あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
ラグビーrugby

ラグビーの試合時間・ハーフタイムについて徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2018/06/28

更新日 :2019/05/09

ラグビーの試合時間にまつわるルールは、15人制と7人制では大きく異なります。また、同じ15人制でも高校ラグビーの場合は試合時間も少し異なります。前後半の間に挟まれるハーフタイムの規定や、ラグビー独特の「ロスタイム」についても説明します。

ラグビーのスクラムについて徹底解説!

目次

スポンサードサーチ

試合時間

15人制


出典:youtube.co
15人制ラグビーの試合時間は、「40分ハーフ」とも呼ばれ、前半40分プラス後半40分の合計80分で行われます。
高校ラグビーでは、「30分ハーフ」となります。つまり前半30分、後半30分の合計60分で行われることが一般的です。

7人制


出典:youtube.co
7人制ラグビーの試合時間は、15人制よりずっと短くなり、「7分ハーフ」になります。つまり前半7分プラス後半7分の合計14分です。
ただし、トーナメント大会の決勝戦などでは、10分ハーフ、つまり前半10分プラス後半10分の合計20分で行われることがあります。
7人制ラグビーは、15人制と同じ広さのグラウンドを少ない人数で走り回ることになり、1人あたりの運動量がはるかに多くなります。そのため、長い試合時間ではスタミナがもたないのです。

ハーフタイムの時間

ハーフタイムとは

プロテイン 直接 飲む
ラグビーでは、サッカーなどと同じく前後半に分かれて試合を行います。その間の休憩時間のことをハーフタイムと呼びます。
ハーフタイム中には、監督やコーチが戦術の確認や後半に向けての作戦を与えます。
ハーフタイム後に再開される後半では、前半とは攻守の陣地が逆になり、反対側に攻めることになります。
サッカーのハーフタイムについてわかりやすく徹底解説!

15人制

40分ハーフで行われる15人制ラグビーの場合、ハーフタイムは10分間です。30分ハーフで行われる高校ラグビーでは5分間になります。

7人制

7人制ラグビーの場合、7分ハーフで行われる試合でのハーフタイムは、1分間です。また、10分ハーフで行われる試合では、ハーフタイムは2分間となります。

スポンサードサーチ

ロスタイム

ラグビーでは、選手交代や負傷選手が出た場合などに試合が止まっていた時間を審判が計測しておいて、試合時間の終了後にその分を追加します。
この最後に追加される時間のことを「失われた時間」という意味で、ロスタイムと呼びます。ロスタイムに入ってからの逆転劇も少なくないので、選手は笛が鳴るまでは必死にプレーを続けます。

まとめ

ラグビーの時間にまつわるルールについてまとめました。15人制と7人制では時間のルールが大きく変わるので覚えておきましょう。
ラグビーでは1つのトライ&ゴールで7点が入るので、ロスタイムに入ってからも最後まで気が抜けず、それも大きな魅力となっています。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい

 

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

全身の悩みを足元から改善!世界初のコンディショニングインソール!

立方骨を支えることで運動性と安定性の両立を実現

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

TENTIAL ZEROの特徴を紹介!

  • 足の疲れ、痛みを軽減
  • しっかりした歩行、蹴り出しをサポート
  • 通気性が高く、ムレを防止
  • 関節痛、腰痛が改善したご愛用者も多数
  • 足底筋膜炎の痛みを軽減
購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

【アイスホッケー】

【その他】

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
Cross country
volleyball
soccer
tennis
baseball
running
basketball
golf
badminton
rugby
road bike