヤックは水面と接する面が極端に少ないため、スピードを出すことができますが、転倒する可能性が高いです。カヤックの操縦に慣れている人でも少しの横波で転倒してしまう程、横からの衝撃に弱いです。カヤックにアウトリガーを取り付けることで、横からの衝撃に強く、初心者の方でもカヤックを楽しむことができます。

そんなアウトリガーについて

  • アウトリガーとは?
  • アウトリガーをつけるメリット・デメリット
  • アウトリガーの取り付け方

について詳しく解説します。

アウトリガーとは?

アウトリガーはカヤックに取り付けれるパーツですが、特殊な自動車にも取り付けられています。アウトリガーという同じ名前のパーツなため、得られる効果も似ています。

自動車についているアウトリガーも転倒予防としてのパーツで、主にクレーン車などに取り付けられています。カヤック用のアウトリガー程横幅が広がりませんが、四つのアウトリガーをはりだすことで、遠くにある重い物を吊り上げた場合でも、車体が荷物の重さに負けることがありません。

アウトリガーをつけるメリット・デメリット

アウトリガーを使用することでメリットなこともあればデメリットな場合もあります。
アウトリガーを使う際にはデメリットなことを知っておくことで、間違った使い方をせずにすみ、事故を未然に防ぐことができます。

メリット

アウトリガーのメリットは、転倒することを回避することができることです。アウトリガーの転倒しないメリットは、自動車についているアウトリガー、カヤック用のアウトリガーにいう事ができます。重機のアウトリガーを使う事で、より遠くでも作業することができます。カヤック用のアウトリガーは、カヤックを常に安定させる効果があり、強い波でもある程度緩和することができます。

デメリット

アウトリガーのデメリットは、狭い場所では使用することができないことです。アウトリガーは横幅が必要なため、ギリギリの幅では使う事ができません。重機のアウトリガーのデメリットは、地面がぬかるんでいたり斜面では使用できないことです。カヤック用のアウトリガーのデメリットは、持ち運びが大変なことです。

アウトリガーの取り付け方


出典:youtube.com
重機のアウトリガーは車体に取り付けてあるため、作業現場に到着したらアウトリガーを引っ張るようにすることですぐに使用することができます。

カヤックのアウトリガーは移動する際には外し、川や海に到着してから取り付ける場合が多いです。カヤックのアウトリガーの取り付ける方法は、カヤックの横にはわすパイプが必要です。
そのパイプをカヤックに固定し、その先端にそれぞれアウトリガーを取り付けます。空気を入れるタイプのアウトリガーは使用する前に空気を入れることを忘れないようにしましょう。海でカヤックを使う場合は、固定する金具はステンレスなど、塩分に強いコーティングがされているものを使用することをおすすめします。

アウトリガーがあるからといって過信しすぎてはいけない

アウトリガーは転倒を防止することができますが、それにも限度があります。そのため、アウトリガーを使用することで転倒はしないという考えは危険です。あくまでも転倒防止であることを念頭に入れて使用しましょう。

カヤック用アウトリガーはこんな人におすすめ

カヤックにアウトリガーを取り付けた方が良い場合とアウトリガー無しの方が良い場合があります。次に、アウトリガーを取り付けたほうが良い場合を紹介します。

シーカヤックを楽しみたい人

シーカヤックとはカヤックの一種で、海のレジャーで人気があります。初心者でもガイドが一緒に乗れば景色を楽しむことができます。海と川では波という大きな違いがあります。時には強い波が来ることが海にはあるため、アウトリガーを取り付けることで転倒を心配せず楽しむことができます。

カヤック初心者の人

カヤック経験が浅い人や初めての人はカヤックにアウトリガーを取り付けることをおすすめします。初心者はカヤックを転倒させる割合が高く、転倒した後の対処も上手くできない場合があります。転倒後の対処が正しくないと命にも関わる場合もあるので、アウトリガーを取り付けて安全にカヤックを楽しみましょう。

スポンサードサーチ

カヤック用のアウトリガーのおすすめアイテム4選

カヤック用のアウトリガーにはさまざまな種類があります。次に、おすすめのアウトリガーを紹介します。

KOZEEY カヤック サイドキック

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

Fityle インフレータブル アウトリガー スタビライザーカヤック

Amazonで詳細を見る

LIXADA ボート カヤック 釣り適用 アウトリガー

Amazonで詳細を見る

ビーエムオージャパン(BMO JAPAN) カヤックスタビライザーシステム CF-KP109

Amazonで詳細を見る

まとめ

カヤックにアウトリガーを取り付けることで安全に海や川のレジャーを楽しむことができます。取り付け方も一度骨組みを作ってしまえば、後は簡単に離着脱することが可能です。海で転覆してしまうと大きな事故にも繋がりかねないので、アウトリガーを取り付けることをおすすめします。

この記事で紹介している商品一覧

商品画像
商品名 KOZEEY カヤック サイドキック ロッド ブラケット プラスチック 取付 Fityle アウトリガー カヤック インフレータブル スタビライザ 軽量 耐久性 LIXADA ボート カヤック 釣り適用 アウトリガー 安定性 転覆防止 初心者に最適 1pcs ビーエムオージャパン(BMO JAPAN) カヤックスタビライザーシステム CF-KP109
購入先 Amazon Amazon Amazon Amazon

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定