あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
サッカーsoccer

サッカーのバックパスについて徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2018/06/28

更新日 :2019/05/09

最近ではバルセロナのようにディフェンダーだけではなく、ゴールキーパーまでも攻撃の起点となるポゼッションサッカーが主流になっており、単なる時間稼ぎの目的だけではなく、攻撃手段としてバックパスが多様されています。ここではバックパスのルールを解説し、バックパスが必要な場面やバックパスに似ている反則を紹介します。

サッカーのフィールドについて徹底解説!

目次

スポンサードサーチ

バックパスとは

バックパス
バックパスとは、味方選手からゴールキーパーへのパスを意味します。フォワードからミッドフィルダーへ下げるパスや、ミッドフィルダーからディフェンダーへ下げるパスはバックパスとは呼びません。

バックパスのルール

バックパスにおけるルールは、試合終盤での極端な時間稼ぎを防ぐ目的で1992年に設けられたルールです。バックパスで反則の対象となる行為は、ゴールキーパーが味方選手から意図的に蹴られたパスを手で触れた時です。反則の成立要件は、味方の意図的に足で蹴るパスをゴールキーパーが手で触れたときです。

つまり、意図的であってもヘディングや胸という足以外の場所でパスをする場合には手で触れることができ、バックパスのルールに反することにはなりません。反則があった場合は、ゴールキーパーが手で触れた場所から最も近い、ゴールラインに平行なゴールエリアのライン上から相手チームの関節フリーキックを行います。

スポンサードサーチ

どんな場面で使われるのか

バックパスは自チームがリードしている試合の終盤において時間稼ぎなどの場面や、ポゼッションサッカーにおいて多く使われます。カウンターサッカー主体のチームとは違い、ポゼッションサッカーを主体とするチームにおいては、自陣深くからパスをつないでいくため、自然とゴールキーパーにも足元のテクニックが要求されます。右サイドから崩そうとして攻め上がり、ディフェンスが右サイドによってきたらゴールキーパーまでバックパスをし、左サイドから再び崩しにかかるというポゼッションを展開する場面では非常に有効です。

バックパスに似ている反則

バックパス
次に、バックパスに似ている2点の反則を紹介します。

  • 反スポーツ的行為に対する警告
  • 味方選手がスローインしたボールを誰にも触れずにゴールキーパーが直接手で触れた場合

反スポーツ的行為に対する警告

例えば、バックパスをする際に、時間稼ぎのためにキーパーが手で扱えるように無理やり地面にはいつくばって頭でバックパスする行為は、反スポーツ的行為として反則の対象になります。サッカー競技規則には反スポーツ的行為の一つとして「競技者が競技規則の裏をかき、(フリーキックからも含め)意図的にゴールキーパーに頭や胸、膝などでボールをパスする。ゴールキーパーがボールに手または腕で触れたか否かは関係しない」と規定しています。実際に2017年1月21日に行われたナント対パリ・サンジェルマンで、パリ・サンジェルマンのマルコ・ヴェラッティが地面にはいつくばって頭でゴールキーパーへバックパスを行い、これを見た主審はマルコ・ヴェラッティに警告を与え、ナントに直接フリーキックが与えられるという珍しいシーンがありました。

味方選手がスローインしたボールを誰にも触れずにゴールキーパーが直接手で触れた場合

味方選手のスローインを他の誰にも触れずにペナルティエリア内で直接ゴールキーパーが手で触れる行為は反則の対象になります。フィールド内では足以外の部分で行うバックパスはペナルティエリア内で手で触れることはできますが、スローインから直接手で触れることはできないので注意が必要です。試合の再開方法は、ゴールキーパーが手で触れた場所から最も近い、ゴールラインに平行なゴールエリアのライン上から相手チームの関節フリーキックを行います。
また、味方のスローインをゴールキーパーがペナルティエリア外において手で触れた場合は通常のフィールドプレーヤー同様に、手で触れた場所から相手チームの直接フリーキックで再開されます。

スポンサードサーチ

まとめ

時間稼ぎという反スポーツ的行為を排除する目的から誕生したバックパスルールですが、その背景にはポゼッションサッカーというゴールキーパーも攻撃に参加する現代サッカーの時代の流れがあることがわかります。
8人制サッカーとは?ルールや戦術について徹底解説

合わせて読みたい

 

スポンサードサーチ

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手 小池龍太選手 監修】柏レイソルの不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールの投げ方の種類やコツを徹底解説!肘の使い方が重要!?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike