あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
rugby

ラグビーの試合時間は?ハーフタイムは何分?徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2018/06/28

更新日 :2020/05/11

ラグビーの試合時間にまつわるルールは、15人制と7人制では大きく異なります。

また、同じ15人制でも高校ラグビーの場合は試合時間も少し異なります。

前後半の間に挟まれるハーフタイムの規定や、ラグビー独特の「ロスタイム」についても説明します。

【ラグビーワールドカップ】テレビ中継全日程

目次

スポンサードサーチ

試合時間

15人制ラグビーの試合時間は、「40分ハーフ」とも呼ばれ、前半40分プラス後半40分の合計80分で行われます。(ラグビーワールドカップは15人制です。)

高校ラグビーでは、「30分ハーフ」となります。

つまり前半30分、後半30分の合計60分で行われることが一般的です。

15人制ラグビーの詳しいルールなどはこちら↓↓
【初心者向け】ラグビーのルールをわかりやすく動画付きで解説!

7人制ラグビーの試合時間は、15人制よりずっと短くなり、「7分ハーフ」になります。つまり前半7分プラス後半7分の合計14分です。

ただし、トーナメント大会の決勝戦などでは、10分ハーフ、つまり前半10分プラス後半10分の合計20分で行われることがあります。

7人制ラグビーは、15人制と同じ広さのグラウンドを少ない人数で走り回ることになり、1人あたりの運動量がはるかに多くなります。
そのため、長い試合時間ではスタミナがもたないのです。

7人制ラグビーの詳細はこちら↓↓
ラグビーの試合時間・ハーフタイムについて徹底解説!

ハーフタイムの時間

ラグビーでは、サッカーなどと同じく前後半に分かれて試合を行います。
その間の休憩時間のことをハーフタイムと呼びます。

ハーフタイム中には、監督やコーチが戦術の確認や後半に向けての作戦を与えます。

ハーフタイム後に再開される後半では、前半とは攻守の陣地が逆になり、反対側に攻めることになります。

40分ハーフで行われる15人制ラグビーの場合、ハーフタイムは10分間です。

30分ハーフで行われる高校ラグビーでは5分間になります。

7人制ラグビーの場合、7分ハーフで行われる試合でのハーフタイムは、1分間です。

また、10分ハーフで行われる試合では、ハーフタイムは2分間となります。

スポンサードサーチ

ロスタイム

ラグビーでは、選手交代や負傷選手が出た場合などに試合が止まっていた時間を審判が計測しておいて、試合時間の終了後にその分を追加します。

この最後に追加される時間のことを「失われた時間」という意味で、ロスタイムと呼びます。

ロスタイムに入ってからの逆転劇も少なくないので、選手は笛が鳴るまでは必死にプレーを続けます。

まとめ

ラグビーの時間にまつわるルールについてまとめました。

15人制と7人制では時間のルールが大きく変わるので覚えておきましょう。

ラグビーでは1つのトライ&ゴールで7点が入るので、ロスタイムに入ってからも最後まで気が抜けず、それも大きな魅力となっています。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定