あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
サッカーsoccer

サッカーにおけるくさびについて動画で徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2018/07/04

更新日 :2019/05/09

サッカーではよく使用されるけれど、いまいち意味がわからないという用語も多いと思います。

そこで今回はよく使用されるくさびの意味や役割について徹底解説します。

サッカーのキックについて徹底解説!

目次

スポンサードサーチ

くさびパスとは?


出典:youtube.com
簡単にいうと、相手ゴール近くでする縦パスのことです。もちろん単なる縦パスではありません。具体的にします。

基本的なくさびパスには、最低でも同じチームの2人の選手が絡んできます。ここでは、パスをもらう選手をA、パスを出す選手をBとして考えましょう。
まず、Aは相手ゴールに背を向けて、そして敵チームの選手を背中でブロックしながらパスを待ちます。これがいわゆるくさびの動きで、Aをくさび、と呼びます。

パスを出すBは、相手ゴールに背を向けているAに対して(BとAは向き合っている)縦パスを出します。この時のパスをくさびパス、と言います。くさびパスを受けたAはそこでボールをキープしつつ、味方の上がりをまったり、振り向きざまにシュートしたり、ドリブルをしかけたり、とその時に合わせたベストなプレーを選択するというわけです。

くさびパスはどのような場面で使うのか

くさびパスは攻撃のリズムに乗れない時、なかなかフリーの選手が作れない時、また固い守備を切り崩すためにとても有効なパスです。
くさびパスを入れて、相手選手がそのくさびに注目した瞬間に、ほかの誰かがマークを外し、一瞬でフリーになりチャンスを作ることができます。

また、くさびパスは攻撃の起点にもなる、とても大切なパスです。くさびにパスが入ったのと同時に、攻撃のスイッチを入れることができます。先ほどの例で行くと、BからAにくさびパスが入った瞬間、ほかの選手が一斉に動き出します。Aがくさびパスを受けた状態で粘れれば、その間に味方がビルドアップすることができ、結果として攻撃のバリエーションも増えるというわけです。

スポンサードサーチ

くさびパスのリスクは

このようにくさびパスは攻撃にリズムを与え、守備陣を切り裂くのにとても有効なパスの一つです。世界最強といってもいいスペインのバルセロナも、このくさびパスを多用して最強の攻撃を繰り広げています。

でも、もちろんくさびパスにはリスクもあります。それは失敗するとカウンターの餌食になる、ということです。具体的に説明しましょう。

Aは相手選手を背負いながらパスを受ける必要があります。体が張れないと、Bがくさびパスを出した瞬間、Aの前に体を入れられ、簡単にパスカットされてしまうのです。その後、そこからのカウンターで失点する、というのが最悪のパターンでしょう。パスの受け手であるAがしっかり体を張ることが、くさびパスを成功させる絶対条件です。

くさびになる選手(A)がうまく体を張れないと、相手チームからは奪いやすい、カウンターの餌食になってしまうこと、これがくさびパスの大きなリスクでしょう。

くさびパスを通されないために

つまり、くさびパスを通さないために何ができるのか、という点です。どうできるかは、ディフェンスラインの位置によって異なってきます。浅い場合と深い場合の2パターンを考えましょう。

ディフェンスラインが浅い場合

まず、ディフェンスラインが浅い場合(つまりくさびとなるAとゴールの位置が遠い時)です。その時は、くさびパスが出された瞬間に、Aの前に飛び出しパスカットをすることが一番効果的です。もちろん、飛び出したスペースを味方が埋めてくれることを確認してから飛び出すようにしましょう。失敗すると大ピンチになってしまいます。

ディフェンスラインが深い時

ではディフェンスラインが深い時(くさびであるAとゴールの位置が近い時)はどうしたらいいでしょうか?これはくさびとなる選手(A)を徹底マークすることが効果的です。まず簡単にはパスを入れさせないぞ、という意思を徹底マークで示しましょう。もし、くさびパスを通されても、振り向かせないことを最優先に体を使ってマークし続けることが大切です。くさびにパスを入れられた時にどうするか、事前に決め事を作っておくのも大切でしょう。

スポンサードサーチ

まとめ

くさびパスについて説明してきましたが、理解していただけたでしょうか?くさびパスはカウンターのリスクもありますが、攻撃のスイッチを入れるのにとても有効なパスの一つです。くさびは攻撃の拠点にもなりますし、ためを作って味方の上がりを待ち、そこから多彩な攻撃を展開することができます。

最初は、マークされている味方にパスを出すことに少し戸惑うかもしれません。しかし、そこで体を張って踏ん張れれば限りなくごーるに近づくことができます。ぜひ、実際の試合でも勇気を持って使ってみてください。

合わせて読みたい

 

スポンサードサーチ

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手 小池龍太選手 監修】柏レイソルの不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールの投げ方の種類やコツを徹底解説!肘の使い方が重要!?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike